【ドラフト】佐藤輝明(近大)の成績・経歴・特徴

ドラフト2020候補 佐藤輝明(近大)の成績・経歴・特徴は?

今回、紹介する選手は近畿大学の佐藤輝明外野手です。

ドラフト2020候補の注目選手で、恵まれた体格から繰り出すパワーと高い身体能力は阪神の糸井嘉男を彷彿とさせます。

今回はそんな近畿大学 佐藤輝明

記事の内容

をご紹介しています。

佐藤輝明(近畿大)の経歴やプロフィール

佐藤輝明の経歴です。

経歴
  • 名前:佐藤輝明(さとう てるあき)
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 生年月日:1999年3月13日
  • 身長 : 186cm
  • 体重 : 92kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:三塁手、外野手
  • 経歴: 甲東ブルーサンダース(西宮市立甲東小学校)→ 西宮市立甲陵中学校 → 仁川学院高校 → 近畿大学

詳しく見ていきましょう。

佐藤輝明はプロ野球ジュニアトーナメントに出場!

小学校1年生の時から野球を初め、甲東ブルーサンダースでプレー。

小学校6年生の時に、阪神タイガースJr.に選ばれ、プロ野球ジュニアトーナメントに出場します。

西宮市立甲陵中学校では軟式野球部に所属。

高校は、地元の仁川(にかわ)学院高校に進みます。

佐藤輝明は甲子園出場経験なし

高校2年生夏の兵庫県大会では、4番レフトで出場し、3回戦の村野工業高校戦では、5打数5安打2打点の活躍。

しかし、次の4回戦・尼崎工業高校戦ではノーヒットで試合も敗れます。

3年生夏の兵庫県大会には、4番サードで出場。

1回戦の明石清水高校戦で2安打を打ちますが、試合は敗れ甲子園に出場する事なく高校野球生活を終えました

佐藤輝明は大学2年生の夏に国際大会に出場!

近畿大学(関西学生野球連盟)へと進み、1年生の時からベンチ入り。

1年生春のリーグ戦では主にレフトを守り、規定打席にも到達、リーグ優勝します。

全日本大学野球選手権1回戦の 岡山商科大学戦には5番DHで出場しますが、ヒットを打てず試合も敗れます。

1年生秋のリーグ戦では、リーグの最多本塁打、最多打点でした。

2年生春は、打率.333、2本塁打、12打点(本塁打、打点はリーグ最多)を挙げ、外野手のベストナインに選出。

2年生の夏は大学野球日本代表に選ばれ、日米大学野球、ハーレム国際野球大会に出場します。

スタメンでの出場は12試合中3試合にとどまりましたが、日米野球第4戦でタイムリーツーベースを打ちます。

佐藤輝明は2度の全国大会出場!

2年生秋のリーグ戦では、打率.354、3本塁打(リーグ最多)をマーク、MVPと三塁手のベストナインにも選出。

リーグ優勝し、関西地区予選を勝ち上がり、明治神宮野球大会に出場、2度目の全国大会出場を果たします。

神宮大会初戦の筑波大学戦では先制ホームランを打ちました。

その後の試合は、ヒットを一本ずつ打ちますが準決勝で環太平洋大学戦に敗れます。

現時点で大学時代に獲得しているタイトルは下記になります。

  • 1年生秋:最多本塁打、最多打点
  • 2年生春:最多本塁打、最多打点、ベストナイン(外野手)
  • 2年生秋:最多本塁打、MVP、ベストナイン(三塁手)
  • 3年生春:ベストナイン(三塁)

なお、チームメイトには一学年上に2019ドラフトオリックス三位の村西良太がいました。

佐藤輝明(近畿大)の成績

佐藤輝明の成績です。

成績
  • リーグ戦通算:71試合、打率.292、11本塁打、58打点、24四死球、54三振、出塁率.368、5盗塁
  • 全国大会通算成績:4試合、打率.214、1本塁打、1打点、1四死球、4三振、出塁率.267
  • 2019年春季リーグ:12試合、打率.333、2本塁打、12打点、8四死球、9三振、出塁率.440、1盗塁
  • 2019年秋季リーグ:13試合、打率.188、2本塁打、9打点、5四球、9三振、出塁率.264、2盗塁

一年生時には三振が非常に多く、四球も少ない状況でした。

しかし、二年生あたりから三振が減り四球が多くなっています。

特に2019年の春季リーグでは打率より1割以上高い出塁率となっていますね。

こういった成績を見ると、年々成長していることがわかります。

ただ、気になるのは2019年秋季リーグで成績を落としている点です。

報道によると怪我の影響ということです。

リーグ戦後の大学・社会人野球大会ではホームランを放つなどの活躍を見せており、怪我の影響は問題なさそうです。

4年生春季リーグでは問題ないことをアピールしたいですね。

佐藤輝明(近畿大)の特徴や動画

佐藤輝明の特徴です。

まずは、こちらの明治神宮野球大会(筑波大学戦)の動画を見ていきましょう。

恵まれた体型ですね。

右足を少し上げてタイミングを取ってから、右足を踏み込んだ時に一気に体重移動しています。

佐藤輝明は逆方向に長打を打てる!

大きな弧を描くスイングで、ホームランを打っています。

振り切っているので、遠くに飛ばせるのでしょう。

外角高めの球でしたが、コース的にはボール気味です。

しかし、そのボールを逆方向に放り込んでいますね。

素晴らしいパワーです!

佐藤輝明は低めに強い!

次に、こちらのリーグ戦の動画を見てみましょう。

【H30年度秋季リーグ戦】近大・佐藤(2・仁川学院)

動画では、1打席目は外角の球、2打席目は低めの変化球、3打席目は内角高めの球をそれぞれヒットにしています。

前を広く使えるタイプで、崩されながらも変化球に対応で来ています。

こういった打撃が出来ると、率は残せるでしょうね。

また、三打席目の内角高めのボール球ですが、手を出してしまって詰まっていますね。

一見、内角が苦手と思われるかもしれませんが、苦手であれば手が出ないコースです。

ここまで難しいボールに反応出来るという事は、内角が得意な証拠でしょう。

佐藤輝明の選球眼は高め

2018年の大学日本代表の選考合宿の動画を見てみましょう。

2018/6/24 佐藤輝明 (近畿大学) 2年生 大学日本代表選考合宿 2打席2四球

2打席ともフォアボールを選んでいます。

ボールとなる球を空振りしている場面もありましたが、ボール球を見送っていて選球眼はやや高めでしょう。

また、ストライクゾーンギリギリの球はファウルで粘っています

佐藤輝明の守備はまずまず

こちらの阪神タイガースとの練習試合の動画を見てみましょう。

2019/03/07 阪神タイガース対近畿大学@鳴尾浜 練習試合 3回裏 4回裏

動画の1分15秒辺りで三塁の守備をしています。

正面の打球ですが難なくさばき、一塁へノーバウンドで投げています

外野もやっていることもありますが、遠投は100mまででき、肩は強いです。

守備の動きはまずまずで50m走は6秒0と足も速いので、外野も守れるでしょう。

佐藤輝明の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 逆方向に長打を打てる
  • 変化球や内角の球にも対応できる
  • 選球眼はやや高め
  • 守備の動きはまずまず
  • 肩が強く、足も速い

です。

逆方向に長打が打てる打撃が魅力で、三塁も外野手も守れる選手です。

2020年の更なる活躍に期待しましょう。

佐藤輝明(近畿大)のスカウト評価や指名の可能性

佐藤輝明のスカウト評価です。

  • 巨人・長谷川スカウト部長「(ソフトバンクの)柳田が大学生の時よりもパワーはあるかもしれない。どっちかと言えば、柳田は引っ張り専門だったけど、彼の方が広角に長打が打てる。 (ドラフト)1位だろう。12人に入ってくるでしょう。大きい(187センチ、93キロ)割にバタバタしていないし、スイングもいい。」
  • 巨人・渡辺スカウト「プロのような打球。社会人を含めてもパワーは抜けている」
  • 阪神・畑山統括スカウト「大学(近大)時代の糸井と双璧。負けないぐらいの飛距離がある」「昔と違って今の広い球場での柵越えはすごいこと。 打つだけの選手じゃない。サードのハンドリングは見栄えがするしダイナミック。さらにファーストも外野も可能な選手ですからね。 野球への取り組み方もいいし、楽しみな素材です。」「飛ばす力もあるし、プレーもダイナミック。見ていてワクワクするような選手」
  • 阪神・渡辺スカウト「今でも関西ではトップクラス。スケールが大きい。(来年の12球団の上位候補になるかと問われ)そうなりますかね」「外野が守れるし、左の大砲候補として楽しみ。これだけ体があってバットが振れる選手は、上位候補の対象になるでしょう」「甲子園は浜風があるけど、反対方向にもしっかりと打球を飛ばせるので問題はない。全国的にも長距離打者は少ないし、いろんなポジションも守れる」
  • 阪神・球団関係者「順調なら1位で競合する可能性がある。飛距離はプロに入ってもトップレベル」
  • 広島・鞘師スカウト「来年は(1位で)競合するかもしれない」「もちろん1位候補。1位じゃないととれません。体があって大きいのを打てる。三塁に加えて外野も守れる。あとは会社がどう判断するかだけですね」「1位じゃないと、とれない。試合を見られて、さらにいいところを見つけたら、もっと強く推すんだけど」
  • 中日・中田アマスカウトアドバイザー「素材がピカイチ。パワー、振りの強烈さはプロに入ってもヒケをとらない。サードと外野ができたら1位クラスでしょう」
  • 中日・山本将道アマスカウトチーフ補佐「大砲はどこも必要」
  • ヤクルト・阿部健太スカウト「振れる、飛ばせるというのが彼の魅力。なかなかいないタイプ」「1年の時から大型で長打力が売り。ウチでいうと村上みたいな選手です。 佐藤くんは三塁だけじゃなく外野も守れる。上位候補だと思う。」
  • ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク「スラッガーとしては(力が)抜けている」
  • 日本ハム・大渕隆スカウト部長「間違いなくドラフト1位で指名される選手になるでしょう」
  • オリックス・球団関係者「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」
  • 某球団スカウト「近年の左打ちスラッガーで言えばタイプ的には清宮(日本ハム)より安田(ロッテ)に近い。佐藤君は安田よりもパワーがあり、スピードが加わる。1位候補」

一方で、2018年以前に寄せられたコメントもあります。

  • 西武・渡辺SD兼編成部長(18年6月の日本代表選考合宿)「しっかり打ったね。(代表入りへの)アピール弾だね」
  • 阪神・畑山チーフスカウト(18年春季リーグ戦)「飛ばす力は大学トップレベル。飛距離は大学時代の(近大OB)糸井、林威助にも負けない」「スローイングがいい。外野もできる」
  • プロスカウト(17年12月、恐らく日本代表選考合宿)「逆方向の打球が、柳田悠岐(ソフトバンク)のよう」

打撃や体格に関する評価の他に、守備に関するコメントもありました。

また、「一位候補」、「競合する可能性がある」といったコメントも出ています。

さらに中日がドラフト一位候補としてリストアップしたという報道も出ています。

長打が魅力の左バッターで、複数ポジション(三塁と外野)を守れるので、獲得を考えている球団は多そうです。

現時点で一位指名は確実といえるでしょう。

複数球団の競合の可能性も高そうです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

佐藤輝明(近畿大)のまとめ!

以上が、近畿大学 佐藤輝明経歴、成績や特徴でした。

恵まれた体格で、柳田や糸井を彷彿とさせる、身体能力抜群のスラッガーです。

すでにスカウト評価は高く、複数球団競合の可能性も示唆しているスカウトもいるほどです。

現時点でも能力が高いですが、ドラフトに向けてどれだけ成長できるか楽しみですね。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です