【ドラフト】山村崇嘉(東海大相模 )の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】山村崇嘉(東海大相模 )の成績・経歴・特徴は?

2020ドラフトの注目選手を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは東海大相模高校の山村崇嘉内野手です。

長打力が魅力で、難しいボールもホームランにする打撃技術が持ちあじです。

今回はそんな2020年ドラフト候補 東海大相模高校・山村崇嘉経歴や成績、特徴、スカウト評価をご紹介します。

山村崇嘉(東海大相模)の経歴は?

まずは、山村崇嘉の経歴です。

経歴
  • 名前:山村崇嘉(やまむら たかよし)
  • 出身地:神奈川県相模原市
  • 生年月日:2002年9月28日
  • 身長:180cm
  • 体重:85kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:一塁手
  • 経歴:武蔵府中リトル → 武蔵府中シニア(東海大相模中学校)→ 東海大相模高校

詳しく見ていきましょう。

山村崇嘉は中学校3年生の時に日本代表に選ばれる!

小学校の頃から野球をはじめ、武蔵府中リトルでプレーします。

投手として110km/h近くのストレートを投げたそうです。

中学校に入ってからは、武蔵府中シニアでプレーし、2年生からレギュラーになります。

リトルシニア日本選手権大会等の全国大会に、4番・投手として出場しました。

また、中学校3年生の秋に15歳以下の日本代表に選ばれ、投手と野手の両方でMCYSA全米選手権大会、アジアチャレンジマッチに出場しています。

山村崇嘉は高校1年生夏からベンチ入り!

高校は県内の東海大相模高校に進みます。

1年生夏からベンチ入りし、夏の県大会3回戦では7番ファーストで出場し、二塁打を打ちました。

4回戦の神奈川工業高校戦ではリリーフとして登板、1/3回を投げ、三振でアウトを取ります。

1年時秋からはファーストのレギュラーとなり、4番を打ちます。

2年生春は、県大会初戦の藤沢西高校戦で2本の本塁打を打ち5打点でした。

関東大会にも出場し、初戦の木更津総合高校戦でタイムリー三塁打を打つなどの活躍で優勝に貢献します。

山村崇嘉は高校2年生夏の甲子園に出場!

夏の県大会では、準々決勝の相洋高校戦で1本、決勝の日大藤沢高校戦では2本の本塁打を打ちます。

17打点、打率.481と活躍し優勝、甲子園出場を決めました。

甲子園2回戦(初戦)の近江高校(滋賀)戦では、甲子園初となるタイムリーヒットを打ちます

3回戦の中京学院大中京高校戦ではノーヒットに終わり、試合も敗れました。

2年生秋は、県大会準々決勝の湘南工科大附属高校戦で2本の二塁打を打ち、チームも県大会で優勝します。

関東大会では、準決勝の高崎健康福祉大高崎高校(群馬)戦で3番投手として出場し、先制タイムリーヒットを打ちますが、4回途中5失点で降板、試合も敗れました。

しかし、2020センバツ甲子園の出場は濃厚で、センバツ甲子園での活躍も期待できます。

なお、チームメイトにはドラフト2020候補の西川僚祐、一学年上には2019ドラフトで阪神タイガースに指名された遠藤成がいました。

山村崇嘉(東海大相模)の成績は?

続いて、山村崇嘉の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園通算(19夏):2試合、打率.125、1打点、2三振、出塁率.222
  • 地方大会通算(関東大会:19春秋、県大会:18夏、19春夏):25試合、打率.389、7二塁打、5三塁打、8本塁打、39打点、8三振、出塁率.426、2盗塁
  • 高校通算本塁打:38本

成績は関東大会終了時点でのものです。

甲子園での打率が低く、大会などによって波があるように思います。

打てない中でも、四球を選んで出塁することができており、打率以上に貢献しているようです。

そして、二塁打や本塁打等の長打も打っており、高校通算本塁打はすで38本を記録しています。

ただ、甲子園では1四球に対し2三振、地方大会では6四死球に対し8三振と四球以上に三振を喫しているので今後の課題となりそうです。

また、盗塁を決めたり三塁打を打っており足も速そうです。

山村崇嘉(東海大相模)の特徴は?

次に、山村崇嘉の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

足を曲げて構え、右足を上げてタイミングを取っています。

また、バットがスムーズに出ており全身を使って振り切るバッティングです。

山村崇嘉の魅力は長打力と高い打撃技術!

動画の1分45秒辺りでは内角高めの難しい球をホームランにしています。

厳しいコースですが、キレずにフェアゾーンに入れており、非常に高い打撃技術が伺えます。

2分45秒過ぎでは真ん中に近い球をそれぞれスタンドに運んでいます。

緩い球で上半身が前に出されていながらも、下半身は粘りながら芯で捉えることが出来ています。

こういった打撃を見ると非凡なセンスを感じますね。

山村崇嘉は逆方向にも打て足の速さもまずまず!

動画の35秒辺りでは、外角低めの変化球をサードのファウル寄りに打っており、逆方向に打つ場面が見られました。

ボールに対してバットをスムーズに出せており、難しい球にも対応できそうです。

このような状況に応じたバッティングが出来るのも強みと言っていいでしょう。

また、この打席では内野安打にしていますが、1塁到達タイムは4秒6前後なので足は速くなさそうです。

山村崇嘉の選球眼はまずまず

追い込まれるまでは、打てる球を待ちつつ、積極的に振りに行っています。

その一方で、追い込まれてからはボール球やボールに近い球をしっかりと見送っています。

際どい球をファウルで粘る事も出来ており、選球眼はまずまずといったところです。

しっかり振っていくタイプなので三振が多めですが、今後はどこまで減らせるかが課題となりそうです。

山村崇嘉の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 長打力がある
  • 逆方向にも打てる
  • 選球眼はまずまず
  • 足の速さもまずまず

です。

長打力がある一方で、逆方向にも打て、状況に応じたバッティングができます。

足の速さもまずまずです。

また、ピッチャーをやる事もあり、肩が強く野球センスがありそうです。

伸びしろも、まだあると思います。

山村崇嘉(東海大相模)のスカウト評価は?

続いて、山村崇嘉のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・長谷川スカウト部長(高校2年生夏の甲子園)「近江の左腕・林優樹は高校生ではなかなか打てない。その中でも、山村はタイムリーを打っている」
  • 巨人・長谷川スカウト部長(2年生夏の県大会)「山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。3人ともいい面を出しており、来年はドラフト候補に入るでしょう」

いずれも、同じスカウトのコメントですが、視察時期が異なり、継続して視察していることが分かります。

長打力などのバッティングについて評価されていていますが、早くもドラフト候補として考えているようです。

3人とは、山村崇嘉の他に、東海大相模高校の西川僚祐、鵜沼魁斗の両外野手を指しています。

スカウトのコメントや打撃などの能力を考えると、2020ドラフトで指名される可能性が高く、活躍次第では上位指名もありそうです。

山村崇嘉(東海大相模)のまとめ

以上が、東海大相模高校・山村崇嘉経歴や成績、特徴、スカウト評価でした。

長打力がある一方で、逆方向にも打て、状況に応じたバッティングができます。

今後の活躍によっては、2020ドラフトでの上位指名もあるかもしれません。

また、出場濃厚なセンバツ甲子園2020での活躍も期待でき、高校通算本塁打をどこまで伸ばせるかも注目です。

今後の動向に注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です