【ドラフト】来田涼斗(明石商業)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 来田涼斗(明石商業)の成績・経歴・特徴は?

今回は2020年のドラフト注目選手についてご紹介します。

今回紹介する選手は、1年生から明石商業のリードオフマンである来田涼斗(きた りょうと)です。

「俊足強打」の左打者として将来が期待されています。

今回はそんな2020年ドラフト候補明石商業・来田涼斗の経歴、成績や特徴をご紹介します。

来田涼斗(明石商業)の経歴は?

まずは経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:来田涼斗(きた りょうと)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 生年月日:2002年10月16日
  • 身長:179cm
  • 体重:83kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:伊川谷キングスターズ(神戸市立有瀬小学校) → 明舞ネオボーイズ(神戸市立有瀬小学校)→ オリックスジュニア選抜(神戸市立有瀬小学校)→ 神戸ドラゴンズ(神戸市立長坂中学校)→ 明石商業

詳しく見ていきましょう。

来田涼斗は中学2年生の時に全国制覇

来田涼斗は小学1年生の頃から伊川谷キングスターズで野球を始めます。

六年生時には明舞ネオボーイズに所属し、オリックスジュニアに選出されるなど、その才能を遺憾なく発揮しています。

中学生になるとヤングリーグである神戸ドラゴンズに入部。

強豪チームながら2年生で外野のレギュラーに定着し、2年の夏には全国大会優勝の大きな立役者となっています。

来田涼斗は28校から誘いの話をもらう

全国大会で優勝するなど、中学の時から注目を浴びていた来田涼斗は28もの高校から誘いの話を受けていたそうです。

その中には関西の強豪である大阪桐蔭や履正社などの誘いもありました。

そんな中、来田涼斗は地元でもある兵庫県の明石商業に進学を決めます。

その理由として3つ上のお兄さんが、明石商業で野球をしていたのがきっかけだそうです。

お兄さんの最後の夏の大会で県大会決勝まで行くものの、惜しくも敗れてしまいました。

その試合をスタンドで来田涼斗は見ており「兄も悔しい思いをしたので、明石商に決めました」とのことです。

来田涼斗は強豪校で1年の春から1番を任される

お兄さんの思いも背負い、明石商業に入学した来田涼斗は入部当初から躍動します。

春の近畿大会では1番レフトで公式戦デビューを果たし、さらには中日からドラフト1位指名を受けた根尾昂から安打を放つなどその期待に応えていきます。

明石商業の狭間善徳監督も「1年生から1番はなかなかいない。将来のある子。経験を積んでくれたら。足も速い」とコメントしており、期待をかけての起用だったそうです。

それから同年の夏の兵庫県大会では、全6試合に1番レフトとしてスタメン出場。

20打数で7安打、打率.350という成績を残して夏の甲子園出場の大きな立役者となります。

来田涼斗は夏の甲子園で悔しい思いをする

甲子園で迎えた初戦の八戸光星学院戦では2安打2四球1盗塁と上々の全国大会デビューをはたします。

しかし、延長戦となった10回2アウト1、2塁の場面で来田涼斗がレフト前の打球処理を誤り、二塁走者の生還を許してしまいチームは惜しくもサヨナラ負けを喫しています。

来田涼斗は「ホームに投げようとしたらイレギュラーした。申し訳ない。」と目を潤ませながらコメントしたそうです。

しかし、「安打を打てたのは自信になる。また甲子園に戻ってきたい」とコメントもしてこの悔しさをバネに、秋からはセンターの座を獲得。

1番バッターとしてチームを牽引し、秋の近畿大会では見事準優勝を飾り、春の選抜大会出場を決めています。

来田涼斗は二年生選抜で史上初の快挙!

二年生のセンバツで一躍注目選手となります。

準々決勝の智辯和歌山戦では、先頭打者ホームランを放ち、チームを勢い付けます。

その後は両チーム激しい乱打戦となるも、最終的には来田涼斗のサヨナラホームランでチームはベスト4となります。

この先頭打者&サヨナラホームランは史上初の快挙だったそうです。

二年生でこれだけ大きいことが出来るということは、持っている選手といえそうです。

続く夏の甲子園でも一番打者として打線をけん引し、チームを準決勝進出に導きます。

準決勝では甲子園自身2本目の先頭打者ホームランを放ちますが、強打の履正社相手に敗戦となっています。

ちなみにチームメイトには同級生でドラフト候補の中森俊介がいます。

来田涼斗(明石商業)の成績は?

続いて成績の紹介です。

成績
  • 甲子園通算:9試合、打率.371、3本塁打、9打点、4三振、出塁率.476、1盗塁
  • 2019夏予選:7試合、打率.320、0本塁打、5打点、1三振、出塁率.452、4盗塁

甲子園や2019夏予選では打率3割を超える安定した成績を残しています。

甲子園でもホームランを放っており、長打力も十分です。

また、打率よりも1割以上高い出塁率となっており、四球を選べるタイプであることがわかります。

甲子園では三振が多めでしたが、2019夏予選ではわずか1三振のみと、改善がみられています。

また、夏予選では多くの盗塁を決めており、走塁技術の向上しているようです。

来田涼斗(明石商業)の特徴は?

次に特徴の紹介となります。

まずは動画をみていきましょう。

この試合は2018年秋の近畿大会準決勝の来田涼斗の打席をまとめた動画となっています。

テークバックが早く、足をひいた状態で軸足にしっかりと体重を乗っけてボールを見ていますね。

体幹がしっかりしているからこそ、できるバッティングフォームです。

その体幹を生かし、スイングがブレずに振り切れています。

そのため打球がすごく速いですね。

2打席目のホームランを見てみると、甘く入ったボールを一振りで仕留める勝負強さもあるようです。

また、最終打席を見ると、低めの変化球に崩されながらも素晴らしい対応で三塁打にしています。

打撃技術の高さも伺えますね。

来田涼斗は超攻撃的1番バッター

来田涼斗は1番バッターでありながら、既に高校通算14本塁打を放っている強打者でもあります。

選球眼がいいので難しい球には手を出さず、甘い球が来たら振り切って長打にしています。

1番バッターというと「足の速い小技の効く選手」が多いイメージですが、来田涼斗の場合は「足の速い強打者」のようです。

先頭打者が長打で塁に出るとチームに流れが出るため、超攻撃的な1番バッターと言えます。

来田涼斗は遠投100mの強肩でチームを支える

バッティングに目がいってしまいがちですが、来田涼斗は守備面でも優れています。

この動画は近畿大会1回戦目のセンターからの好返球の動画となっています。

センター前にポトリと落ちた打球のため、勢いをつけての送球ができないのにも関わらず、ワンバン送球で2塁走者を楽々アウトにしています。

こういう場合、投げる前に沢山ステップしてしまいがちですが、少ないステップで素早い送球動作が出来ています。

こういった状況をみてプレーができる判断能力も高そうです。

遠投100mの強肩に加えて、ストライクボールを投げることができる正確さも兼ね備えているため、守備の要としても活躍が期待できますよね。

来田涼斗は50m走5.9秒の俊足

来田涼斗は足の速さにも定評があります。

50mを5.9秒という記録を1年生のうちに叩き出しているのに驚きです。

さらにこれから速くなっていくと、プロ野球界でもトップクラスの成績となるのではないでしょうか。

また、一塁到達タイムは4.1秒と速く、内野安打も多く打てそうですね。

今後どのように成長していくのか楽しみです。

来田涼斗(明石商業)のスカウト評価は?

続いてスカウト評価のご紹介です。

スカウトコメント
  • 巨人・長谷川国利スカウト部長「中森君は体の『張り』がすごい。ボールにパワーがある。来田君は足があって、馬力がある。野球をものすごく、楽しそうにやっているのも良いですね。木製バットにも対応できそうなスイングをしています」
  • ロッテ・松本球団本部長「パワーに加えて、スピードもある。来年の上位候補」

ロッテからは上位候補という評価を受けています。

また、巨人からも「木製バットに対応出来そう」という上のクラスを想定した見方をしていますね。

また、オリックスも既にドラフト候補として注目しているようで、球団関係者は「(獲得出来たら)夢がある話ですね」とコメントしています。

現時点でのスカウトコメントを見る限りでは上位候補は間違えないでしょう。

実力的にも、甲子園で活躍できるスター性を考えても、2020年ドラフト一位の可能性も十分あるでしょう。

これからどのような成績を残していくのか楽しみですね。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

来田涼斗(明石商業)のまとめ?

以上がドラフト2020候補来田涼斗(明石商業)の成績・経歴・特徴・スカウト評価のご紹介でした。

1年生から1番バッターを任されており、走攻守高レベル出揃った完成度の高い選手と言えます。

これから大きな舞台でどのような成績を残していくのか楽しみです。

さらに強打の1番なのか俊足の1番なのか、それとも両方を兼ね備えた選手になるのか。

これからの成長にも期待がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です