【ドラフト】小深田大地(履正社)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、履正社高校の小深田大地内野手です。

一年生からクリーンアップを任さる、巧みなバッティングが持ちあじのスラッガーです。

2020センバツ甲子園での活躍にも期待がかかります。

今回はそんな2020年ドラフト候補 履正社高校・小深田大地経歴や成績、特徴をご紹介します。

小深田大地(履正社)の経歴やプロフィール

まずは、小深田大地の経歴です。

プロフィール
  • 名前:小深田大地(こぶかた だいち)
  • 出身地:兵庫県姫路市
  • 生年月日:2003年3月25日
  • 身長:176cm
  • 体重:85kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:三塁手
  • 経歴:姫路市立飾磨小学校 → 姫路アイアンズ(姫路市立飾磨中部中学校)→ 履正社高校

詳しく見ていきましょう。

小深田大地は中学3年生の時に日本代表に選ばれる!

小学校2年生から軟式野球を始めました

中学校に入ってからは、硬式野球チームの姫路アイアンズでプレーします。

中学3年生の時に、NOMOジャパン(ボーイズリーグ日本代表)に選ばれ、アメリカ遠征に帯同しました

因みに、5つ上の兄も野球をしており、姫路アイアンズ、飾磨工業高校でプレーしたそうです。

小深田大地は高校1年生夏からベンチ入り!

高校進学の際に多くの高校から誘いがありましたが、「同じサードを守っている安田尚憲さん(千葉ロッテ)のようになりたいと思った」のがきっかけで履正社高校に進みます。

1年生夏からベンチ入りし、北大阪大会では、5番サードで出場しました。

準決勝の大阪桐蔭高校戦では、二塁打を含む2本のヒットを打ちますが、9回2アウトから逆転され敗れます。

この試合で敗れたことに関して「逆転してからの集中力、粘り強さ」を学んだそうです。

1年生秋からは3番を打ち、府大会では準々決勝の東海大仰星高校戦でのサヨナラ満塁本塁打、決勝の大阪桐蔭高校戦の2ラン本塁打と2本の本塁打を打ちました。

府大会優勝で出場した秋の近畿大会ではベスト4となり、2年生春のセンバツ甲子園に出場します。

センバツ甲子園初戦の星稜高校(石川)戦では、奥川恭伸(現・東京ヤクルト)の前に2三振しますが、最終打席でヒットを打ちました。

小深田大地は3季連続の甲子園出場決定!

2年生夏の府大会では、決勝の金光大阪高校戦で本塁打を打つなどの活躍で、優勝に貢献、夏の甲子園に出場します。

1回戦から準決勝の明石商業高校(兵庫)戦までの5試合で連続ヒットを打ちました。

決勝の星稜高校戦ではノーヒットでしたが、甲子園で優勝します。

2年生秋は、府大会で準優勝、近畿大会では、1回戦、準々決勝は3安打し、準決勝の天理高校(奈良)戦では2安打し、13打数8安打と活躍しました。

準決勝で敗れベスト4でしたが、3季連続の甲子園となる2020センバツ甲子園の出場が決まり、甲子園での活躍にも期待できます。

また、2019年末の時点での高校通算本塁打は29本で、どこまで伸ばせるか注目です。

なお、1学年上には、阪神に入団した井上広大外野手がいます。

小深田大地(履正社)の成績

続いて、小深田大地の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園(19春夏):7試合、打率.345、1二塁打、1打点、8三振、出塁率.406
  • 地方大会通算(近畿大会:18秋、19秋、府大会:18夏秋):18試合、打率.386、9二塁打、1三塁打、3本塁打、20打点、4三振、出塁率.442

成績は2019年までのものです。

甲子園でも3割を超える打率を残しました。

二塁打や本塁打などを打っており、長打力があります

また、四死球を選んで出塁することもできており、打率以上の貢献ができているようです。

ただ、甲子園での三振数が四死球数(3)を上回っており、全国大会で三振を減らせるかが今後の課題となるかもしれません。

公式戦で盗塁を決めているという情報がなく、三塁打も少ないので、足はそこまで速くはなさそうです。

小深田大地(履正社)の特徴や動画

次に、小深田大地の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【2020年ドラフト候補 小深田 大地(履正社高)

がっしりとした体格ですね。

背はそこまで大きくありませんが、バットを高めに構えているので、実際よりも大きく見えるかもしれません。

右足を少し上げてタイミングを取っています。

足を踏み込んでからは一気にバットを振っており、最後まで振り切るフルスイングです。

小深田大地は長打力!

動画の10秒過ぎでは、落ちる変化球をレフトスタンドに運んでいます。

がっしりとした体形なのと体全体を使って振り切るスイングなので、捉えることができれば遠くに飛ばすことができそうです。

小深田大地は逆方向にも打てる!

動画の1分5秒辺りでは、レフト方向に二塁打を打っています。

途中までは肘を折ったコンパクトなスイングなので、どのような球にも対応でき、状況に応じて逆方向にも打てそうです。

小深田大地の選球眼はまずまず!

ボール球をきっちり見極める事ができており、際どい球はファウルで粘れています。

一方で、空振りしていることもあり、選球眼はまずまずのようです。

また、三振を減らせるかが今後の課題となります。

小深田大地の足は速くないが、守備はまずまず!

1塁への到達タイムが、5秒近くかかっており、ゴロでアウトになるケースが多かったです。

50m走のタイムは7秒0で、足はそこまで速くはありません

ですが、守備はまずまずで、動画の2分10秒辺りなどフライの場面では、落下点への入り方もスムーズです。

肩そのものも強く、遠投は105mまでできます

動画の20秒過ぎでは、正面に近い打球でしたが速い打球を止め、捕ってからの動作も速かったです。

小深田大地の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 振り切るスイングで長打を打てる
  • 逆方向にも打てる
  • 選球眼はまずまず
  • 走力はそこまでない
  • 守備力はまずまずで、肩が強い

です。

長打力と状況に応じて逆方向に打つバッティングが魅力で、肩が強く守備もまずまずと言っていいでしょう。

小深田大地(履正社)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、小深田大地のスカウト評価です。

スカウトが寄せたコメントは、現時点でありません。

まだ、高校2年生でそこまで注目度は高くなさそうです。

ですが、甲子園でのプレーを視察したスカウトもいると思いますし、3年生春のセンバツ甲子園での活躍次第では注目度が高くなると思います。

長打力などのバッティングが魅力で、2020ドラフトで指名される可能性も高く、活躍次第では上位指名もあるかも知れません。

また、履正社高校の岡田龍生監督は「うちで1年生で試合に出ていたのはT―岡田(オリックス内野手)や山田哲人(東京ヤクルト内野手)、寺島成輝(ヤクルト投手)くらい。打力がある」と評価しています。

小深田大地(履正社)のまとめ

以上が、履正社高校・小深田大地経歴や成績、特徴でした。

長打力と状況に応じて逆方向に打つバッティングや肩の強さが魅力の選手です。

2020ドラフトで指名される可能性は高く、今後の活躍によっては上位指名される可能性もあると思います。

まずは、センバツ甲子園での活躍に期待です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です