【ドラフト】内山壮真(星稜)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 内山壮真(星稜)の成績・経歴・特徴は?

2020年のドラフト候補となる高校生を見ていきましょう。

その一人が星稜高校の内山壮真選手です。

一年生から強豪星稜の4番を任され、ショートとキャッチャーを守る、センスあふれる逸材です。

そんな、2020年ドラフト候補 星稜高校・内山壮真について経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

内山壮真(星稜高校)の経歴は?

内山壮真の経歴です。

経歴
  • 名前:内山壮真(うちやま・そうま)
  • 出身地:富山県上市町
  • 生年月日:2002年6月30日
  • 身長:172cm
  • 体重:72kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:遊撃手、捕手
  • 経歴:滑川東部スポーツ少年団(宮川小学校)→ 星稜中学校 → 星稜高校

詳しく見ていきましょう。

内山壮真は中学校時代に2度の日本一!

内山壮真は、小学校3年生の時に、富山県の滑川東部スポーツ少年団で軟式野球を開始。

甲子園を目指したいという思いがあり、石川・星稜高校に内部進学できる星稜中学に進みます。

軟式野球部に所属し、2年生の途中までは遊撃手、その後は捕手としてプレー。

2年夏及び3年春の2度、全日本少年軟式大会で優勝し、日本一になります。

15歳以下のアジア選手権の日本代表にも選ばれ、キャッチャーとして出場し、本塁打王(5試合で2本)とベストナインのタイトルを獲得。

チームの優勝に大きく貢献しました。

因みに、小学校4年生までは、空手の日本一にもなった父親の影響で空手をやっていて、富山県大会優勝4回とこちらも才能があります。

内山壮真は、2018夏の甲子園に出場!

星稜高校に進学後は、1年生春の石川大会からベンチ入りし、ショートのスタメンでも出場します。

石川大会で優勝し、北信越大会でも優勝を経験。

当時のドラフト候補である山田龍聖投手(富山・高岡商業高校 → JR東日本入社予定)からも二塁打を打つなど、3試合で8打数5安打6四球の活躍でした。

1年生夏の県大会では、三番打者として出場し、2019ドラフト候補の小松大谷高校・大谷輝龍投手からタイムリー二塁打を打つなど打率0.444と活躍。

星稜高校は県大会で優勝し、甲子園に出場します。

1回戦の大分・藤蔭高校戦で出場すると、ライト線へのタイムリー二塁打を放つなど活躍。

しかし、2回戦敗退となっています。

内山壮真は、明治神宮野球大会で準優勝、キャッチャーの守備にも!

1年生秋はチームの4番として、県大会、北信越大会といずれも優勝し、明治神宮野球大会にも出場しています。

明治神宮野球大会では、初戦の広島・広陵高校戦でタイムリーを打つなど活躍。

準決勝の香川・高松商業高校戦では、8回からキャッチャーの守備もこなしています。

2019年1月下旬、星稜高校は、2019年春のセンバツの出場を決めました。

一学年上には、2019ドラフト候補の奥川恭伸投手、山瀬慎之助捕手がいます。

内山壮真(星稜高校)の成績は?

内山壮真の成績です。

成績
  • 甲子園通算:4試合、打率.154、0本塁打、1打点、1三振、出塁率.389
  • 公式戦通算:35試合、打率.387、4本塁打、37打点、9三振、出塁率.500
  • 2019年夏予選:5試合、打率.429、2本塁打、8打点、3三振、出塁率.600

公式戦通算で4割近い打率をマークしています。

ホームランも4本放っており、長打力もまずまずといった印象です。

また、出塁率が高く、四球を選べるタイプであることがわかります。

三振数も少ないので、選球眼が良い選手ですね。

2019年夏の予選ではさらに成績を上げており、今後の成長に期待したいですね。

内山壮真(星稜高校)の特徴は?

内山壮真の特徴です。

まずは、夏の甲子園の動画を見ていきましょう。

足を上げた際にヒッチし、テイクバック時にグリップを顔の近くに寄せてから、バットを最先端に出していきます。

巨人の丸佳浩のような動きですね。

そして、重心を軸足(右足)にうまく乗せて打っています

ボールの見逃し方にも余裕を感じますし、いかにも打ちそうな感じが漂っていますね。

内山壮真はキレイなフルスイング!

しっかりと振り切り、フルスイングしています。

スイングが綺麗ですよね~

外角のボールですが、鋭いスイングで痛烈なライナーを放っていますね。

内角低めの難しいボールもヒットにしており、どのコースでも対応できる高い打撃技術です。

一年生から4番を任されれるのも納得の打撃ですね。

内山壮真の選球眼は?

ボール球は全く振っていません。

しっかりとタイミングが取れたうえで、しっかり見極めが出来ており、見逃し方が良いですよね。

成績の所でも紹介したように四球を多く選べています。

選球眼はかなり良いといった印象ですね。

内山壮真は軽快なショートの守備!

下記の動画の後半部分で、ショートの守備をまとめています。

守備範囲が広く、動きが軽快で、捕ってからすぐに送球できています

動画では、外野に抜けそうな打球も態勢が悪いながらもファーストに投げてアウトにしている場面もありました。

肩が強く、遠投も110mという強肩です。

ただ、送球がワンバウンドしていたので、送球が安定すれば、より守備力が高まるでしょう。

因みに、50m走は6秒3で、足はまずまずといった所です。

内山壮真のキャッチャーの守備は?

ドラフト候補でもある一学年上の山瀬慎之助がいるので、捕手としての出場はわずかです。

そんな中でも、明治神宮大会でキャッチャーのポジションに就いていますので、守備も見ていきましょう。

練習ではありますが、この動画での二塁送球タイムは約1.8秒となっていました。

若干山なりですが低めに行くように投げられている印象で、捕球してからの投球動作が速いですね。

送球については高レベルです。

また、低めのワンバンのボールも、素早い動作で体で止める良い体勢を作れています。

捕手としての動きも良いですね。

さらに実戦を積めば、十分捕手としてもやれそうです。

内山壮真の特徴まとめ!

以上が内山壮真の特徴でした。

もう一度まとめると、

特徴まとめ
  • 強豪星稜で一年生ながら4番
  • 小柄ながらもフルスイングで逆方向に強い当たりを放つ
  • 選球眼はやや高い
  • 軽快なショートの守備
  • キャッチャーとしても十分やれそう

バッティングや送球に波がありますが、守備が軽快で長打も打てる選手という印象です。

遊撃手をこなし、捕手も出来るということで、高い野球センスを感じます。

まだ、高校1年生ということもあり、今後の成長に期待したいですね。

内山壮真(星稜高校)のスカウト評価は?

内山壮真のスカウト評価です。

現時点で、スカウトの寄せたコメントはなさそうです。

甲子園や明治神宮大会などを視察したスカウトもいるでしょうし、2019センバツ甲子園での活躍を注目しているスカウトもいることでしょう。

強豪の星稜で1年生から四番ということで、注目度も高いはずです。

今後の成長と活躍に期待したいですね。

2020年のドラフトでは、攻守ともに優れた高卒野手ということで、将来性を考えて指名する球団がありそうです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

内山壮真(星稜高校)のまとめ!

以上が、星稜高校・内山壮真経歴・成績や特徴でした。

高校1年生から、強豪星稜で4番を任される逸材です。

さらに遊撃手や捕手をこなせるセンスの良さもあります。

一年生ということもあり、まだまだ伸びしろがありそうですね。

春のセンバツ甲子園での活躍が楽しみです。

2 COMMENTS

たけぽん

情報有難うございます!
ネット上では6秒3との情報が出ていましたので更新しておきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です