【ドラフト2020】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

この記事では、

本記事の内容

をご紹介しています。

なお評価&採点については、選手評価というよりは「現状戦力や方針に合っているか?」という視点を重視しています。

*本記事の表は右にスクロールできます。

ドラフト2020 全球団指名結果まとめ!

2020年の全球団のドラフト指名結果です。

「未」の部分は結果が出次第、全力で即更新させて頂きます。

*〇は確定、×は重複ハズレ
*表は右にスクロールできます。青字はクリックで紹介ページへ。

続いて育成枠です。

チーム育成一位育成二位育成三位育成四位育成五位育成六位育成七位育成八位育成九位育成十位育成11位育成12位
巨人岡本大翔喜多隆介笠島尚樹木下幹也前田研輝坂本勇人戸田懐生阿部剣友奈良木陸山崎友輔保科広一加藤廉
中日近藤廉上田洸太朗松木平優太
阪神岩田将貴
横浜石川達也加藤大
広島二俣翔一
ヤクルト下慎之介赤羽由紘松井聖丸山翔大
ホークス佐藤宏樹中道佑哉桑原秀侍早真之介緒方理貢居谷匠真大城真乃中村亮太    
ロッテ谷川唯人小沼健太山本大斗佐藤奨真
西武赤上優人長谷川信哉宮本ジョセフ拳豆田泰志水上由伸
楽天石田駿
日本ハム松本遼大斉藤伸治
オリックス川瀬堅斗辻垣高良宇田川優希釣寿生佐野如一古長拓

以上が12球団の2020年ドラフト指名選手結果です。

続いて各球団ごとに、評価&採点をご紹介していきます。

合せて読みたい!

【2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

ドラフト2020 巨人のドラフト結果と評価&採点

まずは巨人

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価A 80
順位名前守備位置学歴投打
一位平内龍太投手亜細亜大右投右打
二位山崎伊織投手東海大右投右打
三位中山礼都遊撃中京大中京右投左打
四位伊藤優輔投手三菱パワー右投右打
五位秋広優人内野二松学舎右投左打
六位山本一輝投手中京大左投左打
七位萩原哲捕手創価大右投左打

巨人は全体的にバランスが良いですが、補強ポイントとすれば外野とリリーフです。

外野手の佐藤を指名しましたが外し、平内を一位指名しました。

平内は即戦力とは言えませんが、素材型として魅力ある選手で、リリーフタイプの投手です。

最速156km/hのストレートは力強く、制球力がまとまってくれば、守護神として活躍できるでしょう。

ただ、出来れば即戦力のリリーフの方が良かったのかな、と思います。

とはいえ、巨人は圧倒的な戦力があるので、育成する余裕があるという事でしょうね。

さらに、二位では山崎を獲得。

山崎は4月にトミージョン手術を行いましたが、三年生時までは世代トップと言っていい素晴らしい投手でした。

手術しているので、早くても復帰は2021年後半になると思いますが、それでも二位で獲得して大正解だったと思います。

菅野に代わるエース候補として期待しておきましょう。

さらに坂本の後釜を考え、走攻守揃った遊撃手の中山を獲得。

四位には即戦力リリーフとして期待できる伊藤を獲得、といった具合にバランスの良い指名が出来たと思います。

ドラフト2020 中日ドラゴンズのドラフト結果と評価&採点

続いて中日ドラゴンズ

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価A 80
順位名前守備位置学歴投打
一位高橋宏斗投手中京大中京右投右打
二位森博人投手日体大右投右打
三位土田龍空遊撃近江右投左打
四位福島章太投手倉敷工左投左打
五位加藤翼投手帝京大可児右投右打
六位三好大倫外野JFE西日本左投左打

中日は近年投手不足でしたが、今年になりその不安は解消されつつあります。

逆に野手陣の高齢化が進み、そろそろ世代交代を、というタイミングです。

ただ、若手に根尾、石川、岡林、といった期待の若手が多いです。

その為、単純に良い選手を摂るという方針で良さそうですが、唯一あるとすれば高齢化が進んでいる外野くらいでしょうか。

そして、中日は公言通り高橋を指名し獲得。

地元選手志向通りの指名でしたね。

高橋は即戦力とは言えませんが、将来的にはチームのエースになれる可能性がある投手です。

二位には森を指名。

一位指名の可能性を示唆されていた選手で、こちらは即戦力として期待できるでしょう。

唯一の補強ポイントである外野手も、六位で三好を獲得しカバーしているのも良い指名ですね。

ドラフト2020 阪神タイガースのドラフト結果と評価&採点

続いて阪神タイガース

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価S 95
順位名前守備位置学歴投打
一位佐藤輝明三塁
外野
近畿大右投左打
二位伊藤将司投手JR東日本左投左打
三位佐藤蓮投手上武大右投右打
四位栄枝裕貴捕手立命館右投右打
五位村上頌樹投手東洋大右投左打
六位中野拓夢遊撃三菱自岡崎右投左打
七位高寺望夢遊撃上田西右投左打
八位石井大智投手IL四国右投右打

阪神の補強ポイントは野手で、中でも外野手は急務です。

その補強ポイント通り、競合覚悟で佐藤に入札し、見事指名権を獲得しました。

糸井二世と呼ばれる佐藤は、強打の三拍子揃った外野手で、補強ポイントにピッタリです。

ただ、まだまだ粗削りな面があるので、即戦力とは言えないでしょうが、数年後の活躍を期待したいですね。

二位には即戦力の伊藤を獲得。

若干高値つかみな面はありますが、成瀬タイプの左腕で、先発でもリリーフでも使える貴重なタイプです。

個人的には五位で村上を獲得したのが驚きでした。

村上は今年怪我がありましたが、一位指名も十分ある実力の持ち主です。

球速が遅めなのでスカウト受けが悪いタイプですが、万全な状態なら即戦力として一年目から活躍できるでしょう。

五位村上は会心の指名だったのではないでしょうか。

ドラフト2020 横浜ベイスターズのドラフト結果と評価&採点

続いて横浜

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価A 85
順位名前守備位置学歴投打
一位入江大生投手明治大右投右打
二位牧秀悟二塁中央大右投右打
三位松本隆之介投手横浜左投左打
四位小深田大地三塁履正社右投左打
五位池谷蒼大投手ヤマハ左投左打
六位高田琢登投手静岡商左投左打

横浜の補強ポイントは二遊間です。

昨年一位で指名した森はファームで出場していますが、まだまだ一軍で活躍するのは難しいでしょう。

ただ、素質的には将来レギュラーになれるでしょうから、二塁手の優先度が高いです。

そんな中、一位指名は競合を避けた形で入江を指名。

入江は即戦力としては難しいでしょうが、素材型の右腕として、将来的に軸となってくる投手です。

タイプ的にはリリーフタイプなので、次期守護神候補としての指名かもしれませんね。

二位では牧を指名。

牧は一位指名予想されていた強打のセカンドタイプです。

補強ポイントであったセカンドを二位で指名できたのは会心の指名と言えるでしょう。

気になるのは松本、池谷、高田と素材型左腕を3名指名したことです。

元々横浜は若手の左腕が多いだけに、さすがに左腕が多すぎでは、と思うところもあります。

ドラフト2020 広島カープのドラフト結果と評価&採点

続いて広島カープ

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価B 75
順位名前守備位置学歴投打
一位栗林良吏投手トヨタ自動車右投右打
二位森浦大輔投手天理大左投左打
三位大道温貴投手八戸学院右投右打
四位小林樹斗投手智辯和歌山右投右打
五位行木俊投手IL徳島右投右打
六位矢野雅哉遊撃亜細亜右投左打

広島の補強ポイントは投手陣と言われていますが、森下がエース級の活躍を見せています。

また、大瀬良、九里、野村といった実績のある投手もおり、そこまで層が薄いわけではありません。

野手陣では坂倉、中村、小園といった有望株が多くいますが、外野手不足が気になります。

特に鈴木誠也の移籍志向が強そうなので、外野手を獲得したいところでもあります。

そんな中、一位指名では栗林を指名。

今年のドラフトでは即戦力No.1と言われており、森下並みの活躍が期待できそうです。

昨年に続き、会心の一本釣りですね。

しかし、そこから五位まで投手を指名しました。

投手を補強したいのはわかりますが、ちょっと偏りすぎかな、という印象を受けます。

外野手を補強しておく必要があったと思います。

ドラフト2020 ヤクルトのドラフト結果と評価&採点

続いてヤクルト

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価B 75
順位名前守備位置学歴投打
一位木澤尚文投手慶応大右投右打
二位山野太一投手東北福祉大左投左打
三位内山壮真捕手星稜右投右打
四位元山飛優遊撃東北福祉台右投左打
五位並木秀尊外野独協大右投右打
六位嘉手苅浩太投手日本航空石川右投左打

ヤクルトの補強ポイントは投手です。

しかし、若手投手も出てきているので、即戦力の先発を補強したいところでしょう。

また、野手では捕手と外野手が補強ポイントになります。

年齢的に高齢化が進んできているので、捕手は高校生、外野は即戦力が欲しいところです。

そんな中、一位指名で早川、鈴木を外し、木澤を指名。

抽選で外したのでしょうがない面はありますが、出来れば先発タイプが欲しかったところです。

個人的には木澤はリリーフタイプだと思っているので、あまり言い指名だったとは言えません。

しかし、二位では山野を指名。

左腕不足ということもあり、こちらは良い指名だったと思います。

三位では高校生の内山、四位では俊足が武器の外野手の並木を指名。

バランス的には悪くない指名だったといえるでしょう。

ドラフト2020 ホークスのドラフト結果と評価&採点

まずはホークス

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価B 70
順位名前守備位置学歴投打
一位井上朋也三塁花咲徳栄右投右打
二位笹川吉康外野横浜商左投左打
三位牧原巧汰捕手日大藤沢右投左打
四位川原田純平遊撃青森山田右投右打
五位田上奏大外野履正社右投左打

ホークスは内野手、特に遊撃手や二塁、三塁が補強ポイントです。

ただ、今年は周東が台頭しており、遊撃手の素材型か、三塁手の即戦力が欲しいところでしょう。

そんな中、三塁手として佐藤を公言していましたが、くじで外して井上を指名。

三塁手の高校生ということで、育成タイプは野村や増がいるので、被ってしまっています。

なので、出来れば即戦力が欲しいところでした。

三塁手以外はじっくり育成できますので、二位から五位を高校生指名したのは方針通りだったと思います。

ドラフト2020 ロッテのドラフト結果と評価&採点

まずはロッテ

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価A 85
順位名前守備位置学歴投打
一位鈴木昭汰投手法政大左投左打
二位中森俊介投手明石商右投左打
三位小川龍成遊撃国学院右投左打
四位河村説人投手星槎道都大右投右打
五位西川僚祐外野東海大相模右投右打

ロッテの最大の補強ポイントは左腕と二遊間です。

そんな中、左腕No.1の早川を外し、鈴木を指名。

左腕としては早川の次という評価があっただけに、方針通りの指名でした。

二位には一位指名も予想されていた中森を指名。

高校生ですが、投球術に優れ、早くから一軍で活躍できると思います。

中森の二位指名は会心の指名と言っていいでしょう。

優先度が高かった二遊間ですが、遊撃手の小川を指名。

打撃では即一軍は難しそうですが、抜群の守備と走力があるので、打撃度外視でレギュラーという可能性もありそうです。

ドラフト2020 西武のドラフト結果と評価&採点

まずは西武

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価C 65
順位名前守備位置学歴投打
一位渡部健人三塁横浜桐蔭右投右打
二位佐々木健投手NTT東日本左投左打
三位山村崇嘉一塁東海大相模右投左打
四位若林楽人外野駒大右投右打
五位大曲錬投手福岡大右投右打
六位ブランドン大河外野東農大北海道右投右打
七位仲三河優太外野大阪桐蔭右投左打

やはり西武の補強ポイントは即戦力投手です。

ただ、野手でも秋山の抜けた穴は大きく、外野手も補強したいところでしょう。

そんな中、一位指名は佐藤を外し、渡部を指名。

渡部は三塁手で、おかわりくん二世と呼ばれるスラッガーです。

たしかに、中村の後釜をそろそろ考えたい時期ですが、優先順位は低かったはずです。

二位には佐々木健を指名。

佐々木は最速152km/hの社会人左腕ですが、社会人でも不安定な投球が多く、素材型投手という評価です。

五位にも大曲を指名していますが、準硬式出身ということで、こちらも即戦力というのは難しいと思います。

その為、課題の投手を補強できていません。

ただ、渡部、山村、若林と西武らしい選手だな、という印象ですね。

ドラフト2020 楽天のドラフト結果と評価&採点

まずは楽天

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価S 95
順位名前守備位置学歴投打
一位早川隆久投手早稲田大左投左打
二位高田孝一投手法政大右投右打
三位藤井聖投手ENEOS左投左打
四位内間拓馬投手亜細亜大右投右打
五位入江大樹遊撃仙台育英右投右打
六位内星龍投手履正社右投左打

楽天の補強ポイントは即戦力投手です。

全体的に年齢が高く、若手の成長が思わしくない状況です。

そんな中、一位指名は競合覚悟で早川を指名し、見事に交渉権を獲得しました。

即戦力、さらに左腕ということで、一番欲しい投手が獲得できた、といっていいでしょう。

さらに二位には155km/h右腕の高田、三位には社会人の藤井を獲得。

しっかりと補強ポイントである即戦力投手を獲得しており、抜群のドラフトと言っていいでしょう。

ドラフト2020 日本ハムのドラフト結果と評価&採点

まずは日本ハム

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価S 100
順位名前守備位置学歴投打
一位伊藤大海投手苫小牧駒大右投左打
二位五十幡亮汰外野中央大右投左打
三位古川裕大捕手上武大右投左打
四位細川凌平遊撃智辯和歌山右投左打
五位根本悠楓投手苫小牧中央左投左打
六位今川優馬外野JFE東日本右投右打

日本ハムの補強ポイントは投手、遊撃、捕手です。

投手を中心で、捕手と遊撃手即戦力を獲得したいところです。

そんな中、公言通り伊藤を指名。

戦略通りの見事な一本釣りでした。

二位には俊足外野手の五十幡を指名。

外野手は揃っていますが、西川流出の可能性があるための指名と思われます。

三位には古川を指名。

個人的には一位指名だと思っていた三拍子揃った捕手で、特に打撃が抜群です。

即戦力捕手として抜群の指名だったと思います。

下位指名も魅力ある選手が獲得でき、100点と言っていいでしょうね。

ドラフト2020 オリックスのドラフト結果と評価&採点

まずはオリックス

下記がドラフト選手一覧と評価です。

評価A 80
順位名前守備位置学歴投打
一位山下舜平大投手福岡大大濠右投右打
二位元謙太遊撃中京右投右打
三位来田涼斗外野明石商右投左打
四位中川颯投手立教大右投左打
五位中川拓真捕手豊橋中央右投右打
六位阿部翔太投手日本生命右投左打

オリックスは野手陣全体が補強ポイントです。

他球団と比較して、打撃成績が圧倒的に劣っているので、野手の即戦力で固めていくのが妥当でしょう。

しかし、オリックスは方針として「育成」を掲げているので、数年後に勝てるチーム作りをしていくようです。

そんな中、公言した佐藤輝明を外し、山下を指名。

山下は素材型としてはNo.1と評価されており、数年後を見据えた指名となっています。

四位の中川を含め、5位までは素材型を指名しており、方針通りです。

しかし、六位には社会人の阿部を指名しています。

来年29歳の投手なので即戦力投手としての指名でしょう。

5位まで育成タイプを指名しているだけの、なぜ六位だけ即戦力なのか、という違和感があります。

【ドラフト2020】指名選手速報!全球団の結果と評価&採点まとめ

ドラフト指名確定後に更新させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です