【ドラフト】伊藤大海(苫小牧駒澤大)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 伊藤大海(苫小牧駒澤大)の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、苫小牧駒澤大学の伊藤大海投手です。

1年生秋まで駒澤大学でプレーしましたが中退し、苫小牧駒澤大学に再入学。

それでも、1年間の出場停止期間から復帰した後は、リーグ優勝に貢献し全国大会でも投げました。

また、2年連続で大学野球日本代表に選ばれています

今回はそんな苫小牧駒澤大学 伊藤大海の経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

伊藤大海(苫小牧駒澤大)の経歴は?

伊藤大海の経歴です。

経歴
  • 名前 : 伊藤大海(いとう ひろみ)
  • 出身地 : 北海道鹿部町
  • 生年月日 : 1997年8月31日
  • 身長 : 175cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:鹿部町立鹿部小学校 → 函館東シニア(鹿部町立鹿部中学校)→ 駒大苫小牧高校 → 駒澤大学 → 苫小牧駒澤大学

伊藤大海は高校2年生春に甲子園出場!

鹿部町立鹿部小学校の2年生から軟式野球をはじめます。

中学校時代は函館東シニアでプレー。

高校は、北海道内の駒大苫小牧高校に進みます。

1年生秋からベンチ入りし、支部大会1回戦の登別青嶺高校戦では2失点(13奪三振)で完投勝利。

支部大会、全道大会では計7試合(うち4試合が先発)に登板し、43 1/3回を投げて防御率1.25と活躍し、優勝に貢献します。

明治神宮野球大会では、沖縄尚学高校戦で先発しましたが、8回途中まで投げ5失点、試合も敗れました。

2年生春のセンバツ甲子園では、初戦の創成館高校(長崎)戦で3安打に抑え完封勝利(7奪三振)。

この試合で139km/hを記録します。

2回戦の履正社高校(大阪)戦では、ロングリリーフで投げますが、サヨナラ負け。

伊藤大海は高校2年生夏に肘を痛める!

高校2年生夏に肘を痛め、2年生秋までは外野手としてプレーします。

3年生春に投手として復帰し、エースとキャプテンの両面からチームを引っ張り、全道大会準優勝に導きました。

3年生南北海道大会では、準々決勝の北海高校戦に先発し、延長12回までを2点に抑えますが、13回に勝ち越されて試合も敗れます。

伊藤大海は駒澤大学に入学するも中退!

駒澤大学(東都大学野球連盟、当時2部)に進学し、1年生春からリーグ戦に出場。

1年生秋までに、計8試合15イニングを投げましたが、1年生の10月に駒澤大学を中退

詳しい理由は分かりませんが、「4年間のビジョンが見えてこなかった」ようです。

翌年の春からは、苫小牧駒澤大(北海道学生野球連盟)に再入学。

伊藤大海は2年生春に全日本大学野球選手権出場!

苫小牧駒澤大入学後の1年間は、規定により公式戦の試合に出場できませんでした。

2年生春のリーグ戦では、開幕戦にあたる北海道教育大学函館校1回戦で先発し、7回を無失点に抑え、10連続を含む14奪三振を挙げました。

出場停止期間を身体作りに充てた事もあり、この試合で、球速を148km/hに伸ばします。

旭川大学1回戦では、6回を1安打無失点に抑え154km/hをマークしました。

2年生春は、8試合に登板して6勝を挙げ、リーグ優勝、MVP、最優秀投手、ベストナインの表彰を受けます。

出場した全日本大学野球選手権では、1回戦の日本文理大学戦では9回2失点で完投勝利(10奪三振)を挙げます。

2回戦の慶應義塾大学戦でも先発しますが、5回途中までに7失点し敗退。

伊藤大海は2年連続で大学野球日本代表に選出!

その後、強気の投球などが評価され、大学野球日本代表に選ばれます。

国際大会では、先発1試合を含む10試合に登板し、自責点をゼロに抑えました。

2年生秋は左足首骨折の影響で投げられませんでしたが、3年生春に復帰。

北海道教育大学函館校戦では12回を投げ2失点完投勝利(14奪三振)し、復帰戦を飾ります。

2年連続で大学野球日本代表に選ばれており、国際大会での活躍に期待がかかります。

伊藤大海(苫小牧駒澤大)の成績は?

伊藤大海の成績です。

成績
  • 全国大会通算(全日本:18年):2試合、13 1/3投球回、1勝1敗、防御率6.08、被安打率10.13、奪三振率11.48、四死球率1.35
  • リーグ戦通算(18年春、19年春、不明分を除く):9試合、7勝0敗、64投球回、防御率0.56、奪三振率15.61
  • 国際大会通算:15試合、21 2/3投球回、2勝2敗、防御率0.42、奪三振率13.30、四死球率1.66

成績は2019日米大学野球終了時点のもので、リーグ戦通算は苫小牧駒澤大学入学以降を載せました。

全国大会で打ち込まれましたが、国際大会やリーグ戦では防御率0.5前後と圧巻の投球を披露しています。

特に投球回数を大幅に超える三振数を記録しており、三振が奪えるタイプの投手であることがわかります。

四死球率も低い数字となっており、制球力も良さそうです。

三振が多く四死球が少ないということで、安定した投球が出来るのでしょうね。

伊藤大海(苫小牧駒澤大)の特徴は?

伊藤大海の特徴です。

こちらの動画(2019年日米大学野球)を見ていきましょう。

左足を三塁方向に上げてタメを作り、柔らかい腕の振りで投げられています。

常にセットポジションで投げていて、ランナーの有無によらず安定した投球が出来そうです。

伊藤大海は球威のあるストレート!

ストレートは140km/h台中盤から最速154㎞/hで球威があります

バッターが振り遅れるケースも見られており、勢いを感じますね。

また、コースによってボールの軌道が違っています。

三塁側のコースへ行ったときはシュート気味、一塁側のコースに行ったときはカット気味になっています。

本人が意図しているかはわかりませんが、真ん中に集まりにくい球質なのは、面白い特徴です。

伊藤大海は多彩な変化球!

動画を見ると、変化球はスライダーを投げています。

125km/h前後で大きく横変化しており、空振りが奪えています。

決め球として十分使えそうです。

上の動画では縦に大きく変化するスライダーも投げています。

この縦横のスライダーが持ちあじと言えそうですね。

その他には100km/h台のスローカーブ、ツーシーム、チェンジアップ、フォークも投げるようで、持ち球は多彩です。

伊藤大海の制球力は?

動画を見ると、ほとんどキャッチャーの構えた所に投げられています。

また、低めに投げ集められ、ストライクゾーンぎりぎりの所にも投げられています。

変化球もしっかり制球出来ており、四死球も少なく、制球力は高めと言って良さそうです。

伊藤大海の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速154㎞/hの球威のあるストレート
  • ストレートはナチュラルに変化する
  • 縦横スライダーのレベルは高い
  • 制球力は高め

です。

最速154㎞/hの球威のあるストレートと多彩な変化球が武器のピッチャーです。

ストレートがナチュラルに変化するのも面白い特徴です。

制球力も高いので、全体的な完成度が高い投手ですね。

伊藤大海(苫小牧駒澤大)のスカウト評価は?

伊藤大海のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・柏田スカウト「直球が速く強い。あと2年で間違いなく良くなる」
  • 横浜DeNA・欠端スカウト「この寒さの中でも力のあるボールを投げていた。温かければ、もっと出る」

巨人のスカウトは2年生春、横浜DeNAのスカウトは3年生春のリーグ戦を視察したときのコメントです。

力のあるストレートについて評価されています。

コメントはありませんが、3年生春のリーグ戦は、北海道日本ハム、阪神なども視察したそうです。

投球内容を見る限りでは、現時点でも2020ドラフトでの上位指名は確実だと思います。

今後の活躍次第では一位指名の可能性も出てくるでしょう。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

伊藤大海(苫小牧駒澤大)のまとめ!

以上が、苫小牧駒澤大学 伊藤大海経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速154km/hの動くストレートと多彩な変化球が魅力なピッチャーです。

制球力も良く、安定感ある投球が持ちあじです。

現時点でも、2020ドラフトで上位指名されるのは確実と言って良さそうです。

また、2019大学野球日本代表にも選ばれていて、2018年に続く国際大会での活躍も期待されます。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です