【ドラフト】早川隆久(早稲田)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 早川隆久(早稲田)の成績・経歴・特徴は?

今回、紹介する選手は早稲田大学の早川隆久投手です。

最速150km/hの勢いあるストレートと多彩な変化球が持ちあじの本格派左腕。

2019大学野球日本代表にも選ばれています

今回はそんな早稲田大学 早川隆久経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

早川隆久(早稲田大)の経歴

早川隆久の経歴です。

経歴
  • 名前 : 早川 隆久(はやかわ たかひさ)
  • 出身地 : 千葉県横芝光町
  • 生年月日 : 1998年7月6日
  • 身長 : 179cm
  • 体重 : 72kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:上堺SBCソフトボールクラブ(横芝光町立上堺小学校)→ 横芝光町立横芝中学校 → 木更津総合高校 → 早稲田大学

詳しく見ていきましょう。

早川隆久は高校2年生の時にセンバツ甲子園に出場!

上堺SBCソフトボールクラブで、小学校1年生の時からソフトボールをはじめます

横芝光町立横芝中学校では軟式野球部に所属、主に投手としてプレー。

高校は県内の木更津総合高校に進みますが、肘に痛みがあったため、一時的に外野手に転向します。

1年生秋からは投手に戻り、県大会で優勝、関東大会でも準優勝します。

1年生秋は、計8試合に登板し3試合に完封、36イニングを自責点0に抑え、34奪三振の活躍でした。

2年生春のセンバツ甲子園では2試合に先発し、初戦の岡山理科大学付属高校戦では7回を3失点に抑えて2回戦に進みます。

しかし、2回戦の静岡高校戦では5回3失点で降板し、試合も敗れました。

早川隆久は二年連続でセンバツ甲子園に出場!

2年生秋は、腰痛を抱えていた時期もありましたが、県大会では専大松戸高校戦で無四球完封勝利を挙げるなど、優勝に貢献。

関東大会では、2試合連続で完投勝利し、チームも優勝します。

明治神宮野球大会では、初戦の大阪桐蔭高校戦で7回途中4失点、試合も敗れました。

二年連続の出場となった3年生春のセンバツ甲子園では、1回戦の札幌第一高校(北海道)戦、2回戦の大阪桐蔭高校戦で完投勝利を挙げます。

3回戦の秀岳館高校(熊本)戦でも先発し、8回まで無失点に抑えますが、9回裏に2失点しサヨナラ負け。

早川隆久は三回目の甲子園出場、国際大会も経験!

3年生夏も県大会で優勝し、三回目の甲子園出場を果たします。

初戦となる2回戦の唐津商業高校(佐賀)戦で完封勝利、この試合で、球速を143km/hに伸ばしました

3回戦の広島新庄高校戦では、現・北海道日本ハムの堀瑞輝投手と投げ合いますが、2試合連続の完封勝利を挙げます。

4回戦の作新学院高校(栃木)戦では、9回を3失点に抑えますが、試合には敗れました。

しかし、これまでの活躍もあり、18歳以下の野球日本代表に選ばれ、アジア選手権に出場。

リリーフとして登板した中国との試合では、2回を投げ無安打無失点4奪三振と好投し、優勝も経験しました。

当時から注目されていましたが、プロ志望届を提出しませんでした。

早川隆久は2019大学野球日本代表候補に!

大学は早稲田大学(東京六大学野球連盟)に進学し、1年生春からリーグ戦に出場。

開幕戦にあたる法政大学1回戦では、リリーフとして1 2/3イニングを無失点(4奪三振)に抑え、デビューとなる試合を飾りました。

東京大学1回戦では初先発し、8回途中までを4失点(11奪三振)に抑え、初勝利。

2年生秋のリーグ戦・慶應大学戦では、球速149km/hをマークしました。

2年生まではリリーフでの登板が中心でしたが、3年生からは投げた8試合全てが先発でした。

また、2019大学野球日本代表にも選出され、2試合で先発し好投を披露しています。

因みに、一学年上には2019ドラフト候補の檜村篤史加藤雅樹がいます。

早川隆久(早稲田大)の成績

早川隆久の成績です。

成績
  • リーグ戦成績:44試合、7勝12敗、155 2/3投球回、防御率3.18、奪三振率10.52、四死球率2.54
  • 2019年日米大学野球:2試合、9投球回、防御率0.00、奪三振率6.00、四死球率3.00
  • 2019年春季リーグ:8試合、3勝2敗、51 2/3投球回、防御率2.09、奪三振率8.54、四死球率2.26
  • 2019年秋季リーグ:7試合、2勝4敗、45投球回、防御率3.00、奪三振率10.6、四死球率2.00

成績は2019年終了時点のものです。

リーグ戦通算成績では防御率3点前半と若干高めですが、2年生秋以降は安定した成績を残しています。

奪三振率は10を超えており、三振が奪えるタイプの投手であることがわかります。

四死球率は2中盤で、比較的少ないであることから、制球面でも安定していると言えます。

三振が多く、四球が少ない投球だからこそ、安定した防御率を残せているのでしょう。

また、リーグ戦だけでなく、アメリカ代表相手にもしっかり結果を残せており、高いレベルでも十分通用することがわかります。

早川隆久(早稲田大)の特徴と動画

早川隆久の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

一塁方向に右足を上げてタメを作ってから、柔らかな腕の振りで投げています

テイクバックは小さめですが、投げ終えた時に右足に体重が乗り、体重移動を使って投げられているようです。

同じく早稲田出身のホークス和田毅に似ている印象です。

また、常にセットポジションで投げていて、ランナーの有無によらず安定したフォームで投げられています。

早川隆久は回転数の多いストレート!

バッターが振り遅れたり空振りする場面が見られます。

ストレートは最速150km/hで、球速よりも速く感じていそうです。

回転の様子を見ると、比較的地面と水平に近い回転軸となっています。

腕の振りが柔らかく、腕を縦に近い形で振れているので、回転の質が良いのでしょう。

また、回転数はプロの平均を超えています。

すでにプロでも通用するストレートであることがわかりますね。

早川隆久は多彩な変化球!

動画を見ると、変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームを投げています。

スライダーは打者の近くで変化し、左バッターから空振りを奪えています。

回転数が非常に多く、2シームジャイロに近い回転なので、変化量が大きいです。

チェンジアップは腕の振りがよく、右打者から空振りを奪ったり、打ち取ったりできています。

左打者にもチェンジアップを投げられているので、対左にも安定した投球が出来るでしょう。

また、カーブは大きく変化し、バットの芯を外し打ち取られています。

120㎞/h程度でストレートとの緩急を使ったピッチングが出来そうです。

早川隆久の制球力はやや高め

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられていています。

四死球がそこまで多くないことを考えると、制球力はやや高めと言ってよさそうです。

ただ、時々、投球が高めに浮いてしまう事があり、今後の課題となりそうです。

早川隆久の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのキレのあるストレート
  • 変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシーム
  • 制球力はやや高め

です。

最速150km/hのキレのあるストレートと決め球として使える多彩な変化球を投げ分けるピッチャーです。

制球力もまずまずで、大学に入ってからも球速を伸ばしており、伸びしろもまだありそうです。

早川隆久(早稲田大)のスカウト評価と指名の可能性

早川隆久のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ロッテ・永野チーフスカウト「(履正社・寺島、花咲徳栄・高橋を引き合いに)投球のバリエーションが豊富。打者の手元での体感速度は2人と同等か、それ以上のはず。プロ志望なら、来年の夏には1軍のローテに入れる。それほどゲームメイク能力は高い」
  • 巨人・山下スカウト部長「投球術は高校生離れしている。センバツ時より直球、変化球とも制球力が増した。将来性も高い」
  • 横浜DeNA・吉田スカウト部長「自分の特長をしっかりつかんでいる。打者から見にくいフォームで、コントロールは抜群」
  • 阪神・平塚スカウト「スライダーの制球、直球のキレがいい。テンポもいい。夏までにどれだけ伸びるか楽しみ」
  • 中日・中田宗男スカウト部長「現時点では上位に食い込むまではないが、球筋は左独特」「腕の振りが鋭く、ボールが指にきれいに掛かっている。ウチにいた前田(幸長)のようなタイプ」
  • ヤクルト・小川淳司シニアディレクター「高橋尚成のイメージで、ゆったりとしたテークバックから腕の振りが速く、指のかかりもいい。ポイントとなる場面で三振をとれるのは大きい。腰の治療やリハビリをしていたというが、完投できるのだからセンスを持っているのだと思う。序盤は少し制球がアバウトな面もあったが、夏に向けての成長、充実が楽しみだ」
  • 横浜DeNA・河原スカウト「肘の使い方が柔らかい。球に切れがある」

これらは、高校時代に寄せられたコメントの代表的なものです。

当時から、注目されていて評価が高かったことが分かります。

大学入学以降にコメントを寄せたスカウトは、現時点ではいないようです。

しかし、2018年秋季、2019年春季と素晴らしい成績を残しており、注目選手であることは間違えありません。

左投手ということもあり、現時点でも2020ドラフト上位の実力です。

今後の活躍次第ではドラフト一位も狙えるでしょう。

これからが楽しみな選手ですね。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

早川隆久(早稲田大)のまとめ!

以上が、早稲田大学 早川隆久経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

キレのあるストレートと決め球として使える多彩な変化球が魅力で、伸びしろもありそうです。

また、2019大学野球日本代表にも選出されていて、大学生トップレベルの実力であることがわかります。

2020ドラフトでの指名はほぼ確実で、活躍次第で一位指名の可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です