【ドラフト】中山礼都(中京大中京 )の成績・経歴・特徴

【ドラフト】中山礼都(中京大中京 )の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは中京大中京高校の中山礼都内野手です。

体全体を使ったスイングが魅力で、走攻守揃った選手。

2020センバツ甲子園の出場もほぼ決まっています。

今回はそんな2020年ドラフト候補 中京大中京高校・中山礼都経歴や成績、特徴、スカウト評価をご紹介します。

中山礼都(中京大中京)の経歴やプロフィール

中山礼都(中京大中京 )の送球

まずは、中山礼都の経歴です。

プロフィール
  • 名前:中山礼都(なかやま らいと)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 生年月日:2002年度
  • 身長:180cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:遊撃手
  • 経歴:名古屋市立高蔵小学校 → 東海ボーイズ(名古屋市立沢上中学校)→ 中京大中京高校

詳しく見ていきましょう。

中山礼都は中学校時代に中日本大会で優勝!

小学校2年生の時から軟式野球をはじめました

中学校になってからは、東海ボーイズでプレーします。

読売杯中日本大会で優勝した事もありました。

中山礼都は2年生夏の県大会で2試合連続本塁打!

高校は中京大中京高校に進みます。

1年生夏からベンチ入りし、秋からはレギュラーとなりました。

1年生秋の県大会では、試合には敗れますが、決勝の東邦高校戦で本塁打を打ちます。

東海大会には、6番サードで出場しました。

初戦の静岡高校戦で2本の二塁打を打ち、3打点を挙げますが、準決勝で前佑囲斗擁する津田学園高校(三重)に敗れました。

2年生夏の県大会には、3番ショートで出場、5回戦の国府高校戦では先制のタイムリー3塁打を打ち、準々決勝の愛知産業大三河高校では本塁打を打ちます。

準決勝の誉高校戦では試合に敗れますが、2試合連続の本塁打と二塁打を打ちました。

なお、夏の県大会の打率は.667です。

中山礼都は2年生秋に明治神宮野球大会出場!

2年生秋は県大会で優勝し、東海大会に出場しますが、県大会での打率は.333で、夏に比べると調子を落としました。

そういうこともあり、好調だった2年生夏の愛知大会の映像を見直し、バットのグリップの位置を矯正したそうです。

準々決勝(初戦)の津商業高校(三重)戦で2安打3打点、「矯正してからは、いい感じで打てている。勢いをつかめた」と手ごたえを感じます。

準々決勝の藤枝明誠高校(静岡)戦では2本の二塁打を含む3安打6打点、決勝の県立岐阜商業高校戦でもタイムリーヒットを打ち、東海大会で優勝しました。

出場した明治神宮野球大会では、2回戦(初戦)の明徳義塾高校(高知)戦では、ヒットはありませんでしたが、四球を選び盗塁も決めます。

決勝の健大高崎高校(群馬)戦では、タイムリー三塁打を含む2安打を打ち、試合も勝ち、優勝を決めました。

2019年秋の時点での高校通算本塁打は15本で、どこまで伸ばせるかも注目です。

また、2020センバツ甲子園の出場もほぼ確定で、センバツ甲子園での活躍にも期待がかかります。

なお、2020ドラフト候補の高橋宏斗投手、印出太一捕手とは、同学年です。

中山礼都(中京大中京)の成績

続いて、中山礼都の成績を見ていきましょう。

成績
  • 明治神宮野球大会(19):3試合、打率.200、1三塁打、2打点、0三振、出塁率.308、1盗塁
  • 地方大会通算(東海大会:18秋、19秋、県大会:19夏):11試合、打率.528、6二塁打、1三塁打、2本塁打、22打点、0三振、出塁率.595、4盗塁

成績は2年生秋の明治神宮野球大会終了時までのものです。

明治神宮野球大会での打率は低かったですが、地方大会で高い打率を残しています。

一方で、ヒットが打てないときでも、四球を選んで出塁する事ができており、打率以上の貢献ができそうです。

さらに、分かっている範囲での三振数は0と、三振を少なくできています。

また、二塁打や本塁打などの長打を打っており、長打も打てるバッターのようです。

そして、盗塁を決めており、足も速いと言っていいでしょう。

中山礼都(中京大中京)の特徴や動画

次に、中山礼都の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

足を少し曲げてノーステップで打ちに行っています。

大谷翔平に近い印象です。

その後は、体全体の体重移動を使って最後まで振り抜いていて、鋭いスイングです。

中山礼都は広角に長打が打てる!

動画の1分前後では、内角高めの厳しい速球にうまく反応しています。

こういった対応を見ると、内角が得意であることがわかります。

また、外角のコースは逆方向へしっかり打ち返しており、コースに逆らわない打撃が出来ていますね。

次にこちらの動画を見ていきましょう

こちらの動画でも広角に打つことができています

タイプの違う投手からヒットを打っており、ボールに対してバットが自然に出ているので、どのような球にも対応できそうです。

どのような球にも対応できるので、三振を少なくできるのでしょう。

本塁打を狙うだけでなく、逆方向にヒットを打つなど状況に応じたバッティングができるのも武器となりますね。

中山礼都は高い選球眼!

冒頭の動画を見るとしっかりボール球を見極めています。

甘い球はしっかり振りに行けており、選球眼は高いと言えるでしょう。

空振りもほとんどないので、コンタクト能力も非常に高いことがわかります。

成績の項で紹介したように、三振が少ないものわかりますね。

中山礼都の走力は高め!

動画の3分15秒過ぎでは、ショートゴロを打っていますが、1塁到達タイムは4秒2程度です。

逆方向に打ってこのタイムはまずまずと言えるでしょう。

2分20秒過ぎでは三塁打を放ち、三塁到達タイムは11秒62です。

最初と最後で若干抜き気味ということを考えると11秒前後で走れそうですので、すでにプロトップレベルのタイムです。

50m走のタイムも6秒1で走力は高めと言っていいでしょう。

中山礼都は軽快な守備!

冒頭の動画の3分25秒からは守備シーンが出ています。

3分50秒からの2つの打球処理は要注目です。

中途半端な打球ですが、柔らかいグラブさばきで捕球し、素早い送球でアウトにしていますね。

特に2つ目の打球はバウンドが中途半端なのでバランスを崩しがちですが、しっかり態勢を整え、正確な送球が出来ています。

こういった動作から高い身体能力を伺えますね。

中山礼都の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • フルスイングで広角に長打を打てる
  • 高い選球眼
  • 走力は高め
  • 軽快な守備

です。

体全体を使ったスイングが魅力な他に、広角に打つこともできます。

その一方で、走力があり、軽快な守備ができるので、走攻守揃った選手と言っていいでしょう。

高校2年生という事もあり、伸びしろもまだありそうです。

中山礼都(中京大中京)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、中山礼都のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 中日・中原スカウト「(4選手について)このセンターラインは凄いです」

これは、高校2年生秋の県大会を視察した時のコメントです。

中山礼都、高橋宏斗、印出太一の他に西村友哉外野手も含めた4選手について評価しています。

秋の東海大会を中日の別のスカウトが視察したという情報もあり、今後も視察の機会が増えそうです。

走攻守揃った選手で、2020ドラフトで指名される可能性は高く、活躍次第で上位指名もあると思います。

中山礼都(中京大中京)のまとめ

以上が、中京大中京高校・中山礼都経歴や成績、特徴、スカウト評価でした。

体全体を使ったスイングが魅力で、広角に長打が打る走攻守揃った選手です。

2020ドラフトで指名される可能性も高いと思います。

また、センバツ甲子園の出場はほぼ確定なので、センバツ甲子園での活躍も期待です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です