【2021】プロ野球セ・リーグ新人王争いランキング!

2021年のセ・リーグ新人王についてです。

本記事では

本記事の内容

をご紹介しています。

*表がはみ出している場合、右にスクロールできます。

記事の最後にはセ・リーグ新人王アンケートも実施していますので、投票してくれると嬉しいです!

セ・リーグ新人王争いランキング

2021年セ・リーグ新人王ランキングをご紹介していきます。

*9月30日時点

ランキング七位!林晃汰【広島】

ドラフト2018三位指名の林晃汰です。

昨年は二年目ながら二軍で9本塁打を放った期待の大砲候補です。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
81.2907320.329.732

5月に昇格し、そこから順調に結果を残しています。

得点圏打率6割超え!カープ林晃汰の大爆発に金言あり【マー君撃ち】

打席内の構えからは、既に強打者のオーラを感じますね。

パンチ力のある打撃だけでなく、難しいボールをさばけるバットコントロールも兼ね備えています。

ホームランだけでなく、率も残せるスラッガーですね。

育成のためにもこのまま使い続けて欲しい逸材です。

ランキング六位!中野拓夢【阪神】

ドラフト2020六位指名の中野拓夢です。

ドラフトでは下位指名でしたが、社会人時代から守備だけでなく、打撃面でも安定した結果を残していました。

2019ウインターリーグではNPB選手を抑え、打率二位、安打数一位という結果を残しました。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
115.27313224.324656

開幕一軍ながら代打や守備固めでの起用でした。

しかし、数少ないチャンスで結果を残し、現在はメイン遊撃手として試合に出場しています。

甲子園のショートはエリア51!見るものを虜にする中野拓夢のファインプレー集!|実況速報担当が選ぶ 2021 前半戦PLAYBACK

小柄ながら当て逃げするタイプではなく、しっかり振っていくタイプです。

内角のさばきも上手く、バットコントロールに優れた選手です。

また、リーグ一位の盗塁数だけでなく、盗塁死は2個のみという走塁技術にも優れた選手です。

守備面では時折ミスが見られ、UZRが-3.0付近となっており、やや課題があると言えるでしょう。

ランキング五位!奥川恭伸【ヤクルト】

ドラフト2019一位指名の奥川恭伸です。

三球団競合した甲子園のスターです。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
1591 2/33.14800819

開幕当初は好投しながらも運が悪く勝ち星に恵まれませんでした。

しかし、ここ最近は順調に勝ち星が積み上がっており、7戦連続与四球0という素晴らしい投球を続けています。

【ヤクルト・奥川恭伸】自己最多103球7回1失点の熱投で7勝目!!

2020年の一年目から平均球速が上がり、150km/hに迫るほどのスピードボールが特徴です。

また、変化量の大きなスライダーと140km/h近くのスプリットのコンビネーションも抜群です。

さらに四死球数が非常に少なく、ストライクゾーンで勝負できるボールの良さと制球力を持ち合わせています。

それに加え、リリースポイントが打者寄り、というホークアイのデータがあるようです。

球団アナリストによるホークアイ解説!

球持ちが良いという事なので、より球速が速く見え、変化球の見極めが難しいという事になります。

こういった特徴があり、打ちにくい投手であることがわかります。

今後も安定した投球ができるでしょう。

ランキング四位!伊藤将司【阪神】

ドラフト2020二位指名の伊藤将司です。

社会人時代から毎試合安定した投球で試合を作っていた実践派投手です。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
18112 2/32.807006431

開幕から先発ローテーションとして安定した投球をしています。

4月24日には新人最速の完投勝利を挙げています。

【ドラフト2020阪神二位】伊藤将司の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ボール自体は突出したものはありません。

しかし、球速が近い小さな変化球を多数投げ分けており、打者が対応しにくい投手と言えます。

特にカットボールは130km/h中盤と、速球と球速差が非常に少ないので、見極めが困難でしょう。

また、横浜高校の先輩である成瀬善久を彷彿とさせる投球フォームも打ちにくい要因かもしれません。

ランキング三位!佐藤輝明【阪神】

ドラフト2020で4球団が競合した佐藤輝明です。

大学時代にはリーグ最多ホームラン記録を更新しています。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
111.24423605.289.772

開幕からレギュラーとしてここまで23本塁打を放っています。

阪神の新人最多本塁打記録を持つ田淵幸一さんの記録を塗り替えました。

しかし現在は調子を落とし、野手最長の連続打席無安打記録54となっています。

【無念…】悔しすぎる3発被弾『パの投手は“虎の怪物”をどうやって抑える!?』

魅力は抜群の長打力です。

三振数は非常に多いですが、打球が上がった時の期待感はファンを熱狂させる不思議なオーラを感じさせます。

新人最多本里打記録である31本の更新となれば新人王最有力となるでしょうが、現在の調子からは厳しいでしょう。

ランキング二位!牧秀吾【横浜】

ドラフト2020二位指名の牧秀吾です。

大学三年生から日本代表で4番を任されたスラッガーです。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
118.29021651.332.846

開幕からレギュラーとしてここまで21本塁打を放っています。

球団新人最多安打記録を更新し、村田修一が記録した球団新人最多本塁打25を射程圏内としています。

一時期調子を落としていましたが、持ち直してきたのは実力がある証拠でしょう。

【ドラフト2020横浜二位】牧秀悟の打撃シーン&打撃フォーム&守備シーン&一塁到達タイム

大学時代から抜群の長打力と高いバットコントロール技術を見せていました。

選球眼もよく、ボールを選べるタイプなので、成績以上にチームへの貢献度があるタイプです。

二塁の守備もまずまずなので、このまま本職の二塁で固定して使ってほしいですね。

ランキング一位!栗林良吏【広島】

ドラフト2020一位指名の栗林良吏です。

社会人時代から圧倒的な成績を残していた即戦力ルーキーです。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
4443 2/30.4102806723

開幕から守護神としてチームに大きく貢献しており、ここまで防御率0.41という圧倒的な成績を残しています。

球団新人最多セーブ記録を更新、新人最多連続試合セーブ記録を樹立と、様々な記録を塗り替えています。

オリンピックでも守護神を任され、既にNPBを代表するクローザーといって良いでしょう。

【ドラフト2020広島一位】栗林良吏の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートのホップ量、パワーカーブの変化量、カットボールのキレ、フォークの落差、どれをとっても一級品です。

制球力も高く、安定した成績を残せるのがよくわかりますね。

単独一位指名だったのが不思議なくらいです。

個人的には先発で見たい選手です。

2021年プロ野球セ・リーグの新人王候補選手のランキング!まとめ

以上が2021年の新人王ランキングでした。

現時点では下記となっています。

新人王候補
  1. 栗林良吏【広島カープ】
  2. 牧秀吾【横浜】
  3. 佐藤輝明【阪神】
  4. 伊藤将司【阪神】
  5. 奥川恭伸【ヤクルト】
  6. 中野拓夢【阪神】
  7. 林晃汰【広島カープ】

シーズンは終盤にさしかかり、し烈な新人王争いとなっています。

特に栗林、牧、佐藤あたりは、歴代の記録を塗り替える活躍をしており、近年まれに見る高レベルな争いです。

そこに続く、伊藤、奥川、中野あたりも、例年であれば新人王級の活躍をしています。

今年は新人王を野手・投手で2名選出して欲しいくらいですね。

合せて読みたい!

2021年プロ野球パ・リーグ新人王争いランキングと候補選手の成績予想!

2021年セ・リーグ新人王アンケート是非投票お願いします!!

2021年セ・リーグ新人王を予想しよう!
  • 選択肢を追加

8 COMMENTS

匿名

神里選手は自打球ではなく死球で骨折です。
細かいようで申し訳ありませんが訂正していただけたらと思います。

返信する
たけぽん

コメント頂き有難うございます。

間違えをご指摘頂き有難うございます!
修正させて頂きます。

返信する
INFINITE

4月26日現在での予想では
阪神近本選手が新人王になると予想します。
このままいくとかつて新人王を取った高山選手の成績を超えての受賞もあると思います。

投手では横浜の大貫選手が新人王の獲得があると思っています。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます!

近本の活躍は凄いですよね~
今はどのコースにも対応出来ているので、
これが本物であれば、高山以上の成績は軽く超えてきそうですよね。

大貫も良いですよね~
あのスプリットとツーシームは途中まで軌道が似ているので、
打者にとっては非常に厄介だと思います。

まだまだ始まったばかりですが、今年も新人王争いが今年も楽しみです!

返信する
近本押し

年齢や経験は選考基準になるのでしょうか。甲乙つけがたいとなった時の最後の基準ではないかと思うのですが。単純に今年の活躍を考えると、村上より近本だと思います。将来性は村上のほうが上だと思いますが、将来性を選ぶのではないですから、新人王は近本にするべきです。

返信する
たけぽん

新人王は記者投票なので年齢や経験が選考基準になることはあると思いますが、この記事では全く考慮していません。

単純に成績で比較したみればわかりますが、現時点では村上の方が明らかに上です。

村上は打率こそ低いものの、打撃の主要部門である本塁打と打点で上位なわけです。
対して近本がセ・リーグトップクラスなのは、主要部門ではない盗塁のみですし、
その盗塁も実は成功率がかなり低いんですよね。

近本に新人王を獲得して欲しい気持ちはわかりますが、ひいき目なしに判断すれば
成績的に村上が上なのは野球を知っている方ならだれでも判断出来るはずです。

もちろん、阪神ファンの私としては近本に新人王を獲得して欲しいところですが、
近本が新人王になるには、セ・リーグ新人最多安打記録&盗塁王を獲得して、どうかな?といった感じです。

ただ、新人王は記者投票です。

2017年の投票の際は、10勝を挙げた濵口よりも大山の方が投票が多かったなんていうこともありました。
記者の中にも阪神ファンがけっこう多いみたいです。

なので、近本がセ・リーグ新人最多安打記録&盗塁王を獲得すれば、いい線行くかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA