【2021】プロ野球パ・リーグ新人王争いランキングと候補選手の成績予想!

2021年のパ・リーグ新人王についてです。

本記事では

本記事の内容

をご紹介しています。

*表がはみ出している場合、右にスクロールできます。

記事の最後にはパ・リーグ新人王アンケートも実施していますので、投票してくれると嬉しいです!

パ・リーグ新人王のシーズン前予想をご紹介!

新人王の可能性が高そうな選手は下記5選手です。

新人王候補5選手
  1. 早川隆久【楽天】>>詳細へ
  2. 伊藤大海【日本ハム】>>詳細へ
  3. 杉山一樹【ホークス】>>詳細へ
  4. 髙部瑛斗【ロッテ】>>詳細へ
  5. 佐々木朗希【ロッテ】>>詳細へ

です。

順番に紹介していきます。

早川隆久【楽天】

ドラフト2020でドラフト一位指名だった早川隆久です。

4球団競合という非常に高い評価を受けており、背番号は15で期待されていることがわかります。

六大学時代の成績は下記となっています。

成績
  • リーグ通算:51試合、12勝12敗、208 2/3投球回、防御率2.59、奪三振率11.19、四死球率2.25
  • 2020年秋季リーグ:5試合、4勝0敗、35 2/3投球回、防御率0.25、奪三振率14.64、四死球率1.77

三年生時までも素晴らしい成績を残していましたが、4年生時にさらに成績が飛躍しています。

ボール自体も今すぐにでもプロでエースになれるほどのボールを投げていました。

【ドラフト2020楽天一位】早川隆久の球質分析&投球フォーム【スロー撮影最新版】

最速155km/hが注目されがちですが、凄いのはそれだけではありません。

ストレートは回転数がMLB平均を超えており、回転軸も水平成分の傾きやジャイロ成分(進行方向への傾き)が少なめです。

その為、ノビのあるストレートであることがわかります。

変化球はカットボール、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、ツーシームと多彩です。

変化量の大きなスライダー、カーブ、変化量の小さなカットボール、という具合に球種バランスも抜群です。

唯一、落ちる球系に課題があり、4年生時からはフォークを試しているようです。

変化量の小さなスプリット系のボールで、中日の大野が投げているツーシームのような球種です。

もしこれが安定して投げられるようになると、球界を代表するエースとなるでしょうね。

成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
251602.70130017040

個人的には2019年の今永同等の成績をイメージしています。

昨年の森下同様、二けた勝利できる実力は十分にあるでしょう。

>>候補候補一覧に戻る

伊藤大海【日本ハム】

ドラフト2020でドラフト一位指名だった伊藤大海です。

競合もありそうな評価でしたが、早々に日本ハムが一位宣言をしていたため、他球団が避けた形となりました。

背番号は11となっており、かつてダルビッシュや大谷が付けた番号という事で、期待の高さが伺えます。

大学時代の成績は下記となっていますが、地方リーグという事で3年生時までしかわかりませんでした。

成績
  • リーグ通算:19試合、11勝4敗、143 2/3投球回、防御率1.63、奪三振率13.09、四死球率1.50

下記の動画を見ると即戦力であることがわかります。

【ドラフト2020日ハム一位】伊藤大海の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

先ほどの早川同様に、最速155km/hが注目されがちですが、凄いのはそれだけではありません。

ストレートの回転数はMLB平均を超えており、ジャイロ成分がありますが、比較的綺麗なバックスピンとなっています。

その為、ノビのあるストレートであることがわかります。

また、変化球はスライダー、カットボール、カーブ、スプリット、チェンジアップ、フォークと多彩です。

変化量の大きなスライダーやフォークに加え、変化量の小さなカットボールやスプリット、という具合に球種バランスも抜群です。

どのボールも完成度が高く、非常に器用な投手であることがわかります。

左右の違いはありますが、先ほどの早川と同等レベルにある投手だと思います。

成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
251503.10100014030

有原がMLB移籍したことで先発での出場になると思いますし、個人的にも先発向きだと思っています。

抜けた穴は十分埋めてくれると思います。

>>候補候補一覧に戻る

杉山一樹【ソフトバンクホークス】

2018年ドラフト2位の期待の右腕です。

一年目は怪我により結果を残せず、二年目にようやく片りんを見せてくれました。

通算で20 2/3イニングなので新人王の資格があります。

成績
  • 2020成績:11試合、16 2/3投球回、防御率2.16、奪三振22、四死球6

一年目の春季キャンプ紅白戦から素晴らしい投球を見せており、その時から新人王候補に推している選手です。

その時の映像が下記動画の22秒~で紹介されています。

2019年ホークスの新戦力をチェック

上から投げ下ろすタイプの投球フォームで、ストレートに勢いを感じますね。

腕を縦に振れているので、回転の質が良さそうです。

【2回4K】杉山一樹『直球破壊王子をねじ伏せ直球』

さらにキレの良いスライダーや縦に大きく変化するカーブもあり、変化球も申し分ありません。

ホークスの分厚いリリーフ陣に割って入れるでしょう。

成績予想を下記としました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
45552.6040306030

2021年は勝ちパターンでの出場になってくるでしょうね。

>>候補候補一覧に戻る

髙部瑛斗【ロッテ】

ドラフト2019で三位指名された三拍子揃った外野手です。

昨シーズンは一軍では5試合のみでしたが、二軍で素晴らしい成績を残しています。

2020年成績
  • 一軍:5試合、打率.100、0本塁打、4三振、出塁率.100、OPS.200
  • 二軍:67試合、打率.344、1本塁打、33三振、出塁率.367、OPS.789

大学時代から安定してヒットを量産しており、コンタクト能力に優れた選手です。

【ドラフト2019 ロッテ3位】高部瑛斗の打撃&走塁&守備まとめ

昨シーズンは二軍で打率ランキング二位という結果ですので、打撃面では一軍でも結果を残せるでしょう。

また、盗塁も14個決めており、盗塁が出来る高い走力が魅力です。

さらに、動画内では三塁へダイレクト送球を見せており、肩の強さも持ち合わせています。

以上のように高レベルで三拍子そろっており、今シーズンは一軍での出場機会が増えるでしょうね。

成績予想は下記としました。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
100.28053015.340.720

藤原恭大とのレギュラー争いになると思いますが、今シーズンは高部が優先して出場するような気がします。

成績予想は昨シーズンの楽天の小深田をイメージしています。

>>候補候補一覧に戻る

佐々木朗希【ロッテ】

ドラフト2019では四球団が競合した注目の投手です。

一年目は一軍に帯同しながら一軍の雰囲気に慣れることと、トレーニングに費やしていたようです。

今オフのトレーニングにより、今シーズンあたりから一軍での出場がありそうです。

高校時代から凄まじいボールを投げていました。

【ドラフト2019 ロッテ1位】佐々木朗希はMLBトップクラスのストレート回転数!【侍ジャパン壮行試合 全投球】

最速163km/hの球速も驚きですが、回転数も驚きの数値となっています。

ストレートは2600rpmという数字になっており、MLBでもトップクラスの数値です。

やや球質のバラツキはありますが、ボール自体はすでにプロトップレベルのボールであることがわかります。

また、回転数が非常に少ない落差の大きなフォークを投げており、決め球として十分使えそうです。

高校時代からどれだけ成長しているかわかりませんが、さらに成長しているはずです。

成績予想を下記としました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
14803.106007030

二軍スタートから結果を残し、一軍でローテーションというシナリオです。

あまり無理はしてほしくないですが、是非今シーズンは一軍で投げる姿を見たいですね。

>>候補候補一覧に戻る

パ・リーグ新人王争いランキング

2021年パ・リーグ新人王ランキングをご紹介していきます。

ランキングは4月下旬あたりを目途に更新させて頂きます。

*1月17日時点

ランキング五位!

ランキング四位!

ランキング三位!

ランキング二位!

ランキング一位!

2021年プロ野球パ・リーグの新人王候補選手のまとめ

以上が2021年の新人王ランキングとセ・リーグ新人王予想でした。

シーズン前の予想では下記順番としました。

新人王候補5選手
  1. 早川隆久【楽天】
  2. 伊藤大海【日本ハム】
  3. 杉山一樹【ホークス】
  4. 髙部瑛斗【ロッテ】
  5. 佐々木朗希【ロッテ】

予想は当たるでしょうか。

シーズンでの活躍を楽しみにしましょう!

合せて読みたい!

2021年プロ野球セ・リーグ新人王争いランキングと候補選手の成績予想!

2021年パ・リーグ新人王アンケート是非投票お願いします!!

2021年パ・リーグ新人王を予想しよう!
  • 選択肢を追加

6 COMMENTS

INFINITE

僕は新人王はオリ山本か楽天田中だと思います。
藤岡選手は低打率が響くと思います。
加治屋選手を批判するわけではなく確かに今年は凄い成績だったとは思いますが社会人出身5年目の選手が選ばれると新人王の定義が分からなくなってきます。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます。

パ・リーグ新人王は田中か山本に絞られましたよね。

藤原は全試合出場していますが、8月から
打率を上げられなかったのが痛かったですね。

加治屋については11月25日で27歳ですからね~
高卒5年目ならまだ良いと思いますが・・・
新人王の規定に年齢制限があっても良いような気がしますよね。

返信する
INFINITE

4月27日現在での予想ですがパ・リーグの新人王ではこのままいくとホークス甲斐野選手だと予想します。
連続試合無失点の新人記録を更新しましたし交流戦になってもセ・リーグのチームはあの直球はなかなか打てないと思っています。
疲労で後半戦に打ち込まれるかが唯一の懸念材料ですが僕は甲斐野選手が新人王になると思っています。
あとはオリックス榊原選手もあると思っています。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます!

甲斐野良いですよね〜
私も大学時代からイチオシだったので、活躍がとても嬉しく感じています。

甲斐野が新人王になるとすると最低30ホールドは必要になるでしょう。
このまま行けば十分到達できるでしょうね。
ただおっしゃる通り、夏場以降を切り抜けられるかが課題となるでしょう。
昨年の山本由伸も夏場に抹消されたりとペースが一気に落ちましたからね。
個人的には甲斐野に新人王獲得してほしいと思っています。

榊原も良いですよね〜
オープン戦見たときに良いボールを投げていたので期待してました。
まだまだ若いですし将来が非常に楽しみです!

返信する
はっしー

甲斐野投手はここまで2軍落ちなく60試合登板、初登板からの連続無失点記録を作り、負傷で離脱した守護神の代役まで務めて8セーブ、25ホールド。セーブとホールドを単純に比較はできないですが、前代未聞の活躍ではないでしょうか。
リリーフ投手をもっと高く評価してほしいな、と常々思っています。

返信する
たけぽん

新人として素晴らしい活躍でしたね。
登板過多による疲労の影響で打ち込まれる場面が多くなってきましたが貢献度は高いです。
私も学生時代から注目していた選手なので活躍を嬉しく思っています。
ただリリーフはこれまであまり評価されていませんので新人王は厳しいでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です