【ドラフト】入江大生(明治大)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】入江大生(明治大)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は明治大学の入江大生投手です。

ノビのあるストレートと縦スライダーなどの変化球を投げ分ける、本格派。

大学3年生夏に、フォーム改造と増量を行い、球速を最速151km/hに伸ばします。

また、大学野球日本代表候補にも選ばれました。

今回はそんな明治大学 入江大生

記事の内容

をご紹介しています。

入江大生(明治大)経歴やプロフィール

まず、入江大生の経歴です。

経歴
  • 名前 : 入江大生(いりえ たいせい)
  • 出身地 : 栃木県日光市
  • 生年月日 : 1998年8月26日
  • 身長 : 187cm
  • 体重 : 82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:今市レイダース → 県央宇都宮ボーイズ(日光市立今市中学校)→ 作新学院高校 → 明治大学

詳しく見ていきましょう。

入江大生は高校2年生夏の甲子園に出場!

小学校3年生の時から野球をはじめ、今市レイダースに所属します。

中学生になってからは、硬式野球チームの県央宇都宮ボーイズでプレーしました。

中学校3年生夏には、投手兼外野手として全国に出場し、ベスト8となります。

高校は、県内の作新学院高校に進み、1年生秋からベンチ入りしました。

高校2年生夏は、県大会で優勝します。

甲子園3回戦の九州国際大付属高校(福岡)戦では、ビハインドの場面から登板、1回を無失点に抑えますが、試合は敗れました。

この試合の球速は最速136km/hでした。

3年生春の県大会には、エースとして臨みますが、準々決勝の栃木工業高校戦で8失点し、試合も敗れます。

入江大生は高校3年生夏の甲子園で優勝、高校野球日本代表にも選ばれる!

それ以降は、現西武の今井達也の成長で、野手メインで出場するようになりました。

3年生夏の県大会では、投手として2回戦の大田原高校戦で5回を無失点(9奪三振)に抑えます。

決勝の国学院栃木高校戦で本塁打を打ち、県大会優勝、二年連続の夏の甲子園出場を決めました。

甲子園では、2回戦(初戦)から準々決勝までの3試合で連続本塁打を打ちます。

準決勝の明徳義塾高校(高知)戦では、1回を投げて無失点、球速を145km/hに伸ばしました

甲子園で優勝し、高校野球日本代表にも選ばれます。

アジア選手権では、レフト及び指名打者で出場し、インドネシア戦でホームランを打つ活躍もあり、優勝しました。

入江大生は大学3年生夏にフォーム改造と増量を行う!

高校卒業後は明治大学(東京六大学野球連盟)に進学、本人の希望もあり大学では投手に専念します。

1年生春から、リーグ戦に登板しました。

3年生春の明治大学2回戦でリーグ戦初勝利を挙げます。

明治大学がリーグ優勝し、全日本大学野球選手権でも優勝しましたが、選手権での出場機会はありませんでした。

フォームが安定しなかった事もあり、3年生夏にフォーム改造を行います。

1学年上で広島に入団した森下暢仁投手のフォームも参考にしたそうです。

また、食事による増量を行い、体重も4~5キロ増やします。

入江大生は大学野球日本代表候補に選ばれる!

フォーム改造と増量の成果もあり、3年生秋には球速を150km/hまで伸ばしました

また、2試合に先発するなど自身最高の22回を投げ、防御率0.82と1点を切ります。

リーグ戦終了後、大学代表候補にも選ばれました

四年生春の社会人とのオープン戦で151km/hをマークしています。

なお、森下投手のほか、横浜DeNAの伊勢大夢投手も大学の1学年上です。

入江大生(明治大)の成績

次に、入江大生の成績です。

成績
  • リーグ戦通算:29試合、2勝6敗、72 2/3投球回、防御率2.72、被安打率6.44、奪三振率9.78、四死球率3.16

成績は2020年春季リーグ終了時点でのものです。

打たれたヒットはそこまで多くなく、失点も多くありません

2019年(3年生)秋は、投球回を伸ばしましたが、打たれたヒットを少なくでき防御率も1点台を切りました。

ただ、四死球が少し多めなので、今後は四死球を減らす事が求められます。

一方で、奪三振率を見る限りでは、三振を奪うタイプのピッチャーと言っていいでしょう。

入江大生(明治大)の特徴や動画

続いて、入江大生の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

<2020年ドラフト候補>明治大学 入江 大生 投手(作新学院)【3年】:東京六大学野球2019春季リーグ戦

左足を三塁方向に大きく上げて、タメを作っています。

テイクバックが小さく、リリースポイントは打者寄りです。

また、腕の振りが大きく、肘も柔らかく使えています。

入江大生はノビのあるストレート!

バッターが振り遅れている場面も見られました。

ストレートは最速151km/h、常時140km/h台ですが、球にノビがあるので、球速以上に速く感じるかもしれません。

入江大生の制球力は普通!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げています。

一方で、抜けて明らかなボール球となるケースや逆球も目立ちました。

制球力は普通といったところで、四死球の数も少し多くなっているのかもしれません。

入江大生は鋭く変化する縦スライダー!

動画では、縦方向のスライダーを投げており、打者の手元で鋭く変化しています

次に、こちらの動画を見ていきましょう。

縦スライダーは打ち取ることが出来るほか、コースが決まると空振りを取れており、決め球にもなりそうです。

落差も大きく、素晴らしいボールですよね。

そのほかの変化球は、カットボール、フォーク、カーブを投げます。

入江大生の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのノビのあるストレート
  • 変化球は、縦スライダー、カットボール、フォーク、カーブ
  • 制球力は普通

です。

最速150km/hのノビのあるストレートと縦スライダーなどの変化球を投げ分けており、本格派投手と言っていいでしょう。

大学3年生夏にフォーム改造や増量を行ってから時間が経っていないので、伸びしろもまだありそうです。

入江大生(明治大)のスカウト評価や指名の可能性

次に、入江大生のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・織田スカウト「いい球は、たくさんあった。当然、上位候補としての評価は変わりません」
  • 横浜・八馬スカウト「左腕では早川(早大)が一番だけど、右での魅力は入江」
  • 阪神・畑山統括スカウト「能力の高さは十分感じさせる」
  • 広島・苑田聡彦スカウト統括部長「切れのいいストレートを投げるが、高めが多い。リリースが高いのかな」
  • 西武・渡辺久信GM「真っすぐに力強さがあった。バランスが良く、先発としてゲームが作れそうな投手。上位候補になる力を持っている」「総合的に見て、まとまっている。伸びしろは、まだまだある」

現時点で複数球団からのコメントが出ています。

巨人と西武は上位候補とコメント、横浜も右腕ではNo.1と評価しており、どの球団も非常に高い評価をしています。

3年生秋には防御率0点台の素晴らしい成績を残し、大学野球日本代表候補にも選ばれており、実力的にも申し分ありません。

また、恵まれた体格からは、まだまだ伸びしろも感じます。

ドラフト2020では上位指名確実と言えるでしょう。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

入江大生(明治大)のまとめ!

以上が、明治大学 入江大生経歴、成績や特徴でした。

最速151km/hのノビのあるストレートと縦スライダーなどの変化球を投げ分ける、本格派投手です。

実力や伸びしろからは、ドラフト上位指名は確実と言えます。

今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です