【ドラフト】川瀬堅斗(大分商)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】川瀬堅斗(大分商)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は大分商業高校の川瀬堅斗投手です。

力のあるストレートとカーブやチェンジアップなどの変化球が魅力の本格派投手。

また、春のセンバツ甲子園出場も決定しました。

今回はそんな大分商業高校 川瀬堅斗

記事の内容

をご紹介しています。

川瀬堅斗(大分商)経歴やプロフィール


まず、川瀬堅斗の経歴です。

経歴
  • 名前:川瀬堅斗(かわせ けんと)
  • 出身地:大分県大分市
  • 生年月日:2002年6月18日
  • 身長 :182cm
  • 体重: 78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:賀来ヤンキース(大分市立賀来小学校)→ 湯布院ボーイズ(大分市立賀来中学校)→ 大分県立大分商業高校

詳しく見ていきましょう。

川瀬堅斗は小学生の時に全国大会に出場!

小学校の頃から軟式野球をはじめ、賀来ヤンキースでプレーします。

野球をはじめた時は捕手で、5年生の時に全国大会に出場しました。

6年生からは、投手をはじめます。

中学生になってからは、硬式野球チームの湯布院ボーイズに所属し、当時の球速は135km/hでした。

強豪校からの誘いもありましたが、高校は、大分商業高校に進みます。

監督から熱心な誘いがあったのと、5歳上の兄が通っていたのが進学するきっかけでした。

兄の在学時に大分商業高校が決勝で敗れて甲子園を逃したのをスタンドで見ていて、「兄が行けなかった甲子園で自分がプレーしたい」と思うようになります。

因みに、兄は福岡ソフトバンクの川瀬晃内野手です。

川瀬堅斗は腰の疲労骨折から復帰後、球速を147km/hに伸ばす!

高校では、1年生夏からベンチ入りしました。

夏の県大会では、3回戦の明豊高校戦ではリリーフとして投げますが、1 2/3回を8失点、試合も敗れます。

この試合で、濱田太貴(現・東京ヤクルト外野手)から空振り三振を奪った時に141km/hをマークしました。

1年生秋はエースとなりますが、直後に腰を疲労骨折してしまい、手術も受けます。

手術後は、体幹を重点的に鍛えました

その成果もあり、2年生6月に復帰し、練習試合で球速を147km/hに更新します。

夏の県大会では、3回戦の日本文理大付属高校戦で完封するなど6試合中5試合に登板しました。

しかし、リリーフ登板した決勝の藤蔭高校戦で4失点し、試合も敗れ甲子園出場を逃します。

川瀬堅斗は2年生秋からキャプテンに、秋の九州大会で3試合連続完投!

高校2年生秋からはキャプテンとなりました。

2年生秋は、県大会で準優勝し、九州大会では、1回戦の大崎高校(長崎)戦(延長10回)、準々決勝の福岡第一高校戦、準決勝の鹿児島城西高校戦と3試合連続で完投します。

試合内容によっては、ベスト4になってもセンバツ甲子園出場できない可能性もあったため、準決勝の登板は自ら申し出たそうです。

決勝の明豊高校戦では、登板せず野手(4番ファースト)での出場にとどまり、試合も敗れます。

しかし、2020センバツ甲子園の出場が決定し、甲子園の活躍にも期待です。

なお、高校の4学年上には、明治大学から広島に指名された森下暢仁投手がいます。

森下が母校に来た時には、投球フォームや変化球などを教わり、普段もLINEでアドバイスをもらっているそうです。

川瀬堅斗(大分商)の成績

次に、川瀬堅斗の成績です。

成績
  • 地方大会通算(九州:19秋、県:18夏19夏):9試合、58 1/3投球回、防御率4.32、被安打率11.57
  • 2019通算(九州:19秋、県:19夏)、8試合、56 2/3投球回、防御率3.18、被安打率10.64、奪三振率8.26、四死球率2.86

成績は、2019年終了時点のものです。

対戦相手などによっては、ヒットを打たれやすくなっています。

ただ、2019年に限ってみると防御率が改善されており、要所で抑えているようです。

四死球がそこまで多くないからかもしれません。

また、イニング数近くの三振を奪う事が出来ており、三振も奪えるピッチャーと言って良さそうです。

川瀬堅斗(大分商)の特徴や動画

続いて、川瀬堅斗の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

左足を大きく上げてタメを作っています。

その後は、右足に体重移動をおこなっており、テイクバックは小さいようです。

腕の振りが大きく、肘を柔らかく使えています

川瀬堅斗は力のあるストレート!

バッターが振り遅れており、空振りも奪えています。

腕を大きく振れているので、球に力がありそうです。

ストレートの球速は最速147km/h、常時130km/h後半以上ですが、球速以上に速く感じるかもしれません。

また、ストレートの質も良さそうです。

川瀬堅斗は緩く曲がるカーブと大きく落ちるチェンジアップ!

動画では、カーブやチェンジアップを投げています。

カーブは、緩く変化し、縦方向に大きく曲がり、ストライクカウントを取るのに使えるボールです。

チェンジアップは、大きく落ちており、コースが決まれば空振りを奪えるかもしれません。

それ以外には、縦方向のスライダーも投げます。

川瀬堅斗の制球力はまずまず!

動画を見ると、キャッチャーの構えた所にコントロールされており、内外角に投げ分ける事もできており、制球力はまずまずのようです。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球になる事もあったので、今後は、より細かなコントロールが求められそうです。

川瀬堅斗の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 力のある最速147km/hのストレート
  • 変化球は、カーブ、チェンジアップ、縦スライダー
  • 制球力はまずまず

です。

最速147km/hの力のあるストレートとカーブ、チェンジアップなどの変化球を投げ分けて抑える事ができ、本格派投手といっていいでしょう。

まだ、腰を疲労骨折し、体感を鍛えてからそこまで経っていない事もあり、伸びしろもありそうです。

川瀬堅斗(大分商)のスカウト評価や指名の可能性

次に、川瀬堅斗のスカウト評価です。

残念ながら、スカウトの寄せたコメントはありません。

これまで、全国大会の出場がなく知名度が低いのかもしれませんが、センバツ甲子園で活躍すれば、注目を集めそうです。

将来性を考えて、2020ドラフトで指名する球団はあると思います。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

川瀬堅斗(大分商)のまとめ!

以上が、大分商業高校 川瀬堅斗経歴、成績や特徴でした。

力のあるストレートとカーブやチェンジアップなどの変化球が魅力です。

2020ドラフトでの指名もあると思います。

まずは、2020センバツ甲子園での活躍に期待です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です