【ドラフト】元謙太(中京)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】元謙太(中京)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、中京高校の元謙太内野手です。

恵まれた体型、長打力、足の速さ、肩の強さが強みの走攻守揃った選手で、投手を含む複数のポジションを守れます。

高校2年生の時には、夏の甲子園に出場して本塁打を打ちました。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 中京高校・元謙太

記事の内容

をご紹介しています。

元謙太(中京)の経歴やプロフィール

まずは、元謙太の経歴です。

プロフィール
  • 名前:元謙太(げん けんだい)
  • 出身地:岐阜県多治見市
  • 生年月日:2002年5月17日
  • 身長:186cm
  • 体重:85kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手、遊撃手、三塁手、投手
  • 経歴:池田少年野球クラブ → 岐阜東濃シニア(多治見市立平和中学校)→ 中京学院大中京高校

詳しく見ていきましょう。

元謙太は小学校6年生の時に中日ドラゴンズジュニアに選ばれる!

小学校3年生の時に軟式野球をはじめ、池田少年野球クラブでプレーします。

小学校6年生の時に、中日ドラゴンズジュニアに選ばれ、プロ野球12球団トーナメントに出場しました。

中学生になってからは、岐阜東濃シニアに入ります。

元謙太は1年生秋の東海大会で本塁打を打つ!

高校は、中京学院大中京高校に進み、1年生の春からベンチ入りします。

1年生秋の地区大会では、多治見工業高校戦で公式戦初登板し、7回を無失点に抑えました。

県大会決勝の大垣日大高校戦では、9回を投げて1失点で完投勝利、県大会で優勝します。

東海大会では、2試合に7番レフトで出場し、準決勝の東邦高校(愛知)戦で本塁打を打ち、延長戦の10回には投手としてマウンドに上がりますが、サヨナラヒットを打たれました。

2年生春からは、サードやファーストも守るようになります。

元謙太は2年生夏の甲子園に出場!

2年生夏の県大会では、準々決勝の岐阜各務野高校戦で本塁打と三塁打を打ちました。

県大会で優勝し、夏の甲子園に出場、2回戦(初戦)の北照高校(北海道)戦で3安打、作新学院高校(栃木)戦では逆転満塁本塁打を含む2安打で勝利に貢献します。

しかし、準決勝の星稜高校(石川)戦では奥川恭伸(現・東京ヤクルト)の前にノーヒットに終わりました。

投手としても、リリーフとして2アウト1・3塁のピンチを抑えますが、次の回にタイムリーヒットを打たれて降板、試合も敗れます。

投手としては、全4試合にリリーフ登板しました。

3年生夏の県代替大会では、Dブロック準決勝の市立岐阜商業高校戦に、3番ピッチャーで出場、10球団15人のスカウトが視察する中で、同点本塁打を打ち、投げても1失点完投勝利を挙げます。

県大会準決勝の大垣北高校戦では、高校通算13本目となる本塁打を打ちました。

「この1年で体重が10キロくらい増え、70~80%くらいの力でも打球が飛ぶようになった」そうです。

因みに、1学年上には藤田健斗(阪神)がいます。

元謙太(中京)の成績

続いて、元謙太の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園通算(19夏):4試合、打率.333、1本塁打、4打点、出塁率.375、4三振
  • 地方大会通算(東海大会:18秋、県大会:19夏):8試合、打率.320、1二塁打、1三塁打、2本塁打、13打点、出塁率.433、4三振、2盗塁

成績は2019年までのものです。

甲子園でも、3割を超える打率を残せています。

四死球を選んで出塁することもできていました。

甲子園で三振の数が四死球数(甲子園1、地方5)よりも多くなっており、三振数を減らせるかが課題となるかもしれません。

一方で、本塁打などの長打を打つことができます

そして、盗塁を決めたり三塁打を打っているので、足も速そうです。

元謙太(中京)の特徴や動画

次に、元謙太の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

恵まれた体型ですね。

左足を少し上げてタイミングを取っています。

その後は、体重移動を使ってバットを振っており、バットを振り切るスイングです。

元謙太は長打を打てる!

動画の1分55秒では、内角高めの球を、センターへの本塁打としています。

恵まれた体型だけでなく、バットを振り切っているので長打を打てるのでしょう。

元謙太はバットコントロール!

動画の最初の打席では、落ちる変化球をレフト線への二塁打としていました。

どのような球にも対応できるバットコントロールがありそうです。

元謙太は足が速い!

二塁打を打っている場面では、二塁到達までにかかったタイムは7秒強でした。

50m走のタイムも5秒9で足が速いと言っていいでしょう。

元謙太の選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見送る事ができており、ストライクゾーンギリギリの球をファウルで粘ることができています。

一方で、変化球の見極めができていない場面もあり、選球眼はまずまずといったところです。

元謙太は複数ポジションを守れる野球センス!

外野手の他に、ピッチャーやショート、サードなども守っていて、野球センスがあります。

動画の3分10秒以降では遊撃手を守っていますが、守備範囲が広く、センスを感じますね。

遠投が100mまででき、肩が強いです。

元謙太の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 恵まれた体型で、バットを振り切るスイング
  • 長打を打てる
  • バットコントロールもできる
  • 足が速い
  • 選球眼はまずまず
  • 肩が強く、野球センスがある

です。

恵まれた体型、長打力、足の速さ、肩の強さが持ち味の走攻守揃った選手で、複数のポジションを守れて野球センスがあります。

元謙太(中京)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、元謙太のスカウト評価です。

スカウト評価
  • DeNA・中川スカウト「窮屈でもヒットにできるのは技術がある証拠」
  • 西武・渡辺ゼネラルマネジャー「初めて見たけど、ツボにはまれば飛ばすね。体幹が強い」
  • 阪神・熊野スカウト「巨人の坂本と岡本を足して2で割ったような選手」
  • 楽天・山田スカウト「打撃のときに前に壁をつくれているから、打球が飛んでいく」

長打力や打撃技術などについて評価されています。

2020ドラフトで指名される可能性も十分にありそうです。

投手としても出場していますが、プロでは恵まれた体型で複数ポジションを守れる事もあり、野手としてプレーしたほうがいいかもしれません。

本人は、「指名していただけるならポジションはどこでも大丈夫なので、野手として勝負したい。プロ志望届は気持ちの整理がついたら出そうと思っている」と話し、野手としてのプロ入りを望んでいるようです。

元謙太(中京)のまとめ

以上が、中京高校 元謙太経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

恵まれた体型、長打力、足の速さ、肩の強さが武器の走攻守揃った選手で、投手を含む複数のポジションを守る事もできます。

2020ドラフトでは、野手として指名される可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です