2018年阪神 ドラフト予想!阪神の1~4位指名をスバリ予想しちゃいます!

2018年 阪神タイガース ドラフト予想 1~4位 予想

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

今年のドラフトは非常に良い選手が多く、非常に楽しみですよね。

そんな2018年ドラフトですが、我が阪神タイガースがどんな選手を獲得するのか、気になりますよね~?

そこで阪神の2018年ドラフトを予想したいと思います。

予想は1~4位です!

阪神はクジに弱いので、念のため外れ一位を合わせて、計5名を予想します(笑)

また、記事の最後には今年のドラフトで阪神に獲得して欲しい選手の投票をしています!是非ご投票を~

下記の記事でドラフト超速報を行います。当日テレビを見れない方で速報を知りたい方は、今のうちにブックマーク!

合せて読みたい!

【ドラフト2018】全指名選手の結果まとめ!全球団の採点&評価しちゃいます!

 

2018年阪神タイガースのドラフト予想に際して

阪神のドラフトを予想するのに下記の3項目を参考にします。

  1. 過去のドラフト傾向
  2. 現在のチーム状況
  3. スカウト情報

本気で正解を狙うため、上記の3つを分析したうえで予想します。

順番に説明していきますね。

まずは阪神の過去のドラフトと傾向からです。

合せて読みたい!

【2019】注目ドラフト会議候補まとめ!ドラフト指名候補を採点してみた!

阪神タイガースのドラフト1位の傾向とは?

まず阪神の過去のドラフト傾向を見ていきましょう。

ドラフトは2008年から制度が変わったこともあるので、2008年から2017年までの10年間のデータを参考にしていきます。

また、ドラフトの傾向を調べてみると、順位により傾向が違っていました。

なので、ドラフト1位の傾向と2以下の傾向、といった2種類をご紹介します。

最初はドラフト1位からです。

ドラフト1位
指名数
ドラフト1位
競合数
くじ引き
成功回数
20名14回4回

2008年以降、阪神はドラフト1位を20名指名しています。

そのうち14名が競合となっており、くじ引きでは4回成功しています。

指名数・競合数ともに、12球団No.1なので、他球団の動向を気にせず、人気選手や欲しい選手を獲りに行く傾向があることがわかります。

また、くじ引き14回で4回の成功なので、くじ運は良くありませんね(笑)

続いて指名選手の傾向です。

阪神のドラフト1位の学歴は?

最初は学歴別です。

高校生率20%
大学生率60%
社会人率20%

阪神のドラフト1位指名では大学生が多く、60%を占めています。

外学生が多く、意外と高校生が少ないことがわかります。

比較的早く活躍できる大学生重視であることがわかりますね。

続いて地元や地元地域の選手を見ていきます。

阪神のドラフト1位は地元関係なし?

続いて地元や地元地域別です。

ドラフト1巡目地元選手0%
ドラフト1巡目地元地域選手10%

阪神の場合はドラフト1位指名で地元選手を獲得していません。

また、近畿地方で見てみても10%となっており、ドラフト1位に関しては地元を気にしていない事がわかります。

続いてポジションです。

阪神のドラフト1位は投手優先?

最後はポジション別です。

投手割合70%
捕手割合0%
内野割合15%
外野割合15%

投手を1位指名する可能性が高くなっていますね。

ただ、投手優先は12球団全てに言えることなので、阪神が特別というわけではありません。

以上から阪神のドラフト1位をまとめると

  • 重複を気にせず、人気選手重視
  • ドラフト1位指名は大学生が多い
  • ドラフト1位で地元枠は考慮無し
  • ドラフト1位は圧倒的に投手が多い

です。

ただ、過去には大山のように重複を避けるケースもあるので、参考程度に見ておきましょう!

また、下記の記事では他球団のドラフト傾向の分析もご紹介しています。気になる方はチェック!

合せて読みたい!

プロ野球12球団ドラフト1位指名傾向分析!出身・地元・高校・大学

続いてドラフト1位以外を見ていきます。

阪神タイガースのドラフト2位以下の傾向は?

続いてドラフト2位以下の傾向です。

ドラフト2位以下ではちょっと傾向が変わってきます。

阪神のドラフト2位以下に地元枠がある!?

まずは地元枠を見ていきましょう。

ドラフト順位大阪・兵庫
割合
近畿地方
割合
2位40%40%
3位30%30%
4位0%0%
5位0%11%

ドラフト1位では地元枠の考慮はみられませんでしたが、2位と3位を見ると地元の大阪・兵庫に割合が非常に多いですね。

大阪・兵庫の割合は、2位では40%、3位では30%となっています。

なので、これはまさに地元枠でしょう。

2、3位は地元選手の指名の可能性が高そうですね。

また、近畿地方は考慮していませんね。

阪神のドラフト2位以下のポジション傾向は?

続いてドラフト順位別のポジションです。

ドラフト順位投手
割合
捕手
割合
内野手
割合
外野手
割合
2位60%10%10%20%
3位30%10%40%20%
4位70%20%0%10%
5位56%0%33%11%

全体的に投手が多い傾向は、ドラフト1位と変わりませんが、割合的には少なくなっています。

また、3位で内野手が多い傾向になっていますが、全体的にばらけている感じで、これといった特徴はなさそうです。

阪神のドラフト2位以下の学歴傾向は?

続いてドラフト2位以下の学歴傾向を見ていきましょう。

ドラフト順位高校
割合
大学
割合
社会人
割合
2位40%50%10%
3位30%50%10%
4位40%40%20%
5位22%44%33%

ドラフト1位では大学生が多かったですが、2~4位は高校生の割合が増えていますね。

ただ、5位くらいになると大学・社会人の即戦力が多い傾向のようです。

以上からドラフト2位以下の傾向は

  • 2~3位は地元枠
  • 投手が多いが、1位よりは割合は低い
  • 2~4位で高校生が増えている
  • 5位は大学生・社会人多め

となります。

阪神のドラフト傾向をまとめると?

以上の傾向をまとめると、

  • ドラフト1位は注目の即戦力選手
  • ドラフト2~3位は地元の将来性が有る選手
  • ドラフト4位は隠れた育成選手
  • ドラフト5位は即戦力タイプ

といった感じでしょう。

ただ、これはあくまで、過去の集計です。

なので、参考程度に見ておくべきでしょうね。

やはり、ドラフト指名選手を予想するには、現在のチーム状況が一番重要です。

なので次は、現在の阪神のチーム状況や課題を見ていきましょう!

合せて読みたい!

【2018ドラフト中継】テレビやネットの放送予定や無料の視聴方法は?

阪神タイガースの現在のチーム状況から考える足りないところ

ドラフト予想をする上では、一番重要なのは現在のチーム状況や課題でしょう。

なので、現在のチーム状況を見ていきましょう。

下記のデータは2018年シーズンの9月2日までの結果です。

まずは打撃成績から。

項目成績セ・リーグ
順位
打率.2526位
本塁打676位
得点4446位
盗塁555位

これを見ると、けっこう悲惨な状況ですね(笑)

打率はシーズン序盤の低迷から比べれば、かなり上昇していますが、それでも最下位です。

本塁打も少ないので、得点が最下位となっていますね。

これを見ると、打線が弱いのは明らかですね。

まあ、データを見なくても阪神ファンなら痛いほどわかっていますよね・・・

続いて投手成績です。

項目成績セ・リーグ
順位
防御率3.961位
先発防御率4.033位
リリーフ防御率3.741位
失点4881位

チーム防御率はセ・リーグで一番いい数字ですね。

なので、失点数はセ・リーグで最も少ない数字です。

また、先発投手は3位ですが、その分リリーフの防御率が良いですね~

これを見ると、若干先発陣の課題はありますが、投手陣はセ・リーグNo.1の成績であると言えるでしょう。

以上から、現在の阪神の課題は打撃力であることがわかります。

合せて読みたい!

プロ野球の秋季・春季キャンプ中継をテレビ・ネットで見る方法?全球団まとめ!

阪神の現在の打者の年齢構成から考える足りないところ

課題がわかったところで次は年齢構成です。

やはり、ドラフトを予想していく上では、将来のチーム像が大切です。

なので、現在のレギュラーの年齢は非常に重要なポイントになってきます。

現在の阪神のスタメン

打順守備名前年齢
1番二塁手糸原26
2番遊撃手北條24
3番左翼手福留41
4番右翼手糸井37
5番一塁手陽川27
6番三塁手大山24
7番中堅手俊介31
8番捕手梅野27

*年齢は誕生日が来た前提

となっています。(9/2スタメン)

ではポジション別に順番に見ていきます。

阪神の外野の状況は?

まずは外野です。

やはり、福留、糸井の年齢は気になりますね。

特に福留は41歳なので、ここまでやれているのが凄いですね。成績的にもまだやれそうですが、あと2年くらいと見るべきでしょうね。

また、糸井に関してはあの肉体や成績を見ると、衰えている感じは全くありませんが、元々怪我も多いことを考えれば、あと3年くらいと見ておいた方が良いでしょう。

また、この二人に続く選手が出てきていないのも悩ましい所です。

高山・中谷・江越あたりには出てきて欲しいんですけどね~

なので、外野手の補強は急務と言っていいでしょう。

阪神の内野の状況は?

続いて内野手。

二遊間が決まりつつありますね。

糸原は新人の春季キャンプからコンスタントに打っており、波が無い安定した選手です。

もちろん打撃も良いのですが、一番は出塁率の高さでしょう。

鳥谷のように、これからも安定した成績を残してくれそうです。

また、期待の北條が2016年に続き、今年は非常に良い打撃をしています。

また、守備もワンランクレベルアップしていますので、さらなる成長を期待してしまいますね。

なので、二遊間はこの若い二人で問題なさそうです。

続いて一塁と三塁です。

一塁に関しては外国人の補強できますので、外国人に任せましょう。

三塁手は守備も重要になってきますので、日本人に任せたいところです。

2016年のドラフト1位で大山を獲得していますので、当面は大山の覚醒待ちといった感じでしょうか?

元々肩が非常に強く守備も良いので、打撃である程度結果が残せればレギュラーとして定着出来ます。

また、三塁には陽川もいますので、当面はこの大山・陽川の若い二人で様子見ですね。

この二人に続く選手として、高校生を獲得しておくのは有りでしょう。

阪神の捕手の状況は?

続いて捕手です。

2018年はほとんどの試合を梅野がスタメンとなりましたね。

まだまだリード面で気になるところはありますが、何と言っても肩の強さがあります。

また、打撃では打率.240を超えており、8本塁打となっています。

元々打てる捕手との評価だっただけに、打撃も徐々に成績を残せるようになってきましたね。

なので、やっと正捕手を任せられるレベルになってきたという感じです。

また、他にも坂本と原口もおり、レベルの高い捕手陣です。

年齢も若いので当面はこの3名で十分でしょう。

以上から阪神の打撃陣の補強ポイントは外野手であることがわかりますね。

合せて読みたい!

ビールかけをする理由や経緯?ビールは本物?費用、批判、未成年は?

阪神の現在の投手の年齢構成から考える足りないところ

打者の年齢構成がわかったところで、次は投手です。

先発とリリーフを分けてみて見てみましょう。

まずは先発陣です。

先発回数名前年齢
23メッセンジャー37
18小野24
17岩貞27
17秋山27
10才木20
9藤浪24

次はリリーフです。

リリーフ回数名前年齢
48岩崎27
46桑原32
43藤川38
43ドリス30
26能見39
21岡本32
21望月21

*年齢は誕生日が来た前提

ではまずは先発から見ていきます。

阪神の現在の先発投手の年齢構成

先発投手はメッセンジャーの年齢は気になります。

ただ、近年は衰えるどころか成績が上がっていますので、まだまだやれそうです。

あと2~3年は大丈夫でしょうね。

また、メッセンジャー以外の選手は、非常に若いメンバーとなっていますね。

また、先ほど紹介して選手以外にも、高橋遥人、青柳、馬場、谷川、竹安などなどなど・・・若くて将来有望な選手が多すぎるくらいです(笑)

なので、先発投手は当面必要ないでしょう!

左が少ない感じがするので、もう一枚くらい欲しいですかね?

阪神の現在のリリーフ投手の年齢構成

続いてリリーフ陣です。

気になるのは藤川・能見の年齢です。

今シーズンを見ると、衰えている感じは全くしませんが、年齢的にもあと2~3年くらいと見ておいた方が良いでしょう。

また、桑原・ドリス・岡本は30歳を超えているので若くありません。

なので、全体的に年齢が高めですね。

ただ、岩崎・望月は20代ですし、これ以外にも昨シーズン非常に良かった石崎や、横浜から加入して良い働きをした尾中もいます。

そう考えると、若手のコマは揃っているので、補強の必要性は低そうです。

左の中継ぎがもう一枚欲しい感じでしょうか?

以上から、阪神投手陣の補強のポイントは左投手です。

合せて読みたい!

【2018】阪神 人的補償とプロテクト予想!FA獲得で放出の可能性が有る選手は?

スカウト情報は参考になるのか?

これまで、過去のドラフトや、現在のチーム状況の分析をしてきました。

最後はスカウトの情報となりますが、参考程度に見ることにします。

なぜなら、過去のスカウト情報を見てみると、あまりコメントしていない選手が上位に指名されていたりしています。

逆にコメントしているにもかかわらず、指名をしないケースもあり、判断できません。

また、他球団をかく乱する目的もあるので、単純にスカウト評価を重視すると、こちらがかく乱してされてしまいます(笑)

今回の予想は、あくまで球団の状況を第一優先で、過去のドラフトを参考に選出します。

なので、メディアの情報やスカウトの情報からリストアップ選手のみをご紹介しておきます。

阪神のスカウトリストアップ選手とは?

阪神のドラフト指名が高そうな候補選手をまとめました。

抜け漏れがあった場合は、記事下のコメントで教えてくれると非常に有難いです!

まずは1位指名候補です。

名前守備投打学歴出身
上茶谷大河先発右投右打東洋大学京都
甲斐野央リリーフ右投左打東洋大学兵庫
梅津晃大先発右投右打東洋大学福島
松本航先発右投右打日本体育大学兵庫
吉田輝星先発右投右打金足農業高校秋田
根尾昂遊撃手右投左打大阪桐蔭高校岐阜
小園海斗遊撃手右投左打報徳学園高校兵庫
辰己涼介外野手右投左打立命館大学兵庫
藤原恭大外野手右投左打大阪桐蔭高校兵庫

*青色選手をクリックすると詳細ページへ飛びます

ここに出ている選手は、どの球団でも1位指名候補の選手ばかりです。

今年の有望選手は兵庫県出身が多いですね(笑)

続いて指名候補選手です。

名前守備投打学歴出身
柿木蓮投手右投右打大阪桐蔭高校佐賀
引地秀一郎投手右投右打倉敷商業高校岡山
清宮虎多朗投手右投左打八千代松陰高校千葉
勝本樹投手右投右打明石商業高校兵庫
米倉貫太投手右投右打埼玉栄高校福岡
山本隆広投手右投左打関西大学大阪
鈴木翔天投手左投左打富士大学神奈川
吉川峻平投手右投右打パナソニック大阪
坂本光士郎投手左投左打新日鉄住金広畑広島
富山凌雅投手左投左打トヨタ自動車和歌山
平尾奎太投手左投左打Honda鈴鹿大阪
頓宮祐真捕手右投右打亜細亜大学岡山
野村大樹捕手・三塁右投右打早稲田実業高校兵庫
野村佑希一塁・三塁・外野右投右打花咲徳栄高校米国・群馬
中川圭太二塁手右投右打東洋大学大阪
太田椋遊撃手右投右打天理高校大阪
増田陸
遊撃手右投右打明秀学園日立高校大阪
松田憲之郎遊撃手右投右打龍谷大平安高校京都
林晃汰三塁手右投左打智辯和歌山高校和歌山
中川翔太外野手右投右打法政大学大阪
長沢吉貴外野手右投左打日本大学栃木

*青色選手をクリックすると詳細ページへ飛びます

まだまだいるかと思いますが、主な選手はこんなところでしょうか。

以上、情報が揃ったところで、阪神のドラフト予想に移ります!

合せて読みたい!

台湾の4割&三冠王 王柏融とは?日本移籍の可能性や成績、特徴、経歴まとめ!

2018年阪神タイガースのドラフト1~4位予想!

お待ちかねの、阪神のドラフト予想です。

今までダラダラと前置きをしてきましたが、ドラフト1位から4位までを予想をご紹介します!

外れ一位も含めた5名は下記です。

順位名前守備投打学歴出身
1位藤原恭大外野手右投左打大阪桐蔭高校兵庫
外れ1位辰己涼介外野手右投左打立命館大学兵庫
2位増田陸遊撃手右投右打明秀学園日立高校大阪
3位山本隆広投手右投左打関西大学大阪
4位坂本光士郎投手左投左打新日鉄住金広畑広島

*青色選手をクリックすると詳細ページへ飛びます

以上の5名です。

それでは順番に各選手説明していきますね。

2018年阪神ドラフト1位予想は藤原恭大!

まず、私が阪神のドラフト1位に予想したのは藤原恭大です。

甲子園ではかなり騒がれていたので説明不要だと思います(笑)

詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみて下さい。

合せて読みたい!

2018年ドラフト大阪桐蔭 藤原恭大の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

やはり、阪神の補強ポイントは即戦力の外野手です。

藤原は高校生ですが、肩、走力、守備はすぐにでもプロで通用するでしょう。

打撃に関しては、少々時間が掛かるかもしれませんが、一級品の肩、走力・守備力があるので、一軍で使いながら育成も出来ます。

また、糸井や福留の後釜として、左打者という点も補強ポイントに合致しています。

さらに、金本監督が理想としている「広島のような走塁」ができる、走塁技術の高さを持っているのも良いですね。

これだけでも指名する理由としては十分ですが、さらに地元の兵庫県出身なんですよね。

これは指名するしかないでしょう!

でも藤原は重複は確実でしょう。

くじ引きが弱い阪神なので(笑)外れ1位も予想しておきます。

2018年阪神ドラフト外れ1位予想は辰巳涼介

続いて外れ1位に選んだのは辰巳涼介です。

辰巳涼介について詳しくは下記の記事で紹介していますので、チェックしてみて下さい。

合せて読みたい!

2018年ドラフト立命館大学 辰己涼介の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

おそらく、1回目の指名で名前は挙がらないと思いますので、外れで指名できると思います。外れで重複は有るかもしれませんが(笑)

辰巳の場合も藤原と同様に、走攻守揃った外野手です。

肩、走力、守備は一級品で、打撃でも大学選抜の5番を任されるほどです。

大学生ということもあって、打撃でもすぐにプロで通用しそうです。

なので、即戦力という意味では藤原よりも辰巳の方が上でしょうね。

阪神現状から言って、藤原か辰巳が取れれば、2018年ドラフトは成功と言えるでしょう!

続いて2位以下です。

2018年阪神ドラフト2位予想は増田陸

続いてドラフト2位予想です。

地元の育成枠として将来性が有りそうな増田陸をドラフト2位に選びました。

夏の甲子園は出場していませんが、春の選抜で活躍していました。

参考に動画を貼っておきます。

下記は打撃です。

内角にしっかり対応出来ており、コースに逆らわないバッティングはセンスを感じますよね。

下記は守備です。

通常時の守備位置が芝生の切れ目くらいなので、守備にはかなりの自信があるのでしょう。

守備範囲は広く、クラブさばきも軽快ですね。

若干送球の乱れがありますが、守備も良さそうです。

ただ、守備よりは打撃でしょうね。

打撃は将来かなりのレベルになるでしょうから、将来は三塁手や二塁手といった選択肢も出てきそうです。

現在の大山、北条、糸原あたりを4~5年後に脅かす存在として獲得する予想です。

2018年阪神ドラフト3位予想は山本隆広

続いてドラフト3位予想です。

地元枠として山本隆広をドラフト3位に選びました。

詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしてみて下さい。

合せて読みたい!

2018年ドラフト 関西大学 山本隆広が復帰登板!成績・経歴・特徴は?

あまり注目はされていませんが、右の先発でストレートが非常に良いです。

浮き上がるような速球は、藤川球児のような球質ですね。

ここ最近、阪神は速球が良い投手を獲得する傾向になるので、今年は山本隆広ではないかと予想しました。

さらに、地元の大阪出身ということで、阪神にピッタリではないでしょうか?

しかも幸運なことに、春季リーグは怪我で投げられていないので、他球団のマークも薄いです。

なので、素質的には十分ドラフト1位ですが、3位で獲得できると予想しました!

補強ポイントには合致していませんが、3位なら指名する価値ありという判断です。

2018年阪神ドラフト4位予想は坂本光士郎

続いてドラフト4位予想です。

即戦力の左投手として坂本光士郎を選びました。

下記は昨年末の台湾ウインターリーグです。

最速148km/hの速球は非常に力がありますね。

今シーズンブレイクした楽天の田中和基から空振りを取っていますね~

またリリースポイントが打者寄りで、球持ちが良さそうですね。

阪神の岩崎に近いイメージですね。

なので、先発よりもリリーフの方が適正は高いかもしれません。

阪神の場合、左の投手が欲しい所なので、坂本光士郎は良さそうですよね?

合せて読みたい!

【2018年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!

2018年阪神タイガース ドラフト予想!まとめ

以上が2018年ドラフトの阪神タイガースの指名予想でした。如何でしたでしょうか?

もう一度表を出しておきます。

順位名前守備投打学歴出身
1位藤原恭大外野手右投左打大阪桐蔭高校兵庫
外れ1位辰己涼介外野手右投左打立命館大学兵庫
2位増田陸遊撃手右投右打明秀学園日立高校大阪
3位山本隆広投手右投左打関西大学大阪
4位坂本光士郎投手左投左打新日鉄住金広畑広島

藤原はかなりの確率で重複でしょうから、1位で藤原か辰巳を獲得出来れば最高です。

さらに3位で山本隆広を獲得出来れば100点のドラフトだと思います。

私の予想は当たるでしょうか(笑)?

2018年のドラフト会議は10月25日です!

楽しみに待ちましょう!

12球団のドラフト1位指名予想が知りたい方は下記の記事をチェック!

合せて読みたい!

【2018】ドラフト会議一位指名予想!プロ野球全球団のドラフト指名予想選手は?

下記で今年のドラフトで阪神に獲得して欲しい選手投票をしています!是非ご投票を~

2018年ドラフトで阪神に欲しい選手は?






2018年 阪神タイガース ドラフト予想 1~4位 予想

8 件のコメント

  • 自分は藤原君が阪神に来てほしいと思う。走攻守全てがトップクラスなのでトリプル3が狙え、糸井のようになると思う。

    米倉君はフォームがきれいで個人的に獲得してほしい。

    • コメント有難うございます。

      今の阪神を考えれば、藤原を獲得がベストでしょう。
      特に足、守備が抜群なので、1年目から育成しながら使っていきたい、
      そのくらいの逸材でしょうね。

      米倉も良いですよね~
      上位で消えてしまう逸材でしょう!

      今年も良い選手が多いので迷います(笑)

  • 自分も阪神のドラフト1位は藤原選手、外れ1位でも辰己選手を指名して欲しいと思っています!
    今年はなんといっても打撃が悲惨なものでしたし野手の指名は必須だと思います。阪神は投手はいいので即戦力投手に逃げないで欲しいですね(外しまくったら仕方ないですけど(笑))
    幸か不幸か最下位なので2位指名も早いため2位の選手にも期待しています
    あと個人的には左投手でHonda鈴鹿の平尾投手を獲得してほしいです。

    • コメント有難うございます。

      やっぱり阪神の課題は打撃ですよね~

      最下位は悔しいですけど、2位でいい選手取れる可能性が広がりましたよね。
      今年は良い選手が多いだけに、けっこうおおきなアドバンテージだと感じています。

      金本監督からの最後のプレゼントです(笑)

      • そうですね。僕は一位は藤原君として二位で将来ローテに入れるようなピッチャーがほしいです。(秋山、藤浪、小野、才木の次に来る選手)個人的にフォームがきれいな米倉君が良いと思います。

        • コメント有難うございます。

          今年は最下位の為、2位でも1位クラスの良い選手が取れそうですよね~
          ドラフトが楽しみですね!

  • 藤原か根尾に行って欲しいところですが、在籍する大阪桐蔭出身の選手を二人、戦力外にしたことやここ数年不調の藤浪のことを思うと指名するのかが心配なところです

    ウィークポイントを考えると辰巳…

    なんですが陽川、大山も急場しのぎではありますが外野を守れることを考えるとハズレ1位ではローテーション争いに割り込める投手がいいでと思います(^^)

    • コメント有難うございます。

      阪神は有望な若手が多いので、難しい選択なんですよね~

      投手陣も数年後にローテ回せる選手が沢山いて、
      困ってしまいます(笑)

      野手・投手どちらしにして、即戦力指名でしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です