【ドラフト】古川裕大(上武大学)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 古川裕大(上武大学)の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は上武大学の古川裕大です。

2019年の侍ジャパン大学代表に選ばれたキャッチャーで強肩強打の捕手です。

今回はそんなドラフト2020候補 上武大学・古川祐大の経歴・成績・特徴・スカウト評価をご紹介します。

古川裕大(上武大学)の経歴は?

古川裕大の経歴です。

経歴
  • 名前:古川裕大(ふるかわ ゆうだい)
  • 出身地:福岡県八女市
  • 生年月日:1998年6月19日
  • 身長:182cm
  • 体重:86kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:久留米ボーイズ(八女市立福島中学校)→ 久留米商業高校 → 上武大学

詳しく見ていきましょう。

古川裕大は中学時代に日本代表選手を経験

古川裕大は八女市立福島中学校時代に硬式野球チームである久留米ボーイズに入団。

捕手として活躍をし、3年生の頃には中学軟式野球の全国大会となるジャイアンツカップにも出場しています。

そこでの活躍が認められ、U-15の日本代表選手に選出されています。

中学生の時からその野球センスを遺憾なく発揮し注目を集めていたようです。

古川裕大は高校では甲子園出場ならず

中学卒業後は古豪である久留米商業高校に進学。

1年生の秋から正捕手の座を掴みとると、1試合に2本の本塁打を放つなど県大会ベスト8に大きく貢献しました。

ただ、高校生の最高成績はこの県大会ベスト8で残念ながら甲子園出場とはなりませんでした。

そこでプロ志望は出さずに上武大学に進学を決めます。

古川裕大は大学3年生の時に打点&本塁打の2冠達成

上武大学に進学すると1年春からベンチ入り。

2年の春にはその打力が買われて指名打者として主軸を担い、本塁打2本に打点13と好成績を残しベストナインにも選出されています。

そして3年生から正捕手となると春のリーグで打率.415、本塁打5本、打点13を叩き出し打点王と本塁打王の2冠を達成。

1リーグで5本のホームランはかなりすごいですよね。

正捕手という守備のプレッシャーもある中での打撃成績なため、かなりレベルの高い選手だということがわかります

勝負強さもあり、頼れる中軸としてリーグ優勝にも大きく貢献しました。

古川裕大は大学でも日本代表選手に選出

2019年の4年生捕手は豊作で、ドラフト候補の佐藤都志也郡司裕也海野隆司藤野隼大という捕手BIG4がいます。

そんな中、古川裕大は春のリーグの活躍もあり2019年の大学日本代表選手に選出されています。

4番候補として名乗りを上げており、他のポジションでの起用もあるようです。

それだけ打撃に魅力があるということでしょう。

自身も中学時代に日の丸を背負った経験があり、大学でももう一度日の丸を背負いたいという気持ちがあったようです。

この経験を糧にさらに上へを目指してドラフト上位選手を目指すようなので、これからの活躍に期待がかかります。

古川裕大(上武大学)の成績は?

古川裕大の成績です。

成績
  • 大学リーグ通算記録:39試合、打率.321、8本塁打、38打点、28三振、出塁率.385
  • 2019年春リーグ:11試合、打率.415、5本塁打、13打点、8三振、出塁率.510

3年の春の時点で既に通算本塁打8本を放っている長打力が魅力的です。

特に2019年の春のリーグは本塁打5本に打率4割超えと大暴れしています。

正捕手となった年で、両立が難しいなか、攻守に渡りチームの主軸選手となりしっかりと成績を残しています。

気になるのが三振数です。

長打が打てるので仕方がない部分はありますが、もう少し減らしたいところですね。

ただ、四球数が増加傾向にあり、ボールを選べるようになってきている印象です。

この調子で、しっかりボールの見極めをして行って欲しいですね。

古川裕大(上武大学)の特徴は?

古川裕大の特徴です。

まずは動画を見ていきましょう。

恵まれた体格からどっしりとした構えで振り切ったスイングが魅力的なバッターです。

セカンドへのスローイングも非常に肩が強く、安定した送球ができています。

攻守ともにバランスがよく、それでいてレベルの高い選手です。

古川裕大の魅力は逆方向に長打が打てる打力

先ほどの動画の3打席目では、真ん中低めのボールをセンターオーバーのフェンスダイレクトという素晴らしい打球を放っています。

もう少しでホームランという当たりですね。

真ん中とはいえ、低めのボールをあそこまで飛ばせる選手はなかなかいません。

力任せにバットを振っているのではなく、力の入れどころが上手い選手なのでセンター方向にも長打が放てます。

こういったバッティングが出来るので、広角に打ち分けることも可能です。

古川裕大はリーグ戦通算8本

広角に打ち分ける技術ももちろん素晴らしいですが、リーグ通算8本を放てるパワーも古川裕大の武器だといえます。

打順も2年生から5番を打ち、4番も経験している選手なので長打を期待されている選手です。

捕手で4番というのも今の時代はとても珍しいのですが、チームからも打てる捕手として期待されています。

自身の目標も「打てる捕手」ということなので、これからの成長が楽しみですね。

プロ野球界でもなかなか打てる捕手がいないため、このまま順当にいけばドラフト上位選手として指名される可能性も十分にあります。

古川裕大の2塁送球は1.8秒台

打撃だけでも魅力的な選手ですが、キャッチャーとして重要な肩の強さも十分に兼ね備えています。

動画の後半では二塁送球シーンが紹介されていますが、古川裕大の2塁送球は1.81秒を計測しており、現役大学捕手の中でかなり速いタイムです。

また送球に安定感もあるため、簡単には走られません。

日本代表選手の中で唯一3年生の捕手で、先輩たちは2019年のドラフト候補に挙げられている捕手ばかりです。

その中で先輩と一緒にプレーをすることで学べる場としても大きな舞台となるため、捕手としてのレベルアップにも期待もできるのではないでしょうか。

古川裕大は高い走力

動画の三打席目では三塁打を放っていますが、三塁到達タイムが11秒86というタイムです。

11秒台前半でプロトップクラスと言われていますので、まずまず好タイムであることがわかります。

また、四打席目では一塁到達タイムが4.22秒というタイムです。

左打者の場合3.9~4.10秒がプロトップレベルと言われており、こちらもまずまずの好タイムです。

崩されながら打っている&際どいタイミングではないので流している、という事を考えると、4.1秒以内には入ってきそうですね。

以上から、高い走力を持ち合わせていることがわかります。

古川裕大のまとめ

古川裕大の特徴をまとめてみると

特徴のまとめ
  • 逆方向にも長打を放てる打力
  • 本塁打8本を放つパワー
  • 2塁送球が1.8秒台
  • 高い走力がある

となっています。

キャッチャーとして申し分のない選手です。

キャッチャーは守備のイメージが強い位置付けとなっていますが、長打やホームランを打てる捕手はどこの球団も欲しいのではないでしょうか。

捕手が打てるチームは打線に厚みが出るため、チームとしての総合力にも関わってきます。

打力が魅力的な捕手はプロ野球チームに入団すると外野手にコンバートされる選手が多いですが、そうならずに捕手として成長していける力があるのではないでしょうか。

残りの大学リーグでの活躍に注目が集まります。

古川裕大(上武大学)のスカウト評価は?

古川裕大のスカウト評価です。

残念ながら今のところスカウトからの評価はないようです。

ただ3年の春から活躍を見せて日本代表選手にも選ばれているため、これから注目されること間違いなしの選手だといえます。

高校時代では輝けなかったものの、大学生となり一気に覚醒した古川裕大はまだまだ成長をしていく可能性もあります。

これからどのような進化を遂げていくのか楽しみですよね。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

古川裕大(上武大学)のまとめ

以上が古川裕大の経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

高校時代には目立った成績は残せなかったものの、大学生になり大きな成果を残した古川裕大はこれからの活躍にもまだまだ期待がかかる選手です。

肩が強く、長打を打てる捕手はかなり有能な選手だと思います。

自身の目標である「打てる捕手」に向けてこれからの活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です