阪神が新外国人助っ人ピアース・ジョンソンを獲得!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

2018年のプロ野球も日本シリーズが終わり、移籍情報が出てくるようになりましたね。

そんな中、阪神の新外国人選手の獲得情報が出ました。

それは、ピアース・ジョンソンという選手です。

2018年にメジャーで37試合に登板した、本格派リリーフ投手のようです。

今回はそんなジョンソンのメジャーリーグの成績やデータから、日本で活躍が出来るのか分析してみました!

記事の一番下でジョンソンについてのアンケートを実施中です。投票お願いします!

阪神 新外国人助っ人ピアース・ジョンソンの経歴は?

ピアース・ジョンソンの経歴は下記です。

ジョンソン経歴
  • 生年月日:1991年5月10日
  • 年齢:27歳
  • 出身:アメリカ
  • 身長:188 cm
  • 体重:90.7 kg
  • 投打:右投右打
  • 守備:投手
  • 年俸:約6,200万円(USD54,500)

外国人助っ人としては、標準的な体格でしょうか。

年齢はまだ27歳ということで、うまく日本の野球に慣れてくれれば、長期間の活躍をしてくれるかもしれません。

MLBでは2シーズン・35登板の経験を持っていますが、2017年は1試合のみなので、実質2018年のみが実績ですね。

2012年にカブスにドラフト1位入団しており、期待されていた選手であることがわかります。

2014年にはシングルAで防御率2.55、2015年にはダブルAで防御率2.08という好成績を残し、2016年から3Aに昇格しています。

3Aではそこまで好成績では無いですが、2017年にはMLBに昇格し、メジャー昇格を果たしますが、1試合のみの登板となっています。

続く、2018年には開幕1軍入りを果たし、リリーフに定着し、37試合に登板しています。

メジャーではどんな活躍をしていたのでしょうか?

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

阪神 新外国人助っ人ピアース・ジョンソンのメジャーでの成績は?

まずは気になるピアース・ジョンソンのメジャーでの成績をご紹介します。

年度試合防御率ホールド奪三振四死球
201710.0000021
2018375.563213623
通算385.443213824

MLB通算では38試合に登板しており、防御率は5.44と良い成績とは言えません。

また、ホールドが1個しかないので、あまり勝敗に左右しない、重要な場面で投げていないということですね。

首脳陣からの信頼は低いという事でしょう。

また、投球回は43. 2/3となっていますが、四死球を24個出しており、四死球率は4.95という高い数字です。

このことから、制球力については高くないという事がわかります。

しかし、三振は38個奪っており、奪三振率は7.83という高い数字です。三振を多く取れるタイプの投手であることがわかりますね。

では、実際にプレーを見てみましょう!

合せて読みたい!

2018年 プロ野球 ベストナイン予想!候補選手や選考基準、発表日は?

阪神 新外国人助っ人 ピアース・ジョンソンのメジャーのプレイ動画

外国人特有の手投げのようなフォームですね。

投球を見ると、フォーシームを投げていますが、スリークウォーター気味のフォームなのでシュート回転傾向にあります。

球速は95マイル(153km/h)と表示されていますから、そこそこ速そうです。

また変化球は、縦に割れる大きいカーブを投げており、球速は82マイル(132km/h)なので、速いです。

いわゆる今流行りのパワーカーブというやつですね。

日本でのパワーカーブ持ちが活躍していますので、期待が持てます!

他には、曲がりの鋭いカットボールがあり、90マイル(145km/h)なので、こちらも速いです。

これだけ球速があると、左打者は厄介でしょうね。

動画だと、こういったことがわかりますが、次の章でもう少し詳しく分析していきます。

合せて読みたい!

巨人 新外国人助っ人クリスチャン・ビヤヌエバを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

スタットキャストから見るピアース・ジョンソンの分析は?

メジャーリーグでは「スタットキャスト」と言われる計測システムがあります。

打球速度や打球角度などの細かなデータが見れる素晴らしいシステムです。

以前スタットキャストで大谷翔平を分析しましたが、今回はスタットキャストで2018年のピアース・ジョンソンのデータを見てみましょう。

阪神 ジョンソンの球種と投球割合は?

まずピアース・ジョンソンの球種を見てみましょう。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

球種は先ほどの動画の通り、4シーム、カットボール、カーブの3つです。

球種が少ないタイプの投手ですね~

投球割合は、半数以上が4シームで、約30%がカーブ、約20%がカットボールとなっています。

リリーフとしては、鋭く落ちる系のボールが欲しいですかね。

これらの球質を詳しく見ていきます。

阪神 ジョンソンのストレートはシュート回転気味?

まずはストレートの変化量と球速・回転数です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

左のグラフは、投手からの目線でどのくらい変化したか?を表しています。

薄色はMLB平均を表しており、グラフの中心は理論上無回転のボールを想定して頂くと、わかりやすいです。

左のグラフを見ると、青色の4シームはMLB平均に比べ、シュート成分が大きいことがわかります。

スリークウォーター気味ということが、影響していると思います。

縦成分がMLB平均よりも若干大きいですが、あまり違いはありません。

右のグラフでは球速と回転数がわかります。

ストレートの平均球速や回転数はほぼMLB平均と言っていいですね。ちなみにストレートの平均球速は150.6km/h、最速は154.7km/hです。

以上から、ジョンソンのストレートは平均よりも

シュートしながら変化する4シーム

と言えるでしょう。

続いて下のグラフは、速球の投球結果で、左がジョンソン、右がMLB平均です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

データを見ると、三振はあまり多くありませんね。

三振は19%のみとなっており、大半が打たせて取っていることがわかります。

被打率は約.240ほどなので、そこそこ打たれていますね。

若干四球の確率が多いですが、ほぼMLBの平均と一緒ということで「速球はMLBで通用していた」と言っていいでしょう。

続いて、速球の判定割合です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

MLB平均よりも、若干ファールが多く、見逃しが少ないといった感じですが、ほぼ変わりはありませんね。

以上から、

ジョンソンの4シームで打たせて取るタイプ

ということがわかります。

阪神 ジョンソンのカットボールは制球に難がある!?

続いてカットボールの変化量と球速・回転数です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

グラフを見ると、オレンジのカットボールはMLB平均に比べ、横の変化量が小さいことがわかります。

横にはほぼ曲がっていませんね。

しかし、速球がシュート回転をしている分、速球との軌道の違いはMLB平均並みとなっています。

縦変化については、MLB平均とそこまで変わりませんね。

MLB平均に比べ、球速はあまりかわりませんが、回転数は若干多いです。

回転数が多くて、曲がりが少ないのは矛盾していそうですが、縫い目の位置に原因があるかもしれません。

もしかしたら、縫い目の位置を変えると、良い変化をするかもしれませんね。

ちなみにカットボールの平均球速は143.8km/hです。

下のグラフは、カットボールの投球結果で、左がジョンソン、右がMLB平均です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

被打率は約.190ほどなので、MLB平均よりも安打を打たれにくいことがわかります。

しかし、その分四球が多く、MLB平均の倍となっています。

カットボールの判定割合を見ると、差は歴然です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

ボール球が半数以上となっており、見逃しやファールが少なくなっています。

以上から、

ジョンソンのカットボールはヒットは打たれにくいが、制球に難あり

ということがわかります。

阪神 ジョンソンのカーブは球速が速く曲がりが大きい!

続いてカーブの変化量と球速・回転数です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

グラフを見ると、緑色のカーブはMLB平均に比べ、横の変化量が大きいことがわかります。

落差はほぼ同じといって良いでしょう。

球速はMLB平均よりも早く、回転数が非常に多いですね~

一般的に、球速が速い場合は変化量が小さくなりますが、ジョンソンの場合、回転数が多いので変化量も確保出来ていることがわかります。

これを見ると、ジョンソンのカーブは、

球速が速い、変化量の大きなカーブ

と言えるでしょう!

ちなみに平均球速は130.9km/hです。

下のグラフは、カーブの投球結果で、左がジョンソン、右がMLB平均です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

被打率は.210ほどと低くなっており、MLB平均に比べ、三振は少ないものの、三振以外のアウト率は高くなっています。

先ほど紹介したように、球速が速くて変化量が大きいカーブですが、MLB平均よりも三振の確率が低いのは意外でしたね~

カーブについては、遅くて待ちきれないくらいの球速の方が、三振を取りやすいという事でしょう。

逆に球速があると、なんとかバットに当てられるので、凡打になりやすいという事なのでしょうね。

奥が深いです(笑)

続いて、カーブの判定割合です。

動画付 阪神 新外国人 ジョンソン 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

MLB平均に比べ、空振りは少ないものの、見逃しやファールが多く、ストライク率はほぼ変わりませんね。

ボールの割合も変わらないことから、比較的制球良く投げられていると言えそうです。

以上から、

ジョンソンのカーブは球速が速く、変化量が大きいので、打者の打ち損じが多い

ということがわかります。

阪神 ジョンソンの分析のまとめ!

最後にまとめです。

2018年は防御率5.56でしたね。

MLBの2018年平均防御率は4.27ですから、数字を見るとたしかに悪いです。

しかし、以上の分析結果から、全体的にはMLB平均クラスであることがわかります。

なので、MLB平均よりも防御率が悪いのは、運が悪かったと言えそうです。

若干カットボールの制球が気になりますが、どのボールも比較的 被打率は低いので、完成度は高いと言えます。

特にカーブは球速も速く、変化量も大きいので、非常に面白いボールだと思います。

また、球種が少ない中で、これだけの結果を残せています。

フォークやスプリット、チェンジアップのような、落ちる球を習得できれば、より活躍をするかもしれませんね。

合せて読みたい!

【ドラフト2018】全指名選手の結果まとめ!全球団の採点&評価しちゃいます!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

阪神 新外国人助っ人ピアース・ジョンソンを徹底解剖!まとめ

以上が阪神の新助っ人外国人ピアース・ジョンソンの分析でした。如何でしたでしょうか?

まとめると

ジョンソンまとめ
  • 年齢は27歳とまだまだ若い
  • 2018年にメジャーで37試合登板
  • 最速154.7km/hの速球はMLBでも通用している
  • カットボールは被打率は低いが制球が良くない
  • 球速の速い変化の大きいカーブが特徴
  • 防御率が悪いのは運の要素もあるか?
  • 落ちる球を覚えれば、覚醒する可能性あり

実力的にはMLB平均クラスといって良いでしょう。

速球やカットはまずまず、カーブは球速も速く変化量が大きので、打者は打ちにくそうです。

まだ27歳と若く、球種も少ないので、落ちる球を覚えれば、長く日本で活躍出来そうですね。

果たしてジョンソンは活躍出来るのか?

シーズン開幕が楽しみですね。

合せて読みたい!

2019年 プロ野球 外国人選手のまとめ!新助っ人のメジャーや3Aでの成績や特徴!

下記でアンケート実施中です。投票してくれると嬉しいです!

新外国人助っ人ピアース・ジョンソンは活躍出来るか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です