【ドラフト】五十幡亮汰(中央大 )の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは中央大学の五十幡亮汰外野手です。

中学生時代に、陸上の全国大会の短距離走(100m、200m)でサニブラウンに勝って優勝した超俊足選手。

広角に打てるバッティングや広い守備範囲も魅力で、大学野球日本代表候補にも選ばれています

今回はそんな2020年ドラフト候補 中央大学・五十幡亮汰

記事の内容

をご紹介しています。

五十幡亮汰(中央大)の経歴やプロフィール

【ドラフト】五十幡亮汰(中央大 )の成績・経歴・特徴

まずは、五十幡亮汰の経歴です。

経歴
  • 名前:五十幡亮汰(いそばた りょうた)
  • 出身地:埼玉県行田市
  • 生年月日:1998年11月27日
  • 身長:172cm
  • 体重:67kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:行田東フェニックス(行田市立東小学校)→ 東京神宮シニア(行田市立長野中学校)→ 佐野日大高校 → 中央大学

詳しく見ていきましょう。

五十幡亮汰は15歳以下の日本代表に選ばれる!

小学校1年生の時から野球をはじめ、行田東フェニックスに所属します。

当時のポジションは、投手兼遊撃手でした。

小学校6年生の時にヤクルトJr.に選ばれ、プロ野球ジュニアトーナメントに外野手として出場します。

中学生になってからは、硬式野球チームの東京神宮シニアでプレーしました。

ジャイアンツカップに出場し、全国3位となった事もあります。

さらに、3年生冬には、15歳以下の日本代表に選ばれ、アジアチャレンジマッチにも出場しました。

五十幡亮汰は中学生時代に陸上の全国大会でサニブラウンにも勝ち優勝!

一方で、中学校では陸上部に所属し、中学3年生の時には全日本中学陸上選手権に出場します。

100m走と200m走では、サニブラウン・ハキーム選手に勝って優勝しました。

ご存じの方もいると思いますが、サニブラウンは、100m走の日本記録を更新(9秒97)した陸上選手です。

全国大会で優勝したこともあり、高校に進む際には、野球だけでなく陸上の強豪校からも誘いがありました。

しかし、「中学の陸上部も野球のためになればと始めた。野球一本と決めていた」ため、佐野日大高校に進み野球を続けます。

五十幡亮汰は高校3年生の時に苦手な盗塁を克服!

高校1年生からベンチ入りし、1年生夏の栃木県大会では6試合中5試合に出場し、打率.600、2打点でした。

1年生秋の関東大会では、初戦の常総学院高校(茨城)戦では、9番センターで出場し、ヒットを打ちます。

2年生夏の県大会は打率.556、3打点と1年生夏に続く高打率を残しました。

これまで外野手として下位打線を打ってきましたが、2年生秋からは1番を打つようになり、3年生春からは遊撃手としてプレーします。

走力はありますが、当時は「スタートの切り方が上手くいかなかった」ため、盗塁が苦手でした

遊撃手をするようになったのは、「内野守備における打球判断の一歩目と投手のモーションを盗む一歩目が似ている」と思ったからだそうです。

3年生夏の県大会では、打率は1割台と苦しみ、チームも3回戦で敗退しましたが、3試合で3盗塁を決め、苦手を克服しました。

関東大会初戦が最高成績で、甲子園出場はありませんでした。

五十幡亮汰は大学野球日本代表候補に選ばれる!

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、中央大学(東都大学野球連盟)に進学します。

1年生春のリーグ戦から、センターのレギュラーとして11試合に出場しました。

1年生秋はケガをしてしまい出場機会を減らしますが、2年生春には復帰します。

2年生秋には2番を打ち、亜細亜大学戦ではサヨナラ本塁打を打ちました。

さらに、リーグ2位となる打率.342で外野手のベストナインを受賞します。

3年生秋は打率.300、9盗塁の成績で、2度目となる外野手のベストナインを受賞し、リーグ優勝も決めました。

明治神宮野球大会では、初戦の東海大学戦に2番センターで出場、試合は敗れますが、二塁打を含む2安打を打ち、盗塁も決めます。

さらに、大学野球日本代表候補にも選ばれました。

因みに、2020ドラフト候補でもある牧秀悟内野手とは同学年です。

五十幡亮汰(中央大)の成績

続いて、五十幡亮汰の成績を見ていきましょう。

成績
  • 明治神宮野球大会:1試合、打率.500、0本塁打、0打点、0三振、出塁率.600、1盗塁
  • リーグ戦通算:68試合、打率.264、2本塁打、17打点、43三振、出塁率.304、24盗塁
  • 2019春季リーグ:12試合、打率.239、1本塁打、4打点、12三振、出塁率.271、3盗塁
  • 2019秋季リーグ:11試合、打率.300、0本塁打、4打点、5三振、出塁率.364、9盗塁
  • 2020秋季リーグ:6試合、打率.292、0本塁打、0打点、3三振、出塁率.346、4盗塁

リーグ戦の打率は約3割とまずまずです。

これまでのリーグ戦では、春に調子が上がらず、秋に結果を残すという好不調の波があるようです。

そんな中、成績で注目したいのは盗塁数です。

これまでのリーグ戦では2~3盗塁でしたが、2019年秋には9盗塁と飛躍しています。

出塁が多かったのもありますが、それ以上に増えているので、何か掴んだといって良いでしょう。

五十幡亮汰(中央大)の特徴や動画

次に、五十幡亮汰の特徴です。

まずこちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2020候補】五十幡亮汰の打撃シーン&守備シーン&盗塁タイム

足を小刻みに動かしながらタイミングを取っています。

そこまで大きな体格ではないですが、体全体を使って振り抜くことが出来ているようです。

五十幡亮汰は一級品の走力

50m走のタイムも5秒6で走力は超一級品です。

動画での盗塁時の二塁への到達タイムは3.14秒となっており、こちらもプロトップレベル。

ドラフト2019でホークス二位指名を受けた強肩捕手の海野隆司から盗塁を決めていますね。

また、上の動画では三塁到達10.58秒とコメントされています。

動画から計測した限りでは10秒73というタイムでしたが、それでも素晴らしいタイムですね。

五十幡亮汰は守備範囲が広い!

最初の動画の1分54秒過ぎでは守備について取り上げており、右中間を破りそうな打球に追いついています。

レフト寄りの守備位置ですが、打った瞬間に反応し、非常に良い打球判断をしていますね。

また、シートノックのシーンでは矢のような送球を返球しています。

肩もプロトップレベルと言っていいでしょう。

五十幡亮汰は広角に打てる!

動画の10秒あたりを見ると、外角高めの速球に負けずにしっかりショートに打ち返しています。

また、動画の42秒あたりを見ると痛烈な一塁ライナーを放っています。

内角の厳しいボールですが、しっかり対応できていることがわかります。

このように、コースに逆らわないバッティングが出来ており、打撃技術の高さがわかります。

五十幡亮汰の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 一級品の走力
  • 走力を活かした広い守備範囲
  • 大きな体格ではないが体全体を使ったスイングをしている
  • 広角に打てる

です。

走力はプロ一級品と言えるでしょう。

走力は守備は今すぐにでも一軍で使えるレベルでしょうね。

五十幡亮汰(中央大)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、五十幡亮汰のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・吉野スカウト「結果も出たし、楽しみな存在」「(打球を)引っ張れるようになった。守備もいい」
  • 中日・正津英志スカウト「「2人とも欲しい。十分上位(指名)もある」」
  • ヤクルト・小川淳司GM「ミート力が上がってきている。(1位指名の)12人の中に入ってくるだろう。」
  • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「積極的に振れるし、2位以内でしょう」
  • ヤクルト・球団関係者「一番の魅力は足。今まで見た中でトップ。こんなに速い選手は見たことがないというレベル。最近はスラッガー系を指名してきたので、韋駄天系は補強ポイントにも合致する。 (チーム最速の)塩見より速いかもしれない。(元阪神・赤星氏にも)匹敵する。」
  • ホークス・永井編成育成本部長「だいぶ評価を上げたんじゃないか」
  • ホークス・福山龍太郎アマスカウトチーフ「周東と互角くらいの足を持っている」
  • ロッテ・永野プロ・アマスカウト部長「超トップクラス。ウチの和田もここまでは速くない」
  • 日本ハム・大渕スカウト部長「凡打を含め、バッティングの中身がいい」
  • オリックス・永井智浩編成育成本部長「出塁できれば大きな戦力。打撃でアピールできていたし、肩の強さもある。」
  • オリックス・牧田勝吾編成部副部長「1位指名する球団もあるだろう」
  • プロスカウト「50メートル走5秒6の俊足は、高校、社会人を含めアマチュア屈指。走塁技術などを磨けばさらに相手には脅威。元阪神の赤星をほうふつとさせる」

現時点で複数球団からのコメントが出て出ています。

ヤクルトやオリックスからは「一位指名される」というコメントが出ており、非常に高い評価を受けています。

また、ホークスからは周東と互角の足、ロッテからは和田以上、とのコメントが出ており、高い走力を評価していることがわかります。

一級品の走力があるので、2020ドラフトでは上位指名確実でしょう。

打撃面でもある程度結果を残せれば、一位指名も見えてくるでしょうね。

プレミア12でホークスの周東選手の走力が注目されたこともあり、走塁に特化した選手の注目度は上がりそうです。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

五十幡亮汰(中央大)のまとめ

以上が、中央大学・五十幡亮汰経歴や成績、特徴、スカウト評価でした。

一級品の走力が魅力の韋駄天外野手です。

走塁で試合を左右できる選手は、チームに欠かせない存在ですよね。

2020ドラフトでは上位指名確実です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です