【ドラフト】高田琢登(静岡商)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】高田琢登(静岡商)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は静岡商業高校の高田琢登投手です。

最速148km/hでノビのあるプロ並みのストレートが魅力の本格派左腕。

制球が課題でしたが、高校2年生秋に横浜DeNA・今永昇太投手を参考にしたフォーム改造を行い、今後の活躍が期待されます。

今回はそんな静岡商業高校 高田琢登経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

高田琢登(静岡商)の経歴

まず、高田琢登の経歴です。

経歴
  • 名前 : 高田琢登(たかだ たくと)
  • 出身地 : 静岡県富士宮市
  • 生年月日 : 2002年9月18日
  • 身長 : 177cm
  • 体重 : 72kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:船越リトルグリーンズ(静岡市立清水船越小学校)→ 蒲原シニア(静岡市立清水第二中学校)→静岡商業高校

詳しく見ていきましょう。

高田琢登は中学校3年生夏に日本代表に選出!

小学校入学前に父とキャッチボールをしたのが、野球を始めたきっかけで、当時から左投げでした。

おもちゃを左手で握っていたのを父が見て、「これは左ピッチャーになる」と感じ、左投げをやらせた事によるものです。

小学校4年生からは、船越リトルグリーンズでプレーします。

中学生になってからは、硬式野球チームの蒲原シニアに所属し、中学校3年生の時に球速139km/hをマークしました。

中学校3年生夏には、15歳以下の日本代表に選ばれ、MCYSA全米選手権大会で優勝します。

高校に進学する時に、早稲田実業高校や東海大相模高校などの強豪校から勧いがありましたが、全て断りました。

そして、父の晋松さんが監督をしている静岡商業高校へ進む決断をします。

高田琢登は高校2年生夏に球速146km/hをマーク!

高校1年生夏からベンチ入りし、夏の県大会では2試合に登板し、それぞれ1イニングずつを無失点に抑え、ベスト8まで勝ち進みます。

1年生秋の県大会では、2回戦の知徳高校戦で先発しますが、毎回走者を許し3回を投げて降板、試合も敗れました。

2年生春は、地区大会決勝の常葉橘高校戦にリリーフ登板し、球速を144km/hに伸ばします。

続く県大会2回戦の御殿場西高校戦では9回を投げて1失点(16奪三振)、公式戦では初となる完投勝利を挙げました。

夏の県大会2回戦の知徳高校戦では1失点(10奪三振)完投勝利、この試合で 球速146km/hをマークします。

しかし、4回戦に続く連投となった準々決勝の駿河総合高校戦で6失点し試合も敗れました。

高田琢登は高校2年生秋にフォームを見直す!

2年生秋は、県大会3位で東海大会に進みます。

東海大会1回戦の津商業高校(三重)戦に先発しますが、4回1アウトまで無失点に抑えましたが、一気に10失点し、4回途中で降板しました。

大会後、制球などが課題だったという事もあって、フォームを見直し、右足の使い方などは横浜DeNA・今永昇太投手を参考にします

その成果もあり、11月に行われたオータムフレッシュリーグの早稲田大学戦では、5回を投げて1安打無失点に抑えました。

東海大会1回戦敗退で、センバツ甲子園出場は難しくなりましたが、今後の県大会などでの安定したピッチングに期待です。

高田琢登(静岡商)の成績

次に、高田琢登の成績です。

成績
  • 東海大会通算(19秋):1試合、3 2/3投球回、防御率24.55、被安打率27.00、奪三振率7.36、四死球率2.45
  • 県大会通算(18夏秋、19春夏):5試合、23投球回、防御率0.78、被安打率5.87、奪三振率12.52

成績は2019秋季東海大会終了時点でのものです。

県大会の四死球率は、分かっている範囲では、4試合14投球回で5.79と四死球が多めでした。

東海大会では、四死球の数は少なくなったものの、1イニングに10本のヒットを許し、課題を残します。

ただ、東海大会後に、フォームを改善したので、2020年はどれだけ安定した成績が残せるかに期待です。

一方で、奪三振率を見ると、三振を奪うことが出来るピッチャーのようです。

高田琢登(静岡商)の特徴や動画

続いて、高田琢登の特徴です。

まずはこちらの動画を見ていきましょう。

右足を大きく一塁方向に上げてタメを作り、その後は、腕を大きく振って投げています。

肘を柔らかく使っているようです。

高田琢登はノビのあるストレート!

大学生(早稲田大学)相手ですが、バッターがストレートに振り遅れていたり、空振りをしている場面が見られました。

ストレートは最速148km/hですが、球にノビがあり、球速より早く感じるかもしれません。

次にこちらの動画を見ていきましょう。

回転数はプロ平均に近く、プロ並みのストレートと言って良さそうです。

2年生秋の時点ですが、かなりの高レベルであることがわかります。

高田琢登は多彩な変化球!

変化球は、スライダー、チェンジアップ、スローカーブを投げています。

スライダーは、縦方向の変化が大きく、空振りを奪うのに使えており、決め球にもなりそうです。

チェンジアップは、ストレートと回転軸が近く、途中までストレートと似た軌道で、打者の近くで落ちています。

コースが決まればストライクカウントや空振りを奪えそうです。

スローカーブは、変化量が大きく、ストレートとの緩急を付けた投球をするのに使えます。

回転数や精度をあげると、投球の幅が広がりそうです。

高田琢登の制球力はまずまず!

動画では、概ねキャッチャーの構えたところに投げられており、コースを突いた投球ができています。

その一方で、逆球や高めに浮いた球、明らかなボール球もありました。

四死球が多めという事を考えると、制球力はまずまずといった所です。

高田琢登のクイックは普通!

クイックのタイムは1.4秒前後で普通といった所です。

ただ、ランナーがいない時もセットポジションで投げているので、ランナーがいても球の力を落とさずに投げられています。

高田琢登の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速148km/hでノビのあるプロ並みのストレート
  • 変化球は、スライダー、チェンジアップ、スローカーブ
  • 制球力はまずまず
  • クイックは普通

です。

最速148km/hでノビのあるストレートとカーブなどの変化球を投げ分けて抑える投手と言っていいでしょう。

高校に入ってからも球速が伸びており、2年生秋にフォーム改良を行っていることを考えると、今後も伸びしろがありそうです。

高田琢登(静岡商)のスカウト評価や指名の可能性

次に、高田琢登のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 広島・松本スカウト「来年が楽しみだね」

これは、2年生夏の県大会を視察した時のコメントで、今後の成長に期待している様子です。

また、「来年の高校野球日本代表の左投手候補になる」と話していたスカウトもいるようです。

さらに中日のドラフト一位候補としてリストアップされている報道も出ていました。

貴重な左投手ですし、現時点での実力を見ても、2020ドラフトの上位指名候補と言えるでしょう。

今後の成長次第では一位指名も見えてくるでしょう。

高田琢登(静岡商)のまとめ!

以上が、静岡商業高校 高田琢登経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速148km/hでノビのあるストレートとスライダーなどの変化球が武器の投手です。

現時点でもレベルが高いですし、将来性も十分ありそうなので、2020ドラフトでは上位指名は確実でしょう。

今後、どれだけの投球ができるか、2020年の活躍が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です