【ドラフト】山野太一(東北福祉大)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 山野太一(東北福祉大)の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、東北福祉大学の山野太一投手で最速149km/hの本格派左腕です。

大学1年生春のリーグ戦から先発として投げ、3年生春は5勝、防御率0.00という素晴らしい成績でした。

2019全日本大学野球選手権にも出場します。

今回はそんな東北福祉大学 山野太一経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

山野太一(東北福祉大)の経歴は?

山野太一の経歴です。

経歴
  • 名前 : 山野太一(やまの たいち)
  • 出身地 : 山口県山口市
  • 生年月日 : 1998年度
  • 身長 : 170cm
  • 体重 : 70kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:小郡少年野球団 → 高川学園リトルシニア(高川学園中学校)→ 高川学園高校 → 東北福祉大学

詳しく見ていきましょう。

山野太一の小学校、中学校時代は?

小学生時代から野球をはじめ、少年野球の小郡少年野球団でプレーします。

中学校は中高一貫校の高川学園中学校(山口県防府市)に進み、硬式野球部に相当する高川学園リトルシニアに所属。

高校は、そのまま高川学園高校に進みます。

山野太一は高校3年生夏に甲子園出場!

高校2年生夏にエースとなり、県大会では4試合に投げ、そのうち3試合は完投しベスト8。

左肩痛のため、2年生秋の予選は投げられませんでしたが、11月からブルペンでの投球を再開し、復帰しました。

3年生夏の県大会では、初戦から決勝までの全6試合に先発し、5試合に完投、3試合に完封します。

3回戦の下松高校戦(5回コールド)と準決勝の長門高校戦(8回コールド)で、参考記録ながらノーヒットノーランを達成しました。

決勝の宇部鴻城高校戦では2失点に抑え完投勝利、打つ方でも勝ち越しタイムリー三塁打を打ち、優勝・甲子園出場に貢献します。

因みに、高校野球部が創部して115年目での夏の県大会初優勝だそうです。

甲子園初戦の履正社高校戦では、現・東京ヤクルトの寺島成輝投手と投げ合いました。

8回を完投しますが5失点し、試合にも敗れます。

山野太一は大学1年生春に球速149km/hをマーク!

大学は、東北福祉大(仙台六大学野球連盟)に進学し、1年春からベンチ入り。

リーグ戦直前のオープン戦で149km/hをマークします。

リーグ戦では、1年生ながら、負けると優勝を逃す大事な試合(仙台大学戦)で先発を任され、8回無失点で勝利。

主に先発として6試合に登板し、31回を投げ、4勝0敗、防御率0.29(リーグ1位)の成績で新人賞の連盟表彰を受けます。

リーグ優勝し、全日本大学野球選手権にも出場しますが、登板することなく初戦敗退。

1年生秋は肩を痛めた影響もあり、1試合の登板にとどまりました。

山野太一は2年生春に全日本大学選手権優勝!

2年生春は、リーグ最多の4勝を挙げ、防御率も1.13と2位で、ベストナインを受賞します。

リーグ優勝し、全日本大学選手権に出場、初戦の広島大学戦で先発し、5回2失点で全国大会初勝利。

準決勝の慶應義塾大学戦でも先発しますが、連続で四球を与え、3回途中で降板します。

決勝戦での登板はありませんでしたが、東北福祉大学は大学日本一となります。

2年生秋のリーグ戦は、中盤以降の3試合に登板しただけでした。

山野太一は三年連続の全日本大学野球選手権出場に貢献!

3年生春のリーグ戦では、先発した5試合すべてに勝ち、最殊勲選手賞、最優秀投手賞、ベストナインを授賞します。

リーグ戦で優勝し、三年連続の全日本大学野球選手権に出場。

2試合に先発登板し2試合共に6回を無失点の好投を披露するも、後続が打たれ2回戦敗退となっています。

ちなみに、1学年上には2019ドラフト候補の津森宥紀、同級生にはドラフト2020候補の元山飛優がいます。

山野太一(東北福祉大)の成績は?

山野太一の成績です。

成績
  • リーグ戦成績(17年春~19年春):20試合、14勝0敗、111 2/3投球回、防御率0.73、奪三振率11.53、四死球率3.47
  • 全国大会(18年・19年全日本):4試合、2勝0敗、19投球回、防御率0.95、奪三振率9.47、四死球率7.58
  • 2019春季リーグ:5試合、5勝0敗、36投球回、防御率0.00、奪三振率12.75、四死球率3.50

2年生秋のリーグ戦は3試合の登板にとどまり、防御率も3点台と苦しみました。

しかし、3年生春は5試合36投球回を投げて5勝0敗、防御率0.00と過去最高の活躍でした。

打たれたヒットが少なく、失点も抑えられています

また、投球回以上の奪三振を挙げており、三振を奪うタイプのピッチャーといっていいでしょう。

一方で、四死球を出しやすい傾向にあります。

全日本大学野球選手権でも連続四球を出して早い回で降板しており、四死球を抑えられるかが今後の課題となりそうです。

山野太一(東北福祉大)の特徴は?

山野太一の特徴です。

こちらの2020年春季リーグ仙台大学戦の動画を見ていきましょう。

そこまで大きな体型ではないですが、力のある球を投げています。

一塁方向に右足を大きく上げてタメを作り、投球時の体重移動がしっかりと出来ていて、腕の振りもしなやかです。

どの球種でもしっかり腕が振れている印象です。

山野太一は力のあるストレート!

ストレートの球速は最速149km/hです。

体重移動が出来ていて、ストレートは球に力があり、バッターが振り遅れたり空振りする場面が見られます。

スリークォーターに近いフォームですが、しなやかな腕の振りで投げているので、ストレートの質も良さそうです。

ただ、時々、シュート回転して抜けることがあるので、こういったバラツキを減らせられるかが今後の課題となりそうです。

山野太一は多彩な変化球!

動画を見ると、変化球はスライダーとチェンジアップを投げています。

スライダーは、打者の手元で大きく変化していています。

空振りを奪うことができ、コースに決まるとストライクカントを取れそうです。

チェンジアップは、打者の近くで大きく落ち、空振りを奪ったり打ち取る場面も見られました。

いずれの球も決め球として使えそうですが、意図した所に投げられていない場面も見られ、精度はそこまで高くはなさそうです。

ただ、しっかり腕が振れているので、打者からすると見極めするのが難しそうですね。

他にはカーブを投げるそうです。

山野太一の制球力は?

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられていますが、投球が抜けたり高めに浮く事がありました。

四死球を出しやすいことを考えると、制球力は普通といった所です。

ストレートや変化球の精度が安定しないというのもあるかもしれませんが、今後は、制球力を上げ、安定した投球が求められます。

山野太一の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • どの球種でもしっかり腕が振れる
  • 力のある最速149km/hのストレート
  • 変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ
  • 制球力は普通

です。

最速149km/hの力のあるストレートが魅力の本格派左腕です。

変化球も切れがあり、三振が奪えるタイプの投手です。

制球力に課題がありますが、それだけ伸びしろがあるという事です。

今後の成長も楽しみなピッチャーですね。

山野太一(東北福祉大)のスカウト評価は?

山野太一のスカウト評価です。

スカウト評価
  • フィリーズ・大慈弥環太平洋担当部長「投球がクレバー。ギアの上げ方を知っている」

これは、3年生春のリーグ戦直後のコメントで、大リーグのスカウトからコメントが挙がっていす。

投球術などの面を評価されているようです。

三振を取れる左ピッチャーということもあり、今後はもっと注目を集めそうです。

投球内容を見る限りでは2020ドラフトでの上位指名はほぼ確実と言ってもいいでしょう。

今後の活躍次第では、一位での指名もありそうですね。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

山野太一(東北福祉大)のまとめ!

以上が、東北福祉大学 山野太一経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速149km/hのストレートが魅力の本格派左腕です。

変化球も切れがあり、三振を多く奪えるタイプの投手です。

投球内容を見ると、2020年ドラフト上位指名はほぼ確実といったところでしょう。

今後の活躍次第でドラフトで一位指名される可能性は十分にありそうです。

2019全日本大学野球選手権にも出場するので、全国の舞台でどれだけの内容を残せるかも注目です。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です