【ドラフト】中森俊介(明石商業)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 中森俊介(明石商業)の成績・経歴・特徴は?

今回は2020年のドラフト注目選手についてご紹介します。

今回紹介する投手は、1年生から明石商業のエースを任されている中森俊介です。

甲子園での登板経験もあり、最速149km/hの本格派右腕として期待されています。

今回はそんな2020年ドラフト候補明石商業・中森俊介の経歴、成績や特徴をご紹介します。

中森俊介(明石商業)の経歴は?

まずは経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:中森俊介(なかもり しゅんすけ)
  • 出身地:兵庫県篠山市
  • 生年月日:2002年5月29日
  • 身長:182cm
  • 体重:83kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:篠山東野球少年団(篠山市立福住小学校)→ 三田ボーイズ(篠山市立篠山東中学校)→ 明石商業

詳しく見ていきましょう。

中森俊介は1年生の春から好投を見せる

その恵まれた体格から、中森俊介は入学当時から躍動します。

いきなり春の公式戦でベンチ入りをすると兵庫大会決勝の滝川第二高校戦では先発をして、5回4安打1失点という好投

少し前まで中学生だったとは思えないマウンド度胸と実力を発揮し、兵庫県大会優勝に大きく貢献しました。

中森俊介は甲子園でMax145km/hを記録

中森俊介を一躍全国で有名となったのは2018年の夏の甲子園大会。

背番号17をつけた中森俊介は初戦に途中登板をします。

1年生ながら甲子園で登板する投手も少なくはないです。

しかし、145km/hを記録している選手はなかなか見かけないですよね。

大舞台ということもあり、並のメンタルでは実力を発揮することができませんが、中森俊介の場合は舞台が大きければ大きいほど実力を発揮することができる選手のようです。

中森俊介は夏の甲子園で悔しい思いをする

夏の甲子園では8対8の8回2死1、3塁のピンチで登板をしました。

本人も正直「ここでか」という気持ちがあったようです。

しかし、1年生だとかそんなことを気にせずに、自信のあるストレートで押していこうと決めて、ピンチを切り抜け次の回も0点に抑えます。

そして10回のランナーなしの時に145km/hを記録。

そのまま抑えることができるかと思われましたが2個の四死球を出し、2アウトにするもののヒットを打たれてサヨナラ負けを喫しました。

打たれたヒットはこの1本だけということもあり悔しい思いをしましたが、ここで得られた経験がさらに中森俊介を成長させていきます。

中森俊介はチームを牽引し近畿大会準優勝

新チームとなり中森俊介はエースの座を勝ち取ります。

秋の大会では兵庫大会3回戦の滝川高校戦で18奪三振を記録。

終わってみれば31回1/3に登板し奪った三振は42個という記録を打ち立てました。

1年生ながら完成度の高さが伺えます。

中森俊介は選抜でベスト4!

二年生春の選抜では4試合に登板し、安定した投球で強豪校を打ち破ります。

二回戦の大分戦では自己最速の147km/hを記録。

準決勝戦では東邦に敗戦となり、ベスト4となっています。

中森俊介は三期連続の甲子園出場!

センバツ後から、自分の投球が出来ないということで苦しんでいたようです。

しかし、夏の予選ではしっかり結果を残し、決勝戦では自己最速を更新する149km/hを記録。

1失点の好投で優勝に大きく貢献すると、自身三期連続の甲子園出場を果たしています。

センバツで達成できなかった優勝を勝ち取れるか注目ですね。

ちなみに同級生にはドラフト2020候補の来田涼斗がいます。

中森俊介(明石商業)の成績は?

続いて成績の紹介です。

成績
  • 甲子園:5試合、34投球回、防御率1.85、奪三振率8.47、四死球率4.24
  • 2019夏予選:5試合、防御率2.08、奪三振率12.46、四死球率2.49

甲子園や夏の予選の成績を見ると、防御率2前後となっており、非常に安定した成績です。

特に注目したいのは奪三振の数です。

投球回以上の三振の数を成績を残しており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

甲子園では多かった四死球数も夏の予選では落ち着いてきたい印象です。

奪三振率が上がっていることから、ボール球で空振りが奪えるようになったので、四球数も減っているのでしょう。

成績的にも成長が伺えますね。

中森俊介(明石商業)の特徴は?

続いて特徴の紹介です。

まずは動画をご覧ください。

こちらの動画は秋の県大会で18奪三振を奪った時のまとめ動画となっています。

ワインドアップから腕を縦に振ってスムーズに投球ができており本格派投手であることがよくわかります。

さらに1年生ながら182cm83kgという恵まれた体格も素晴らしいですよね。

ここまで完成している1年生はそう多くないと思います。

この一冬でどのような成長を遂げているのか楽しみです。

中森俊介の魅力はスピンの効いた真っ直ぐ

一年生ながら最速145km/hを投げれるという魅力はありますが、それ以上にストレートの良さが光ります。

打者の反応を見ると、高めを振ってしまったり、低めのボールを見逃すシーンが多いです。

シュート回転が少なく、ノビがある証拠ですね。

縦に近い回転軸でさらにスピン量が多いため、打者の手元でもボールが落ちにくいのでしょう。

すでに力でねじ伏せるだけの実力があるので、今後はさらなる上でどのようなピッチングをしていくことができるのか楽しみです。

中森俊介の変化球

中森俊介はストレートも一級品ですが、多彩な変化球を投げることができます。

現在投げている変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットのようです。

スライダーは打者がボール球に手が出てしまっており、切れ味が良く打者の手元で鋭く曲がっている印象ですね。

右バッターのアウトコースに決められると、なかなか打つことが難しいでしょう。

ただ、ここぞという時にはストレートで押して行っている印象を受けました。

変化球でも三振が取れていますが、やはり自信があるのはストレートのようですね。

中森俊介はまずまずの制球力

動画を見ると制球力はまずまずといった印象です。

ある程度捕手の構えたコースに投げられており、内外角に投げ分ける制球力はありそうです。

ただ、ビシビシコーナーに投げ分けられるというわけではないので、力で押し切っているイメージが強いですね。

また動画内での制球力はまずまずといった印象ですが、成績的には与四球率5前後なので、良い数字とはいえません。

おそらく好不調の差が大きいのでしょう。

こういった好不調の波を少なくすることも今後の活躍のカギとなるでしょうね。

この冬のトレーニングで、さらに球速が上がっていると思います。

そのボールをどれだけコントロールすることができるのか、春の選抜が楽しみですね。

中森俊介は学業も優秀

野球部でエースとして、チームを牽引し部活に多忙な日々を送っていますが中森俊介は学業も優秀なようです。

学年で280人いる中で10番目くらいの成績を残しているようで、テストでの1番低い点数が91点ということでした。

学生の本分は学業です。

部活に重きを置いていると学業がおろそかになってしまいがちですが、中森俊介は模範的な生徒であると言えます。

中森俊介(明石商業)のスカウト評価は?

続いてスカウトからの評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・岸スカウト「伸びしろを感じる。 来年は必ずドラフト候補になる」
  • オリックス・谷口スカウト「(中森について)昨年よりも一回り体も大きくなり、それに比例してボールの強さ、キレも増してきている。 まだまだ伸びしろがあるし、来年ドラフトで上位に入る力は十分あると思う」

すでに2020年ドラフトの上位候補という評価が出ていますね。

2年生でここまで完成度の高い投手はなかなかいません。

春のセンバツを見て、ドラフト候補に上げる球団も多いはずです。

まだ、先の話ですが2020年ドラフトの目玉として今後の成長が楽しみな選手です。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

中森俊介(明石商業)のまとめ

以上が2020年ドラフト候補明石商業・中森俊介の経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

1年生ながら最速145km/hの速球を投げ、変化球も制球力もレベルが高い選手です。

全てにおいてレベルの高い選手であることがわかりますね。

春の選抜も決まっており、どこまで成長しているか気になる選手です。

目標の最速記録に届くのか?

その活躍を楽しみにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です