【2024】プロ野球パ・リーグ新人王候補をランキング形式で!

2024年のパ・リーグ新人王は11月末の「NPB AWARDS」で発表。

そんな新人王候補をランキング形式でご紹介します。

本記事では

本記事の内容

をご紹介しています。

*表がはみ出している場合、右にスクロールできます。

記事の最後にはパ・リーグ新人王アンケートも実施していますので、投票してくれると嬉しいです!

パ・リーグ新人王争いランキング

2024年パ・リーグ新人王ランキングをご紹介していきます。

ランキング5位!長谷川威展【ホークス】

ドラフト2021年6位指名の長谷川威展です。

ここ2年の登板実績は少ないものの、計11試合で防御率0.87という素晴らしい結果を残していました。

昨年12月にホークスへの移籍が発表され、飛躍が期待されています。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振与四死球
44 1/30.0000100

4試合に登板し、被安打1、防御率0.00という安定感抜群の投球を見せています。

【現役ドラフト】長谷川威展『うれしいプロ初勝利!サヨナラ勝ち呼び込んだ三者凡退』

左の変則フォームから投げる変化量の大きなスライダーで、アマ時代には超高回転数を計測していたようです。

左打者だけでなく、右打者も非常に打ちにくそうにしているのが印象的ですね。

ランキング4位!古田島成龍【オリックス】

ドラフト2023年6位指名の古田島成龍。

アマチュア時代から一級品の4シームが魅力の本格派右腕です。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振与四死球
78 1/30.0000296

7試合に登板し、防御率0.00という安定感抜群の投球を見せています。

与四死球の多さが気になりますが、イニング数以上の三振数を奪えています。

【“逸材”過ぎるッ!!!!!】古田島成龍『絶体絶命…サヨナラ大ピンチを切り抜け“胴上げ級の歓喜”』【マルチアングル全部面白い】

魅力はストレートです。

社会人時代には高回転数と綺麗な回転軸で一級品のホップ成分を記録しています。

短いイニングという事で、やや球速も上がっている事も結果を残せている要因でしょう。

ランキング3位!川村友斗【ホークス】

ドラフト2021年育成2位指名の川村友斗。

大学時代から抜群の打撃力が魅力の巧打者でした。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
22.370033.464.899

開幕直前に支配下登録され、途中出場が続きましたが、現在はスタメン出場を続けています。

【打率.405】川村友斗『好投手にも臆せず…内容濃い“11試合連続安打”』

大学時代が豪快なフルスイングという印象でしたが、現在はコンパクトに打ち返すスタイルですね。

しっかり自分のポイントで打てており、ミート力の高さが光ります。

ランキング2位!金村尚真【日本ハム】

ドラフト2022年2指名の金村尚真です。

昨シーズンはオープン戦から素晴らしい結果を残し、開幕ローテ入り。

シーズン途中の怪我があったものの、計4試合に投げ防御率1.80という素晴らしい成績でした。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振与四死球
1014 1/30.6310682

10試合に登板し、防御率0.63という安定感抜群の投球を見せています。

【最後はビタビタ】金村尚真『“中継ぎ”でキッチリ仕事…1回15球を投げて三者凡退』

リリーフ時でも相変わらず力感ない投球フォームから制球良く投げ込む姿が印象的です。

短いイニングで、やや出力は上がっていますので、なかなか打ち崩すのは難しいでしょう。

個人的には先発で見たい投手です。

ランキング1位!武内夏暉【西武】

ドラフト2023年1位指名の武内夏暉です。

大学時代には抜群の制球力とスプリットで日本代表に選出されています。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振与四死球
4291.55200226

4試合に登板し、防御率1.55という安定感抜群の投球を見せています。

武内夏暉『8回100球4安打無失点8奪三振…今季2勝目で防御率1.55』《THE FEATURE PLAYER》

打者の内角への速球、フォークとチェンジアップを左右関係なくしっかり投げ切れるのが強みです。

大学時代よりも球速が上がっていながら、相変わらずの制球力の高さを見せています。

今年の新人王最有力候補ですね。

2024年プロ野球パ・リーグの新人王候補選手のまとめ

以上が2024年のパリーグ新人王候補と予想ランキングでした。

新人王の有力候補は下記です。

新人王候補
  1. 武内夏暉【西武】
  2. 金村尚真【日本ハム】
  3. 川村友斗【ホークス】
  4. 古田島成龍【オリックス】
  5. 長谷川威展【ホークス】

新人王争いは今年もし烈な争いとなりそうですね。

パ・リーグ新人王の発表は11月末の「NPB AWARDS」で発表です。楽しみに待ちましょう。

合せて読みたい!

【2024】プロ野球セ・リーグ新人ランキング!

2024年パ・リーグ新人王アンケート是非投票お願いします!!

2024年セリーグ新人王を予想しよう!
  • 選択肢を追加

6 COMMENTS

INFINITE

僕は新人王はオリ山本か楽天田中だと思います。
藤岡選手は低打率が響くと思います。
加治屋選手を批判するわけではなく確かに今年は凄い成績だったとは思いますが社会人出身5年目の選手が選ばれると新人王の定義が分からなくなってきます。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます。

パ・リーグ新人王は田中か山本に絞られましたよね。

藤原は全試合出場していますが、8月から
打率を上げられなかったのが痛かったですね。

加治屋については11月25日で27歳ですからね~
高卒5年目ならまだ良いと思いますが・・・
新人王の規定に年齢制限があっても良いような気がしますよね。

返信する
INFINITE

4月27日現在での予想ですがパ・リーグの新人王ではこのままいくとホークス甲斐野選手だと予想します。
連続試合無失点の新人記録を更新しましたし交流戦になってもセ・リーグのチームはあの直球はなかなか打てないと思っています。
疲労で後半戦に打ち込まれるかが唯一の懸念材料ですが僕は甲斐野選手が新人王になると思っています。
あとはオリックス榊原選手もあると思っています。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます!

甲斐野良いですよね〜
私も大学時代からイチオシだったので、活躍がとても嬉しく感じています。

甲斐野が新人王になるとすると最低30ホールドは必要になるでしょう。
このまま行けば十分到達できるでしょうね。
ただおっしゃる通り、夏場以降を切り抜けられるかが課題となるでしょう。
昨年の山本由伸も夏場に抹消されたりとペースが一気に落ちましたからね。
個人的には甲斐野に新人王獲得してほしいと思っています。

榊原も良いですよね〜
オープン戦見たときに良いボールを投げていたので期待してました。
まだまだ若いですし将来が非常に楽しみです!

返信する
はっしー

甲斐野投手はここまで2軍落ちなく60試合登板、初登板からの連続無失点記録を作り、負傷で離脱した守護神の代役まで務めて8セーブ、25ホールド。セーブとホールドを単純に比較はできないですが、前代未聞の活躍ではないでしょうか。
リリーフ投手をもっと高く評価してほしいな、と常々思っています。

返信する
たけぽん

新人として素晴らしい活躍でしたね。
登板過多による疲労の影響で打ち込まれる場面が多くなってきましたが貢献度は高いです。
私も学生時代から注目していた選手なので活躍を嬉しく思っています。
ただリリーフはこれまであまり評価されていませんので新人王は厳しいでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA