【ドラフト】井上朋也(花咲徳栄)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】井上朋也(花咲徳栄)の成績・経歴・特徴は?

今回ご紹介するのは花咲徳栄高校の井上朋也内野手です。

フルスイングからの長打力と広角に打ち分ける高い打撃技術が持ちあじの大砲候補です。

今回はそんな2020年ドラフト候補 花咲徳栄高校・井上朋也経歴や成績、特徴、スカウト評価をご紹介します。

井上朋也(花咲徳栄)の経歴は?

まずは、井上朋也の経歴です。

経歴
  • 名前:井上朋也( いのうえ ともや)
  • 出身地:大阪府四条畷市
  • 生年月日:2003年1月28日
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:畷ファイターズ → 生駒ボーイズ(四條畷市立四條畷中学校)→ 花咲徳栄高校

詳しく見ていきましょう。

井上朋也は中学校時代に日本代表に選ばれる!

小学校2年生の時に野球を始め、畷ファイターズでプレーします。

中学校時代は生駒ボーイズに所属。

中学校3年生の時にジャイアンツカップ(ボーイズ・シニア・ポニーなどを合わせた硬式野球全般の野球大会)でベスト16となりました。

また、ボーイズリーグ日本代表にも選ばれ、世界少年野球大会には4番センターで出場し、チームの優勝に貢献します。

なお、中学生時代の通算本塁打数は24本でした。

井上朋也は高校1年生春から公式戦に出場、!

高校進学時には20校ほどの高校から誘いがあったそうですが、埼玉県の花咲徳栄高校に進みます。

花咲徳栄高校の岩井監督からは、「大砲がいないと甲子園で勝てない」と言われました。

「いかにして選手を育て、プロ野球に送り出しているか」を熱心に話している姿に心を打たれ、「この高校に行けば成長できそう」と思ったそうです。

因みに、岩井監督と生駒ボーイズの監督は同じ東北福祉大学出身というつながりがあります。

高校1年生春からベンチ入りし、県大会3回戦の所沢商業高校戦、準決勝のふじみ野高校戦でそれぞれ本塁打を打ちました。

県大会準優勝で進んだ関東大会では、7番ライトで出場し、1回戦の専大松戸高校(千葉)戦で本塁打を打ちます。

2回戦の東海大相模高校(神奈川)戦では3安打2打点と活躍しますが、試合は敗れました。

1年生夏の北埼玉大会は、県大会で優勝し、甲子園に出場

甲子園では、1回戦の鳴門高校(徳島)戦で3安打2打点、2回戦の横浜高校(神奈川)戦でもヒットを打ちますが試合は敗れます。

井上朋也は二年連続で夏の甲子園に出場!

2年生春の県大会からは4番で出場します。

初戦の伊奈学園高校戦、3回戦の聖望学園高校戦でも本塁打を打ちましたが、準々決勝の東農大第三高校に敗れます。

2年生夏の県大会は、5回戦の所沢商業高校戦で本塁打を打つなど、全6試合でヒットと打点を挙げました

そういった活躍もあり、県大会優勝、二年連続の夏の甲子園出場を決めます。

甲子園では、2回戦(初戦)の明石商業高校(兵庫)戦でヒットを打ちますが、試合は敗れました。

2年生秋は、県大会優勝、関東大会ベスト8で、センバツ甲子園出場の可能性も残されています。

因みに、一学年上には2019ドラフトで広島に指名された韮沢雄也がいます。

井上朋也(花咲徳栄)の成績は?

続いて、井上朋也の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園通算(18夏、19夏):3試合、打率.385、2二塁打、2打点、2三振、出塁率.385
  • 地方大会通算(関東大会:19秋、県大会:18夏、19夏):14試合、打率.314、19打点、出塁率.386
  • 高校通算本塁打:31本

成績は2年生秋の関東大会終了までのもので、不明分を除いています。

地方大会で他に分かっているのは、8試合(関東大会:19秋、県大会:18夏)で2二塁打、2三塁打、4三振です。

甲子園で四死球がなかったのに対し2三振、地方大会(関東大会:19秋、県大会:18夏)で4四死球に対し4三振と、三振数が四死球数を少し上回っています。

四死球を選んでの出塁はできていますが、三振をもう少し減らし四死球での出塁を増やしていけると良さそうです。

すでに高校通算で30本以上の本塁打を打っているなど、長打を打てるバッターと言っていいでしょう。

井上朋也(花咲徳栄)の特徴は?

次に、井上朋也の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

対戦している投手はドラフト2020候補の中森俊介です。

動画の35秒辺りからは打撃について特集しています。

左足を上げてタイミングを取った後は、足を上げずに摺り足に近い状態でスイングに入っているようです。

また、全身を使って振り抜いています

芯に当たれば、遠くに飛ばせそうです。

井上朋也は広角に打てる!

動画の2分辺りでは、外角への変化球を、うまくライト前に運んでおり、逆方向に打てています

足を上げずに打っているので、目線がぶれず、どのような球にも対応できそうです。

前の打席(1分10秒辺り)では、変化球を引っ張りゴロとなったので、流し打ちに切り替えたのかもしれません。

試合の中での修正能力もありそうです。

また、下記の動画では内角高めの釣り球をホームランにしています。

うまく肘をたたんで上から叩けていますね。

こういった打撃を見ると打撃技術の高さがわかりますね。

井上朋也の選球眼はまずまず

ボール球やボール気味の球を見送る事が出来ており、際どい球はファウルで粘っています。

選球眼はまずまずと言ってよさそうですが、三振を減らせるともっと良いでしょう。

井上朋也の走力はや肩はまずまず

動画の4分50秒辺りでは、サードゴロを打ったものの、ヘッドスライディングで一塁に滑り込み、内野安打にしています。

一塁到達タイムは4秒6前後で、足の速さはまずまずといっていいでしょう。

出塁した後は、アウトになったものの次の塁を狙う姿勢が見られました。

動画の最初では、守備についても取り上げられており、サードやホームにワンバウンド以内で送球できており肩はまずまずです。

ただ、送球までにステップが多いのが気になるところです。

井上朋也の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 全身を使ったフルスイング
  • 逆方向にも打てる
  • 選球眼や走力はまずまず
  • 肩が強い

です。

全身を使ったスイングが魅力な一方で、逆方向に打てるなど状況に応じたバッティングもできます。

また、走力や肩の強さもあり、走攻守揃った選手と言って良さそうです。

まだ、高校2年生なので、まだ、伸びしろがありそうです。

井上朋也(花咲徳栄)のスカウト評価は?

続いて井上朋也のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ロッテ・松本球団本部長「パワーに加えて、スピードもある。来年の上位候補」
  • ソフトバンク・宮田スカウト「常にフルスイングで打ちにいくのが素晴らしい。2年後が楽しみ」

ロッテのスカウトは高校2年生、ソフトバンクのスカウトは高校1年生に寄せられたコメントです。

バッティングやスピードについて評価されています。

高校2年生の時点で、上位候補というコメントも出ており、将来性に期待されているようです。

走攻守揃った選手でスカウト評価を考えると、このまま活躍できれば2020ドラフトで上位指名されそうです。

井上朋也(花咲徳栄)のまとめ

以上が、花咲徳栄高校・井上朋也経歴や成績、特徴、スカウト評価でした。

フルスイングが魅力で、走力や守備力があり走攻守揃った選手で、逆方向にも打てるなど状況に応じたバッティングもできます。

このまま活躍できれば、2020ドラフトでの上位指名もあると思います。

高校通算本塁打は高校2年生秋の時点で31本なので、どこまで伸ばせるか注目です。

今後の活躍や動向に注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です