【ドラフト】高橋広斗(中京大中京 )の成績・経歴・特徴

【ドラフト】高橋広斗(中京大中京 )の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は中京大中京高校の高橋広斗投手です。

最速150km/hのプロレベルのストレートやスライダー・フォークが持ちあじの本格派右腕。

今回はそんな高橋広斗経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

高橋広斗(中京大中京)の経歴やプロフィール

高橋広斗(中京大中京 )の投球

まず、高橋広斗の経歴です。

経歴
  • 名前 : 高橋広斗(たかはし ひろと)
  • 出身地 : 愛知県尾張旭市
  • 生年月日 : 2002年8月9日
  • 身長 : 184cm
  • 体重 : 75kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:三郷ファイターズ(尾張旭市立三郷小学校)→ 豊田シニア(尾張旭市立東中学校)→ 中京大中京高校

詳しく見ていきましょう。

高橋広斗はプロ野球ジュニアトーナメントに出場!

小学校2年生の頃から野球をはじめ、三郷ファイターズでプレーします。

小学校6年生の時に中日ドラゴンズJr.に選ばれ、プロ野球ジュニアトーナメントに出場しました。

中学生になってからは、硬式野球チームの豊田シニアでプレーします。

中学3年生夏には、日本リトルシニア野球選手権東海大会で優勝し、最優秀選手にもなりました。

高橋広斗は高校2年生夏に球速147km/hをマーク!

高校は中京大中京高校に進み、1年生夏からベンチ入りします。

1年生夏の西愛知大会では、準々決勝の至学館高校戦では満塁のピンチに登板し、無失点に抑えました。

1年生秋は、県大会初戦の江南高校戦で5回を無失点に抑えます。

県大会準優勝で出場した東海大会では3試合にリリーフ登板、1回戦の静岡高校戦で2回を無失点に抑えました。

この試合で、球速は146km/hをマークしました。

準々決勝の菰野高校(三重)戦では、3 1/3回を無失点(3奪三振)に抑えサヨナラ勝ちに繋げます。

しかし、準決勝の津田学園高校(三重)戦では、1 2/3回を投げて5失点、試合も敗れ、センバツ甲子園出場を逃しました。

2年生夏は、エースとして県大会準々決勝の愛産大三河高校戦に先発し、完封勝利を挙げ、球速を147km/hに伸ばします

準決勝の誉高校戦にも先発しますが、7回途中5失点で降板し、試合も敗れました。

高橋広斗は2年生秋にフォームを変えて150キロ!

2年生夏の県大会終了後、左足を上げる時に顔を三塁方向に向けるフォームへと変えます

これは、「足を上げた時に本塁側に体が倒れないようにする」ためで、通学時間などに、福岡ソフトバンク・千賀投手の動画を参考にしたそうです。

2年生秋は県大会で優勝し、東海大会では準々決勝(初戦)の津商業高校(三重)戦では7回を無失点に抑えました。

準決勝の藤枝明誠高校(静岡)戦では8回(先発)5失点、決勝の県立岐阜商業高校戦では4回4失点でしたが、打線の援護もあり東海大会優勝。

明治神宮野球大会では、準々決勝(初戦)の明徳義塾高校(高知)戦に先発し、7回を投げて無失点の好投を見せます。

この試合で、巨人の関係者のスピードガンが150km/hを計測したそうです。

準決勝、決勝とリリーフとして4回を投げます。

天理高校(奈良)戦では、2本の本塁打を打たれ3失点でしたが、健大高崎高校(群馬)戦ではヒットを許さず無失点で初優勝に貢献しました。

2020ドラフト候補の中山礼都内野手、印出太一捕手とは、同学年です。

高橋広斗(中京大中京)の成績

次に、高橋広斗の成績です。

成績
  • 明治神宮野球大会(19):3試合、15投球回、防御率1.80、被安打率4.80、奪三振率9.60、四死球率1.80
  • 地方大会通算(東海大会:18秋、19秋、県大会:19夏):9試合、46 1/3投球回、防御率3.69、被安打率7.38、奪三振率6.02、四死球率2.14

成績は2019明治神宮野球大会終了時点でのものです。

初の全国大会となる明治神宮野球大会では、2本の本塁打を打たれた以外は、要所を抑えています。

その一方で、地方大会の防御率や被安打率が高くなっており、大会や試合によって調子の波がありそうです。

ただ、与えた四死球が少なく、四球を出して崩れるタイプではないと思います。

そして、奪三振率からは、三振も奪うことが出来るピッチャーと言って良さそうです。

高橋広斗(中京大中京)の特徴や動画

続いて、高橋広斗の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

ゆったりとした動きで、左足を三塁方向に上げてタメを作り、その後は、体全体を使って投げています

肘の振りも柔らかいようです。

高橋広斗のストレートはプロレベルの回転数!

ストレートの球速は最速150km/h、常時140km/h超えです。

ストレートはバッターが振り遅れていたり、空振りしている場面が見られ、力強さを感じますね。

下記の動画では回転数計測結果が紹介されています。

回転数は約2,200rpmでプロ平均レベルであることがわかります。

ストレートの力強さは回転数の多さが要因でしょう。

腕を下げ気味で投げているのでシュート回転成分が多そうです。

高橋広斗はワンシームジャイロスライダー!

動画では縦方向のスライダーを投げています。

縦スライダーは、打者の近くで鋭く落ちており、空振りを取る事が出来ているので、決め球として使えそうです。

回転数は多くありませんが、ワンシームジャイロ回転となっています。

ワンシームジャイロは空気抵抗が大きく、初速と終速の差が大きいという特徴があります。

こういった特徴があるからこそ、空振りが奪えているのでしょうね。

高橋広斗は落差の大きなフォーク!

フォークは回転数が少なく、2シームジャイロ気味の回転となっています。

その為、揚力が少なく、落差が大きい変化をしています。

こちらも決め球として十分使えそうですね。

その他にはツーシームを投げています。

高橋広斗の制球力はまずまず

動画を見ると、きっちりコースに投げ分けられる制球力があるという感じではありません。

それでも、アバウトではあるものの、速球や変化球をストライクに投げられています。

与えている四死球が多くない事を考えると、四死球で崩れるタイプでは無いでしょうね。

制球力はまずまずと言えます。

ただ、逆球や抜け球もまだまだ多いので、こういったバラツキは今後の課題でしょう。

高橋広斗の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速150km/hのプロレベルのストレート
  • 変化球は縦スライダー、フォーク、ツーシーム
  • 制球力はまずまず

です。

最速150km/hの力のあるストレートと縦スライダーなどの変化球が武器の本格派右腕です。

ストレートも良いですが、スライダーやフォークといった特徴的な決め球があるのが素晴らしいですね。

ここに来て球速も伸ばしており、まだまだ伸びしろがありそうです。

高橋広斗(中京大中京)のスカウト評価は?

次に、高橋広斗のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・長谷川スカウト部長「球に力があってスライダーもいい。一冬越えてどうなるか楽しみ。当然、追いかけていくことになるでしょう」
  • 西武・潮崎編成ディレクター「球速があって制球もいいし、直球も変化球もいい。投手としてのバランスがいい選手。一冬越えて成長する期待も持てる」
  • 楽天・後関スカウト部長「順調にいけば、上の方で名前が挙がる可能性はある」
  • 中日・米村チーフスカウト「アウトローに決まるようになれば、手も足も出ない投手になる。プロ志望なら、来年の上位候補」
  • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「一番の特徴は、148キロ出て力のある真っすぐ。プロ志望なら上位の評価になるでしょう」
  • 阪神・筒井スカウト「どの球種も腕の振りが同じ。これが一番難しいことなのにできている。ツーシームをこれだけ使える高校生はいないのではないか。これからが楽しみな選手」
  • 中日・中原スカウト「(高橋宏斗・印出太一・中村礼都・西村 友哉の4選手について)このセンターラインは凄いです」

すでに2020ドラフトで上位候補というコメントが出ています。

全体的なレベルの高さを評価されている印象ですね。

このまま活躍できれば、2020ドラフトで上位指名されそうです。

高橋広斗(中京大中京)のまとめ!

以上が、中京大中京高校 高橋広斗経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速150km/hの力のあるストレートや縦スライダー等の変化球が魅力の投手です。

2019年11月の明治神宮野球大会では、スカウトから注目を高評価を集め、2020ドラフトで上位指名される可能性も高いと思います。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です