【ドラフト】牧秀悟(中央大)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】牧秀悟(中央大)の成績・経歴・特徴は?

今回ご紹介するのは中央大学の牧秀悟内野手です。

長打力や走力、守備力がある走攻守揃った選手で、状況に応じたバッティングもできます。

大学3年生夏に日本代表として日米大学野球に出場し、本塁打も打ちました。

今回はそんな2020年ドラフト候補 中央大学・牧秀悟経歴や成績、特徴、スカウト評価をご紹介します。

牧秀悟(中央大)の経歴は?

まずは、牧秀悟の経歴です。

経歴
  • 名前:牧秀悟(まき しゅうご)
  • 出身地:長野県中野市
  • 生年月日:1998年4月21日
  • 身長:178cm
  • 体重:81kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:遊撃手、二塁手
  • 経歴:キングアニマルズ(中野市立中野小学校)→ 若穂シニア(中野市立南宮中学校)→ 松本第一高校 → 中央大学

詳しく見ていきましょう。

牧秀悟は高校1年生春からベンチ入り!

小学生時代から野球をはじめ、キングアニマルズでプレー。

中学生になってからは、硬式野球チームの若穂シニアに所属します。

中学3年生の春に全国大会に出場しました。

中学校卒業後は松本第一高校に進学します。

1年生春からベンチ入りし、1年生春の北信越大会には3番ファーストで出場しました。

1回戦の富山第一高校戦では2安打を打ちましたが、2回戦の春江工・坂井高校(福井)戦ではヒットを打てず、試合も敗れます。

1年生夏の長野県大会では、4回戦の更級農業高校戦で2安打3打点を挙げるなどの活躍で、準々決勝まで進みました。

牧秀悟は甲子園出場なし!

2年生夏の県大会の前に腰痛になってしまいますが、県大会には間に合い、4番センターで出場します。

県大会2回戦の須坂高校戦でノーヒット、試合も敗れました。

2年生秋は県大会ベスト8でしたが、準決勝の松商学園高校戦では、投手としてマウンドに上がり1回を無失点に抑えます。

その時の球速は、140km/h以上出ていたそうです。

3年生春の県大会は3番ショートで出場し、決勝で松商学園高校を破り優勝します。

北信越大会1回戦の美方高校(福井)戦で2安打しますが、試合は敗れました。

3年生夏の県大会は、初戦の小諸商業高校戦で4打数2安打でしたが、試合は敗れ甲子園出場はなりませんでした。

牧秀悟は大学2年生秋に副キャプテンとなる!

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、中央大学(東都大学野球連盟)に進学します。

1年生春のリーグ戦では、12試合中11試合にショートで先発出場しました。

2年生秋には、リーグ戦12試合に出場して、打率.271、7打点、2盗塁の成績で、ショートのベストナインに選ばれます。

また、2年生秋のリーグ戦終了後に、副キャプテンに選ばれました。

因みに、2年生(新3年生)で副キャプテンとなったのは、ただ一人です。

牧秀悟は大学3年生夏に日本代表に選出!

3年生春のリーグ戦は、4番セカンドで13試合に出場し、駒沢大学2回戦でリーグ戦初本塁打を打ちました。

打率.400、2本塁打、14打点、1盗塁と活躍し、首位打者とセカンドのベストナインになります。

リーグ戦終了後は、大学野球日本代表に選ばれ、日米大学野球に出場しました。

本塁打を含む5打点を挙げ、日本代表の勝ち越し(3勝2敗)に貢献します。

また、ショートやセカンドの他、ファーストとしても出場しました。

3年生秋のリーグ戦では、リーグ優勝を決め、明治神宮野球大会での活躍も期待されます。

牧秀悟(中央大)の成績は?

続いて、牧秀悟の成績を見ていきましょう。

成績
  • 国際大会通算(18日米野球):6試合、打率.250、1本塁打、5打点、1三振
  • リーグ戦通算(17春~19秋):71試合、打率.278、3本塁打、45打点、34三振、出塁率.376、8盗塁
  • 2019秋季リーグ:11試合、打率.361、14打点、1本塁打、6三振、出塁率.520、1盗塁

19年秋季リーグ終了時点でのものです。

通算打率は3割を下回っていますが、3年生春は.400、秋は.361と打撃成績を上げてきていますね。

本塁打はそこまで多くありませんが、二塁打が多い傾向にあり、長打率も高いです。

出塁率を見ると四球を選んでの出塁もできており、打率以上の貢献をしています。

また、三塁打を打ったり盗塁を決めているので、足も速そうです。

牧秀悟(中央大)の特徴は?

次に牧秀悟の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

左足を上げてタイミングを取っており、踏み込んだ後は、足を閉じ気味で打っています

また、全身を使ってフルスイングできています

牧秀悟は長打力!

動画の1分35秒過ぎでは、少し低めの球をスタンドに運んでいます。

足は閉じ気味で打ち、全身を使ってフルスイングしており、遠くに飛ばせる長打力がありそうです。

牧秀悟は逆方向にも打てる!

動画の40秒辺りでは、外角の球をセンターよりやや逆方向に(ライト前)に運んでいます。

ボールに対してバットをうまく出せており、どのような球にも対応できそうです。

長打を狙えるだけでなく、状況に応じたバッティングが出来るのも強みです。

牧秀悟の選球眼はまずまず

積極的に振りに行っていますが、ボール球をしっかりと見送ったり、際どい球をファウルで粘る事も出来ています。

リーグ戦でも四死球をしっかり選べているので選球眼はまずまずといったところです。

牧秀悟の守備力も高い

動画の最後の方では、守備について特集しています。

難しくない打球ですが、ゴロに対して正面に入って捕る事が出来ています。

外野に近い大きなフライを捕っており、守備範囲も広そうです。

最後の場面では、捕球してから体の向きを変え、素早く送球することもできています。

牧秀悟は高い身体能力

比較的高い身体能力の持ち主です。

遠投は105mまでできるので、比較的肩は強い方です。

また、動画の15秒あたりでは、アウトになりましたが、一塁到達タイムが4秒30で足の速さもまずまずです。

牧秀悟の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 長打力がある
  • 逆方向にも打てる
  • 選球眼はまずまず
  • 守備範囲が広く肩が強い
  • 高い身体能力

です。

長打力や走力、守備力がある走攻守揃った選手で、状況に応じたバッティングもできます。

高校時代にピッチャーや外野もやっており、複数のポジションも守れるので野球センスもありそうです。

まだ、大学3年生なので、伸びしろもあると思います。

牧秀悟(中央大)のスカウト評価は?

続いて牧秀悟のスカウト評価です。

スカウト評価
  • プロスカウト「右打ちの内野手で、パンチ力のあるバッティングが魅力。攻守でセンスにあふれ、ショートの守備でも落ち着いた動きを披露。伸びしろに期待」

大学1年生春のリーグ戦を視察した時のコメントで、長打力や守備力について評価され、伸びしろに期待しています。

バッティングや守備の能力を考えると、現時点で2020ドラフトで指名される可能性は高く、今後の活躍次第では上位指名もありそうです。

牧秀悟(中央大)のまとめ

以上が、中央大学・牧秀悟経歴や成績、特徴、スカウト評価でした。

長打力や走力、守備力がある走攻守揃った選手で、状況に応じたバッティングもできます。

今後の活躍次第では、2020ドラフトでの上位指名もあると思います。

また、11月に行われる明治神宮野球大会での活躍にも期待です。

今後の動向に注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です