ドラフト2019候補 立野和明(東海理化)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 立野和明(東海理化)の成績・経歴・特徴は?

2019年の社会人のドラフト注目選手を見ていきましょう。

その中の一人が東海理化の立野和明投手です。

2018年11月の社会人の日本選手権大会で12回1失点完投勝利を挙げるなど活躍しました。

今回はそんな2019年ドラフト候補 東海理化・立野和明経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

2019ドラフト 立野和明(東海理化)の経歴は?

まずは立野和明の経歴です。

経歴
  • 名前:立野和明(たての かずあき)
  • 出身地:愛知県豊山町出身
  • 生年月日:1998年4月3日
  • 身長:181cm
  • 体重:77kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:豊山フェニックス(豊山町立豊山小学校) →東海チャレンジャーボーイズ(豊山町立豊山中学校) →中部大学第一高校→ 東海理化

詳しく見ていきましょう。

立野和明の小学校、中学校時代は?

立野和明は、豊山立豊山小学校1年の時、豊山フェニックスで野球を始めました。

豊山町立豊山中学校に進んでからは、硬式野球チームの東海チャレンジャーボーイズでプレー。

立野和明は高校時代に141㎞/hをマーク

高校は、地元・愛知の中部大学第一高校に進学、1年秋からベンチ入り、2年秋からエースとなります。

2年秋は、県大会の1回戦は完投勝利、2回戦は完封勝利を挙げますが、3回戦となる至学館高校戦では、逆転サヨナラ負けとなりました(この試合も完投)。

注目され始めるのは、3年生春の大会の3回戦・大府高校戦辺りからで、チームは敗れますが、この試合で最速141km/h、2桁10三振をマークしました。

3年夏は、1回戦の尾西高校戦でコールドですが7回完封、5者連続を含む11奪三振の好投。

次の2回戦で5失点しチームも負けてしまい、最高でも県大会3回戦までしか行けなかった事になりますが、投球内容などはプロから評価されています。

しかし、プロ志望届は提出しませんでした。

立野和明が、台湾ウィンターリーグで152km/hをマーク!

高校卒業後は、東海理化に就職します。

1年目からリリーフで登板機会をつかみます。

その年の2017年都市対抗野球大会では、ホンダ鈴鹿の補強選手としてベンチ入りしましたが、投げる機会はありませんでした。

2年目からは、先発でも投げるようになり、2018年都市対抗野球大会では、東邦ガスの補強選手に選ばれます。

1回戦のNTT東日本戦に6回ウラから3番手でマウンドに上がり、6回は抑えますが7回にソロホームランを打たれチームも敗れます。

この時の最高球速は147km/hでした。

2018年11月、社会人日本選手権大会に出場します。

1回戦の室蘭シャークス戦に先発し、12回138球4安打1失点完封、10奪三振で球速も150km/hまで伸びています。

2回戦にはリリーフ登板しますが、追加点を許しチームも負けてしまいます。

しかし、投球内容を評価され、2018年12月の台湾ウィンターリーグ社会人選抜に選出。

日本や台湾などのプロ相手に打たれるなど結果は残せませんでしたが、自己最速の152km/hをマークします。

社会人になってから体重も球速も10キロアップしているそうで、のびしろもありそうです。

2019年ドラフト 立野和明(東海理化)の成績は?

続いて立野和明の成績を見ていきましょう。

  • 都市対抗通算:1試合、1 1/3投球回、防御率6.75、0勝0敗、1奪三振、0四死球
  • 日本選手権通算:1試合、12投球回、防御率0.75、1勝0敗、10奪三振、1四死球
  • 2018台湾ウィンターリーグ通算:3試合、5 2/3投球回、防御率9.53、0勝2敗、4奪三振、1四死球

成績は2018年終了時点です。

奪三振率は、社会人全国大会合計で7.43、ウィンターリーグで6.35とそこまで三振を取るというわけではないです。

一方で、被安打率は全国大会で4.73、ウィンターリーグで15.88、四死球率は全国大会で1.59、ウィンターリーグで2.52でした。

ウィンターリーグで打ち込まれた以外は、大崩れせず四死球が少ないことが分かります。

2019年は、全国大会に出場し2018年以上の結果を残すことが大事になります。

さらに、プロ野球等の上のレベルと戦う機会があればなおさらです。

一方で、プロ注目選手で多くの試合にスカウトが視察に来るので、それ以外の試合での内容も求められます

2019年ドラフト 立野和明(東海理化)の特徴は?

続いて立野和明の特徴です。

最初に、動画を見てみましょう。

上の動画は、2018年台湾ウィンターリーグ(プロ野球イースタンリーグ選抜戦)のものです。

スリークォーター気味の全身を使って投げるフォームや、しなやかな腕の振りが特徴ですね。

立野和明はノビのあるストレート!

一番の武器は、ノビのあるストレートです。

先ほども書いた通り、最速は152㎞/hですが、バッターは球速よりも早く感じるかもしれません。

動画を見るとわかりますが、全身の柔軟性があり腕がよく振れていますね。

全身を使ったフォームなのでキレが出るのかもしれません。

また、常にセットポジションで投げていますが、ストレートはほとんど140km/h以上のボールを投げられています。

ランナーを置いた際も、球威が落ちることは無さそうですね。

立野和明は多彩な変化球を持つ本格派投手!

動画を見る限り変化球は、フォーク、カーブ、スライダーを投げているようです。

どの球種も、変化が大きいことが分かります。

その他に、カットボールやツーシームも投げるようです。

最速152㎞/hのストレートと110㎞/h台のカーブを投げ球速差があります。

ストレートや多彩な変化球を投げ分ける本格派投手です。

立野和明の制球力は?

では、制球力はどうでしょうか。

動画を見た限りでは、やや高い制球力がありそうです。

大体は捕手の構えたコースに投げられていますが、時々、逆球や抜ける球があります。

制球力がもっと安定すれば、プロ級の打者をもっと抑えられるでしょう

立野和明の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴
  • 全身を使ったフォームから繰り出される最速152km/hストレート
  • 変化球はフォーク、カーブ、スライダー、カットボール
  • ストレートと多彩な変化球を投げ分ける本格派投手
  • 若干、制球が安定しないことがある

です。

武器であるストレートと多彩な変化球とのコンビネーションがあり、制球が安定すればもっとプロにも通用するという印象です。

2019年ドラフト 立野和明(東海理化)のスカウト評価は?

続いて立野和明のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・熊野スカウト:「来年の目玉。このまま行けば間違いなく上位候補になるし、1位候補になれる」
  • 中日・中田スカウトディレクター:「肩周りが柔らかく、見るたびに良くなっている。1位候補に入ってくる」

これらは、2018年社会人全日本選手権後のコメントです。

1位候補というコメントがあったり、スカウトディレクターからもコメントがあるということは、かなりの高評価ですね。

参考までに、2016年7月の高校野球県予選後のコメントですが、

スカウト評価
  • DeNA・大久保スカウト:「フォームに癖がない。このまま力をつければ面白い投手になる」
  • 広島・松本スカウト:「スピードが出てくれば、上(プロ)を狙える」
  • 日本ハム・熊崎スカウト:「いい投手です。コントロールがいいし、フォームもいい。リリースが安定している。打撃を見ても身のこなしの良さを感じる」

高校時代から、フォームやコントロールなどで評価を得ていることがうかがえます。

キレのある速球を投げる本格派ということで、恐らく2019年ドラフト上位候補でしょう。

今年、高卒3年目で、大卒でドラフトにかかる選手より1学年下という若さも魅力です。

今後の活躍によっては1位指名の可能性もありそうですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019年ドラフト 立野和明(東海理化)のまとめ

以上が、東海理化・立野和明経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

全身を使ったしなやかなフォームから投げる最速152km/hのストレートと多彩な変化球が特徴です。

現時点でのスカウト評価や、高卒3年目と若い本格派投手ということで、2019年ドラフトで上位指名は確実でしょう。

制球力が安定し、全国大会やプロとの練習試合で力を発揮すれば、ドラフト1位の可能性も考えられます。

これからの立野和明の活躍や動向に注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です