ドラフト2019候補 高部瑛斗(国士館大)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 高部瑛斗(国士館大)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、国士舘大学の高部瑛斗選手です。

2019侍ジャパン大学野球日本代表候補に選ばれ、スカウトからも注目される、三拍子揃ったヒットマン。

今回はそんな国士舘大学 高部瑛斗経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

2019年ドラフト 高部瑛斗(国士舘大)の経歴は?

高部瑛斗の経歴です。

経歴
  • 名前:高部瑛斗(たかべ あきと)
  • 出身地:埼玉県毛呂山町
  • 生年月日:1997年12月11日
  • 身長 : 177cm
  • 体重 : 70kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴: 鶴ヶ島エンゼルス → 越生ボーイズ(毛呂山町立毛呂山中学校)→ 東海大甲府高校 → 国士舘大学

詳しく見ていきましょう。

高部瑛斗は小学校時代に、松永浩美さんから指導を受け、左打ちに!

小学校の頃から軟式野球を初め、鶴ヶ島エンゼルスでプレー。

小学生時代に、元プロ野球選手でオリックス、阪神、ダイエー(現ソフトバンク)に在籍した松永浩美さんから指導を受ける機会があり、助言を受けたのをを機に左打ちに変えました

中学校時代は、硬式野球チームの越生ボーイズに所属。

高校は山梨県の東海大甲府高校に進みます。

高部瑛斗は3年生夏に甲子園出場!

高校2年生夏まではベンチ入りできなかった事が多く、2年生夏に東海大甲府高校が出場した甲子園でもベンチ外でした。

2年生秋からは、レギュラーとして出場し、2年生秋の県大会の優勝に貢献します。

3年生夏は、県大会で優勝し甲子園に出場

2回戦の下関商業高校(山口)戦でタイムリー内野安打を打ちますが、3回戦の早稲田実業高校(東京)戦で敗れます。

甲子園での成績は、3試合で打率.308、1打点、1盗塁でした。

高部瑛斗は大学の二部リーグ戦で100安打!

大学は、国士舘大学(東都大学野球連盟に進学します。

なお、入学以降、国士舘大学は二部リーグです。

1年生の春からベンチ入りし、春のリーグ戦では、1番センターなどで全14試合に先発出場。

それ以降も、ポジションはセンターないしライト、打順は1番か3番を打ちます。

4年生春のリーグ戦(二部)で、100安打を記録します。

また、二部ながら2019侍ジャパン大学野球日本代表候補にも選ばれており、代表入りになるかも注目です。

2019年ドラフト 高部瑛斗(国士舘大)の成績は?

高部瑛斗の成績です。

成績
  • リーグ戦通算成績:試合91、打率.328、5本塁打、31打点、50三振、31盗塁、出塁率.404
  • 2019年春季リーグ:試合13、打率.386、1本塁打、4打点、4三振、8盗塁、出塁率.534

二部ながら打率は3割を大きく超える素晴らしい成績を残しています。

また5本塁打を記録しており、長打も打てるタイプであることがわかりますね。

さらに4割を超える出塁率で四球を選べるタイプです。

盗塁も出来るタイプなので、出塁できるというのは高評価ですね。

91試合で50三振なので若干三振が多いという印象です。

ただ、2019年春季リーグでは三振割合が減り、四球をより選べていることから、選球眼も良くなっていることがわかります。

盗塁も出来るタイプなので、相手投手からしたら非常に厄介な選手ですね。

2019年ドラフト 高部瑛斗(国士舘大)の特徴は?

高部瑛斗の特徴です。

まずはこちらの動画(侍ジャパン候補合宿の打撃練習)を見ていきましょう。

右足を上げてタイミングを取っていて、バットを高めに構えるフォームですね。

足を下ろしてからは、足をあまり上げずに体重移動しています。

そして、しっかりと振り抜くことが出来ています

高部瑛斗は広角に打てる!

動画を見ると、内角の球は、前寄りでミートしてライト方向中心に打っています。

一方で、外角の球は、後ろ寄りでミートしてレフト方向中心に打っていています。

バットを非常に柔らかく使えているので、どのボールにも柔軟に対応出来ている印象です。

どの方向にも打ち分けることが出来るので、高い打率が残せるのでしょうね。

高部瑛斗は長打力!

次に、2019年の二部リーグ公式戦の動画を見ていきましょう。

ほぼ真ん中の球ですが、スタンドに運んでいます。

両翼95mの球場ですが、高い弾道で楽々とスタンドに入り、飛距離がありそうです

体重移動がしっかりと出来ていて、最後まで振り切っているので、長打が打てるのでしょう。

高部瑛斗の選球眼は?

代表候補合宿の紅白戦の動画を見てみましょう。

動画を見ると、ボール球は見逃し、ストライクゾーンギリギリの球はファウルで粘ることが出来ていています。

ただ、動画の終盤では高めの球を空振りして三振を取られたり(動画で言う第3打席)、低めの球に手を出してアウトを取られる(第4打席)場面も見られました。

選球眼はやや高めといった所でしょう。

三振数が多めなので、今後は、三振を減らし、出塁率を上げていけるといいでしょう。

高部瑛斗の守備は?

最後に、こちらの動画を見てみましょう。

センターへのゴロを捕りに行った後、すぐに投げてホームでアウトにしています。

遠投105mということもあり、強肩と言えそうです。

また、打球への反応も良く、50m走は5秒8と足も速いです。

守備範囲も広そうですね。

高部瑛斗の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 広角に打ち分けることが出来る
  • 長打を打てる
  • 選球眼はやや高め
  • 肩が強く足も速い

です。

三振数が多いなどの課題はありますが、走攻守揃った外野手であるという印象です。

2019年ドラフト 高部瑛斗(国士舘大)のスカウト評価は?

高部瑛斗のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「バットコントロールがよくて、しつこい1番タイプ。左対左でも余裕がある」
  • ロッテ・永野チーフスカウト「2部も決してレベルは低くない。110安打は大したもの。ガンガン振れて、ミート力にパンチ力もある。打撃スタイルは元巨人の小笠原みたい」
  • DeNA・吉田スカウト部長「2部でも100安打は大したもの。野球センス、スイング力を感じるし、足も肩もある」
  • 巨人・青木スカウト「振る力があり、身体能力が高い」
  • ソフトバンク・荒金スカウト「左打者としては辰己(楽天)、近本(阪神)に似たタイプ」

これらは、2019年春のリーグ戦を視察した時のコメントです。

二部リーグではありますが、バッティングや身体能力についての評価が高いですね。

走攻守揃った選手ということもあり、獲得を考える球団は今後も増えそうです。

本人もこのように語っていて、プロへの意欲が高いです。

「指名がなければ野球をやめるつもりです」

このまま活躍を続ければ、2019ドラフトで指名される可能性は高いでしょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019年ドラフト 高部瑛斗(国士舘大)のまとめ!

以上が、国士舘大学 高部瑛斗経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

広角に打てるバッティングなどが魅力の三拍子そろった選手です。

二部リーグですが、2019大学野球日本代表候補にも選ばれていて、代表入りになるかも注目です。

現時点でも注目しているスカウトがいて、今後の活躍次第で2019ドラフトで指名されそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です