【ドラフト】石田駿(BC栃木)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】石田駿(BC栃木)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手はBC栃木の石田駿投手です。

力のある最速153km/hのストレートが持ち味のサイドハンドの投手。

高校では1年生の新人戦以降はケガにより試合に出場できず、大学では公式戦に登板する機会がありませんでした。

それでも、体の使い方を変えた事により球速が増し、野球を続けようと独立リーグに挑戦、1年目からリリーフとして投げています。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 BC栃木・石田駿

記事の内容

をご紹介しています。

石田駿(BC栃木)経歴やプロフィール

【ドラフト】石田駿(BC栃木)の成績・経歴・特徴

まず、石田駿の経歴です。

経歴
  • 名前:石田駿(いしだ しゅん)
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 生年月日:1997年5月27日
  • 身長 :180cm
  • 体重: 72kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:川崎市立平中学校 → 静清高校 → 九州産業大学 → 栃木ゴールデンブレーブス

詳しく見ていきましょう。

石田駿は高校時代はケガに泣かされる!

中学校の時に野球をはじめ、高校は静岡県の静清高校に進みます。

高校1年生の時に新人戦に出場しました。

しかし、ケガの影響もあり、2年生以降は公式戦に出場することなく、高校野球生活を覆えます。

因みに、高校時代の球速は最速で140km/h程度でした。

石田駿は大学4年生夏に体の使い方を変え、球速を145km/hに伸ばす!

高校卒業後は、九州産業大学(福岡六大学野球連盟)に進学します。

大学入学から卒業まで、公式戦での出場はなく、練習試合に出場しただけにとどまりました。

本人の話では、「ケガなどはなく、単に実力がなかっただけ」だそうです。

ですが、大学4年生夏に、体の使い方を変えると、球速が145km/hを超え、野球を続けたいと思うようになります。

社会人チームが決まらなかったこともあり、独立リーグのトライアウトを受ける事を決めました。

因みに、大学の同学年には、東北楽天に入団した福森耀真投手がいます。

石田駿は独立リーグ1年目のオープン戦で球速を153km/hに伸ばす!

大学卒業後は、栃木ゴールデンブレーブスに入団します。

入団1年目の6月に行われたオープン戦で、球速が153km/hをマークしました。

リーグ戦が始まってからは、中継ぎを中心に登板しており、開幕2戦目の茨城アストロプラネッツ戦で初登板を果たします。

1回を投げて無安打無失点、2個の三振を奪い、投げた10球のストレートはすべて147km/h以上でした。

「少し肩に力が入っていたが、緊張せずに投げられた。ボールにしっかり力が伝わっていたと思う。ストライクゾーンにしっかり投げられ、ストレートで押すことができたので、自己採点は80点くらい。自分は変化球が弱いので、改善していきたい」そうです。

また、この試合では、2球団のスカウトが視察に訪れています。

石田駿(BC栃木)の成績

次に、石田駿の成績です。

成績
  • リーグ戦計(20):32試合、32投球回、2勝0敗、防御率3.48、被安打率5.23、奪三振率11.32、四死球率8.42

ヒットはそこまで打たれておらず、まずまず抑えられている印象です。

しかし、与えた四死球が多いです。

リーグ戦では、セットアッパーとしてクローザーにつなぐ役割が中心なので、今後は、四死球を減らせるかが課題で、それが失点を減らすのにもつながりそうです。

また、イニング数と同じ三振を奪えており、三振を奪うタイプのピッチャーと言っていいでしょう。

石田駿(BC栃木)の特徴や動画

続いて、石田駿の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2020候補】石田駿の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ほぼサイドから投げています。

左足を三塁方向に大きく上げてタメを作り、腕が遅れて出てくるフォームです。

大きな腕の振りで、肘の使い方も柔らかく使えています

石田駿は力のあるストレート!

ストレートに力があり、バッターが振り遅れています。

球速は、常時140km/h台中盤以上、最速153km/hです。

回転数が多く、シュート変化が大きいので、右打者は打ちにくいでしょうね。

石田駿は鋭く曲がるカーブ!

動画では、カーブとフォークを投げています。

カーブはジャイロ成分が少ないので、変化量が大きく、空振りを奪えています。

また、フォークは球速が速く落差が大きいので、制球さえ安定してくれば決め球として使えそうです。

他には、カットボールを投げます。

石田駿の制球力は課題がある!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられており、ストライクゾーンギリギリの所にも投げられていました。

制球力はまずまずといった所でしょう。

一方で、ボールが抜けて明らかなボール球となったこともありました。

四死球が多いので、上のレベルでプレーをするには、四死球をどこまで減らせるかがポイントになるでしょう。

石田駿の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ほぼサイドからの投球
  • 力のある最速153km/hのストレート
  • 変化球はカーブ、フォーク、カットボール
  • 制球力はまずまず

です。

サイドから投げる力のある最速153km/hのストレートが強みで、打者の手元で鋭く曲がるカーブなどの変化球と投げ分けて抑えています。

高校や大学での登板機会が少なかった分、逆に、まだ伸びしろがありそうです。

石田駿(BC栃木)のスカウト評価や指名の可能性

次に、石田駿のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • パ・リーグ球団のスカウト「ボールの質がいい。サイドハンドは魅力。もっとスピードは出る感じがする」

現時点では匿名でのコメントが一件でています。

ボールの質の良さと、伸びしろを評価していることがわかります。

BCリーグでの試合を視察しているスカウトもいるため、これからさらにコメントも出てくるでしょう。

サイドハンドから150km/hを超える球を投げる投手は少なく、伸びしろもあると思うので、今後の活躍次第では、2020ドラフトでの指名も考えられそうです。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

石田駿(BC栃木)のまとめ!

以上が、BC栃木 石田駿経歴、成績や特徴でした。

サイドハンドから投げる力のある最速153km/hのストレートや打者の手元で鋭く曲がるカーブなどの変化球が武器です。

活躍次第では、2020ドラフトで指名される可能性もあるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です