【ドラフト】今川優馬(JFE東日本)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 今川優馬(JFE東日本)の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、JFE東日本の今川優馬外野手です。

社会人侍ジャパン候補から三打席連続ホームランを放った長打が魅力の大砲候補です。

今回はそんなJFE東日本 今川優馬経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

今川優馬(JFE東日本)の経歴は?

今川優馬の経歴です。

経歴
  • 名前 : 今川優馬(いまがわ ゆうま)
  • 出身地 : 北海道札幌市
  • 生年月日 : 1997年1月25日
  • 身長 : 176cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:札幌市立南小学校 → 札幌市立真駒内曙中学校 → 東海大付属第四高校 → 東海大北海道 → JFE東日本

詳しく見ていきましょう。

今川優馬は高校3年生夏に甲子園出場!

札幌市立南小学校では、3年生の時から軟式野球を始めます

札幌市立真駒内曙中学校では、軟式野球部に所属。

高校は、東海大付属第四高校(現・東海大付属札幌高校)に進みます。

高校2年生秋からベンチ入り。

3年生夏は南北海道大会で優勝し、甲子園に出場

2回戦の山形中央高校戦で代打で出場し、レフト前にヒットを打ちますが、延長戦の末に敗れました。

今川優馬は大学3年生の時に全日本大学野球選手権に出場!

大学は東海大北海道(札幌学生野球連盟)に進学。

大学時代は、自宅から自転車で大学へ通い、夜は焼き肉店で皿洗いのアルバイトをしていたそうです。

2年生まではベンチ入りできませんでした。

3年生春は、キャンプで右足首を怪我してしまいますが、3年生春のリーグ戦に間に合いベンチ入り。

6試合に出場し、17打数で6安打、打率.353、2打点の成績を挙げ、チームもリーグ優勝します。

出場した全日本大学野球選手権では、5番センターとして出場し、初戦の東洋大学戦で先制本塁打を打ちました。

2回戦の桐蔭横浜大学戦で1安打、岐阜経済大学戦で2塁打を含む2安打を打ちます。

しかし、準決勝の立教大学戦ではノーヒットに終わり、ベスト4で敗退となりました。

今川優馬は大学4年生冬に日本人初となる「INTERNATIONAL POWER SHOWCASE」出場!

4年生春のリーグ戦では、4試合連続を含む5本塁打を打ちます。

打率.464で首位打者となり、ベストナイン、特別賞の表彰も受けました。

リーグ優勝も果たしましたが、未成年部員の飲酒が判明し、全日本大学野球選手権は出場辞退となります。

4年生秋は、星槎道都大学戦で福田俊投手(現・北海道日本ハム)から2本塁打を打つなど4本塁打。

リーグ戦終了後、プロ志望届を提出しましたが、ドラフトで指名されませんでした。

大学4年生冬は、アメリカのマーリンズ・ボールパークで開かれた「INTERNATIONAL POWER SHOWCASE」に出場

アマチュア選手のホームランダービーに相当するもので、約40名が出場した大学生部門で11位タイの成績でした。

ちなみに、日本人初出場だそうです。

今川優馬は都市対抗野球2019出場決定!

大学卒業後は、JFE東日本に就職。

入社1年目の3月に行われたスポニチ大会でホームランを打つなど、JABA(日本野球連盟)関連の3大会で、2本塁打を打ちました。

都市対抗南関東予選を勝ち抜き、都市対抗野球出場が決定

都市対抗野球での活躍も期待されます。

また、6月末に行われた社会人野球日本代表候補との練習試合では3打席連続本塁打を打ちました。

今川優馬(JFE東日本)の成績は?

今川優馬の成績です。

成績
  • 大学リーグ戦通算(17年春、18年春~18年秋):25試合、打率.407、7二塁打、1三塁打、9本塁打、24打点
  • 大学全国大会(17年春):4試合、打率.333、2二塁打、1本塁打、2打点、6三振、出塁率0.429、1盗塁
  • 2019年社会人予選(JABA大会含む):14試合、打率.292、7二塁打、2本塁打、12打点、14三振、出塁率0.397、5盗塁

成績は、2019年6月末時点のものです。

本塁打などの長打を打てることが分かります。

大学時代は、リーグ戦に出場したのは3年生春からという遅咲きです。

リーグ戦の本塁打は全て4年生時に打っており、春秋で9本塁打を放っています。

社会人に入ってからも、予選で2本の本塁打を打ったほか、社会人野球日本代表との試合で3打席連続本塁打を打っています。

社会人に入ってからの打率が3割を切っていますが、出塁率が打率よりも1割以上上がっていて、四球を選んでの出塁など打率以上の貢献が出来ていそうです。

ただ、三振の数が、四死球の数(12)を上回っており、少し多めで今後の課題となっています。

一方、三塁打を打ったり、盗塁を決めているので、足が速そうです。

今川優馬(JFE東日本)の特徴は?

今川優馬の特徴です。

まずはこちらの動画(INTERNATIONAL POWER SHOWCASE2018)を見ていきましょう。

11分20秒辺りから15分30秒過ぎまでがホームランダービーの模様です。

筋肉がついていて、下半身もしっかりとしていそうですね。

ベンチプレスは140kgまで上げる事が出来るそうです。

足を開いて構え、左足を上げてタイミングを取っています。

そして、バットのヘッドを肩と同じくらいの位置に下げ、全身を使ってバットを振り切っています

今川優馬は長打力!

次にこちらの動画(社会人野球日本代表候補との練習試合)を見ていきましょう。

3打席連続でホームランを打っていますね。

ホームランにした球は低めの球もあり、動画の28秒辺りでは、落ちる変化球をセンター方向のホームランとしています

筋力があるだけでなく、全身を使ってバットを振り切っているので、長打を打ちやすいのでしょう。

今川優馬の選球眼は?

次に、こちらの動画(2019スポニチ大会)を見ていきましょう。

追い込まれる前は、積極的に打ちに行っているようですが、追い込まれてからは、ファウルで粘ったりボール球を見送ることが出来ています。

四球を選んで出塁する事もできており、選球眼は高めと言って良さそうです。

ただ、フルスイングで長打を狙うタイプなので三振数が多くなっています。

今後は、フルスイングしつつ、どこまで三振数を減らせるかが課題となりそうです。

今川優馬は高い身体能力!

50m走のタイムは6秒0で、足が速めです。

成績の項でも紹介したように、盗塁も決めており、二塁打や三塁打も多く打てるタイプです。

遠投は113mまで投げることができ、強肩なのです。

走力が高く、肩が強い身体能力が高い選手なので、守備面でも貢献できるタイプでしょう。

今川優馬の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 全身を使ったスイングで、長打が打てる
  • 選球眼は高め
  • 足が速い
  • 肩も強く身体能力が高い

です。

長打が魅力で身体能力が高い選手という印象です。

今川優馬(JFE東日本)のスカウト評価は?

今川優馬のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 中日・米村チーフアマスカウト「スイングスピードが速い。打ち方がええ」
  • 中日・八木スカウト「リストにすら入ってなかった」

これは大学4年生秋のリーグ戦(星槎道都大学戦)を視察した時のコメントです。

大学4年生秋の段階で、リストに入っておらず、視察の機会が少なかったので、大学生の段階で指名されなかったのかもしれません。

しかし、長打が魅力で身体能力が高い選手なので、継続して視察していくスカウトもいそうです。

このまま活躍できれば、2020ドラフトでの指名は確実でしょう。

今川優馬(JFE東日本)のまとめ!

以上が、JFE東日本 今川優馬経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

社会人侍ジャパン候補相手に三打席連続ホームランを放った長打が魅力です。

身体能力が高い選手でなので、このまま活躍できれば、2020ドラフトで指名されそうですね。

都市対抗野球の出場が決まったので、こちらでの活躍も注目です。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です