ドラフト2019候補 前佑囲斗(津田学園)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 前佑囲斗(津田学園)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフトの高校注目投手を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、Max148km/hのストレートを投げる前佑囲斗

恵まれた体格から繰り出される直球は非常に勢いがあります。

秋の三重大会で5打席連続奪三振を奪うなど、本格派投手として注目されています。

2019年の春のセンバツにも出場が決まっており、活躍を期待されている選手の一人。

今回はそんなドラフト2019候補 津田学園・前佑囲斗の成績・経歴・特徴をご紹介します。

2019ドラフト 前佑囲斗(津田学園)の経歴は?

まずは経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:前 佑囲斗(まえ ゆいと)
  • 出身地:三重県亀山市
  • 生年月日:2001年8月13日
  • 身長:182cm
  • 体重:87kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:関パワーキッズ → 津ボーイズ(亀山市立亀山中学校)→ 津田学園

詳しくみていきましょう。

前祐囲斗は入学当時から体重を9kgアップ

前佑囲斗は小学1年生の頃から野球を始めます。

中学になると硬式野球のチームである津ボーイズでプレー。

その後、2歳上の兄でがいる津田学園に進学をします。

入学当時からその恵まれた体格から周囲に期待されており、1年の秋からベンチ入りを果たしています。

身長はあったものの体重が少し軽めだったため、夏からウェイトトレーニングを開始。

さらに、マネジャーが作ったおむすびを、練習の合間に食べて体重を増やすことを重点的に行っていきました。

その結果体重は9kg増えてさらに球速を伸ばしているようです。

前祐囲斗は夏の敗戦から大きく飛躍

前述したように1年の秋からベンチ入りをしており、2年の夏にもベンチ入りを果たしています。

津田学園は2017年には三重の代表として夏の甲子園に出場し、2018年の夏も期待されていましたが、三重県大会の初戦で延長戦の末敗れてしまいました。

その時に救援投手として3番手でマウンドに上がった前佑囲斗は4回2/3を4安打で抑える好投を見せます。

しかし、延長12回の末サヨナラで負けてしましいました。

その時の悔しさをバネに、前述したように夏の段階からウェイトトレーニングを開始。

体重も増やし、特に制球力を意識して練習に取り組んだようです。

その結果球速は5km/hもアップし、制球力も増した前佑囲斗は秋季大会で躍動します。

前祐囲斗はチームを牽引し東海大会準優勝

秋の三重県大会では5試合に登板し内4試合は先発。

準決勝で惜しくも敗退しますが、3位決定戦で勝利し見事東海大会出場を決めます。

そして迎えた東海大会では、全4試合に先発で登板しフル稼働します。

決勝で敗れたものの、チームを牽引して東海大会準優勝を飾り、春のセンバツ大会出場を決めました。

夏の敗戦の悔しさをバネに努力が実った結果ですよね。

ちなみに、チームメイトには同級生にドラフト候補の前川夏輝がいます。

2019ドラフト 前佑囲斗(津田学園)の成績は?

続いて成績の紹介です。

成績
  • 甲子園通算:出場なし
  • 東海大会通算記録:4試合、25回1/3、防御率5.40、奪三振25、四死球9

東海大会の成績に注目してみました。

決勝で石川昂弥熊田任洋 擁する東邦に打ち込まれたので防御率が高くなっています。

しかし、それ以外の試合では3点以内に抑えており、先発投手としての役割を十分に果たしています。

完投することも多く、先発投手としてのスタミナは申し分ないのに加えて、四死球も少なく、試合をうまく作ることができる投手だといえます。

また、投球回数と同じだけの三振が奪えているというのも魅力的ですよね。

三重県大会の準決勝では、5者連続三振を奪うなど三振が多く取れる投手でもあります。

球速は150km/hに行かなくても、質のいいストレートが投げ込めているからこそ、打者を三振にとっているイメージです。

制球力もあるため、本格的な先発投手であることがよくわかります。

春の選抜大会ではどんなピッチングを見せてくれるのか楽しみです。

2019ドラフト 前佑囲斗(津田学園)の特徴は?

次に特徴の紹介となります。

まずは動画をみていきましょう。

こちらの動画は秋の大会での投球となります。

体型は細すぎず、ガタイがとてもいいなと思わせる体つきですよね。

フォームとしては、振りかぶらないノーワインドアップから、力むことなくボールを投げてる印象です。

最速148km/hのストレートはかなり力がありそうですね。

高身長を生かしたボールには伸びがあり、多少甘くてもバットを差し込めています。

また、追い込んでからの制球力は抜群でしたね。

変化球も鋭く曲がるスライダー系のボールを、低めいっぱいに決めて見逃し三振にバッターを仕留めています。

この投球を見るだけでもその実力はトップクラスです。

前祐囲斗の魅力は縦回転に近い伸びのあるストレート

前述したように前祐囲斗のストレートには伸びがあります。

相手打者の反応を見ると、空振りや振り遅れが目立つので、良いストレートと言えそうです。

真上から腕を振り下ろしているため、ボールが縦の回転に近く、綺麗なスピンがかかっているのでしょうね。

さらに身長が高く腕も長いため真上からボールが来るとかなり角度のあるボールとなり、低めに決まるとかなり遠いボールに感じると思います。

多少甘く入ったとしても予想以上にボールが伸びるためバッターはとらえにくいと思います。

ですが、自身も低めへの制球力をかなり意識しているようなので、低めへの精度が増せば増すほどさらに手のつけられない投手になっていくはずです。

前祐囲斗の変化球

ストレートの質がかなり高いですが、それを生かす変化球も優れています。

持ち球はスライダー、カーブです。

どのボールでもストライクが取れる制球力があります。

特にスライダーはスピードもキレも良さそうです。

ストレートと織り交ぜることでかなり投球の幅は広がっているようですね。

前祐囲斗のピッチングは吉田輝星流

前祐囲斗のピッチングスタイルは、2018年に甲子園を沸かした吉田輝星の投球術を参考にしているようです。

吉田輝星のピッチングといえば常時130km/h後半のボールを投げ込みながら、ピンチの時にはギアを入れて140km/h後半のボールを投げ込みピンチを切り抜ける投球をしていました。

そのピッチングスタイルを前祐囲斗も取り入れて、同じ直球でも意図的に球速を変えて打者を幻惑させることができるようです。

バッターを幻惑させることもできますし、全力投球じゃない分、スタミナ温存ができるため長いイニングを投げることができます。

ストレートの中だけで数種類の球速を操るのはなかなかできることではありません。

優れた野球センスと、努力あってこその武器だといえます。

2019ドラフト 前佑囲斗(津田学園)のスカウト評価は?

続いてスカウトからの評価です。

年明けから地元でもある中日などを含んだ7球団のスカウトが直々に視察に訪れています。

まだ、全国での実績もないですが、そのポテンシャルの高さからすでにプロからの注目はかなりあるようです。

前祐囲斗自身も高校卒業後のプロ入りも考えているようです。

今秋ドラフト1位候補に挙がっている星稜の奥川にも「負けたくない気持ちが強い」と話していました。

まずは春のセンバツでの活躍をすることでしょう。

さらに夏の大会でも結果を残せれば、ドラフト上位も見えてくるでしょうね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019ドラフト 前佑囲斗(津田学園)のまとめ

以上がドラフト2019候補 津田学園・前佑囲斗の成績・経歴・特徴の紹介でした。

実績がないのにも関わらずかなり注目を浴びている投手です。

現時点で最速148km/hなので、将来的には150km/hオーバーも狙えるでしょう。

順当にいけば今年の春・夏での活躍が期待される選手なので楽しみですね。

ライバルの投手たちを抑えて、全国でのし上がっていくことができるのか、これからの成績に期待がかかります。

合せて読みたい!

ドラフト2019 高校生候補まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です