【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!パリーグの戦力分析結果を公開!

【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!プロ野球ペナントレース一位はホークス!?

今回は2019年プロ野球パ・リーグの順位予想です。

単に予想するだけだとつまらないので、この記事では「戦力値」という数字を使って分析していきます。

その戦力値と、順位予想は下記の記事で紹介していますので、見ていない方はまず、下記をご参照ください。

合せて読みたい!

【2019】プロ野球 順位予想まとめ!セパ全12球団のガチ順位予想です!

上記の記事は全体の概要となっており、細かい分析までは公開していません。

そこで、こちらの記事では、パ・リーグに特化して、各チームの戦力分析結果をご紹介していきます。

各チームのファンの方は色々言いたいこともあるでしょうから、何かあれば一番下のコメント欄へお願い致します。

また、この記事の最後に優勝チーム予想のアンケートをやっていますので、是非投票お願いします!!

*本記事は1/7時点の情報を元にしています。また、随時更新をしていく予定です。

2019年 プロ野球 パ・リーグ順位予想結果

まず、冒頭の記事で紹介しているセ・リーグ順位予想をおさらいしていきます。

続いてパ・リーグの順位予想をご紹介します。

順位チーム2018
WAR
2019
WAR予想
2019
戦力値
1位ホークス836051.756.783.68
2位日本ハム79644.044.552.579.48
3位西武78651.057.350.877.78
4位楽天647914.027.436.963.88
5位オリ63801.036.435.962.88
6位ロッテ62811.026.834.361.28

*スマホは右にスクロール可
*基本は戦力値を四捨五入で勝ち星。ただし、全球団の勝ち星が429になるように調整。
*1/7時点でシーズンに影響がなさそうな怪我については考慮していません。

ちなみにおさらいしておくと、セイバーメトリクスのWARとは

そのポジションの控え選手と比べて、どれだけの勝利数を上積み出来るか?

という数字です。

具体的には下記の数字の区分けになっています。

評価WAR
MVP6.0~
スーパースター5.0-6.0
オールスター4.0-5.0
好選手3.0-4.0
レギュラー2.0-4.0
先発メンバー1.0-2.0
控え1.0以下
リプレイスメント0未満

という評価になっており、このWARを参考に各選手を評価しています。

以上のパ・リーグ順位予想を踏まえ、各球団の詳細をチーム別にご紹介していきます。

2019年 パ・リーグ優勝予想!一位はソフトバンクホークス!

まずは一位予想のホークスの戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

基本的には2018年のWARの数値から算出しています。

ホークス
項目加点減点
甲斐野加入1 
本多退団 1
今宮アップ(1→3)2 
牧原アップ(2.5→3)0.5 
内川アップ(0→2)2 
サファテアップ(0→2)2 
ミランダアップ(1.5→2.5)1 
大竹アップ(1→2)1 
岩嵜アップ(0→1)1 
グラシアルダウン(1→0) 1
バンデンダウン(2.5→0) 2.5
明石ダウン(1→0) 1
10.55.5

それでは詳細を説明していきます。

ホークスの場合、大きな退団や補強が無いので、基本的には既存選手の活躍次第となりそうです。

その中でも、昨年怪我のあったサファテ・内川・今宮・岩嵜が通常の出場をすることを想定し、大幅な加点としています。

また、昨年途中から良い働きをしていたミランダが2019年も活躍するでしょう。

ただ、外国人枠の関係があり、グラシアルやバンデンハークの出場機会はかなり減りそうです。

その為、二人の評価は下げています。

また、新人ではドラフト一位の甲斐野が、即戦力リリーフでそこそこの結果を残しそうなので、プラスとしています。

以上でホークスは5のアップとなりました。

昨年はあれだけの怪我や離脱がありながら、2位という結果でしたので、2019年に一位予想となるのは、当然と言えば当然です。

選手層は12球団No.1といって良いでしょうね。

2019年 パ・リーグ優勝予想!二位は日本ハムファイターズ!

続いて二位予想の日本ハムの戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

日本ハム
項目加点減点
王柏融加入2.5 
ハンコック加入1.5 
バーベイト加入1 
金子加入(2→3)3 
秋吉加入1 
レアード退団 1.5
アルシア退団 0.5
トンキン退団 1
高梨退団 0.5
渡邊アップ(0.5→1.5)1.5 
横尾アップ(0.5→2)1.5 
田中ダウン(0.5→0) 0.5
124

それでは詳細を説明していきます。

日本ハムの場合は、オフシーズンに積極的な補強をしていましたね。

特に大きいのは金子と王柏融の加入でしょう。

金子はここ数年低迷していますが、それでも最低限ローテーションを守れるくらいの活躍はしています。

自由契約となった悔しさもあるでしょうから、2019年シーズンは期待したいですね。

また、台湾から移籍した王柏融は、かなりの成績を残しそうです。

2017年WBC前の侍ジャパンとの練習試合では、則本からホームランを放ち、菅野からヒットを放つなど、NPBの一流相手にしっかり結果を残しています。

主軸として、十分成績を残せる選手です。

その他にも、新外国人のハンコック・バーベイド、トレードで秋吉が加入しており、リリーフ陣の層が厚くなっていますね。

また、レアードがいなくなったこともあり、期待の横尾をサードで起用できるのも良い効果となりそうです。

以上で日本ハムは8のアップとなりました。

これにより、2019年シーズンは十分優勝の可能性が有る戦力となりましたね。

清宮は?という声がありそうですが、スタメンを考えてみると、出場できそうなポジションがありません。

王柏融が活躍しない、誰かが怪我をした、といった状況にならないと出場は難しそうです。

ただ、出場すれはそれなりの成績を残すでしょうから、それだけ日本ハムの層が厚くなっていると言えるでしょう。

2019年 パ・リーグ優勝予想!三位は西武ライオンズ!

続いて三位予想の西武の戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

西武
項目加点減点
ニール加入1 
内海加入(1→2)2 
松本加入2 
浅村退団 6.5
ウルフ退団 1
菊池退団 5.5
中村アップ(2→3)1 
マーティンアップ(0.5→1.5)1 
今井アップ(1→2)1 
榎田ダウン(2→1.5) 0.5
多和田ダウン(4→3) 1
814.5

それでは詳細を説明していきます。

西武は浅村・菊池の退団で大幅に戦力を下げており、二人でWAR12という非常に大きな損失です。

投打の主力が抜けてしまうのは非常に大きな痛手ですよね。

ただ、炭谷の人的補償で内海が加入、新人の松本航という即戦力も加入しています。

先発投手陣が手薄ということもあり、内海・松本の加入は救世主的な存在といえるでしょう。

また、昨年今井がそこそこ投げられたのは大きな好材料です。

2019年は飛躍の年として、期待したいところです。

打線の方では中村がやってくれそうです。

昨年の後半戦くらいから、かつての打撃が戻っていましたので、2019年シーズンは期待できそうです。

逆に、昨年好成績だった多和田・榎田が昨年並みの成績を残すのは難しそうです。

その為、二人の評価を下げています。

以上で西武は6.5のマイナスとなりました。

主力の二人が抜けた損失はカバーできておらず、2019年は三位予想となりました。

打線の方はこれ以上の上積みは難しいでしょうから、投手陣がどこまで踏ん張れるかがカギとなるでしょうね。

2019年 パ・リーグ優勝予想!四位は楽天イーグルス!

続いて四位予想の楽天の戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

楽天
項目加点減点
浅村加入(6.5→6)6 
ブセニッツ加入1.5 
ブラッシュ加入1 
辰巳加入1 
福井加入(0→1)1 
アマダー退団 1
田中アップ(2.5→4.0)1.5 
宋ダウン(1→0.5) 0.5
青山ダウン(1→0.5) 0.5
久保ダウン(0.5→0) 0.5
122.5

それでは詳細を説明していきます。

一番のインパクトは浅村の加入ですね。

課題のセカンドが一気に強みとなる、非常に素晴らしい補強です。

2018年の浅村の評価は6.5ですが、多少調整をして6としています(笑)。

その他、新外国人のブセニッツ・ブラッシュやトレードで加入した福井、新人の辰巳をプラス評価としています。

また退団選手は、アマダー・ペゲーロがいますが、ペゲーロはWAR-0.1なので、影響なしという事で表には入れていません。

その他のアップ要素としては、田中和基です。

昨年は一気にブレークし、新人王を獲得しましたね。

走攻守全てで非常にレベルの高い選手なので、2019年はさらに成績を伸ばすでしょう!

期待も込めて、大幅アップとしています。

逆に、昨年好成績だったリリーフ陣については、2019年も同等の働きが出来るか?というと厳しいので評価を下げています。

以上で楽天は9.5のプラスとなりました。

大幅なプラスということで、昨年の最下位から一気に4位へ上り詰めました。

しかし、三位西武との差は非常に大きいです。

Aクラス入りとなると厳しいでしょうね~

2019年 パ・リーグ優勝予想!五位はオリックスバファローズ!

続いて五位予想のオリックスの戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

オリックス
項目加点減点
メネセス加入2.5 
金子退団 2
西退団 3.5
ローチ退団 1
宗アップ(0→1.5)1.5 
福田アップ(2→2.5)0.5 
山本由伸アップ(1.5→3.0)1.5 
田嶋アップ(1→2)1 
東明ダウン(1.5→1.0) 0.5
澤田ダウン(1.5→1.0) 0.5
77.5

それでは詳細を説明していきます。

大きなインパクトがあったのは、金子・西の退団ですね。

ともに長年チームを支えた選手だけに、大きな痛手となっています。

その為、昨年リリーフで大ブレークした山本由伸を先発に抜擢しそうな予感がしています。

山本由伸は元々先発ですし、投球スタイルも先発向きです。

彼が先発になれば、十分二桁勝利できるでしょうから、大幅なプラス評価としています。

その他に、昨年期待されて不発だった宗、シーズン序盤に活躍し怪我で離脱した田嶋といった若手が2019年はブレークし、評価を上げそうです。

また、新外国人のメネセスはまだ若く、年々成績を上げていることもあり、面白そうな存在です。

逆に、昨年好成績だったリリーフ陣については、2019年も同等の働きが出来るか?というと厳しいので評価を下げています。

以上でオリックスは0.5のマイナスとなりました。

これで楽天に抜かれ、順位を四位から五位に落としています。

ただ、楽天とは非常に僅差であることから、四位になれる可能性は十分あるでしょう。

しかし、楽天同様にAクラス入りとなると、非常に厳しい状況であることは間違えありません。

2019年 パ・リーグ優勝予想!六位は千葉ロッテマリーンズ!

続いて六位予想のロッテの戦力分析。

評価で変動がありそうな部分は下記となっています。

ロッテ
項目加点減点
藤原加入1 
東妻加入1 
バルガス加入2 
シェッパーズ退団 1
ドミンゲス退団 0.5
角中アップ(0.5→1.5)1 
荻野アップ(0.5→2)1.5 
藤岡アップ(-0.5→1.0)1.5 
安田アップ(-0.5→1.0)1.5 
ボルシンガーダウン(3→2.5) 0.5
9.52

それでは詳細を説明していきます。

ロッテの場合は特に大きな戦力補強はしていませんね。

新外国人については、バルガスがそこそこの活躍はしそうですが、レイビンは厳しそうなので評価には入れていません。

新人では藤原東妻たりは、即戦力として戦力になりそうです。

藤原は、現時点で打撃については厳しいでしょうが、走力・守備力ではすでに一軍トップレベルです。

走力野球を掲げる井口野球にピッタリあう選手なので、一軍で使いながら育成するのではないでしょうか。

東妻については、即戦力として十分一軍でやれる実力がありますので、手薄な投手陣の中で貴重な存在となりそうです。

その他は、2018年シーズン不調や離脱した、角中・荻野あたりは、通常の活躍をすることを想定し、プラス評価となっています。

また、若手の藤岡・安田あたりは、2019年にはより活躍するでしょうから、期待を込めてプラス評価です。

以上でロッテは7.5のプラスとなりました。

2018年は五位でしたが、2019年は六位予想となってしまいました。

ただ、4位楽天・五位オリックスとは非常に僅差なので、既存選手や新加入の選手の活躍次第では、四位を十分狙えるでしょう。

しかし、楽天・オリックス同様に、3位との戦力差は非常に大きいので、Aクラス入りは難しいでしょうね。

【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!プロ野球ペナントレース一位はホークス!?

以上が2019年パ・リーグ順位予想の戦力分析結果でした。

現時点ではホークス・日本ハム・西武の優勝争い、

そこから離れて、楽天・オリックス・ロッテのBクラス争い、

といった感じで、AクラスとBクラスの差がはっきりしそうですね。

ただ、ペナントレースは流れや勢い、怪我などで大きく左右するものです。

なので、良かったチームも悪かったチームも参考程度に見ておきましょう。

2019年プロ野球パ・リーグの開幕は3月29日です。

それまで楽しみに待ちましょう!

合せて読みたい!

【2019】プロ野球 順位予想まとめ!セパ全12球団のガチ順位予想です!

2019年 パ・リーグの優勝はどこだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です