【2021最新】プロ野球の順位予想まとめ!解説者やメディアの順位予想もご紹介

本記事では

本記事の内容

という内容となっています。

解説者や各メディアの順位予想では、各人の予想の紹介と、それらをポイント集計し、トータルとしての順位予想を紹介しています。

また、幣サイトでの順位予想では、単に予想するだけだとつまらないので、WARという数字をベースに紹介しています。

データでの順位予想という違った見方を楽しんで頂ければ幸いです。

また、この記事の最後には読者の皆様の優勝予想もありますので、是非参考にしてみてください。

*記事が長くなっています。目次から読みたい個所へ飛びながら読めます。
該当箇所を読んだ後は、右下の「目次へGO」ボタンで目次に戻れます。

昨年の順位予想の結果

まずは、昨年の順位予想結果をおさらいしておきます。

予想的中者【セリーグ編】

昨年のセリーグ順位予想で見事的中したのは下記のお二方でした。

セリーグ的中者

予想的中者【パリーグ編】

昨年のパリーグ順位予想で見事的中したのは下記のお一方でした。

パリーグ的中者

総合ランキング

続いてセパ両方で予想の精度が高かった方のランキングをご紹介します。

順位名前pt
1位大西宗之42
2位権藤博40
3位桧山進次郎38
3位高橋尚成38
5位篠塚和典34
5位川相昌弘34
7位山田久氏32
7位川俣米利32
9位大久保博元30
9位松本匡史30
9位小田幸平30

数値は一位10pt、二位8pt、三位6pt、四位4pt、五位2pt、六位0pt、という形で、的中した球団分を積み上げて算出しました。

上位チームをズバリ当てた方の点数が高くなるようになっており、セパ合せて全的中で60ptとなります。

ちなみに平均点は14.7ptとなっていました。

セリーグを全的中させた大西宗之さんや権藤博さんの点数が高くなっていますね。

パリーグを全的中させた小田幸平さんは、セリーグをすべて外しましたがTop10入りしています。

2021年プロ野球の順位予想!【解説者・メディア編】

現在出ている解説者&メディアの順位予想をまとめると下記順位です。

*3月25日時点の情報です。

順位
一位巨人ホークス
二位阪神楽天
三位中日ロッテ
四位広島西武
五位横浜オリ
六位ヤクルト日ハム

セリーグの順位予想の一位は巨人が多く、次いで阪神となっています。

しかし、二位予想として阪神を予想している解説者が多く、トータルポイントとして僅差となっています。

三位は中日となっており、優勝予想をしている解説者もいました。

四位は広島、五位は横浜ですが、両チームに大差はありません。

最下位はヤクルトですが、昨年よりも高い順位予想をしている方が多くなっています。

パリーグの順位予想は優勝予想は圧倒的にホークスが多くなっています。

しかし、二位の楽天は田中の加入や新人の活躍が期待されていることから、高い評価を受けています。

三位は西武、四位はロッテですが、大きな差がないので、熾烈なAクラス争いとなりそうです。

五位はオリックス、六位は日本ハムですが、こちらも大きな差はありませんでした。

続いて、上記にまとめた解説者・雑誌・メディアによる順位予想の詳細をご紹介していきます。

*情報はこれからどんどん出てきますので都度更新させて頂きます。

セ・リーグ順位予想一覧

名前一位二位三位四位五位六位
里崎智也中日巨人阪神広島横浜ヤク
山本昌阪神中日巨人広島横浜ヤク
AERE dot.阪神巨人広島中日ヤク横浜
中西清起阪神巨人横浜中日広島ヤク
岡田彰布阪神巨人横浜中日広島ヤク
江本孟紀巨人阪神ヤク横浜広島中日
狩野恵輔阪神巨人中日横浜ヤク広島
報知①巨人阪神中日広島ヤク横浜
報知②巨人阪神横浜中日ヤク広島
上田次朗阪神巨人広島中日ヤク横浜
関本賢太郎阪神巨人中日ヤク広島横浜
濱中治巨人阪神横浜中日広島ヤク
田中賢介
巨人阪神横浜中日広島ヤク
前田幸長巨人阪神横浜中日広島ヤク
ギャオス内藤巨人阪神中日広島ヤク横浜
川上憲伸中日阪神巨人広島横浜ヤク
岩瀬仁紀中日阪神巨人広島ヤク横浜
吉見一起巨人中日阪神広島ヤク横浜
井端弘和巨人阪神中日広島ヤク横浜
中畑清巨人中日阪神横浜広島ヤク
山﨑武司
巨人阪神中日広島ヤク横浜
川相昌弘巨人阪神広島中日ヤク横浜
佐野慈紀巨人阪神中日横浜ヤク広島
斉藤和巳阪神巨人中日広島横浜ヤク
伊原春樹巨人阪神中日広島横浜ヤク
礒部公一巨人ヤク阪神中日広島横浜
西崎幸広巨人阪神広島中日横浜ヤク
藤井康雄阪神巨人広島中日ヤク横浜
藪恵壹阪神中日巨人広島横浜ヤク
宇野勝中日阪神巨人広島ヤク横浜
野村弘樹巨人阪神中日広島横浜ヤク
達川光男広島阪神巨人中日ヤク横浜
真中満巨人阪神ヤク横浜広島中日
江川卓
巨人阪神中日横浜広島ヤク
掛布雅之
巨人阪神中日広島ヤク横浜
高木豊巨人阪神中日広島横浜ヤク
安藤統男阪神巨人中日広島ヤク横浜
宮本慎也巨人阪神中日広島横浜ヤク
和田一浩巨人阪神広島中日横浜ヤク
谷繁元信阪神巨人広島中日ヤク横浜
権藤博巨人阪神横浜中日ヤク広島
中西太阪神巨人横浜中日広島ヤク
吉田義男阪神巨人中日広島ヤク横浜
広瀬叔功巨人阪神広島中日横浜ヤク
森祗晶巨人広島阪神中日ヤク横浜
一枝修平阪神巨人中日広島横浜ヤク
山田久志巨人阪神中日広島ヤク横浜
真弓明信阪神巨人広島ヤク横浜中日
梨田昌孝巨人阪神広島中日ヤク横浜
西本聖巨人阪神広島中日ヤク横浜
篠塚和典巨人阪神中日広島ヤク横浜
大石大二郎巨人阪神広島横浜中日ヤク
田村藤夫巨人阪神中日広島横浜ヤク
中西清起阪神巨人中日横浜広島ヤク
佐々木主浩巨人阪神広島横浜中日ヤク
緒方孝市巨人阪神広島中日ヤク横浜
桧山進次郎阪神中日巨人横浜広島ヤク
浜名千広阪神巨人広島中日ヤク横浜
上原浩治巨人阪神中日広島横浜ヤク
建山義紀阪神巨人広島中日横浜ヤク
森本稀哲巨人阪神横浜中日広島ヤク
平松政次巨人阪神横浜中日広島ヤク
谷沢健一阪神巨人中日広島ヤク横浜
大矢明彦巨人阪神広島横浜ヤク中日
田尾安志阪神巨人中日広島ヤク横浜
松本匡史巨人阪神広島中日横浜ヤク
齋藤明雄巨人阪神中日横浜広島ヤク
池田親興阪神巨人中日横浜広島ヤク
金村義明阪神巨人広島中日ヤク横浜
齋藤雅樹巨人阪神広島中日横浜ヤク
笘篠憲治巨人阪神広島ヤク中日横浜
大久保博元巨人阪神中日ヤク広島横浜
片岡篤史巨人阪神広島中日横浜ヤク
立浪和義巨人中日阪神横浜広島ヤク
岩本勉阪神中日巨人横浜広島ヤク

*スマホは右にスクロール可

上記の順位予想の得票数と総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
巨人67445228000
阪神63825446000
中日38447273034
広島296112226214
横浜1600010152030
ヤク9801243137

*スマホは右にスクロール可

優勝予想を見ると、巨人が一位という予想が多くなっており、続いて阪神が多くなっています。

戦力的に2チームが抜けているという感じでしょうか。

三位は中日となっていますが、一位予想や二位予想の解説者もおり、高い評価となっています。

課題であった投手陣が、近年整備されてきているのが高評価につながっているようです。

四位は広島となっており、三位から五位の予想が多くなっています。

昨年課題であったリリーフ陣ですが、有望な新人三選手をリリーフ起用する方針のようで、これがハマるとAクラスも見えてきそうです。

五位の横浜は、優秀な助っ人が多いですが、助っ人の合流が遅れていることや、FAでの流出による影響があり、評価を下げている印象です。

今シーズンは助っ人の来日日程がカギとなりそうです。

六位はヤクルトですが、昨年よりも五位予想が多くなっており、戦力的には昨年よりもアップしていることが影響しているようです。

課題の投手陣を立て直そうという球団努力が見られるので、昨年よりも良い戦いが出来るでしょう。

パ・リーグ順位予想一覧

名前一位二位三位四位五位六位
里崎智也福岡楽天西武千葉オリハム
山本昌福岡楽天千葉西武ハムオリ
AERE dot.福岡楽天西武千葉オリハム
岡田彰布福岡楽天千葉西武オリハム
江本孟紀福岡西武千葉楽天ハムオリ
報知①楽天福岡西武千葉ハムオリ
報知②福岡楽天オリ千葉ハム西武
大宮龍男楽天福岡千葉ハムオリ西武
岩本勉福岡楽天ハム西武千葉オリ
建山義紀楽天福岡ハム千葉オリ西武
川相昌弘福岡千葉楽天西武オリハム
中畑清楽天福岡西武千葉オリハム
斉藤和巳福岡楽天千葉オリハム西武
伊原春樹福岡西武楽天千葉オリハム
礒部公一福岡楽天千葉西武ハムオリ
西崎幸広福岡楽天千葉西武オリハム
藤井康雄福岡楽天西武千葉オリハム
井端弘和
福岡楽天千葉西武オリハム
藪恵壹福岡千葉楽天西武オリハム
宇野勝福岡千葉楽天オリ西武ハム
野村弘樹楽天 福岡千葉西武オリハム
達川光男福岡楽天千葉オリ西武ハム
真中満福岡楽天西武千葉オリハム
掛布雅之
福岡楽天西武オリ千葉ハム
高木豊楽天福岡西武千葉オリハム
安藤統男楽天福岡千葉ハム西武オリ
宮本慎也福岡楽天千葉西武オリハム
和田一浩福岡楽天千葉西武オリハム
谷繁元信楽天福岡西武オリ千葉ハム
権藤博福岡楽天西武オリ千葉ハム
中西太福岡楽天オリ西武ハム千葉
吉田義男福岡楽天オリ千葉西武ハム
広瀬叔功福岡楽天西武千葉オリハム
森祗晶福岡楽天西武千葉オリハム
一枝修平福岡西武千葉楽天ハムオリ
山田久志福岡楽天オリ千葉西武ハム
真弓明信福岡楽天西武オリ千葉ハム
梨田昌孝福岡楽天千葉西武オリハム
西本聖福岡楽天千葉西武オリハム
篠塚和典福岡千葉楽天西武ハムオリ
大石大二郎福岡楽天西武千葉オリハム
田村藤夫福岡楽天千葉西武オリハム
中西清起楽天福岡千葉西武オリハム
佐々木主浩楽天福岡西武千葉ハムオリ
緒方孝市福岡楽天西武オリ千葉ハム
桧山進次郎福岡楽天西武オリ千葉ハム
浜名千広福岡千葉楽天オリ西武ハム
上原浩治福岡楽天オリ千葉西武ハム
森本稀哲福岡楽天ハム西武千葉オリ
平松政次福岡西武千葉楽天ハムオリ
谷沢健一福岡楽天西武千葉オリハム
大矢明彦楽天福岡千葉西武ハムオリ
田尾安志楽天福岡西武千葉オリハム
松本匡史楽天福岡オリ西武千葉ハム
齋藤明雄福岡楽天千葉西武オリハム
池田親興福岡楽天西武オリ千葉ハム
金村義明楽天福岡千葉オリ西武ハム
齋藤雅樹福岡楽天西武千葉オリハム
笘篠賢治福岡楽天西武オリ千葉ハム
大久保博元楽天福岡千葉オリ西武ハム
片岡篤史福岡楽天千葉オリ西武ハム
立浪和義福岡楽天西武オリハム千葉

*スマホは右にスクロール可

上記の順位予想の得票数と総合ポイントは下記となります。

総合ポイントは一位:10pt、二位:8pt、三位:6pt、四位:4pt、五位:2pt、六位:0ptを得票数に掛けてポイントを算出しています。

球団一位二位三位四位五位六位
福岡58846160000
楽天50416376300
千葉280052320112
西武274042321104
オリ156006162812
ハム5200321344

*スマホは右にスクロール可

優勝予想はホークスが一番多くなっています。

二位予想は楽天が多くなっており、田中将大の加入によって順位予想を変更した解説者もいました。

評価的にはこの2チームが抜けていますね。

三位はロッテ、四位は西武となっており、この2チームは3位か4位のどちらかという予想が多くなっています。

その為、評価的にはほぼ同等で、激しいAクラス争いとなりそうです。

五位はオリックス、六位は日本ハムとなっています。

多くの解説者が、六位に日本ハム又はオリックスを予想しており、昨年同様に苦しいシーズンとなりそうです。

合せて読みたい!

【最新】プロ野球のオープン戦・公式戦をネット放送で見る方法や最安値のまとめ!

2021年プロ野球の順位予想!【弊サイト編】

弊サイトの2021年プロ野球順位予想は下記となります。

*1月25日時点の情報です。

順位セリーグパリーグ
一位巨人ホークス
二位阪神楽天
三位中日ロッテ
四位広島日本ハム
五位ヤクルト西武
六位横浜オリックス

順位予想の考え方を知りたい場合、まずは下記リンクをご覧ください。

>>順位予想の計算方法はこちら

2021年セリーグ順位予想

弊サイトのセリーグ順位予想は下記になります。

順位球団
1位巨人8360
2位阪神75688.0
3位中日72713.0
4位広島68754.0
5位ヤク67761.0
6位横浜64793.0

セリーグの詳しい分析は下記にまとめていますので、気になる方はご覧ください。

合せて読みたい!

【2021】セ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2021年パリーグ順位予想

弊サイトのパリーグ順位予想は下記となります。

順位球団
1位福岡8360
2位楽天77666.0
3位千葉72715.0
4位ハム71721.0
5位西武65786.0
6位オリ61824.0

パリーグの詳しい分析は下記にまとめていますので、気になる方はご覧ください。

合せて読みたい!

【2021】パ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

プロ野球の順位予想の方法

続いて本サイトの順位予想の方法をご紹介していきます。

*説明は2018年ベースとなっています。

プロ野球の順位予想でセイバーメトリクスのWARを使てみる

セイバーメトリクスのWARという数字を使っています。

WARをご存じない方の為に簡単に説明すると

WARとは
  • そのポジションの控え選手と比べて、どれだけの勝利数を上積み出来るか?

という数字です。

具体的には下記の数字の区分けになっています。

評価WAR
MVP6.0~
スーパースター5.0-6.0
オールスター4.0-5.0
好選手3.0-4.0
レギュラー2.0-4.0
先発メンバー1.0-2.0
控え1.0以下
リプレイスメント0未満

という評価となっており、これを基準としています。

野手・投手共に、同じ指標を使って評価することが可能ですが、リリーフは半分ほどの数値になるといった特徴があります。

具体的に、例えば2018年の広島丸はWARが7.1です。

仮に、丸の代わりにWAR0の控え選手(一軍クラスではない選手)を一年間フルに起用した場合、広島は勝ち星を7.1勝を失うことになります。

つまり「その選手が何勝分に値する活躍をしているのか?」を表しているのがWARということです。

丸はFAにより巨人に移籍しました。

なので、仮に巨人で丸と入れ替わる選手のWARが2だとすれば、丸が加入したことで巨人は5.1(7.1 – 2.0)勝分の勝ち星を増やすことが出来る計算となります。

こんな感じで、各チームのWARが2018→2019でどう変化したのかを、各チームの移籍や退団、成績アップ・ダウンなどで積み上げていきます。

その数字を元に、勝敗が決まり、順位が決まるといった流れです。

プロ野球順位予想ではWARを積み上げ補正を考慮する

ただ、単純にWARを積み上げただけではうまくいきません。

下記は、2018年の各チームのWARと勝敗です。

順位球団WARWAR改戦力値
1位広島8259246.988.980.05
2位ヤク7566241.783.774.85
3位巨人6771542.984.976.05
4位横浜6774233.675.666.75
5位中日6378232.374.365.45
6位阪神6279232.774.765.85

*スマホは右にスクロール可

勝ち星とWARを比べると、相関関係(WARが高いと順位は良くなる)はありそうですが、そのままでは使えなさそうですね。

WARは全選手が0の場合、勝率が.294というのを想定しています。チームWARが0の場合でも42勝(143試合×0.294)するということです。

なので、42勝にWARを足したのが、WAR改の行です。

なんとなく勝ち星に近い数字になりますね。ただ、全体的に実際の勝ち星に比べ多いです(笑)

そこで、本記事ではWAR改の合計が、全球団の勝ち星である429勝(143試合×3)になるように、WARが0の時の勝率を調整。

その計算によって算出された値を「戦力値」としました。

勝ち星と比較すると、近い数字になっていますよね?

このように補正を上手く使えば、WARを参考にして、戦力値へ変換することで、順位予想が出来るという事です。

ちなみにパ・リーグは下記のようになります。

順位球団WARWAR改戦力値
1位西武8853257.399.388.12
2位ホーク8260151.793.782.52
3位日ハム7466344.586.575.32
4位オリ6573536.478.467.22
5位ロッテ5981326.868.857.62
6位楽天5882327.469.458.22

*スマホは右にスクロール可

だいたい勝ち星と戦力値が近い数字になっていますね。

あとは、各チームの戦力が2018→2019でどう変化したのかを2018年のWARを元に、つみ上げをするだけです。

そして、導き出された全球団のWARの合計を、勝ち星429勝(143試合×3)になるように調整すれば、2019年の勝ち星予想となります。

勝ち星がわかれば、順位は勝手に決まります。

最後に

以上が順位予想の方法でした。

WARを使うのには賛否両論があるでしょう。

特に球場の影響(パークファクター)がかなり大きく出てしまう特性があるので、イメージと大きく違う選手もいます。

しかし、ある程度の目安として数字があった方が面白いだろう、という思いからWARで計算してみた次第です。

また、あくまでも予想なので、シーズン中の怪我なども全く考慮していませんし、チームの勢いなんかも考えていません。

ペナントレースは、怪我があったり、チームの勢いで、勝敗は大きく変わってきます。

計算できない・予想できないから面白いんですよね。

なので、応援しているチームの順位予想が悪くてもがっかりしないで下さい。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

【2021】プロ野球 順位予想まとめ!

以上が2021年のプロ野球順位予想まとめでした。

2021年のプロ野球ペナントレース開幕は3月26日です。

それまで、楽しみに待ちましょう!

読者の皆様のセパ優勝予想

【2021年】セリーグ優勝予想をしよう!
【2021年】パリーグ優勝予想をしよう!

7 COMMENTS

阪神ファン

阪神ファンやったら最下位予想なんかすんなや
バレンティン抜けたヤクルトより下とかありえんわ
気分悪いんじゃ
岡田やよっさんを見習え
しょうもない予想すんなボケ

返信する
たけぽん

コメント有難うございます!

あくまでも予想ですのでお気になさらずに~

返信する
たけぽん

コメント有難うございます!

申し訳ありません。修正させて頂きました。

返信する
マコト

とても感銘を受けました。
評論家の予想より全然説得力があると思いました。
特にヤクルトが3位になったら、ホントにスゴいと思います。

返信する
たけぽん

有難うございます。
昨年六位だったことやバレンティンが抜けたことで多くの評論家は最下位予想でしたね。
昨年はシーズン序盤に16連敗もあったことで大きく離されての最下位になりましたが、元々ヤクルトは戦力的に揃っています。
若手の有望株も多く、今年だけでなく来年以降も非常に楽しみなチームですね。

返信する
小川修二

可笑しいやろ~ 100歩譲って巨人は解るわ。毎回、毎回なんで阪神がAクラスやねんおふざけもええ加減にしいや。それやったらAクラスもう1枠はDeNAベイスターズやろ。
外国人も1年通して整ってるし、阪神は夏ごろに気が付いたら名鑑と違う外国人がよう載ってるやん。そんな1年通して外人が固定できないチームがAクラスねんて図々しいにも程があると思う。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です