【2019年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!

【2019年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!

今回は、2019年はどんな選手がFA宣言をするのか?またその選手はどこへ移籍するのか?を予想しちゃいます!

FAであたなの応援するチームは戦力UPするのか?または戦力ダウンするのか?参考にしてみて下さい~

また、記事の最後にはFA制度についてのアンケートを実施しています!是非ご投票お願いします~

2019年国内FA権取得選手の12球団一覧をご紹介!

FAには国内FA権と海外FA権がありますが、今回は国内FAのみを対象とします。

また、FA権を獲得していても、複数年契約の途中であれば、FA宣言は出来ません。

なので、今回は複数年契約の途中の選手はリストから除外

2019年にFA権を新規獲得し、国内FAの可能性が有るのは下記選手たちです。

*表がはみ出ている場合、右にスクロール可能です。

チーム名前守備ランク年俸
広島
野村 祐輔投手B1億2000万円
今村 猛投手B8700万円
會澤 翼捕手B9200万円
菊池 涼介二塁A2億4000万円
ヤクルト小川 泰弘投手B9200万円
近藤 一樹投手B6000万円
寺原 隼人投手C2200万円
村中 恭兵投手C2600万円
大引 啓次内野C3600万円
バレンティン外野4億4100万円
上田 剛史外野C2500万円
巨人菅野 智之投手A6億5000万円
澤村 拓一投手B1億2150万円
マシソン投手3億5500万円
横浜藤岡 好明投手C1150万円
伊藤 光捕手C5500万円
中日田島 慎二投手B7000万円
武山 真吾捕手C1500万円
阪神能見 篤史投手B1億1000万円
藤川 球児投手B1億9000万円
岩田 稔投手C3800万円
西武十亀 剣投手C5100万円
ホークス
サファテ投手6億3000万円?
松田 宣浩三塁A4億円
福田秀平外野C3600万円
日本ハム中島 卓也内野B1億円
杉谷 拳士内外C2600万円
ロッテ益田 直也投手A1億3000万円
松永 昂大投手B7000万円
内 竜也投手C5400万円
鈴木 大地内野B1億円
荻野 貴司外野C4500万円
楽天則本 昂大投手A2億5000万円
美馬 学投手B6500万円
福山 博之投手B8000万円
岡島 豪郎外野C3450万円
今江 年晶一塁C5000万円
銀次内野B8500万円

まずFAのランクをご存じない方、FA制度についておさらいしておきたい方下記の記事でご紹介していますのでチェック!

合せて読みたい!

プロ野球FA制度!FA権のランクや取得条件、人的補償・金銭補償の内容も!

2019年のFA取得選手をみると、目玉選手が複数人いますね。

2019年FAの動向注目投手

動向に注目したい選手を挙げてみます。

まずは投手からです。

2019FA注目投手
  • 菅野智之(巨人)
  • 則本昂大(楽天)
  • 野村祐輔(広島)
  • 小川泰弘(ヤクルト)
  • 美馬学(楽天)
  • 今村猛(広島)
  • 益田直也(ロッテ)
  • 福山博之(楽天)

主力級の選手が多くいますね。

ただ、菅野と則本についてはメジャー指向があります。

おそらく、2020東京オリンピックを終えた、2020年オフにMLBへという動きになるでしょう。

その為、現状のチームで2020年までプレーすることは確実と言えるでしょうね。

2019年FAの動向注目野手

続いて動向に注目したい野手です。

2019FA注目野手
  • 菊池涼介(広島)
  • 會澤翼(広島)
  • バレンティン(ヤクルト)
  • 松田宣浩(ホークス)
  • 福田秀平(ホークス)
  • 伊藤 光(横浜)
  • 鈴木 大地(ロッテ)
  • 荻野 貴司(ロッテ)
  • 銀次(楽天)

こちらも主力級の選手となっています。

ただ、菊池についてはメジャー指向があるので、国内FAを行使することはなさそうです。

おそらく、菊池の場合も菅野・則本と同じように、東京オリンピックを終えた、2020年オフにMLBへという動きになるでしょうね。

また、広島の曾澤については下記公式サイトで残留表明をしています。

>>會澤翼選手 FA権を行使せずカープ残留を表明!

2019FA権行使の可能性が有る選手は?

以上より、2019年にFA権を行使する可能性がある注目選手は下記です。

2019FA注目選手
  • 野村祐輔(広島)
  • 小川泰弘(ヤクルト)
  • 美馬学(楽天)
  • 今村猛(広島)
  • 益田直也(ロッテ)
  • 福山博之(楽天)
  • バレンティン(ヤクルト)
  • 松田宣浩(ホークス)
  • 福田秀平(ホークス)
  • 鈴木大地(ロッテ)
  • 荻野貴司(ロッテ)
  • 銀次(楽天)

上記の選手がFA宣言をするのか?宣言してどこに行くか気になりますよね?

それを考える前に、12球団のFA補強やFA放出の傾向をおさらいしておきます。

プロ野球12球団のFA選手の補強や放出の傾向は?

続いてプロ野球12球団ののFA選手の補強や放出の傾向を下記の一覧表にまとめました。

チームFA補強
人数
FA放出
人数
FA獲得
年俸平均
1年あたりの
FA獲得人数
広島無し少ない無し無し
阪神多い少なめ1.7億円0.67人
横浜多い普通7,500万円0.56人
巨人非常に多い少なめ1.8億円1.44人
中日少ない少なめ5,650万円0.22人
ヤクルト少ない非常に少ない1.5億円0.22人
ホークス多い普通9,700万円0.67人
西武非常に少ない非常に多い2,000万円0.11人
楽天少ない非常に少ない3.1億円0.33人
オリックス多い普通1.2億円0.56人
日本ハム非常に少ない非常に多い3,000万円0.11人
ロッテ少ない少なめ1.8億円0.22人

*表がはみ出ている場合、右にスクロール可能です。

*直近の2010年以降の国内移籍のみで集計

FA補強が多い球団は巨人、ホークス、阪神、オリックス、横浜です。

その中でも、横浜とソフトバンクは獲得選手の年俸が1億円を切っており、比較的金額が安い選手を補強している傾向となっています。

巨人、ホークス、阪神、オリックス、横浜以外のチームはFA補強に消極的です。

ただ、楽天については頻度は少ないものの、超大物を獲得するケースが目立っています。

また、FAによる放出が多いのは西武、日本ハム、ホークスで、FAによる放出が少ないのは、ヤクルト、楽天、広島となっています。

こうしてみると球団ごとに傾向が見えますね。

各球団のFAについての分析を下記の記事で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

プロ野球12球団のFA補強を分析!FA選手の獲得数や割合、チーム別の傾向は?

続いて、今シーズンFA宣言の可能性が有りそうな選手をピックアップしてみます!

2019年FA権獲得予定選手の注目選手をピックアップ!

先ほどご紹介した、注目選手にプラスαを加えて一覧にしてみました。

*表がはみ出ている場合、右にスクロール可能です。

チーム名前守備ランク年俸
広島野村祐輔投手B1億2000万円
ヤクルト小川泰弘投手B9200万円
楽天美馬学投手B6500万円
広島今村猛投手B8700万円
ロッテ益田直也投手A1億3000万円
楽天福山博之投手B8000万円
広島會澤翼捕手B9200万円
ヤクルトバレンティン外野4億4100万円
ホークス松田宣浩三塁A4億円
ホークス福田秀平外野C3600万円
ロッテ鈴木大地内野B1億円
ロッテ荻野貴司外野C4500万円
楽天銀次内野B8500万円

となります。

以上の注目選手がFA権を行使するのか?行使した場合どのチームに移籍するのか?をご紹介していきます。

2019年注目選手のFA権行使&移籍先予想一覧!

まずは私の予想をご紹介します。

*◎:濃厚、〇:可能性大、△:五分五分、×:可能性低

チーム名前FA権行使残留移籍先予想
広島野村祐輔
ヤクルト小川泰弘
楽天美馬学
広島今村猛×
ロッテ益田直也巨人
楽天福山博之×
広島會澤翼×
ヤクルトバレンティン×
ホークス松田宣浩×
ホークス福田秀平ヤクルト
ロッテ鈴木大地横浜
ロッテ荻野貴司×
楽天銀次×

*表がはみ出ている場合、右にスクロール可能です。

現時点の予想としては

移籍先予想
  • 益田直也 → 巨人
  • 福田秀平 → ヤクルト
  • 鈴木大地 → 横浜

です。

他の選手は残留ですね。

ただ、FA選手の補強については、ドラフトの結果次第でも大きく変わってきます。

そんな2019年ドラフトは下記でまとめていますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

【2019年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想まとめ!

以上が2019FA取得予定選手と移籍先予想でした。

私の現時点での予想は

  • 益田直也 → 巨人
  • 福田秀平 → ヤクルト
  • 鈴木大地 → 横浜

です。

昨年は 丸 → 巨人 しか予想は当たりませんでしたが、2019年は当たるでしょうか(笑)

これからの動向を見守りましょう。

プロ野球のFA制度はどう思いますか?

14 COMMENTS

ちーぽん

西の地元は中部です。
ドラゴン図も名乗りを上げると思います。
記事が適当すぎやしませんか

返信する
たけぽん

夜遅くにコメント頂き有難うございます。

西の地元は三重なので、近畿ですね。
適当なことを書くのはやめましょう(笑)

が、三重は愛知の隣なので、西は中日ファン。
小学校時代にナゴヤドームへ通っていたらしいです。

これだけ見れば中日濃厚と思う方も多いかもしれませんが、
中日の状況を考えると厳しいと思います。

1点目は中日がFAで大型補強はしていないことです。
2010年以降の直近の中日政権では、8000万円で大野、3000万円で小笠原のみです。
西の場合は2018年には二桁を挙げ、まだ若いということもあり、
2億円以上の年俸は確実でしょう。
そうなると、いくら地元選手と言ってもなかなか手が上がらないと思います。

2点目は2018年契約更改での年俸増加の懸念です。
2018年の中日は平田、ビシエド、アルモンテ、ガルシアといった選手が、
タイトルホルダー並みの成績となっています。
なので、一気に年俸が跳ね上がるでしょう。
平田は複数年なので、せいぜい出来高くらいでしょうが、
外国人は活躍すると一気に年俸があがりますから、この影響はかなり大きいと思います。
せっかく西を獲得したとしても、ビシエド、アルモンテ、ガルシアあたりを放出すれば、
それ以上の痛手ですからね。

以上から中日が西獲得参戦の可能性は低いと考え、
記事には書きませんでした。

年俸度外視で西が中日に行きたいと表明すれば別ですけど、
そこまではさすがにしないでしょうしね。

返信する
やっすー

ホークスは内川や松田選手が年齢が衰えて来るので、長距離打者が欲しいので松山選手が欲しいですね
地元が鹿児島県出身っていう事もあるので

返信する
たけぽん

内川・松田あたりは心配ですよね~
なので、私もホークスでしっかり成績に合った年俸を貰って欲しいなと思っています。

返信する
通りすがり

印象操作感が否めないですね。
まず、広島はFA獲得”0”ではありません。黒田は海外からのFAです。
またFA放出も少ないという基準も曖昧です。
川口、江藤、金本、新井、黒田、高橋健、大竹、木村昇がいます。
例でいうと、巨人からFA移籍したのは、同じ8人です。
駒田、松井、小久保、上原、高橋、鶴岡、サブロー、小笠原です。
巨人からFAで出た選手の数と同じなのに、少なめと少ないの差はなんなの?
データなんだから、調べてから書きましょうよ

返信する
たけぽん

コメント有難うございます。

注釈が抜けておりました。
各球団の傾向分析は、2010年以降の国内FA移籍のみのデーターとなっています。

注釈追記させて頂きました。
ご指摘感謝致します。

返信する
龍牛虎

実に興味深く拝見させていただきました。
個人的にはメッセとサファテは現状維持で残留、
丸と浅村は3億以上の提示で残留、西は優勝できるチームに行きたいで移籍やと思ってます。

返信する
たけぽん

コメント有難うございます。

メッセとサファテは既に球団と交渉して残留はほぼ決まっていますね。

丸と浅村は今年の成績でFA宣言すれば、球界トップクラスの年俸となるでしょう。
5億でも獲得する価値があると思います。

西はオリックスが引き留められるかどうか?でしょうね~

返信する
INFINITE

横浜・上本ありそう(笑)
あと、あるとしたら浅村取り損ねたオリックスあたりかと

返信する
たけぽん

こちらにもコメント有難うございます!

上本出ていきそうな気がするんですよね・・・
大和と二遊間もありかなと(笑)

確かに、上本オリックスも十分ありそうです。

返信する
KOU

まず、FA権取得者のところに楽天が入っていない。
また、超有名である西武の炭谷の名前も入っていません。
予想するのはいいと思いますが、事実だけはしっかりと書いてください。

返信する
たけぽん

コメント有難うございます。

楽天については新規FA権獲予定者がいないので記載していませんでした。
横浜・ホークス・日本ハムはFA取得予定の選手がいたので、
NPBの発表までは記載していた関係上、欄として残っていました。
横浜・ホークス・日本ハムについては欄を削除させて頂きましたので、
ご確認ください。

炭谷については、今年「海外FA権」の獲得となっています。
本記事で書いてある通り、「国内FA権」の新規獲得&複数数年契約でない選手を対象としているため、
記載していません。

コメントの際は、記事内容や事実関係をしっかり確認して頂き、
ご指摘頂くようお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です