【ドラフト】西川僚祐(東海大相模)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2020候補 西川僚祐(東海大相模)の成績・経歴・特徴は?

2020年のドラフト候補となる高校生スラッガーを見ていきましょう。

今回紹介するのは東海大相模高校の西川僚祐選手です。

高校2年生ながら通算30本以上のホームランを放つ規格外の選手です。

中学生の頃からスポーツTVで取り上げられるほど強打者として注目されていました。

そんな、2020年ドラフト候補 東海大相模高校・西川僚祐について経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

西川僚祐東海大相模)の経歴は?

西川僚祐の経歴です。

成績
  • 名前:西川僚祐(にしかわ りょうすけ)
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 生年月日:2002年4月19日
  • 身長:186cm
  • 体重:92kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:薬円台リトルスター(船橋市立古和釜小学校)→ 佐倉シニア(船橋市立古和釜中学校)→ 東海大相模高校

詳しく見ていきましょう。

西川僚祐は中学生の時に全国制覇を経験

小学1年生の頃から軟式野球を開始。

6年生の時には船橋の地域選抜メンバーに選ばれるなど、小学生の頃から野球の才能を発揮しています。

中学生になると強豪硬式野球チームである佐倉シニアに入団。

中学3年生になると185cm、90kgという恵まれた体格を生かして4番になり、主将としてもチームを牽引。

そして中学硬式野球の全国大会となるジャイアンツカップに出場。

東京ドームで迎えた決勝戦では逆方向にホームランを放ち、チームは見事優勝を飾りました。

この時のホームランはスポーツニュースでも取り上げられていました。

中学生ながらプロ野球の球場で、しかも逆方向にホームランを打てるというのは中学生離れしていますよね。

西川僚祐の高校デビュー戦は敬遠

中学生を卒業した後、進学先に注目が集まりましたが神奈川の強豪である東海大相模に進学。

プロ野球でも4番を打つ選手を多く輩出しているチームなのでチームカラーとマッチしていますよね。

1年生の夏からベンチ入りを果たすと、1回戦目に代打で出場。

公式戦での第一打席として注目が集まりましたが、結果は敬遠でした。

高校1年生ながら、すでに警戒されている選手だということがよくわかるデビューですね。

西川僚祐は初の4番スタメンで場外弾を記録

1年生の夏の2回戦目には4番レフトで初のスタメン出場をいたします。

その試合では2安打2四球を記録。

この2本の安打のうち1本はレフトへの場外ホームランを放っています。

公式戦初ホームランが場外弾というところにスラッガーとして天性を感じてしまいます。

見事チームも勝利し、鮮烈なスタメンデビューを飾りました。

西川僚祐は2年夏前までで既に34発

高校一年生の秋から正レフトとなるとさらに躍動します。

2019年7月現在で通算34本のホームランを放つという驚異的なスピードでホームランを放っています。

西川自身も相模の歴代1位の記録となる日ハムの大田泰示選手の通算65本は、確実に超えたいと話していました。

また高校最多本塁打記録となる日ハムの清宮選手の111本を超える可能性もあるということで注目を浴びています。

公式戦だけはなく、練習試合での活躍も期待ですね。

西川僚祐東海大相模)の成績は?

西川僚祐の成績です。

成績
  • 甲子園通算記録:出場なし
  • 2019年夏までの公式戦通算:28試合、打率0.410、6本塁打、31打点、6三振、出塁率0.530
  • 2019年夏予選:6試合、打率.476、2本塁打、12打点、1三振、出塁率.560

こちらの成績は2019年夏予選までの公式戦記録となっています。

公式戦でも6本塁打を放っておりパワーがとても魅力的な選手です。

また、打率4割以上とパワーだけではなくバッティングセンスが高い選手だといえます。

四球もしっかり選べており、出塁率が高くなっています。

また、長打が魅力の選手ですが三振数が少ないという特徴もあります。

選球眼が高い選手と言えそうですね。

選球眼が高い事によって難しいボールには手を出さずに、甘く入った球を強打することができるので、このような記録を叩き出しているのでしょう。

スラッガーといえばホームランの通算記録がどれだけ伸びるのか期待されるので、これからの成績にも注目です。

西川僚祐東海大相模)の特徴は?

西川僚祐の特徴です。

まずは動画をご覧ください。

こちらの動画は星稜高校との練習試合の様子です。

相手の投手は2019年ドラフト1位候補である奥川恭伸と対戦をしています。

2019年のドラフト競合確実の素晴らしい投手相手ですが、しっかり結果を残しています。

1打席目は三振をしていますが、外の難しい球の見極めやカットがとてもうまいです。

そして第二打席では甘く入ってきた球を強打し、センターフェンス直撃となるタイムリーツーベースを放っています。

速い球にもしっかり対応しており、あわやホームランにもなりそうな当たりでしたね。

恵まれた体格でどっしりとしたフォームから、振り切るスイングが魅力的な選手です。

また、バットが遠回りせずに最短で出ており理想的なスイングをしていますね。

パワーも技術も兼ね備えたスラッガーだといえます。

西川僚祐の魅力は高校通算30本超えのパワー

西川僚祐の魅力は何といってもホームランが打てるバッティング能力です。

ホームランを放つ原動力となっているのがスイングスピードです。

スイングスピードがかなり速く、そのためボールを強打することができます。

さらに、スイングスピードが速い分ボールを見極める時間が長くなるため、甘い球をミスショットせずに捉えることができ、ホームランを放っています。

西川僚祐にはバッティング技術も長けている

注目されるのはそのパワーですが、バッティング技術もかなり高い選手です。

西川僚祐は逆方向にもホームランが打てます。

この逆方向へのホームランを打てる技術というのは右肘の使い方のうまさです。

右肘を極限までたたみ、インパクトの瞬間に力を入れることができています。

このボールに力を伝える技術があるため逆方向にもホームランを打てることができています。

また、ホームランだけではなく打率もあげることができるのも、この技術力があってこそですね。

西川僚祐はサードにも挑戦

東海大相模といえば歴代の4番を打つ選手はサードを守っています。

西川僚祐自身も初の試みとして冬の間サードの守備練習に参加をしていたようです。

「サガミの4番サード」の選手となれるのか、そちらにも注目が集まります。

西川僚祐の特徴まとめ

以上をまとめると

西川僚祐のまとめ
  • ホームランアーティスト
  • 逆方向にも長打が打てる
  • 非常に速いスイングスピード
  • 選球眼も良い

二年生夏時点で高校通算34本塁打と、ホームランが最大の魅力です。

逆方向にも長打が打て、パワーだけではなく高い技術力もあります。

選球眼も良いので、ただ振り回すタイプでもありません。

今後、どこまで本塁打数を伸ばすのか注目ですね。

西川僚祐東海大相模)のスカウト評価は?

西川僚祐のスカウト評価です。

スカウト評価
  • DeNA・稲嶺茂夫スカウト:「末恐ろしい。右の大打者といえば、清原さんや落合さん。そうなれる素質がある。」
  • ロッテ・永野チーフスカウト:「1年であれはすごい。軸回転で体が回っていて、お手本のような打撃。西武にいそうだね。」

すでにスカウトから評価をもらっています。

スカウトのコメントを見てみると歴代のスラッガーと比較されたり、プロ野球チームにいてもおかしくないと、かなり評価が高いです。

高卒一年目で31本塁打を放った清原や、三冠王を二度獲得した落合になれる、というコメントはこれ以上ない高評価です。

この評価は1年生の夏の大会が終わってのコメントなので、これからの夏の大会でも注目を集めることは間違いなしですよね。

もうすぐ夏の大会が始まるため、どれだけの成績を残してくれるのか楽しみです。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

西川僚祐東海大相模)のまとめ

以上が、東海大相模・西川僚祐の経歴、成績、特徴、スカウト評価でした。

これからの日本の4番を背負う素質がある選手です。

日ハムの清宮選手が記録している高校通算本塁打記録の更新にも期待がかかります。

これからの西川僚祐にも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です