【ドラフト】内間拓馬(亜細亜大)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 内間拓馬(亜細亜大)の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、亜細亜大学の内間拓馬投手です。

三年生ながら2019大学野球日本代表候補に選出された、最速149km/h右腕です。

今回はそんな亜細亜大学 内間拓馬経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

内間拓馬(亜細亜大)の経歴は?

内間拓馬の経歴です。

経歴
  • 名前 : 内間拓馬(うちま たくま)
  • 出身地 : 沖縄県本部町
  • 生年月日 : 1998年度
  • 身長 : 179cm
  • 体重 : 84kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:本部町立本部小学校 → 本部町立本部中学校 → 沖縄県立宜野座高校 → 亜細亜大学

詳しく見ていきましょう。

内間拓馬は甲子園出場なし!

本部町立本部小学校5年生の時に、陸上競技のボール投げの沖縄県大会に出場したようです。

しかし、野球を始めた時期は不明で、所属チームや中学校の部活動といった情報も分かっていません。

その後は、本部町立本部中学校を経て地元の沖縄県立宜野座高校に進みました。

高校では、1年生の時からベンチ入り。

1年生秋の県大会では、リリーフした2回戦の久米島高校戦で最速139km/hを記録します。

3年生夏の県大会では、3回戦の沖縄尚学高校戦に9回裏から抑えとして登板し、球速を145km/hに伸ばしました

しかし、準々決勝の美里工業高校戦では、登板することなくベスト8で敗退。

甲子園の出場はありませんでした。

内間拓馬は1年生秋に球速148km/hをマーク!

大学は亜細亜大学(東都大学野球連盟)に進学。

1年生秋からリーグ戦に出場します。

1年生秋の国学院大学1回戦でリーグ戦に初登板し、1/3回を無失点に抑えました。

この試合で自己最速を148km/hに更新

初先発した2年生春の国学院大学2回戦では、7回まで1失点に抑え、8回途中に4失点しますが、試合には勝ち、初勝利を挙げました。

内間拓馬は2019大学野球日本代表候補に!

2年生まではリリーフでの登板が中心でしたが、3年生春は9試合中8試合に先発しています。

リーグの開幕戦にあたる駒澤大学戦で、149km/hをマーク

立正大学戦で無四球1失点完投勝利を挙げ、中央大学との試合では3試合続けて先発しました。

58イニングを投げ、防御率は1.71(リーグ4位)と安定した成績を残しています。

こういった活躍もあり、2019大学野球日本代表候補にも選ばれました。

日本代表入りとなるかも注目ですね。

内間拓馬(亜細亜大)の成績は?

内間拓馬の成績です。

成績
  • リーグ戦成績(17年秋~19年春):17試合、3勝3敗、75 2/3投球回、防御率2.38、被安打率7.02、奪三振率6.90、四死球率5.23
  • 2019年春のリーグ戦:9試合、2勝3敗、58投球回、防御率1.71、被安打率6.36、奪三振率6.98、四死球率4.19

成績は2019年春のリーグ戦終了時点のものです。

3年生春からは、先発中心に投げて投球回を伸ばしましたが、失点を最小限に抑えられています。

延長戦の11回途中まで投げた試合もあり、スタミナもありそうです。

ヒットをやや打たれていますが、防御率はそこまで悪くありません

与えた四死球は多めですが、3年生春は減らせています。

また、奪三振率を見ると、三振でアウトを取ることも出来る投手であると言って良さそうです。

内間拓馬(亜細亜大)の特徴は?

内間拓馬の特徴です。

こちらの動画(2019年春季リーグ、東洋大学戦)を見ていきましょう。

がっしりとした体形ですね。

右足を上げてタメを作ってから、柔らかな腕の振りで投げています。

全身を使って投げるダイナミックなフォームです。

また、ランナーがいない場面でもクイックで投げたりと、投球のタイミングを変えています。

こういったことが出来る、器用な選手であることがわかります。

内間拓馬は力のあるストレート!

バッターが振り遅れたり空振りする場面が見られます。

ストレートの球速は最速149km/hで、勢いを感じますね。

腕の振りが柔らかいので、球速よりも速く感じるかもしれません。

ただ、シュート回転するボールも多く、質のバラツキがあります。

質のバラツキが抑えられれば、もうワンランク上の投球が出来るでしょうね。

内間拓馬の変化球は?

動画を見ると、変化球はカーブ、スライダー、フォークを投げています。

主にスライダーを軸としており、変化量も大きく決め球として十分使えそうです。

カーブは大きく変化し、空振りを取ったり芯を外すのに使えそうです。

100㎞/h台なのでストレートとの緩急を使ったピッチングが出来そうですね。

内間拓馬の制球力は?

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられていていますが、ボールが浮いてヒットにされる場面も見られました。

四死球が多めであることを考えると、制球力は普通のようです。

ですが、3年生春は、四死球の数も減らす事ができました。

また、細かいコントロールはそこまでないですが、ストライクゾーンギリギリの所にも投げられています

細かいコントロールができるようになると、四死球だけでなく被安打を減らせそうです。

内間拓馬の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速149km/hの力のあるストレート
  • 変化球はカーブ、スライダー、フォーク
  • 制球力は普通

です。

最速150km/hのキレのあるストレートと決め球として使えるカーブ・スライダーを投げ分けるピッチャーです。

制球力に課題はありますが、改善傾向にあります。

また、大学に入ってからも球速を伸ばしており、伸びしろもまだありそうです。

内間拓馬(亜細亜大)のスカウト評価は?

内間拓馬のスカウト評価です。

現時点でスカウトの寄せたコメントはありません。

2018年までは、登板数やイニング数が少なかったこともあり、まだ、注目度が低いようです。

ですが、3年生春は投球回を伸ばし、2019大学野球日本代表候補にも選ばれました。

そういった事もあり、スカウトが視察する機会も増えると思います。

キレのあるストレートと決め球として使えるカーブ・スライダーが武器のピッチャーで、今後、注目を集めそうです。

3年生春の成績や投球内容を見る限りでは、2020ドラフトでの指名はほぼ確実で、活躍次第では上位指名もあるかもしれません。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

内間拓馬(亜細亜大)のまとめ!

以上が、亜細亜大学 内間拓馬経歴、成績や特徴でした。

キレのあるストレートと決め球として使えるカーブやスライダーが魅力で、伸びしろもありそうです。

2020ドラフトでの指名はほぼ確実で、活躍次第で上位指名の可能性もあると思います。

また、2019大学野球日本代表候補にも選出されていて、代表入りなるかも注目です。

今後の動向や活躍に期待していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です