【ドラフト】豆田泰志(浦和実業)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】豆田泰志(浦和実業)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は浦和実業学園高校の豆田泰志投手です。

力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球を投げ分けて抑えます。

高校生になってからも球速を伸ばし、2年生夏の県大会では最速143km/hを記録しました。

今回はそんな浦和実業学園高校 豆田泰志

記事の内容

をご紹介しています。

豆田泰志(浦和実)経歴やプロフィール

まず、豆田泰志の経歴です。

経歴
  • 名前:豆田泰志(まめだ たいし)
  • 出身地:埼玉県越谷市
  • 生年月日:2003年1月15日
  • 身長 :174cm
  • 体重: 76kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:袋山ビクトリー(越谷市立大袋北小学校) → 越谷市立千間台中学校 → 浦和実業学園高校

詳しく見ていきましょう。

豆田泰志は中学3年生の時に県選抜チームに選ばれる!

小学校6年生の時から軟式野球をはじめ、袋山ビクトリーに所属します。

当時は内野を守っていました。

中学生になってからは、軟式野球部に入ります。

中学校2年生からは、ピッチャーとしても試合に出場し、3年生の時に球速が138km/hをマークしました。

この球速は、東日本最速と言われたこともあるそうです。

さらに、埼玉県選抜の軟式野球チームである埼玉スーパースターズにも選ばれ、活躍しました。

そういったこともあり、県内外の強豪校からの勧誘を受けますが、浦和実業学園高校に進みます。

4つ上の兄・侑輝さんが浦和実業学園高校出身だった影響が大きいようです。

侑輝さんは、高校時代はエースとして夏の県大会では初となるベスト8に導き、大正大学進学後も野球を続けますが、2019年は浦和実業学園高校のコーチを務めました。

豆田泰志は2年生春に関東大会出場!

高校1年生夏からベンチ入りしました。

1年生冬には、走り込みやフォーム確認に力を入れます

その結果、「縫い目に掛かる感覚が良くなった」そうです。

2年生春の埼玉県大会では全5試合で先発し、決勝まで勝ち進み、決勝の春日部共栄高校戦で6回途中5失点で敗れますが、関東大会に出場します。

関東大会出場は19年ぶりだそうです。

関東大会2回戦(初戦)の山梨学院高校戦では7回途中まで投げて2失点、11個の三振を奪います。

準々決勝の東海大相模高校(神奈川)戦にも先発しますが、5回を投げて3失点、試合も敗れました。

しかし、対戦相手の東海大相模高校・門馬監督は「スピン量がすごい。ベース上で伸びてくる」とストレートの質の高さを評価しています。

豆田泰志は2年生夏に球速を143km/hに伸ばす!

2年生夏の県大会には、先発3試合を含む4試合に投げました。

先発した3回戦の浦和高校戦では、4回を無失点に抑え、球速を143km/hに伸ばします

4回戦の浦和学院高校戦でも先発して9回を投げ、公式戦では初となる完封勝利を挙げ、打たれたヒットはわずか2安打でした。

その一方で、7四死球だったので「2安打はうれしいけれど、四死球が…」と反省します。

なかなか勝てなかった浦和学院高校との試合で勝てた土居健太監督が涙を流しそうになった時も、「先生、涙はまだ早いです」と冷静だったそうです。

5回戦の市立川越高校戦では、ビハインドの場面からリリーフとして投げ、3回を無失点に抑えますが、接戦の末に試合は敗れます。

3イニング目あたりから疲れが見え始め、「中2日の調整がうまくいかなかった」そうです。

2年生秋の県大会では、初戦の西武台高校戦でリードされた2回から投げて、8回2失点でしたが、試合は敗れました。

「夏の大会が終わって約1ヶ月投げなかったら、感覚を忘れてしまった」そうです。

豆田泰志(浦和実)の成績

次に、豆田泰志の成績です。

成績
  • 地方大会計(関東大会19春、県大会:19春夏秋):11試合、66投球回、防御率2.45

成績は、2019年終了時点のものです。

その他に分かっている範囲では、被安打率4.57(10試合、61投球回)、奪三振率11.69、四死球率5.76(9試合、54 2/3投球回)となっています。

打たれたヒットは少なく、失点も多くありませんでした

ただ、四死球が多めで、四死球を減らせるかが今後の課題となりそうです。

一方で、イニング数以上の三振を奪えており、三振を奪うタイプのピッチャーと言っていいでしょう。

豆田泰志(浦和実)の特徴や動画

続いて、豆田泰志の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【浦和実業 豆田 泰志】浦和学院打線相手に無双状態!

左足を大きく上げてタメを作って投げています。

そこまで上背は大きくないですが、全身を使った大きな腕の振りで、肘の使い方も柔らかそうです。

豆田泰志は力のあるストレート!

力のある球を投げています。

最速143km/hですが、バッターが振り遅れているので、球速以上に速く感じそうです。

また、ストレートで空振りを取ることができており、質の良い球を投げることができています。

豆田泰志は鋭く曲がるスライダー!

動画では、変化球は、スライダー、フォークを投げています。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がり、左バッターから空振りを奪うのに使えそうです。

フォークは、途中まではストレートと同じ軌道ですが打者の近くで落ち、コースが決まった時はストライクカウントを取れていました。

それ以外の変化球は、緩いカーブを投げます。

豆田泰志の制球力はまずまず!

動画を見ると、キャッチャーの構えた所に概ね投げられており、低めや内外角などのコースに投げる事もできています。

一方で、投球が抜けてボール球となったり高く浮いたこともあり、制球力はまずまずのようです。

四死球が多めなので、今後は、安定した制球が今後の課題かもしれません。

豆田泰志の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 力のある最速143km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、フォーク、カーブ
  • 制球力はまずまず

です。

最速143km/hの力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球を投げ分けて抑えています。

高校生という事もあり、体格面なども含めて、まだ伸びしろがありそうです。

豆田泰志(浦和実)のスカウト評価や指名の可能性

次に、豆田泰志のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・柏田貴史スカウト「立ち上がりは悪かったが修正していった。打者が高めのボール球を振るということは、キレも威力もあるということ」
  • 阪神・畑山統括スカウト「浦和実の豆田くんは腕の振りがシャープで、球速が出ていた」
  • 広島・苑田スカウト統括部長「(浦和実)豆田(埼玉栄)内田(高崎健康福祉大高崎)下の3投手が印象に残ったが、内田君が一番良かった。球にキレがあり、変化球もいい」
  • 中日・正津スカウト「ボールに力を伝えるのがうまい。タイプ的には吉田輝星(日本ハム)」「直球のキレもある。いい投手なのは間違いない」
  • ヤクルト・中西親志スカウト「力みはあったけど、スピードガン以上に空振りがとれる質のいいストレートを投げていた。うちでいうとライアン(小川泰弘)タイプ。将来性豊かです」「質のいい真っすぐを投げる。好素材です」

現時点では巨人、中日、ヤクルトのコメントが出ています。

どの球団もキレの良さを評価しており、将来性に期待しているようです。

将来性を考えると、2020ドラフトで指名される可能性もありそうですね。

5月下旬までは休校期間中のため自宅練習中でしたが、監督が電話で連絡を取った時に「8月に行われる大会(県大会の代替大会)を頑張りたい。プロ志望は変わらない」と話しており、本人はプロを目指しています。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

豆田泰志(浦和実)のまとめ!

以上が、浦和実業学園高校 豆田泰志経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速143km/hの力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球が魅力です。

2020ドラフトで指名される可能性も高そうです。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です