【ドラフト】栄枝裕貴(立命館)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】栄枝裕貴(立命館)の成績・経歴・特徴

今回、紹介するのは立命館大学の栄枝裕貴捕手です。

肩の強さ、逆方向にも打てるバッティングや足の速さが武器の捕手で走攻守揃っています。

大学3年生までは控えでの出場が中心でしたが、3年生冬には大学野球日本代表候補に選ばれました。

今回は、そんな立命館 栄枝裕貴

記事の内容

をご紹介しています。

栄枝裕貴(立命館)の経歴やプロフィール

まず、栄枝裕貴の経歴です。

経歴
  • 名前:栄枝裕貴(さかえだ ゆうき)
  • 出身地:高知県高知市
  • 生年月日:1998年5月16日
  • 身長 :179cm
  • 体重:79kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:高知市立朝倉小学校 → 高知中学校 → 高知高校 → 立命館大学

詳しく見ていきましょう。

栄枝裕貴は中学3年生春に全国大会優勝!

小学生の頃から軟式野球をはじめます

中学生になってからは軟式野球部に入りました。

中学3年生春の時に全国大会で優勝します。

3年生秋は、高知県選抜に選ばれ、Kボール全国大会で準優勝しました。

栄枝裕貴は高校3年生春の四国大会で優勝!

高校は高知高校に進みます。

1年生秋から公式戦にベンチ入りしました。

1年生県大会では3番キャッチャーとして出場して準優勝、四国大会ではベスト4になります。

2年生夏の県大会では4番を打ち、決勝の明徳義塾高校戦で敗れますが打率は.444でした。

3年生春は、県大会で優勝し、四国大会でも優勝します。

しかし、3年生夏の県大会では、中村高校に敗れてベスト8、甲子園出場はなりませんでした。

栄枝裕貴は高校3年生秋に大学野球日本代表候補に選ばれる!

高校卒業後は、立命館大学(関西学生野球連盟)に進学します。

1年生秋から、代打などでリーグ戦に出場しました。

2年生春のリーグ戦では、1試合に5番キャッチャーとして先発出場します。

3年生春の関西大学3回戦では、1点リードされた場面で代打で出場、2020ドラフト候補の高野脩汰から逆転タイムリー三塁打を打ちました。

立命館大学の後藤昇監督は「途中から出た選手が仕事をしてくれた。栄枝はレギュラーでもおかしくないだけの選手」と話しています。

リーグ優勝し、全日本大学野球選手権では1回戦の東海大学戦には5番DHで出場し、2020ドラフト候補の山崎伊織からヒットを打ちますが、3三振、試合も敗れました。

3年生秋は、大学野球日本代表候補に選ばれます。

4年生春のオープン戦では、龍谷大学戦では2球団のスカウトが視察する中で、本塁打を打ち、盗塁を刺しました。

なお、一学年上には現横浜の坂本裕哉、同級生には2020ドラフト候補の有村大誠がいます。

栄枝裕貴(立命館)の成績

次に、栄枝裕貴の成績です。

成績
  • 全国大会通算(19全日本):1試合、打率.250、3三振、出塁率.250
  • リーグ戦通算(17秋~19秋):33試合、打率.400、3二塁打、1三塁打、9打点、出塁率.442、11三振、1盗塁

成績は、2019年までのものです。

全国大会でヒットを打ちましたが、3三振しており、打率が低くなっています。

リーグ戦では、出場試合数や打席数(40打席)は少ないですが、高い打率でした。

四死球による出塁もできており、打率以上に高い出塁率を残せています。

ただ、リーグ戦でも四死球数(3)より多い三振数でした。

一方で、二塁打や三塁打などの長打を打ち、4年生春のオープン戦では本塁打を打っているので長打を打てます

一方で、盗塁も決めているので、足も速そうです。

栄枝裕貴(立命館)の特徴や動画

栄枝裕貴の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

【プロレベル】セカンド送球1.7秒!盗塁阻止率100%の大学生捕手が無敵すぎる。

送球シーンを見ると肩が強そうですね。

遠投は110mまでできます

栄枝裕貴は、プロトップレベルに迫る肩の強さ!

最初の動画の1分50秒辺りからは、二塁への送球タイムを計測しています。

捕球してからの送球が速く、低い位置へスローイングされていました。

本人は、高い位置からのタッチにかかる時間と捕球してからの動作を比較した上で、捕球してからの動作よりも低い位置への送球を心がけています。

送球タイムは1.8秒前後とプロトップレベルの1.7秒に迫るタイムでしたが、肩が強いだけでなく低い位置へ送球できているため早く送球できるのでしょう。

栄枝裕貴は、逆方向に打てる!

次に、こちらの動画を見ていきましょう。

左足を上げてタイミングを取っており、体重移動を使ったスイングをしています。

動画の15秒過ぎでは、外角寄りの球を逆らわずに対応し、ライト方向に打っていました。

動画の最初では、少し高めの球を犠牲フライにしていました。

状況に応じたバッティングができ、どんな球にも対応できそうです。

栄枝裕貴は、足も速い!

こちらは大学野球日本代表候補選手の50m走のタイムです。

野手の日本代表候補だけでも30人近くいる中でベスト10に入っており、足も速いといっていいでしょう。

栄枝裕貴の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • プロトップレベルに迫る肩の強さ
  • 逆方向にも打てるバッティング
  • 足が速い

です。

肩の強さ、逆方向にも打てるバッティングや足の速さが魅力で、走攻守揃った選手と言っていいでしょう。

栄枝裕貴(立命館)のスカウト評価や指名の可能性

栄枝裕貴のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・熊野スカウト「大型捕手で肩も強いし打てる子。僕の中では上位候補と思っている」「あれだけ肩が強い子はいない。余裕がある感じがする。(プロでも)十分いけると思う」「肩が強くて打てる大型捕手はそういない。ずっとマークしています。上位候補の見方をしていますよ。3年後に出てくる選手を、探しておかないと」
  • 広島・鞘師スカウト「春先に見た限りでは、良くなっていました」
  • 在阪スカウト「炭谷(巨人)のようなタイプ」と評価される」

肩の強さや打撃を評価しており、継続して視察しています。

走攻守揃った選手という事もあり、捕手を必要としている球団などから2020ドラフトで指名される可能性もありそうです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

栄枝裕貴(立命館)のまとめ!

以上が、立命館 栄枝裕貴経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

肩の強さ、逆方向にも打てるバッティングや足の速さが魅力の捕手で走攻守揃っています。

2020ドラフトで指名される可能性もありそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です