【2018】阪神 人的補償とプロテクト予想!FA獲得で放出の可能性が有る選手は?

【2018】阪神 人的補償 プロテクト 予想 FA獲得 放出 可能性 選手

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

2018年のFAは、浅村・丸・西といった一流選手が権利を行使する可能性が有ります。

阪神は2018年シーズンが最下位に終わったこともあり、今年も大きな補強をする可能性が高そうです。

気になるのは、FA獲得した場合の人的補償ですよね~

そこで今回は、2018年阪神の人的補償とプロテクト選手予想、放出の可能性が有る選手を予想します!

 

阪神タイガースが今オフ狙っているFA選手は?

阪神は12球団で三番目にFA獲得が多いチームです。

来年から矢野監督に切り替わることや、2018年シーズンで最下位であることから、今年もFA補強に積極的な姿勢となるでしょう。

今年は、丸佳浩や浅村栄斗などの多くの有力選手がFA取得となっています。

FA予想については下記の記事をチェック!

合せて読みたい!

【2018年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!

FA選手の獲得となれば、FA選手のランクによって、人的補償が必要になります。

FAランクやプロテクトについて、詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

合せて読みたい!

プロ野球FA制度!FA権のランクや取得条件、人的補償・金銭補償の内容も!

では今年の阪神がFAで選手を獲得した場合の人的補償がどうなるのか?

人的補償を考える上で、まずは28名のプロテクト選手を予想していきます。

阪神タイガースがFA選手を獲得した場合のプロテクト候補

下記が阪神のプロテクト予想です。

プロテクト予想
  • 投手16名:能見、岩貞、馬場、藤浪、藤川、小野、高橋遥、石崎、才木、浜地、竹安、秋山、青柳、岩崎、望月、桑原
  • 捕手2名:梅野、原口
  • 内野手6名:上本、鳥谷、北條、大山、糸原、陽川
  • 外野手4名:福留、糸井、高山、中谷

前提として、相手を西武・オリックスで想定してみました。

西武は言うまでもなく、打撃陣はどのポジションも隙が無いですね。

オリックスの場合も内野がやや手薄ですが、全体的には揃っています。

なので、投手厚めのプロテクトにしています。

下記の記事で紹介している、戦力外や引退選手は除いています。

合せて読みたい!

2018年プロ野球 退団・戦力外・移籍・外国人まとめ!引退名選手の動画紹介も!

以上を踏まえ、実績はもちろんですが、将来性・年俸・年齢を加味して予想しています。

阪神の場合は投手・野手ともに1~2軍の中間に位置する、若手有望選手が多いですよね~

特に2018年のファームは馬場・青柳・竹安・谷川・福永といった若手先発陣で、勝ち星ランキングを独占しています。

さらに野手は、北條・大山・糸原・陽川・高山・中谷・江越といった一軍経験も多い、若手選手が多いですよね。

私もかなり悩みましたので、首脳陣にとっても難しい選択となるでしょうね~

正直なところ、28名は少なすぎです(笑)

では、以上を踏まえて人的補償として放出の可能性が高そうな選手は誰か?

合せて読みたい!

2018年 プロ野球 ベストナイン予想!候補選手や成績、選考基準、発表日は?

阪神タイガースがFA獲得で放出の可能性がある選手

下記のリストが、プロテクトから外れた主要な選手です。

  • 投手:岡本、横山、岩田、尾仲、谷川、福永、高橋聡、守屋、伊藤和
  • 捕手:坂本、長坂
  • 内野手:熊谷、植田
  • 外野手:江越、伊藤隼、島田、板山、俊介

こうしてみると、良い選手が沢山いますよね~

では誰が人的補償となる可能性が高いのか?

阪神の西武への人的補償は誰なのか?

西武の場合は、打撃陣が非常に良いので、野手は必要ありませんね。

先発のコマが足りていないので、先発の補強が急務です。

特に、2018年は菊池雄星のポスティングがほぼ確実。

なので、ある程度実績のある岩田稔の獲得の可能性が高そうだなと感じます。

年齢的には今年で35歳とベテランですが、1軍で6試合で防御率3.23とまずまずの結果が出ており、2軍でも6勝0敗、防御率1.75という素晴らしい成績を残しています

西武打線の後ろ盾があれば、トレードで移籍した榎田のように、勝ち星を積み重ねられる可能性が高そうですね。

以上から西武への人的補償は岩田稔と予想します。

阪神のオリックスへの人的補償は誰なのか?

続いてオリックスです。

オリックスの場合は、内野が若干手薄ですが、全体的に打撃陣は揃っています。

投手陣はリリーフが揃っていますが、先発陣の二けた勝利は西のみです。

仮に西がFAで放出となれば、先発を補強したいはずです。

ただ、先発は金子・山岡・アルバース・ディクソンがおり、さらに山本由伸が先発再挑戦となると、コマ数は足りています。

そう考えると、数年後に台頭してくるであろう、若手の先発投手が欲しい所です。

なので、オリックスへの人的補償は谷川昌希と予想します。

谷川昌希は一軍でこそ打ち込まれましたが、二軍では7勝1敗、防御率2.62という素晴らしい結果を残しています。

キレの良いボールを投げていますので、ある程度経験を積めば、十分一軍で活躍できるでしょう。

阪神としてもプロテクトしたいところでしょうが、他の選手との兼ね合いで難しいでしょうね~

以上から、人的補償予想は

  • 西武へ岩田稔
  • オリックスへ谷川昌希

です!

合せて読みたい!

【2019】注目ドラフト候補まとめ!ドラフト指名候補を採点してみた!

阪神タイガースの人的補償とプロテクト予想まとめ!

以上が阪神のFA獲得による、プロテクト選手予想と人的補償選手の予想でした。如何でしたでしょうか?

今シーズンは、17年ぶりの最下位ということもあり、大きな戦力補強をしてくるでしょう。

しかし、現在の阪神は若手も育ってきており、プロテクト選手の選考は非常に悩ましいです。

特に1~2軍の中間に位置する選手が多いだけに、有望選手を放出してしまう可能性が高いと言えるでしょう。

なので、丸や浅村以外をFAで獲得するメリットは少ないように感じますね。

2018年オフシーズンの阪神の補強はどうなるでしょうか?

その動向に注目したいですね!

合せて読みたい!

【2018】巨人の人的補償とプロテクト予想!FA獲得で放出の可能性が有る選手は?






【2018】阪神 人的補償 プロテクト 予想 FA獲得 放出 可能性 選手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です