【ドラフト】鈴木昭汰(法政)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は法政大学の鈴木昭汰投手です。

最速152km/hのノビのあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球を投げ分けて抑えます。

大学野球日本代表候補にも選ばれている注目の選手です。

今回はそんな法政大学 鈴木昭汰

記事の内容

をご紹介しています。

鈴木昭汰(法政)経歴やプロフィール

【ドラフト】鈴木昭汰(法政)の成績・経歴・特徴

まず、鈴木昭汰の経歴です。

経歴
  • 名前:鈴木昭汰(すずき しょうた)
  • 出身地:茨城県土浦市
  • 生年月日:1998年9月7日
  • 身長 :175cm
  • 体重: 80kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:美浦ブレーブス、永国東ジャイアンツ(土浦市立東小学校)→ 土浦霞ケ浦ボーイズ(土浦市立土浦第四中学校)→ 常総学院高校 → 法政大学

詳しく見ていきましょう。

鈴木昭汰は15歳以下の日本代表に選ばれる!

小学校1年生から野球をはじめ、美浦ブレーブスに所属します。

小学校3年生からは、永国東ジャイアンツに移り、プレーしました。

中学校になってからは、土浦霞ケ浦ボーイズに入り、3年生夏の全国大会で準優勝します。

また、15歳以下の日本代表にも選ばれました

鈴木昭汰は高校時代に3度甲子園に出場!

高校は、地元の常総学院高校に進み、1年生春からベンチ入りします。

1年生秋からはエースとなり、県大会で優勝し、関東大会では1回戦の佐野日大高校(栃木)戦で9回を投げて1失点と完投しました。

関東大会ベスト4で出場したセンバツ甲子園では、1回戦の米子北高校(鳥取)戦で7回を無失点、2回戦の今治西高校(愛媛)高校戦で7 1/3回を無失点に抑え、2回戦で球速140km/hをマークします。

しかし、準々決勝の大阪桐蔭高校戦では8回5失点(3自責点)で試合も敗れました。

2年生夏の県大会は、4回戦の東洋大牛久高校戦でリリーフとして3回を無失点に抑えましたが、試合は敗れます。

2年生秋からはキャプテンとしてチームを引っ張り、関東大会では初戦の横浜高校(神奈川)戦で1失点完投勝利を挙げ10個の三振を奪いました。

3年生春のセンバツ甲子園では初戦の鹿児島実業戦で8回を投げ4失点、試合も敗れます。

3年生夏は県大会で優勝し、3度目となる甲子園出場を果たしました。

3回戦の履正社高校(大阪)戦では、13本のヒットを打たれ4失点しますが完投勝利を挙げます。

準々決勝の秀岳館高校(熊本)戦では3回2失点で降板、試合も敗れました。

鈴木昭汰は大学野球日本代表候補に選ばれる!

当時もプロから注目されていましたが、大学でもっと力をつけてからプロ入りしたいと考え、プロ志望届は提出せず、法政大学へと進学しました。

大学1年生秋のリーグ戦は3試合に投げますが6 1/3回を投げて5失点で、2年生の春秋のリーグ戦は登板機会なしに終わります。

2年秋の新人戦(フレッシュトーナメント)では、7回参考ながらノーヒットノーランを達成しました。

3年生春のリーグ戦では4試合に先発し、慶應大学2回戦で7回途中まで投げ、リーグ戦初勝利を挙げます。

3年秋のリーグ戦では7試合にリリーフで登板し、16投球回を1失点に抑えました。

また、明治大学戦では、球速を147km/hに伸ばします

リーグ戦後には大学野球日本代表候補に選出されています。

鈴木昭汰は152km/hを記録!

四年生時はコロナの影響で活動自粛という中、7月に行われたオープン戦で152km/hを記録。

8月に行われた春季リーグでは、防御率1.54という安定した成績を残しています。

秋季リーグでもその勢いは変わらず、安定して140km/h後半を投げ込んでいます。

因みに、1学年上には千葉ロッテの福田光輝内野手、広島の宇草孔基外野手がいて、宇草孔基は高校も同じでした。

同学年にはドラフト2020候補の高田孝一がいます。

鈴木昭汰(法政)の成績

次に、鈴木昭汰の成績です。

成績
  • リーグ戦通算:25試合、3勝4敗、85 2/3投球回、防御率2.73、被安打率8.72、奪三振率9.98、四死球率4.10
  • 2020秋季リーグ:5試合、30投球回、防御率0.90、被安打率7.20、奪三振率11.40、四死球率2.92

成績は、2020年10月24日時点です。

通算では防御率が2点台後半となっており、まずまずです。

最新の2020年秋季リーグでは5試合に先発し、防御率0.90という安定感抜群の投球を披露しています。

四死球率はやや高めですが、奪三振率が9を超え、三振が奪える投手といって良いでしょう。

鈴木昭汰(法政)の特徴や動画

続いて、鈴木昭汰の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2020候補】鈴木昭汰の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

右足を大きく一塁方向に上げてタメを作っており、タメを作っているときは左足を伸ばした状態で静止しています。

テイクバックはそこまで大きくないですが、大きな腕の振りで投げており、肘も柔らく使えているようです。

鈴木昭汰はノビのあるストレート!

ストレートにノビがあり、バッターが振り遅れています。

ストレートの球速は最速152km/hですが、球速以上に速く感じるかもしれません。

回転数はプロ平均以下で水平成分の傾きは標準的ですが、ジャイロ成分が少ないです。

その為、比較的ホップ量が多いストレートであることがわかります。

鈴木昭汰は鋭く曲がるスライダーと大きく落ちるチェンジアップ!

変化球は、スライダー、チェンジアップ、スプリットを投げています。

スライダーはジャイロ回転に近く、縦に大きく落ちるタイプの球質です。

空振りも奪えており、決め球として使えそうです。

チェンジアップはバックスピン成分が多く、変化量が小さい奥行きを使うタイプなので、速球と見極めしにくそうです。

また、チェンジアップと似た球質のスプリットは、チェンジアップよりも球速が速くなっています。

鈴木昭汰の制球力はまずまず!

動画を見ると、キャッチャーの構えた場所に大体は投げられており、内外角に投げられています。

一方で、投球が高めに浮いたり、明らかなボール球となったこともありました。

四死球はそこまで多くないので、制球力はまずまずといったところでしょう。

鈴木昭汰の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速最速152km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、チェンジアップ、スプリット
  • 制球力はまずまず

です。

最速150km/hのノビのあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球が持ち味で、ストレートと変化球を投げ分けて抑えます。

鈴木昭汰(法政)のスカウト評価や指名の可能性

次に、鈴木昭汰のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 横浜・八馬スカウト「左では早川の次くらい。上位候補に入ってくる」
  • 横浜・吉田スカウト顧問「いい球を投げている」
  • 広島・苑田スカウト統括部長「右打者にも左打者にも内角を突ける。左投手が欲しい球団は1位指名もあると思う」
  • 中日・松永編成部長「左打者の胸元にしっかり投げられる左腕」
  • ホークス・宮田善久アマスカウトチーフ補佐「直球が1年で約10キロ速くなった」
  • 楽天・後関昌彦スカウト部長「高校(常総学院)よりスピードは上がっている」
  • ロッテ・永野吉成スカウト部長「鈴木は早川にないものを持っている。確実に指名候補になってくる」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

広島は一位指名の可能性を示唆し、横浜は上位候補としており非常に高い評価をしています。

また、西武が外れ一位候補としてリストアップしているという情報も出ています。

投球内容を見る限りでは高い実力がわかりますし、貴重な左投手という事もあります。

その為、2020ドラフトでの上位指名は確実で、活躍次第では、一位指名もあるかもしれません。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

鈴木昭汰(法政)のまとめ!

以上が、法政大学 鈴木昭汰経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速152km/hのノビのあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球が持ち味です。

2020ドラフトでの上位指名は確実でしょう。

今後の動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です