【ドラフト】木澤尚文(慶應大)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】木澤尚文(慶應大)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は慶應大学の木澤尚文投手です。

最速154km/hの力のあるストレートや縦スライダーなどの変化球が魅力の本格派右腕。

2019年冬には大学野球日本代表候補にも選ばれました

今回はそんな慶應大学 木澤尚文経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

木澤尚文(慶應大)の経歴やプロフィール

まず、木澤尚文の経歴です。

経歴
  • 名前 : 木澤尚文(きざわ なおふみ)
  • 出身地 : 千葉県船橋市
  • 生年月日 : 1998年4月25日
  • 身長 : 182cm
  • 体重 : 78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:田喜野井ファイターズ(船橋市立二宮小学校)→ 八千代中央シニア(船橋市立二宮中学校)→ 慶應高校 → 慶應大学

詳しく見ていきましょう。

木澤尚文はプロ野球ジュニアトーナメントで優勝!

小学校の頃から野球をはじめ、田喜野井ファイターズでプレーします。

小学校6年生の時には、千葉ロッテ マリーンズJr.に選ばれ、NPBジュニアトーナメントに出場、優勝も果たしました。

中学生になってからは八千代中央シニアに所属し、3年生春には全国大会で優勝します。

木澤尚文は高校3年生春に右ヒジ内側じん帯を痛める!

高校は神奈川の慶應高校に進みます。

1年生の冬に肩を怪我しましたが、2年生夏の県大会で実践復帰しました。

2年生夏は初戦の逗葉高校戦で6回1失点と好投するなど5試合に登板します。

リリーフ登板した準々決勝の桐光学園高校戦では、5 1/3回を投げて、球速は138km/hを記録しますが、4失点で試合も敗れました。

しかし、3年生春の準決勝(横浜高校戦)で右ヒジ内側じん帯を痛めます

夏の県大会を控えていたので、本格的な治療はせず、県大会には痛み止めの薬を飲んだり、テーピングや注射をしての出場となりました。

県大会決勝の横浜高校戦では、1 2/3回を投げて無失点でしたが、試合は敗れます。

この試合で球速を143km/hに伸ばしました。

県大会決勝が最高成績で甲子園出場はありません。

木澤尚文は大学野球日本代表候補にも選ばれる!

高校を卒業した後は、慶應大学に進学します。

2年生春にはリーグ戦に出場し、リーグ初登板となる立教大学戦では、リリーフで151km/hをマークしました。

リリーフ登板した2年生秋の法政大学3回戦で、1回を無失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げます。

3年生春からは、先発として投げるようになり、早稲田大学戦では、7 1/3回を無失点(10奪三振)に抑え、球速154km/hに伸ばしました

3年生秋は、肩を痛めた影響でリーグ戦は1試合の登板にとどまりましたが、明治神宮野球大会で準決勝の城西国際大学戦で先発します。

5回1失点7奪三振と好投し、151km/hを投げ、肩の痛みの影響はないようです。

明治神宮野球大会で好投したこともあり、大学野球日本代表候補にも選ばれました

1学年上には2019ドラフトで指名された郡司裕也捕手(中日)、津留崎大成投手(東北楽天)、柳町達外野手(福岡ソフトバンク)、同学年には2020ドラフト候補の佐藤宏樹投手がいます。

木澤尚文(慶應大)の成績

次に、木澤尚文の成績です。

成績
  • 明治神宮野球大会:1試合、5投球回、防御率1.80、奪三振率12.60、四死球率5.40
  • リーグ戦通算:13試合、33投球回、防御率3.00、奪三振率12.00、四死球率5.18
  • 2019秋季リーグ:1試合、2投球回、防御率0.00、奪三振率27.00、四死球率4.50

成績は2019年終了時点でのものです。

リーグ戦通算成績はそこまで良くありませんが、2019年(三年生時)からは安定した成績を残しています。

明治神宮野球大会でも、好投しており、全国でも通用することを示していますね。

注目したいのは三振数です。

イニング数以上の三振を奪えており、三振を奪うことが出来るピッチャーと言っていいでしょう。

一方で、四死球を出しやすいようなので、四死球を減らせるかが課題となるかもしれません。

木澤尚文(慶應大)の特徴や動画

続いて、木澤尚文の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

左足を大きく上げてタメを作り、その後は、大きな腕の振りで投げています。

肘も柔らかく使えているようです。

また、常に、セットポジションで投げているので、ピンチの時でもそこまで球威が落ちないように思います。

木澤尚文は力のあるストレート!

バッターが振り遅れており、空振りしている場面も見られました。

球速は最速154km/h、常時140㎞/h台中盤から後半で、非常に力強さを感じますね。

上体を一塁方向に傾け、肘を柔らかく使って投げているので、回転軸が地面と水平に近いと思われます。

その為、質の良いストレートが投げられているのでしょうね。

木澤尚文は切味抜群の縦スライダー!

変化球は、動画の中では縦に落ちるスライダーを投げています。

打者の近くで鋭く大きく変化しています。

変化球はスライダーを軸に投球を組み立てているので自信があるボールなのでしょうね。

空振りを取る事が出来ているので、決め球として使えそうです。

他の変化球は、カットボール、カーブ、チェンジアップも投げるようです。

木澤尚文の制球力は高くない

動画を見ると、高めに浮いたり、抜け球もまだまだ多いです。

際どいコースに行っているシーンもありますが、狙って投げているという感じではありません。

ストライクゾーンが広くて助かっている場面が多いという印象ですね。

ワンランク上を目指すのであれば、コントロールの精度を上げていく必要があるでしょうね。

四死球が少し多めという事からも、制球力は高くないといえます。

木澤尚文の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速154km/hの力のあるストレート
  • 変化球は、縦スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力は普通

です。

最速154km/hの力のあるストレートと切味抜群の縦スライダーが持ち味です。

ストレートを中心に変化球を交えて投げる本格派投手と言っていいでしょう。

大学入学後も球速を伸ばしており、まだ伸びしろがありそうです。

木澤尚文(慶應大)のスカウト評価や指名の可能性

次に、木澤尚文のスカウト評価です。

残念ながらスカウトの寄せたコメントはないようです。

ただ、明治神宮野球大会を視察したスカウトはいると思います。

大学野球日本代表候補にも選ばれているので、今後、注目を集めそうです。

このまま活躍できれば、2020ドラフトでの指名の可能性は高いと思います。

また、大学2年生冬に行われた特別トレーニングで講師を務めた元巨人投手の堀内恒夫さんは「まだ3年生だけどプロに行くでしょう。大きく変えることはない」と評価しています。

>>冬季特別トレーニングを総括して(堀内恒夫ブログ)

木澤尚文(慶應大)のまとめ!

以上が、慶應大学 木澤尚文経歴、成績や特徴でした。

最速154km/hの力のあるストレートや縦スライダーが武器の投手です。

大学野球日本代表候補にも選ばれ、今後、より注目を集めると思います。

このまま活躍できれば、2020ドラフトで指名される可能性も高いでしょう。

今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です