【ドラフト】渡部健人(桐蔭大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、桐蔭横浜大学の渡部健人内野手です。

恵まれた体型、逆方向に長打を打てるバッティング、軽快な守備、足の速さが魅力の走攻守揃った大型内野手。

大学では日本代表候補に3度選ばれ、4年生で初となる代表入りになるか注目です。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 桐蔭横浜大学・渡部健人経歴や成績、特徴をご紹介します。

渡部健人(桐蔭大)の経歴やプロフィール

まずは、渡部健人の経歴です

プロフィール
  • 名前:渡部健人(わたなべ けんと)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:1998年12月26日
  • 身長:175cm
  • 体重:110kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:三塁手、一塁手、遊撃手
  • 経歴:横浜市立大池小学校 → 中本牧シニア(横浜市立上白根中学校)→ 横浜商大高校 → 日本ウェルネス高校 → 桐蔭横浜大学

詳しく見ていきましょう。

渡部健人は高校1年生春からベンチ入りするも転校する!

小学校1年生の時から野球をはじめます

中学生になってからは、中本牧シニアに所属し、主にショートでプレーしました。

因みに、父が日本人、母がフィリピン人のハーフだそうです。

中学卒業後、横浜商大高校に進み、1年生春からベンチ入りします。

1年生夏の神奈川県大会では、6番セカンドで出場しました。

初戦の横浜隼人高校戦では、試合は敗れますが、二塁打を打っています。

しかし、大会後に右足の甲を疲労骨折しました。

また、家庭の事情などもあり、1年生の2月に日本ウェルネス高校に転校します。

渡部健人は高校通算25本塁打!

1年間の出場禁止期間を経て、3年生春から4番ショートで出場します。

3年生夏の東東京大会では、4回戦の独協高校戦で2打席連続本塁打を打ちました。

打率.417、2本塁打、5打点の活躍で、創部以来初のベスト16に導きます。

なお、高校通算本塁打は25本です。

大会後にプロ志望届を提出しますが、指名漏れとなりました。

渡部健人は大学野球日本代表候補に選ばれる!

高校卒業後は、桐蔭横浜大学(神奈川大学野球連盟)に進学します。

1年生春からファーストのレギュラーとなり、1年生春のリーグ戦では全10試合で4番を打ちます。

開幕戦にあたる神奈川大学1回戦では、本塁打を含む2安打を打ち、リーグ戦デビューを飾りました。

リーグ戦で優勝し、全日本大学野球選手権に出場します。

1回戦の帝京大学戦では先制タイムリーヒットを含む2安打を打ちますが、2回戦の東海大学北海道戦ではノーヒットに終わり、試合も敗れました。

2年生春は、打率.438(リーグ3位)、3本塁打、10打点で、一塁手のベストナインに選ばれます。

また、2年生からはサードも守るようになりました。

3年生春はリーグ優勝し、2度目の出場となった全日本大学野球選手権では、1回戦の中京学院大学戦で本塁打を打ちますが、2回戦の東洋大学戦では四球で出塁したのみで試合も敗れます。

3年生秋には大学野球日本代表候補に選ばれました。

2年生と3年生の夏にも代表候補に選ばれましたが代表に入れず、最終学年での代表入りに期待です。

渡部健人(桐蔭大)の成績

続いて、渡部健人の成績を見ていきましょう。

成績
  • 全国大会通算(全日本:17、19):6試合、打率.200、1本塁打、2打点、5三振、出塁率.250
  • リーグ戦(17春~19秋):60試合、打率.293、13二塁打、10本塁打、37打点、40三振、出塁率.427、6盗塁

成績は2019年までのものです。

全国大会の打率が2割で、対戦相手などによっては抑えられています。

ですが、打てない時でも四死球を選んで出塁することができており、打率以上の貢献ができていそうです。

ただ、四死球数(全国1、リーグ48)と同じくらいの三振をしており、三振数を減らせるかが課題となります。

一方で、リーグ戦通算本塁打は10本で、全国大会でも本塁打を打つなど、長打力が魅力です。

また、足も使え、リーグ戦では盗塁を決めています。

渡部健人(桐蔭大)の特徴や動画

次に、渡部健人の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

目指すは山川選手!全日本大学選手権で最重量、しかも動ける!渡部健人選手!

動画の1分辺りからは打撃を特集しています。

恵まれた体格ですね。

足を少し曲げて構えており、左足を上げてタイミングを取っています。

体重移動を使って打ち、バットを振り切るスイングです。

渡部健人は逆方向に長打を打てる!

動画の1分40秒過ぎでは、外角寄りの球をライトスタンドに運んでいます。

パワーがあり、ベンチプレスを130kgまで上げられるようです。

恵まれた体型でパワーがあるのはもちろん、体重移動を使ってフルスイングしているので、長打を打てるのでしょう。

上手く対応して反対方向(ライト側)に打っているので、バットコントロールもできるかもしれません。

渡部健人の選球眼はまずまず!

ボール球を見送る事が出来ており、際どい球はファウルで粘る事が出来ています。

一方で、ボール球を空振りするケースも目立ちました。

四死球と三振の数が同じくらいなので、選球眼はまずまずで、今後は三振の数を減らせるかが課題となりそうです。

渡部健人は軽快な守備ができ、足の速さもまずまず!

動画の20秒辺りからは守備について取り上げています。

ほぼ正面の打球でしたが、バウンドに合わせて打球を処理し、捕ってから投げるまでの動作も速く軽快な守備でした。

また、外野寄りのファウルフライを捕りに行こうとした場面も見られ、守備範囲も広そうです。

サードのほか、ファーストやショートも守れるので、野球センスがあるのかもしれません。

因みに、50m走のタイムは6秒4で、足の速さはまずまずです。

「長距離は苦手ですが、短距離には自信があり、次の塁を狙う姿勢を大事にしている」と本人は話しています。

渡部健人の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 恵まれた体型と体重移動を使ったフルスイング
  • 逆方向に長打を打てる
  • 選球眼はまずまず
  • 軽快な守備で足の速さもまずまず

です。

恵まれた体型で逆方向に長打を打つバッティングが魅力なほか、守備が軽快で、足の速さもまずまずで、走攻守揃っている選手と言っていいでしょう。

渡部健人(桐蔭大)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、渡部健人のスカウト評価です。

現時点では、スカウトの寄せたコメントはありません。

しかし、10球団があいさつに訪れているなど、現時点でもプロから注目されています。

恵まれた体型で走攻守揃った選手なので、2020ドラフトで指名される可能性は十分にありそうです。

また、桐蔭横浜大学の斎藤博久監督は、「グラブさばきの柔らかさは、教えてできるものではなく天性のもの。守れるし、走れる。飛距離だってまだまだ伸びる」と高く評価しています。

そして、本人も「プロ1本です。小さい頃からの夢」とプロ入りに意欲十分です。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

渡部健人(桐蔭大)のまとめ

以上が、桐蔭横浜大学・渡部健人経歴や成績、特徴でした。

恵まれた体型、逆方向に長打を打てるバッティング、軽快な守備、足の速さが魅力の走攻守揃った大型内野手です。

2020ドラフトで指名される可能性もあると思います。

まずは、大学野球日本代表入りに期待です。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です