【ドラフト】平内龍太(亜細亜)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】平内龍太(亜細亜)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は亜細亜大学の平内龍太投手です。

最速156km/hのノビのあるストレートと打者の近くで大きく落ちるフォークなどの変化球が持ち味の本格派。

大学入学後はケガに苦しんだ時期もありましたが、復帰して球速を伸ばしています。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 亜細亜大学・平内龍太

記事の内容

をご紹介しています。

平内龍太(亜細亜)経歴やプロフィール

【ドラフト】平内龍太(亜細亜)の成績・経歴・特徴

まず、平内龍太の経歴です。

経歴
  • 名前:平内龍太(へいない りゅうた)
  • 出身地:兵庫県明石市
  • 生年月日:1998年9月7日
  • 身長 :186cm
  • 体重:94kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:明石市立錦が丘小学校 → 明石市立魚住東中学校 → 神戸国際大附属高校 → 亜細亜大学

詳しく見ていきましょう。

平内龍太の伯父は、元プロ野球選手!

小学校の頃から軟式野球をはじめました

中学校では、軟式野球部に所属します。

父は元高校球児で、母はバレーボール選手でした。

また、2歳上の兄・翔太さんは社高校、関西大学で投手としてプレーしました。

さらに、母方の伯父は、元・ダイエーの投手だった永井智浩さんで、現在はソフトバンクのスカウト育成部長を務めています。

平内龍太は高校3年生冬に投球フォームを修正、春に球速145km/hをマーク!

高校は神戸国際大附属高校に進みます。

1年生秋からベンチ入りし、兵庫県大会で優勝しました。

近畿大会では、1回戦の立命館宇治高校(京都)戦でリリーフとして投げますが、押し出し四球などもあり、2 1/3回を5失点、試合も敗れセンバツ甲子園出場を逃します。

その後、1年生冬に腰痛を発症し、2年生春、夏の大会に出場できませんでした。

2年生秋は、1回戦の須磨学園高校戦でリリーフとして5回を投げて無失点、9個の三振を奪います。

2回戦の、滝川高校戦では、先発として8回を3安打無失点に抑え、7個の三振を奪いました。

2年生冬は、テイクバックをコンパクトにするなど、投球フォームを修正します。

その成果もあり、3年生春の地区予選では、市立神港高校戦で9回を投げて3安打無失点15奪三振、球速145km/hをマークしました。

夏の県大会では、準々決勝の明石商業高校戦に先発し6回まで4安打無失点に抑えますが、7回に5失点し降板、試合も敗れます。

当時から注目されており、大会後はプロ野球志望届を提出しましたが、指名漏れとなりました。

平内龍太は大学4年生夏に球速を156km/hに伸ばす!

高校卒業後は、「ここでもう1回成長しよう」と思い、亜細亜大学(東都大学野球連盟)に進学しますが、大学入学前のキャンプで右太ももを疲労骨折します。

その影響で1年生春のリーグ戦に登板がなく、夏には、投球練習中に左脇腹の肉離れを患いますが、秋のリーグ戦には間に合いました。

1年生秋は、先発2試合を含む5試合に投げ、リリーフとして2/3回を投げた立正大学戦では、球速を151km/hに伸ばします。

中央大学戦では、先発として9回を完投し2失点、12個の三振を奪い、リーグ戦初勝利を挙げました。

2年生以降は、リリーフ登板がメインとなり、2年生秋には6試合、3年生春には8試合に投げます。

3年生秋は、部内規則違反により大学から出場禁止処分を受けましたが、この間に、投げ込みなどのトレーニングや下半身強化に専念し、体重も4kg増やしました

4年生春に右ひじのクリーニング手術を受けますが、夏には明治大学戦とのオープン戦に先発、7球団のスカウトが視察する中で球速を154km/hに伸ばします

4年生秋のリーグ戦では駒澤大学戦でリリーフ登板し156km/hを記録

大学生神宮最速記録としては、現ホークスの甲斐野の158km/h、現巨人の菅野、現ロッテの沢村の157km/hに次いで4位となっています。

なお、2020ドラフト候補の内間拓馬矢野雅哉は同学年です。

平内龍太(亜細亜)の成績

次に、平内龍太の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(17秋~19春、20秋):23試合、54 1/3投球回、防御率2.32、被安打率8.45、奪三振率8.28、四死球率4.14

成績は、2020年9月25日時点でのものです。

ヒットを打たれやすい割には、失点を抑えられています。

ただ、四死球は多めで、四死球を減らせるかが今後の課題となるかもしれません。

奪三振率を見ると、三振を奪う事もできるピッチャーと言って良さそうです。

平内龍太(亜細亜)の特徴や動画

続いて、平内龍太の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

がっしりとした体型で、長身から投げ下ろすフォームです。

左足を三塁方向に大きく上げてタメを作っています。

テイクバックはそこまで大きくないですが大きな腕の振りです。

柔らかく肘を使えています

平内龍太はノビのあるストレート!

【ドラフト2020候補】平内龍太の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ストレートにノビがありバッターが振り遅れています。

球速は常時140km/h台、最速156km/hです。

回転数が2400rpmでMLB平均を超えており、ホップ量が多めのストレートであることがわかります。

その為、ストレートで押していく投球が可能でしょう。

平内龍太は打者の近くで大きく落ちるスプリット!

動画では、スライダー、フォークを投げています。

フォークは回転数が少なく、ジャイロ回転気味なので、落差が大きいタイプです。

球速は140km/h弱で速いので、十分決め球として使えるでしょう。

また、スライダーはあまり投げませんが、ジャイロ回転気味の縦スライダーです。

平内龍太の制球力はまずまず!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げており、内外角や低めにも投げられています。

一方で、甘く入った球を打たれたり、変化球が抜けてデッドボールとなった事もあったので、制球力はまずまずと言ったところでしょう。

平内龍太の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速156km/hのノビのあるストレート
  • 変化球はスプリット、縦スライダー
  • 制球力はまずまず

です。

最速156km/hのノビのあるストレートと打者の近くで大きく落ちるスプリットなどの変化球を投げ分けて抑えます。

平内龍太(亜細亜)のスカウト評価や指名の可能性

次に、平内龍太のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・吉野スカウト「真っすぐで押せるし、スプリットで空振りも取れている」
  • 西武・渡辺GM「初めて見たけど、真っすぐとフォークがいい。佐々木(主浩)タイプかな」
  • ヤクルト・小川GM「短いイニングはわかっているので、先発で見たい」
  • ヤクルト・球団幹部「大型の本格右腕で速球派でもあり、うちにはいないタイプ。アウトコースの制球力もいい」
  • ソフトバンク・宮田アマスカウトチーフ補佐「手術して良かったと思う。力は十分。落差があるいいスプリットもあるし、プロでは抑えタイプ」
  • ソフトバンク・永井スカウト育成部長「怖さなく腕を振れているのはいい。現状の段階で、痛みなく投げられているのかなと。もっと状態が上がることに期待したい」「僕の中では小さい頃で止まっているので、不思議な感じです。プロのスカウトに見てもらえるような選手になるなんて。成長したなと感じますね」「手術明けなので無理しないように、リーグ戦も頑張ってほしい」
  • ロッテ・永野スカウト部長「球持ちが良く、腕が遅れて出てくるという、なかなか見られないフォームから、あれだけの直球を投げる。打ちづらい投手だと思う。それに、スプリットもいい」
  • 巨人・榑松スカウト部次長「身長もあるし、ウイニングショットが素晴らしい。上位は間違いない」
  • 広島・苑田スカウト統括部長「ピッチングの組み立てがうまい。秋のリーグ戦でしっかり見たい」
  • 広島・鞘師スカウト「スライダーもいいし、直球も強い。秋からの成長を感じる」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

ヤクルトからは一位指名の最終候補という報道が出ていたり、巨人からは上位間違えないというコメントが出ています。

怪我明けで156km/hを記録したこともあり、まだまだ球速も伸びそうです。

現時点での実力や伸びしろを考慮すれば、2020ドラフトでの上位指名は確実で一位指名も十分ありそうですね。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

平内龍太(亜細亜)のまとめ!

以上が、亜細亜大学 平内龍太経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速156km/hのノビのあるストレートと打者の近くで大きく落ちるフォークなどの変化球が武器です。

2020ドラフトでの指名される可能性もありそうです。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です