【ドラフト】松本隆之介(横浜)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】松本隆之介(横浜)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は横浜高校の松本隆之介投手です。

キレのある最速152km/hのストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球が持ち味の本格派左腕。

高校2年生春はセンバツ甲子園に出場し、その後は18歳以下の日本代表候補にも選ばれました。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 横浜高校・松本隆之介

記事の内容

をご紹介しています。

松本隆之介(横浜)経歴やプロフィール

まず、松本隆之介の経歴です。

経歴
  • 名前:松本隆之介(まつもと りゅうのすけ)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:2002年7月31日
  • 身長 :186cm
  • 体重: 84kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:横浜市立川上北小学校 → 戸塚シニア(横浜市立名瀬中学校)→ 横浜高校

詳しく見ていきましょう。

松本隆之介は中学3年生夏に全国大会に出場!

小学校1年生の時から野球をはじめ、当時は外野手でした。

中学校に入ってからは、硬式野球チームの戸塚シニアに入り、ピッチャーをはじめます。

中学校3年生夏に、シニアの全国大会に出場しました。

当時は、130km/h台中盤のストレートを投げて注目され、多くの学校から誘いを受けます。

その中から地元の強豪校でもある横浜高校を選び、入学しました。

松本隆之介は高校2年生春にセンバツ甲子園に出場!

高校1年生春からベンチ入りし、春の神奈川県大会4回戦の横浜創学館高校戦でリリーフとして投げ、この試合で145km/hを記録します。

1年生夏は、県大会3回戦の逗子開成高校戦で1 1/3回を投げて3つの三振を奪いました。

1年生秋は、県大会で2試合に先発、県大会優勝で関東大会に出場、準々決勝の春日部共栄高校(埼玉)戦ではビハインドの場面で打者1人を抑えます。

1年生冬は、変化球の制球力向上と走り込みによる下半身強化に力を入れました。

2年生春のセンバツ甲子園では、1点リードされた3回2アウト1塁の場面から登板します。

3回は抑えますが、4回、5回に失点し、試合も敗れました。

松本隆之介は高校2年生春に18歳以下の日本代表に選ばれる!

大会後は、18歳以下の日本代表候補に選ばれます。

2年生投手では1人だけだそうです。

2年生6月に行われた、招待試合の尽誠学園高校(香川)戦では7回を投げて無失点、8個の三振を奪い、球速を147km/hに伸ばします。

2年生夏の県大会では、3回戦の法政第二高校戦に先発して6回を無失点に抑えますが、準々決勝の相模原高校戦ではリリーフとして登板しますが1アウトも取れずに3失点しました。

2年生秋は先発2試合を含む4試合17 2/3回を投げて無失点に抑えます。

その後は、食事量を増やすなど増量に力を入れ、3年生6月に全体練習を再開した時に、球速を計測したところ152km/hに伸ばしました

阪神の及川雅貴投手は1学年上、木下幹也投手、度会隆輝内野手、津田啓史内野手は同学年です。

松本隆之介(横浜)の成績

次に、松本隆之介の成績です。

成績
  • 甲子園計(19春):1試合、2 2/3投球回、防御率3.86、被安打率19.29、奪三振率7.71、四死球率7.71
  • 地方大会計(関東大会18秋、県大会:18春夏秋、19春夏秋):13試合、41投球回、防御率0.88、被安打率5.27、奪三振率12.73、四死球率3.95

成績は、2019年終了時点のものです。

甲子園では、打たれたヒットや与えた四球が多く、失点が多くなっていました。

地方大会では、そこまでヒットを打たれておらず、失点も少なかったです。

ただ、四死球が多めなので、今後は四死球を減らせるかが課題となるかもしれません。

その一方で、奪三振率を見ると、三振を奪う事もできるピッチャーのようです。

松本隆之介(横浜)の特徴や動画

続いて、松本隆之介の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【2020ドラフト候補】松本隆之介投手(横浜高校)甲子園練習&投球【2019センバツ甲子園】

右足を大きく上げてタメを作っています。

長い腕を活かした大きな腕の振りで、肘も柔らかく使えていました。

松本隆之介はキレのあるストレート!

柔らかく肘を使えているので、ストレートにキレがありそうです。

球速は常時130km/h台、最速152km/hですがバッターが振り遅れており、球速以上に早く感じるかもしれません。

長身から投げるので、球に角度が付いています

松本隆之介は大きく落ちるチェンジアップ!

動画では、変化球は、チェンジアップ、カーブ、スライダーを投げています。

チェンジアップは、大きく落ち、空振りを奪うのにもストライクカウントを取るのにも使えています。

カーブは、緩く大きく変化し、タイミングをずらして打ち取る事ができるほか、空振りを奪うのにも使えそうです。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がり、コースが決まれば芯を外すのに使えるかもしれません。

それ以外には、ナックルを投げます。

松本隆之介の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角などのコースに投げられています。

一方で、投球が甘く入ったところをヒットにされたり、明らかなボール球となった事もありました。

制球力はまずまずといったところです。

松本隆之介の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • キレのある最速152km/hのストレート
  • 変化球は、チェンジアップ、カーブ、スライダー、ナックル
  • 制球力はまずまず

です。

キレのある最速152km/hのストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球を投げ分けています。

松本隆之介(横浜)のスカウト評価や指名の可能性

次に、松本隆之介のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・吉野スカウト「松本は、角度があるし、制球力も安定している。実戦で良いプレーができれば十分に(指名の)チャンスはある」
  • 中日・米村チーフスカウト「体ができたら及川くんよりもよくなる可能性があります。線が細いのでバラつきはありますが、下半身で投げられるようになればいいですね」
  • ヤクルト・小川ゼネラルマネジャー「松本は147キロ(を計測)とスピードがあって将来性がある左腕。度会の打撃は1年の時から見ている」
  • 西武・渡辺久信GM「手足が長く、将来性はある」
  • 楽天・部坂スカウト「高校生の左投手では素材は1番じゃないかな」「松本君は、高校生左腕の中では静岡商の高田君とともに抜けた存在だと思う。度会君は長打が出るかどうかを見ていたので、きょうは良かったですね。ミート力があるし、打撃はもともと評価しています」

現時点で、阪神・中日・楽天からのコメントが出ています。

素材として高い評価を受けていることがわかります。

将来性のある左投手という事で、2020ドラフトで上位指名される可能性が高いでしょう。

本人は、「夏の甲子園と地方大会の中止にへこんだ時期もあったけれど、ふっきれた。プロという目標に向かって頑張りたい」とプロ志望のようです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

松本隆之介(横浜)のまとめ!

以上が、横浜高校 松本隆之介経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

キレのある最速152km/hのストレートと大きく落ちるチェンジアップなどの変化球が武器です。

2020ドラフトで上位指名される可能性も十分にあります。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です