【ドラフト】中川颯(立教)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】中川颯(立教)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は立教大学の中川颯投手です。

下から浮き上がるストレートとスライダーなどの変化球を投げ分けるサブマリン(アンダースロー)。

3年生秋のリーグ戦後に大学野球日本代表候補に選ばれました。

今回はそんな立教大学 中川颯経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

中川颯(立教大)の経歴やプロフィール!

まず、中川颯の経歴です。

経歴
  • 名前 : 中川颯(なかがわ はやて)
  • 出身地 : 神奈川県横浜市
  • 生年月日 : 1998年10月10日
  • 身長 : 184cm
  • 体重 : 79kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:小雀少年野球部(横浜市立小雀小学校)→ 横浜泉シニア(横浜市立大正中学校)→ 桐光学園高校 → 立教大学

詳しく見ていきましょう。

中川颯は中学生の時からアンダースロー!

姉の友人に誘われたことがきっかけで、小学1年生から軟式野球をはじめ、小雀少年野球部でプレーします。

中学校に入ってからは横浜泉シニアに所属し、ショート兼ピッチャーとして試合に出ました。

渡辺俊介さん(元・千葉ロッテ投手)に憧れていたこともあり、中学生の頃からアンダースローでピッチングを行うようになります。

因みに、父は元高校球児で、横浜商業高校で4番を打ち、甲子園にも出場したそうです。

中川颯は高校時代は野手としても活躍!

高校は桐光学園高校に進みます。

1年生夏の神奈川県大会からベンチ入りし、4試合に登板しました。

5回戦の慶應高校戦では1回ノーアウト満塁の場面から登板しましたが、9回を1失点に抑えます。

1年生秋は、県大会で準優勝、関東大会に出場しました。

初戦の浦和学院高校戦では、4番投手で出場し、1失点に抑え、三塁打を打ちますが、試合は敗れます。

2年生夏の県大会では、13回を投げ6失点、打つ方では打率.353、5打点でした。

3年生春の県大会では、地区予選の法政第二高校戦で2本の本塁打、県大会3回戦の鶴見大附属高校戦でサヨナラ本塁打を打つなど4本の本塁打を打ちます。

3年生夏の県大会では、準決勝の横浜高校戦では、ビハインドの3回表途中から登板し7回を3失点に抑え、3ラン本塁打も打ちますが、試合は敗れました。

中川颯は大学1年生の全日本大学野球選手権で最優秀投手に選ばれる!

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、立教大学(東京六大学野球連盟)に進学します。

大学入学後は投手に専念し、1年生春からリーグ戦に出場しました。

開幕戦に当たる法政大学との1回戦では、リリーフとして4回を無失点に抑えるなど、10試合に登板します。

リーグ優勝し、全日本大学野球選手権に出場し準々決勝から3試合連続で登板しました。

準々決勝の天理大学戦ではリリーフとして6回を無失点(4奪三振)に抑え、逆転勝利に繋げます。

東海大学北海道戦ではで1 1/3回を、決勝の国際武道大学戦では4 2/3回(5回途中から登板)をそれぞれ無失点に抑え、チームの優勝に貢献しました。

2勝を挙げ、大会の最優秀投手にも選ばれます。

中川颯は大学三年生で日本代表候補に!

大学2年生からは先発としても投げます。

大学3年生の春と秋のリーグ戦後に大学野球日本代表候補に選ばれました。

代表入りになるかも注目です。

また、「来年は先発をメインに投げるつもりなので、緩急を使わないといけない」と考えており、大学3年生冬はチェンジアップを習得しようとしています。

中川颯(立教大)の成績

次に、中川颯の成績です。

成績
  • 全国大会(17全日本):3試合、2勝0敗、12球回、防御率0.00、被安打率4.50、奪三振率6.75、四死球率0.75
  • リーグ戦通算(17春~19秋):49試合、8勝5敗、119 1/3投球回、防御率3.47、被安打率8.75、奪三振率7.47、四死球率3.70
  • 2019秋:8試合、1勝1敗、18 1/3投球回、防御率2.45、被安打率7.36、奪三振率7.85、四死球率3.44

成績は、2019年終了時点のものです。

1年生の時ではありますが、全国大会でも、結果を残しました。

奪三振率を考えると、三振を奪うこともできる投手のようです。

一方で、リーグ戦では、打たれたヒットが多めで、四死球を少し出しやすい傾向にありました。

ただ、2019年秋は、被安打率、四死球率、防御率を抑えられたので、2020年はこの調子で好調を結果を残せるといいでしょう。

中川颯(立教大)の特徴や動画

続いて、中川颯の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

アンダースローから投げています。

左足を上げてタメを作ってから、体重移動を使って投げており、腕の振りが大きいです。

肘も柔らかく使えています

中川颯は下から浮き上がるストレート!

ストレートの球速は、最速136km/h、常時130km/h前後とそこまでありません。

ですが、アンダースローなのでストレートは下から浮き上がっているように見えます。

ストレートで打ち取る事が出来ており、軌道に慣れていないと打ちづらそうです。

中川颯は鋭い変化の多彩な変化球!

動画では、スライダー、カーブ、シンカーを投げています。

スライダーは、打者の近くで鋭い変化をしており、空振りを奪えているので、決め球として使えそうです。

カーブはかなり球速を抑えており、奥行きを使ってタイミングをズラすのに有効でしょう。

シンカーは、大きく変化しており、コースが決まれば、ストライクカウントを取るのに使えるかもしれません。

中川颯の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられています。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球やデッドボールとなるケースも見られました。

四死球の数はそこまで多くはないので、制球力はまずまずといったところです。

速球で勝負するタイプではないので、より安定した投球が求められると思います。

中川颯の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • アンダースロー
  • 下から浮き上がるストレート
  • 変化球は、スライダー、シンカー
  • 制球力はまずまず

です。

アンダースロー投手で、下から浮き上がるストレートとスライダー、シンカーといった変化球を投げ分けて抑えています。

中川颯(立教大)のスカウト評価や指名の可能性

次に、中川颯のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・北村スカウト「(打者としての)球の待ち方、とらえ方。魅力十分」
  • 千葉ロッテ・高橋スカウト「渡辺俊介のように下からの変化球と制球はいい」

これらは、高校時代に寄せられたコメントで、当時は投手だけではなく打者としても注目されていました。

現時点で大学時代のコメントはないですが、大学野球日本代表候補に選ばれており、今後、視察する機会が増えるかもしれません。

「社会人野球経由でもプロで野球をやってみたい」と本人の意気込みは十分です。

また、福岡ソフトバンクの高橋礼投手が新人王となり、プレミア12でも活躍したので、アンダースロー投手という事で注目を集めると思います。

今後の活躍次第で、2020ドラフトで指名される可能性は十分ありそうです。

中川颯(立教大)のまとめ!

以上が、立教大学 中川颯経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

下から浮き上がるストレートとスライダーなどの変化球を投げ分けて抑えるサブマリンです。

2020ドラフトで指名される可能性もあると思います。

大学野球日本代表になれるかどうかも含めて、今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です