【2023最新】プロ野球の順位予想まとめ!解説者・メディアのセパ順位予想まとめ!

本記事では

本記事の内容

という内容となっています。

解説者や各メディアの順位予想をまとめ、ポイント集計してトータルとしての順位予想をご紹介しています。

また、読者の皆様の優勝予想もご紹介していますので、ご投票頂けますと嬉しく思います!

2023年プロ野球の順位予想!【解説者・メディア】

現在出ている解説者&メディアの順位予想をまとめると下記順位です。

*2月2日時点の情報です。

順位
一位阪神福岡
二位ヤクオリ
三位横浜西武
四位巨人千葉・楽天
五位中日
六位広島ハム

現時点で予想は少ないですが、以上のような予想となっています。

セパ共に昨年の順位に近い形となっており、

  • セリーグの優勝予想は阪神
  • パリーグの優勝予想はホークス

となっています。

対して、

  • セリーグ最下位は広島
  • パリーグ最下位は日本ハム

となっています。

セ・リーグ順位予想一覧

*スマホは右にスクロール可
*予想は最新のみ記載

名前一位二位三位四位五位六位
里崎智也ヤク阪神広島横浜巨人中日
宇野勝阪神中日ヤク巨人横浜広島
ラミレス横浜ヤク巨人阪神中日広島
槙原寛己阪神ヤク横浜巨人広島中日
AREAdot阪神ヤク阪神巨人中日広島
山本昌ヤク阪神巨人横浜中日広島
赤星憲広阪神横浜ヤク巨人広島中日
高木豊阪神横浜ヤク巨人広島中日
滝野要横浜ヤク中日巨人阪神広島
掛布雅之阪神横浜ヤク巨人広島中日
高橋由伸巨人阪神横浜ヤク広島中日
江本孟紀巨人阪神ヤク横浜広島中日

上記の順位予想のから計算した総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
阪神9450326420
ヤク86203230400
横浜803024121220
巨人62200122820
中日20086060
広島180060120

現時点で1位予想が一番多いのが阪神で、ヤクルトは1位・2位・3位予想が多くなっており、トータルとして阪神がわずかに上回っています。

しかし、点数的にもこの2チームの差はほとんどないと言っていいでしょう。

また、3位の横浜も高得点を獲得しており、上位2チームに迫る点数となっています。

上位3チームから少し離れ巨人、さらに離れ 中日 → 広島 と続いています。

パ・リーグ順位予想一覧

*スマホは右にスクロール可
*予想は最新のみ記載

名前一位二位三位四位五位六位
里崎智也福岡西武オリ楽天千葉ハム
AREAdotオリ福岡千葉西武楽天ハム
山本昌オリ福岡楽天千葉西武ハム
高木豊福岡オリ西武千葉楽天ハム
江本孟紀福岡西武オリ楽天千葉ハム

上記の順位予想のから計算した総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
福岡4630160000
オリ4020812000
西武280166420
千葉18006840
楽天18006840
ハム0000000

現時点で予想数が少ないのであまり参考になりませんが、現時点でホークス・オリックスの優勝予想が多くなっています。

続いて西武、楽天、ロッテ、と続いていますが点数的には差がないので、今年も激しい争いとなりそうですね。

日本ハムが今のところ0点という厳しい評価になっています。

読者の皆様の2023プロ野球の優勝予想

読者の皆様による2023プロ野球の優勝予想の投票を受け付けています。

ご投票頂けると嬉しく思います!

*2月2日時点

順位
一位阪神福岡
二位横浜オリ
三位ヤクハム
四位中日楽天
五位広島千葉
六位巨人西武
2023年のセリーグ優勝チームを予想しよう!

現時点で優勝予想が多いのは阪神です。

昨年は開幕17試合で1勝15敗1分という悲惨な状況でした。

そこからAクラスまで上り詰めたことは、チーム自体の実力が高い事を証明していると言えるでしょう。

特に圧倒的な投手陣がいるので、今年も好成績を残せると予想した方が多かったのでしょうか。

2位は横浜となっています。

本サイトの昨年の投票は1位で、ペナントレースの結果は2位と、皆様の予想通りの好結果を残しています。

大きな戦力ダウンもなく、期待の若手も多いので、さらなる順位アップを期待した方が多いのでしょう。

3位はヤクルトです。

本サイトの昨年の投票は3位で、ペナントレースでは1位となりました。

しかし、今年も1位筆頭候補だと思います。

マクガフの退団は痛いですが、長岡や内山などの台頭や、奥川の復活などあれば十分に埋められるでしょう。

また、新人王筆頭候補吉村は1年目から10勝近くできる実力があると思います。

合せて読みたい!

【2023】プロ野球セ・リーグ新人王候補をランキング形式で!

2023年のパリーグ優勝チームを予想しよう!

現時点で優勝予想が多いのはホークスです。

昨年は同率でオリックスに敗れましたが、チーム得失点数差を見ると、圧倒的にホークスが勝っています。

また、FAでの近藤の補強、怪我から復活する栗原・上林など、上振れの要素が多くなっています。

その為、チーム力はホークスの方が上という見方が多くなっているのでしょう。

2位はオリックスです。

昨年は優勝となり、今年はFAで森が加入しました。

また、昨年途中から圧倒的な結果を残した宇田川など、昨年以上に期待が持てる戦力となっています。

3位は楽天と日本ハムが僅差です。

楽天は昨年ドラフトで即戦力の荘司小孫渡辺・伊藤という大学社会人を1~4位を獲得。

新人選手がどこまでやれるかによって、順位が大きく変わってきそうですね。

日本ハムはFAで近藤が退団し、大きな戦力ダウンとなっています。

それでも投票が多いというのは、新庄監督に期待するファンが多いからでしょうか。

個人的に期待したいのは楽天同様に新人選手です。

1位の矢澤、2位の金村、3位の加藤と即戦力でやれる戦力をしっかり獲得できました。

3人共に1軍で結果を残せればひょっとすると、、、という事もありそうですね。

合せて読みたい!

【2023】プロ野球パ・リーグ新人王候補をランキング形式で!

2022プロ野球の順位予想のおさらい

2022年の順位予想結果をおさらいしておきます。

予想的中者【セリーグ編】

昨年のセリーグ順位予想で的中した方はいませんでした。

予想的中者【パリーグ編】

昨年のパリーグ順位予想で的中した方はいませんでした。

総合ランキング

続いてセパ両方で予想の精度が高かった方のランキングをご紹介します。

順位名前pt
1位江本孟紀32
1位篠塚和典32
3位AREAdot30
4位渡辺俊介24
4位五十嵐亮太24
6位田中幸雄22
7位里崎智也20
7位野村弘樹20
9位星野伸之18
10位古田敦也14

数値は一位10pt、二位8pt、三位6pt、四位4pt、五位2pt、六位0pt、という形で、的中した球団分を積み上げて算出しました。

上位チームをズバリ当てた方の点数が高くなるようになっており、セパ合せて全的中で60ptとなります。

なので、全体的に予想が当たっておらず、点数が低くなっていました。

野球解説者泣かせのシーズンでしたね。

2022年プロ野球の順位予想!【解説者・メディア】

解説者&メディアの順位予想は下記となっていました。

順位
一位阪神オリ
二位巨人千葉
三位ヤク福岡
四位横浜楽天
五位中日西武
六位広島ハム

セリーグの優勝予想は阪神・巨人・ヤクルトが多く、この3チームの評価は同等といえそうです。

パリーグはオリックスがやや抜けていますが、ロッテ・ホークス・楽天までは評価が高く、激しいAクラス争いとなりそうです。

セパ別に詳しく見ていきましょう。

セ・リーグ順位予想一覧

*スマホは右にスクロール可
*予想は最新のみ記載

名前一位二位三位四位五位六位
AREAdot阪神横浜ヤク巨人広島中日
江本孟紀
ヤク巨人広島阪神横浜中日
宇野勝中日ヤク阪神巨人広島横浜
高代延博
阪神広島ヤク巨人横浜中日
藪恵壹
阪神広島巨人中日横浜ヤク
野村弘樹
ヤク中日巨人横浜阪神広島
濱中治
横浜阪神ヤク巨人中日広島
五十嵐亮太ヤク巨人横浜阪神中日広島
梨田昌孝
横浜ヤク阪神巨人中日広島
真弓明信
阪神広島中日巨人ヤク横浜
緒方孝市
横浜阪神ヤク巨人広島中日
佐々木主浩
巨人ヤク中日阪神横浜広島
吉田義男阪神中日巨人ヤク横浜広島
一枝修平
阪神ヤク横浜巨人中日広島
桧山進次郎
横浜巨人ヤク阪神中日広島
山田久志
巨人阪神中日ヤク横浜広島
今岡真訪
阪神中日巨人ヤク横浜広島
森祇晶
巨人ヤク阪神横浜中日広島
岩田稔
ヤク巨人阪神中日広島横浜
大石大二郎
巨人阪神ヤク横浜中日広島
鳥谷敬巨人阪神中日ヤク横浜広島
中西清起
阪神巨人中日ヤク横浜広島
権藤博
巨人中日阪神ヤク広島横浜
広瀬叔功
巨人阪神広島横浜ヤク中日
中西太
阪神巨人横浜ヤク中日広島
建山義紀
巨人ヤク阪神横浜中日広島
宮本慎也
横浜巨人ヤク中日阪神広島
和田一浩
巨人横浜阪神ヤク中日広島
西本聖ヤク巨人阪神横浜広島中日
篠塚和典巨人阪神横浜ヤク中日広島
田村藤夫阪神巨人ヤク横浜中日広島
浜名千広阪神中日ヤク巨人横浜広島
谷繁元信巨人ヤク中日横浜阪神広島
上原浩治横浜巨人阪神ヤク中日広島
里崎智也ヤク巨人阪神横浜広島中日
森本稀哲横浜ヤク阪神中日巨人広島
村田真一
巨人ヤク阪神横浜中日広島
高橋由伸巨人阪神ヤク横浜中日広島
ラミレス巨人中日阪神横浜ヤク広島
山崎武司
阪神ヤク巨人中日横浜広島
須藤豊巨人ヤク横浜中日阪神広島
狩野恵輔
阪神横浜巨人ヤク中日広島
小山正明
阪神横浜ヤク中日巨人広島
佐藤義則
阪神ヤク横浜巨人中日広島
岡義朗
巨人阪神横浜ヤク中日広島
岡田彰布中日巨人ヤク阪神横浜広島
藤田平
阪神横浜ヤク巨人中日広島
谷佳知
巨人ヤク阪神横浜広島中日
中田良弘
横浜阪神巨人ヤク広島中日
石原慶幸
広島巨人横浜阪神ヤク中日
関本四十四
巨人ヤク横浜阪神中日広島
若生智男
阪神ヤク横浜巨人中日広島
安仁屋宗八
広島阪神横浜巨人ヤク中日
金本知憲
巨人阪神ヤク中日広島横浜
赤星憲広
阪神ヤク巨人横浜中日広島
山本昌
中日阪神ヤク巨人広島横浜
岩瀬仁紀
ヤク中日阪神巨人横浜広島
真中満
ヤク巨人中日横浜広島阪神
井端弘和中日巨人横浜阪神ヤク広島
谷沢健一巨人ヤク中日広島阪神横浜
星野伸之阪神中日ヤク巨人広島横浜
磯部公一巨人阪神ヤク中日横浜広島
斉藤和巳阪神ヤク横浜巨人広島中日
白井一幸巨人横浜阪神ヤク中日広島
伊原春樹巨人阪神ヤク中日横浜広島
飯田哲也
阪神ヤク横浜巨人中日広島
フルタの方程式
名前一位二位三位四位五位六位
古田敦也 ヤク阪神 広島 巨人 横浜 中日 
前田智徳広島ヤク巨人横浜阪神中日
下柳剛阪神広島巨人ヤク横浜中日
渡辺俊介ヤク巨人阪神中日広島横浜
広澤克実阪神ヤク広島中日巨人横浜
田中幸雄ヤク巨人阪神中日広島横浜
プロ野球ニュース
名前一位二位三位四位五位六位
平松政次阪神巨人ヤク横浜中日広島
大矢明彦ヤク阪神巨人中日横浜広島
田尾安志ヤク阪神巨人横浜中日広島
斉藤明雄ヤク阪神巨人横浜広島中日
達川光男広島横浜阪神ヤク中日巨人
高木豊横浜中日ヤク巨人ヤク広島
池田親興阪神ヤク横浜巨人中日広島
金村義明巨人横浜ヤク阪神中日広島
阿波野秀幸横浜ヤク巨人阪神中日広島
斎藤雅樹巨人ヤク阪神横浜中日広島
笘篠賢治阪神ヤク広島巨人中日横浜
大久保博元巨人ヤク中日横浜阪神広島
岩本勉阪神ヤク巨人中日横浜広島
松中信彦阪神ヤク巨人横浜広島中日

上記の順位予想の得票数と総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
阪神60628015212040150
巨人594260144968860
ヤク56814022412664140
横浜380100649088380
中日29040725460640
広島1424032304360

*スマホは右にスクロール可

優勝争いは阪神・巨人は激しくなりそうです。

そこから少し離れヤクルトですが、ポイント的には差が少なく、3球団の激しい優勝争いとなりそうです。

やや離れ、横浜・中日が追従していますが、Aクラスとの差が大きく評価がはっきりと分かれています。

さらに離れ広島となっており、鈴木誠也が抜けた戦力ダウンが大きそうですね。

パ・リーグ順位予想一覧

*スマホは右にスクロール可
*予想は最新のみ記載

名前一位二位三位四位五位六位
AREAdotオリ楽天西武福岡千葉ハム
江本孟紀
オリ福岡千葉楽天西武ハム
藪恵壹
千葉楽天オリ福岡西武ハム
野村弘樹
オリ西武福岡千葉楽天ハム
五十嵐亮太千葉福岡オリ楽天ハム西武
梨田昌孝
千葉オリ福岡楽天ハム西武
真弓明信
楽天福岡オリ西武ハム千葉
緒方孝市
オリ千葉福岡西武楽天ハム
佐々木主浩
福岡千葉オリ西武楽天ハム
吉田義男オリ楽天千葉福岡ハム西武
一枝修平
オリ千葉福岡楽天西武ハム
桧山進次郎
オリ千葉楽天福岡ハム西武
山田久志
オリ千葉福岡楽天西武ハム
今岡真訪
千葉ハム福岡西武オリ楽天
森祇晶
オリ千葉福岡西武楽天ハム
岩田稔
楽天オリ千葉福岡西武ハム
大石大二郎
福岡楽天千葉オリ西武ハム
鳥谷敬
福岡千葉オリ楽天西武ハム
中西清起オリ福岡ハム千葉楽天西武
権藤博
楽天福岡千葉オリ西武ハム
広瀬叔功
福岡千葉楽天オリ西武ハム
中西太
オリ楽天福岡西武千葉ハム
建山義紀
福岡オリハム千葉西武楽天
宮本慎也
楽天千葉オリ福岡西武ハム
和田一浩
千葉楽天西武福岡オリハム
西本聖千葉楽天オリ福岡ハム西武
篠塚和典オリ千葉楽天西武福岡ハム
田村藤夫福岡オリ千葉楽天西武ハム
浜名千広福岡楽天ハムオリ千葉西武
谷繁元信オリ楽天千葉福岡西武ハム
上原浩治楽天西武福岡千葉オリハム
里崎智也千葉オリ楽天西武福岡ハム
森本稀哲千葉福岡楽天オリ西武ハム
村田真一
福岡千葉オリ楽天西武ハム
高橋由伸福岡千葉オリ楽天ハム西武
ラミレス福岡オリ千葉楽天西武ハム
高木豊西武楽天千葉福岡オリハム
狩野恵輔
楽天オリ福岡千葉西武ハム
小山正明
楽天ハムオリ福岡西武千葉
佐藤義則
楽天オリ千葉福岡西武ハム
岡義朗
オリ楽天千葉福岡西武ハム
岡田彰布
オリ福岡楽天千葉西武ハム
藤田平
オリ福岡千葉楽園西武ハム
谷佳知
オリ福岡千葉楽天ハム西武
中田良弘
千葉西武福岡おりハム楽天
石原慶幸
福岡オリ楽天千葉西武ハム
関本四十四
千葉オリ福岡楽天西武ハム
若生智男
オリ楽天福岡千葉ハム西武
安仁屋宗八
楽天西武ハムオリ福岡千葉
金本知憲
オリ楽天千葉福岡ハム西武
赤星憲広
オリ千葉福岡西武楽天ハム
山本昌
千葉オリ福岡楽天西武ハム
岩瀬仁紀
楽天オリ福岡千葉西武ハム
大久保博元 楽天福岡オリ西武千葉ハム
真中満西武千葉楽天オリ福岡ハム
井端弘和千葉楽天オリ福岡西武ハム
立川光男福岡オリ千葉楽天西武ハム
星野伸之オリ千葉福岡西武楽天ハム
磯部公一楽天福岡オリ千葉西武ハム
斉藤和巳千葉オリ福岡楽天西武ハム
白井一幸オリ千葉楽天福岡ハム西武
伊原春樹千葉オリ西武楽天福岡ハム
フルタの方程式
名前一位二位三位四位五位六位
古田敦也楽天オリ千葉福岡ハム西武
前田智徳楽天福岡オリ千葉西武ハム
下柳剛福岡オリ千葉西武楽天ハム
渡辺俊介千葉福岡ハムオリ楽天西武
広澤克実オリ楽天千葉福岡西武ハム
田中幸雄福岡オリ西武千葉楽天ハム
プロ野球ニュース
名前一位二位三位四位五位六位
平松政次楽天千葉オリ福岡西武ハム
谷沢健一オリ楽天千葉福岡西武ハム
大矢明彦楽天千葉オリ福岡西武ハム
田尾安志楽天オリ千葉福岡西武ハム
斉藤明雄千葉オリ楽天西武福岡ハム
達川光男福岡千葉楽天オリ西武ハム
池田親興福岡オリ楽天千葉西武ハム
金村義明福岡千葉オリ楽天西武ハム
阿波野秀幸オリ福岡楽天千葉西武ハム
斎藤雅樹オリ楽天福岡千葉西武ハム
笘篠賢治千葉楽天オリ福岡西武ハム
岩本勉千葉オリ福岡西武楽天ハム
松中信彦福岡楽天千葉ハムオリ西武

上記の順位予想の得票数と総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
オリ59426017610840100
千葉5341801601266080
福岡51618011212092120
楽天4901701527868220
西武21620322456840
ハム76016304260

*スマホは右にスクロール可

優勝予想はオリックスが多くなっており、高い評価を受けています。

二位はロッテ、三位はホークス、四位楽天まではそこまで大きな差ではありません。

今年も激しいAクラス争いとなりそうですね。

そこから離れ五位の西武は今年も苦しいシーズンとなりそうです。

さらに離れ日本ハムが六位です。

新庄監督一年目ということで注目度が高いですが、主力が抜けた背景もあり解説者からはあまり評価されていないことがわかります。

読者の皆様の2022プロ野球の優勝予想

読者の皆様による2022プロ野球の優勝予想では下記順位となっていました。

順位
一位横浜オリ
二位阪神福岡
三位ヤク千葉
四位中日楽天
五位巨人ハム
六位広島西武
2022年のセリーグ優勝チームを予想しよう!

セリーグは現時点では横浜の優勝予想が多くなっています。

昨年は六位でしたが、助っ人の出遅れやけが人などがいて苦しいシーズンとなりました。

そういった負の要素が無ければ戦力的には一位という評価が多いようです。

2022年のパリーグ優勝チームを予想しよう!

パリーグは現時点でオリックスの優勝予想が多くなっています。

昨年は一位でしたが二位と差があまりありませんでした。

しかし、若手選手が多く有望選手の成長が期待できることから、さらに戦力がアップすると予想している方が多いようです。

【2023】プロ野球 順位予想まとめ!

以上が2023年のプロ野球順位予想まとめでした。

2023年のプロ野球ペナントレース開幕は3月30日です。

それまで、楽しみに待ちましょう!

10 COMMENTS

阪神ファン

阪神ファンやったら最下位予想なんかすんなや
バレンティン抜けたヤクルトより下とかありえんわ
気分悪いんじゃ
岡田やよっさんを見習え
しょうもない予想すんなボケ

返信する
たけぽん

コメント有難うございます!

あくまでも予想ですのでお気になさらずに~

返信する
たけぽん

コメント有難うございます!

申し訳ありません。修正させて頂きました。

返信する
マコト

とても感銘を受けました。
評論家の予想より全然説得力があると思いました。
特にヤクルトが3位になったら、ホントにスゴいと思います。

返信する
たけぽん

有難うございます。
昨年六位だったことやバレンティンが抜けたことで多くの評論家は最下位予想でしたね。
昨年はシーズン序盤に16連敗もあったことで大きく離されての最下位になりましたが、元々ヤクルトは戦力的に揃っています。
若手の有望株も多く、今年だけでなく来年以降も非常に楽しみなチームですね。

返信する
小川修二

可笑しいやろ~ 100歩譲って巨人は解るわ。毎回、毎回なんで阪神がAクラスやねんおふざけもええ加減にしいや。それやったらAクラスもう1枠はDeNAベイスターズやろ。
外国人も1年通して整ってるし、阪神は夏ごろに気が付いたら名鑑と違う外国人がよう載ってるやん。そんな1年通して外人が固定できないチームがAクラスねんて図々しいにも程があると思う。

返信する
たけぽん

ご指摘感謝致します。
パリーグが昨年の記事を参照しており間違っていましたので修正致しました。
申し訳ありませんでした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA