【2021】プロ野球セ・リーグ新人王争いランキングと候補選手の成績予想!

2021年のセ・リーグ新人王についてです。

本記事では

本記事の内容

をご紹介しています。

*表がはみ出している場合、右にスクロールできます。

記事の最後にはセ・リーグ新人王アンケートも実施していますので、投票してくれると嬉しいです!

セ・リーグ新人王争いランキング

2021年セ・リーグ新人王ランキングをご紹介していきます。

*4月27日時点

ランキング六位!中野拓夢【阪神】

ドラフト2020六位指名の中野拓夢です。

ドラフトでは下位指名でしたが、社会人時代から守備だけでなく、打撃面でも安定した結果を残していました。

2019ウインターリーグではNPB選手を抑え、打率二位、安打数一位という結果を残しました。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
19.326053.396.838

開幕一軍ながら代打や守備固めでの起用でした。

しかし、数少ないチャンスで結果を残し、現在はメイン遊撃手として試合に出場するようになりました。

【驚異の新人 阪神中野拓夢選手 安打集】

小柄ながら当て逃げするタイプではなく、しっかり振っていくタイプです。

内角のさばきも上手く、バットコントロールに優れた選手です。

四死球も選べており、走力も高いので、成績以上にチームへの貢献度が高いタイプと言えるでしょう。

ランキング五位!大道温貴【広島】

ドラフト2020三位指名の大道温貴です。

大学時代から素晴らしい結果を残していましたが、地方リーグという事でやや低い評価だった印象です。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
1010.01.8020393

開幕からリリーフとして一軍で結果を残しています。

既に2勝を挙げています。

【ドラフト2020広島3位】大道温貴の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

大学時代から素晴らしいボールを投げていました。

ホップ量が多いストレートが特徴で、空振りが奪えるタイプです。

プロでもイニング数に迫る三振を奪えています。

ランキング四位!伊藤将司【阪神】

ドラフト2020二位指名の伊藤将司です。

社会人時代から毎試合安定した投球で試合を作っていた実践派投手です。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
326.01.71200135

開幕から先発ローテーションとして安定した投球をしています。

4月24日には新人最速の完投勝利を挙げています。

【ドラフト2020阪神二位】伊藤将司の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ボール自体は突出したものはありません。

しかし、球速が近い小さな変化球を多数投げ分けており、打者が対応しにくい投手と言えます。

特にカットボールは130km/h中盤と、速球と球速差が非常に少ないので、見極めが困難でしょう。

また、横浜高校の先輩である成瀬善久を彷彿とさせる投球フォームも打ちにくい要因かもしれません。

ランキング三位!栗林良吏【広島】

ドラフト2020一位指名の栗林良吏です。

社会人時代から圧倒的な成績を残していた即戦力ルーキーです。

現時点での成績は下記です。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
1212.00.00080184

開幕から守護神としてチームに大きく貢献しています。

オープン戦から今現在まで失点がなく、完ぺきな投球が続いています。

【ドラフト2020広島一位】栗林良吏の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートのホップ量、パワーカーブの変化量、カットボールのキレ、フォークの落差、どれをとっても一級品です。

制球力も高く、安定した成績を残せるのがよくわかりますね。

個人的には先発で見たい選手です。

ランキング二位!佐藤輝明【阪神】

ドラフト2020で4球団が競合した佐藤輝明です。

大学時代にはリーグ最多ホームラン記録を更新しています。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
26.2507182.284.795

開幕からレギュラーとしてここまで7本塁打を放っています。

三振数が非常に多いですが、ホームランはリーグ三位となっています。

【まるでギータ】石川柊太が佐藤輝明に『変態・逆方向弾』を許す…【モノノフ対決】

ここまで引っ張ってのホームランとなっていますが、オープン戦では逆方向のホームランが非常に多くなっていました。

その為、現在は調子が上がってきていないと思われます。

本来の姿である逆方向へのホームランが出るようになると、さらに成績を上げてくる可能性もありそうですね。

ランキング一位!牧秀吾【横浜】

ドラフト2020二位指名の牧秀吾です。

大学三年生から日本代表で4番を任されたスラッガーです。

現在の成績は下記です。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
27.2956180.345.878

開幕からレギュラーとしてここまで6本塁打を放っています。

やや打率が下降気味ですが、それでも素晴らしい成績です。

【ドラフト2020横浜二位】牧秀悟の打撃シーン&打撃フォーム&守備シーン&一塁到達タイム

大学時代から抜群の長打力と高いバットコントロール技術を見せていました。

選球眼もよく、ボールを選べるタイプなので、成績以上にチームへの貢献度があるタイプです。

二塁の守備もまずまずなので、本職の二塁で固定して使ってほしいですね。

セ・リーグ新人王の予想をご紹介!

こちらは開幕前の新人王予想となっています。

あくまでのシーズン前の予想ですので、参考程度にご覧ください。

新人王候補5選手
  1. 栗林良吏【広島カープ】>>詳細へ
  2. 佐藤輝明【阪神】>>詳細へ
  3. 村上頌樹【阪神】>>詳細へ
  4. 大道温貴【広島カープ】>>詳細へ
  5. 蝦名達夫【横浜】>>詳細へ
  6. 伊藤優輔【巨人】>>詳細へ
  7. 山下航汰【巨人】>>詳細へ

です。

順番にご紹介してきます。

栗林良吏【広島カープ】

2020ドラフトで広島から1位指名を受けた栗林良吏です。

単独指名でしたが、重複指名でもおかしくない実力です。

背番号は20と期待されています。

大学では指名漏れを経験しましたが、社会人では素晴らしい投球を披露していました。

特に2019年の台湾ウインターリーグではNPBの有望二軍選手を寄せ付けない圧巻の投球でした。

成績
  • 2019台湾ウインターリーグ:6試合、14 1/3投球回、防御率0.63、奪三振率15.70、四死球率2.51、被安打率5.02

下記の動画を見ると、ボール自体はすでにNPBの一軍クラスでも通用することがわかります。

【ドラフト2020広島一位】栗林良吏の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートの回転数はMLB平均を超えており、回転軸も比較的良いので、NPBでも通用するでしょう。

面白いのはパワーカーブです。

回転数は3000rpm近くとなっており、2019年に阪神で活躍したジョンソンとほぼ同等です。

球速は125km/h前後と、ジョンソンには劣りますが、回転軸はジョンソンよりトップスピンに近く、非常に落差が大きい球質です。

プロでも十分通用するでしょう。

全体的な球質や球種構成は2019年ドラフトで西武一位指名の宮川哲に近いです。

宮川哲は2020年新人として下記成績でした。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
4944 2/33.8320134530

私が見てきた限りでは、栗林の方が制球面で安定しており、宮川以上の成績を残せると思っています。

その為、成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
50552.4523005025

個人的には先発向きだと思っていますが、チーム事情もありリリーフ起用となるようです。

フランスアの怪我もあるので、おそらく守護神となるでしょう。

セーブ王近くのセーブ数を上げられれば、新人王はほぼ決まりでしょうね。

>>候補候補一覧に戻る

佐藤輝明【阪神タイガース】

2020ドラフトでは阪神一位指名の佐藤輝明です。

4球団が競合した期待のスラッガーです。

大学成績
  • リーグ戦通算:80試合、打率.287、14本塁打、69打点、35四死球、69三振、出塁率.360、8盗塁

大学時代には、巨人でも活躍した二岡智宏が持つリーグ最多ホームラン記録を塗り替えました。

4年生春季リーグが中止になりながらの記録更新でした。

大学時代は三振が多く、打率も高くないので、プロのボールに慣れるのに少し時間が掛かる印象もありますしたが、飛距離はすでにプロトップレベルです。

【2月8日沖縄キャンプ】佐藤輝に負けない!2年目井上広大が矢野監督の前で柵越え!佐藤輝も驚愕弾を連発!!阪神タイガース密着!応援番組「虎バン」ABCテレビ公式チャンネル

キャンプでもその驚愕の飛距離に、多くの解説者が驚きを見せていました。

練習試合やオープン戦でもプロの球にしっかり対応しており、高い対応力も兼ね備えていることがわかってきました。

また、フリーバッティングではセンターから逆方向にさく越えを連発しており、広角に長打が打てるタイプです。

甲子園での第一号は逆方向にスタンドインしており、推定飛距離は135mだったそうです。

佐藤輝明選手 甲子園初アーチ!3月10日(水)阪神vs広島

現時点では、怪我さえなければ開幕スタメンは濃厚でしょう。

成績予想は下記としました。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
130.24020555.310.770

セリーグ野手の中では新人王筆頭候補でしょうね。

たとえ結果が出なかったとしても、長い目で起用して欲しいですね。

>>候補候補一覧に戻る

村上頌樹【阪神】

2020年ドラフトで5位指名を受けた村上頌樹です。

個人的にはドラフト2020の候補で一番注目していた選手で、背番号16と期待の高さが伺えます。

5位指名ですが、大学3年生時までの活躍では一位指名レベルでした。

しかし、コロナにより春季リーグが開催されず、秋季リーグでも初戦で怪我による離脱をしてしまい評価を下げました。

怪我さえ万全であれば、即戦力として十分やれる可能性はあります。

特徴は何といってもストレートの質のよさです。

【ドラフト2020阪神五位】村上頌樹の球質分析&投球シーン&投球フォーム

回転数は2650rpmとなっており、NPBやMLBトップクラスの数値です。

さらに回転軸が非常に綺麗で、バックスピンに近くなっています。

その為、全盛期の藤川球児並みのノビのあるストレートであることがわかります。

しかし、ストレートの球速は140km/h前半で、変化球が全体的に変化量が大きく遅いので、プロの打者からは見極めしやすいでしょう。

その為、カットボールなどの変化量の小さな球種を覚えないと活躍は厳しいと思います。

その為、成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
171003.507008030

予想としては、開幕当初は二軍スタートで、そこから結果を残し一軍ローテーションというシナリオです。

もし、この期間でカットボールなどの新球を覚えるようなことがあれば、昨年の森下並みの活躍をしてもおかしくないでしょう。

>>候補候補一覧に戻る

大道温貴【広島カープ】

2020年ドラフトで3位指名を受けた大道温貴です。

こちらも個人的には一位指名と思っていた選手で、背番号13と期待されています。

北東北野球連盟で好成績を残していますが、コロナにより全国大会が無く、スカウトが実力を測れなかった事が要因だと思っています。

球質的にはNPB一軍レベルであることがわかります。

【ドラフト2020広島3位】大道温貴の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートの回転数はMLB平均を超えています。

回転軸も比較的よく、先ほど紹介した栗林並みの質の良いストレートです。

決め球のスライダーは変化量が大きめなので、NPBで通用するかは難しいところです。

しかし、スプリット気味の変化量の小さなフォークも投げており、こちらはプロでの通用するでしょう。

その為、現時点でもある程度の成績を残せそうです。

成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
45503.1030304530

個人的には先発で十分結果を残せると思っていますが、チーム事情によりリリーフ起用のようです。

勝ちパターンとして十分やれるでしょう。

成績的にはやや栗林に劣るでしょうが、ホールドランキング上位を目指せると思います。

>>候補候補一覧に戻る

蝦名達夫【横浜】

ドラフト2019で6位指名を受けた蝦名達夫です。

新人ながら春季キャンプは一軍スタートでしたが、骨折して離脱。

コロナで開幕が遅れたことと、前ラミレス監督の高い評価により開幕一軍入りを果たしました。

開幕2カード目で代打出場しましたが直後に抹消。

そこから二軍で好成績を残し、一軍でもホームランを放っています。

成績
  • 一軍成績:17試合、打率.143、1本塁打、1打点、8三振、出塁率.250、OPS.583
  • 二軍成績:32試合、打率.280、6本塁打、19打点、23三振、出塁率.394、OPS.954

初ホームランはセンターやや右方向にスタンドインさせています。

横浜DeNAベイスターズ ドラフト6位ルーキー 蝦名達夫 プロ初ヒット初ホームラン 2020/9/10 横浜DeNA vs. 阪神 15回戦 @横浜スタジアム

打てるボールが来るまで誘い球を見送り、カットで粘っての非常に対応の良い打席でした。

ホームランはセンター方向といことで、逆方向にも打てる広角打法が持ち味です。

大柄ですが走力も高く、肩の強さも兼ね備えています。

梶谷移籍によって今シーズンブレイクするチャンスですね。

成績予想は下記としました。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
120.25015453.320.720

スタメン出場さえできれば、野手の中では新人王筆頭候補と言っていいでしょう。

>>候補候補一覧に戻る

伊藤優輔【巨人】

2020年ドラフトで4位指名を受けた伊藤優輔です。

2020年から先発を任されましたが、思うような結果が出ずに評価はあまり上がりませんでした。

しかし、ドラフト後の都市対抗でリリーフとして156km/hを投げ込み一気に評価を上げています。

球質的には面白い存在です。

【ドラフト2020巨人四位】伊藤優輔の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートの回転数はMLB平均を超えています。

回転軸は水平成分の傾きが小さく進行方向を向くジャイロ成分が多めなので、ホップ量は少な目でややマッスラ気味に変化します。

空振りを奪うタイプではなく、ゴロで打ち取るタイプでと言えるでしょう。

また、140km/h前後のカットボールやフォークは変化量が小さめです。

以上の球種構成なので、打者は球種を見極めるのが難しく、打ちにくい投手であることがわかります。

タイプ的にはホークスの森唯斗に近い印象です。

成績は下記と予想しました。

試合投球回防御率勝利セーブホールド三振四死球
40453.7030103030

開幕一軍でリリーフを想定しています。

菅野が残留となったことから、課題はリリーフにあります。

その為、リリーフとして開幕から起用されるでしょう。

球種構成的にカーブなどの緩めの変化球があると、もっと成績を残せると思いますので、上振れの可能性はあると覆います。

>>候補候補一覧に戻る

山下航汰【巨人】

2018年ドラフトで育成1位指名です。

1年目は7月に支配下登録され一軍も経験しますが、13打席だけなので新人王の権利があります。

2年目の昨シーズンは怪我により出場はなく、育成契約となっています。

しかし、一年目の下記の打席は多くの野球ファンが驚いたはずです。

巨人 山下航汰プロ初打席

プロ野球選手の中でも、藤川球児の内角高めに対応できる選手は少ないでしょう。

しかもプロ初打席&初見という条件でこの対応ですから、このシーンはかなり衝撃でした・・・

成績は下記の通りです。

成績
  • 一軍通算成績:12試合、打率.167、出塁率.231、OPS.481
  • アジアウィンターリーグ:7試合、打率.360、5打点、出塁率.429、OPS.989

2019年アジアウィンターリーグでは、高打率を残し、三塁打を含む長打を打って結果を残しました。

山下航汰4打数4安打!WL11月27日

そこまで大きな体格ではないですが、体重移動を使った鋭いスイングです。

スムーズにバットが出ており、コンタクト能力が高そうですね。

元千葉ロッテの里崎智也さんも、「バッティングが期待でき、来シーズン以降は出場機会が増える」と話しています。

【里崎Eye】セリーグ期待の若手、新人選手を里崎智也独自の目線で調査し発表!

成績予想は下記としました。

試合打率本塁打打点盗塁出塁率OPS
100.2855255.350.750

巨人の場合は選手層が厚いので出場機会が少ないと思います。

しかし、出場できれば十分新人王クラスの結果が残せると思っています。

>>候補候補一覧に戻る

2021年プロ野球セ・リーグの新人王候補選手のランキング!まとめ

以上が2021年の新人王ランキングでした。

現時点では下記となっています。

新人王候補5選手
  1. 牧秀吾【横浜】
  2. 佐藤輝明【阪神】
  3. 栗林良吏【広島カープ】
  4. 伊藤将司【阪神】
  5. 大道温貴【広島カープ】
  6. 中野拓夢【阪神】

シーズンはまだまだ始まったばかりです。

新人選手はこの時期から疲れが見え始めるころでしょうが、ここでひと踏ん張りですね。

合せて読みたい!

2021年プロ野球パ・リーグ新人王争いランキングと候補選手の成績予想!

2021年セ・リーグ新人王アンケート是非投票お願いします!!

2021年セ・リーグ新人王を予想しよう!
  • 選択肢を追加

6 COMMENTS

匿名

神里選手は自打球ではなく死球で骨折です。
細かいようで申し訳ありませんが訂正していただけたらと思います。

返信する
たけぽん

コメント頂き有難うございます。

間違えをご指摘頂き有難うございます!
修正させて頂きます。

返信する
INFINITE

4月26日現在での予想では
阪神近本選手が新人王になると予想します。
このままいくとかつて新人王を取った高山選手の成績を超えての受賞もあると思います。

投手では横浜の大貫選手が新人王の獲得があると思っています。

返信する
たけぽん

いつもコメント有難うございます!

近本の活躍は凄いですよね~
今はどのコースにも対応出来ているので、
これが本物であれば、高山以上の成績は軽く超えてきそうですよね。

大貫も良いですよね~
あのスプリットとツーシームは途中まで軌道が似ているので、
打者にとっては非常に厄介だと思います。

まだまだ始まったばかりですが、今年も新人王争いが今年も楽しみです!

返信する
近本押し

年齢や経験は選考基準になるのでしょうか。甲乙つけがたいとなった時の最後の基準ではないかと思うのですが。単純に今年の活躍を考えると、村上より近本だと思います。将来性は村上のほうが上だと思いますが、将来性を選ぶのではないですから、新人王は近本にするべきです。

返信する
たけぽん

新人王は記者投票なので年齢や経験が選考基準になることはあると思いますが、この記事では全く考慮していません。

単純に成績で比較したみればわかりますが、現時点では村上の方が明らかに上です。

村上は打率こそ低いものの、打撃の主要部門である本塁打と打点で上位なわけです。
対して近本がセ・リーグトップクラスなのは、主要部門ではない盗塁のみですし、
その盗塁も実は成功率がかなり低いんですよね。

近本に新人王を獲得して欲しい気持ちはわかりますが、ひいき目なしに判断すれば
成績的に村上が上なのは野球を知っている方ならだれでも判断出来るはずです。

もちろん、阪神ファンの私としては近本に新人王を獲得して欲しいところですが、
近本が新人王になるには、セ・リーグ新人最多安打記録&盗塁王を獲得して、どうかな?といった感じです。

ただ、新人王は記者投票です。

2017年の投票の際は、10勝を挙げた濵口よりも大山の方が投票が多かったなんていうこともありました。
記者の中にも阪神ファンがけっこう多いみたいです。

なので、近本がセ・リーグ新人最多安打記録&盗塁王を獲得すれば、いい線行くかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です