進藤勇也(上武大)【ドラフト】

ドラフト 候補の進藤勇也(しんとう ゆうや)は、182cm・88kgの右投右打の投手。福岡県福岡市出身。上武大所属。

二塁送球タイム1.8台を計測する強肩が持ち味で、高校3年生時に春・夏甲子園に出場し、スカウトから高評価を得た。

大学3年生時には大学日本代表に選出され国際大会を経験。

スカウトから「上位指名候補」と評価されている。

進藤勇也

基本情報
名前進藤勇也
(しんとう ゆうや)
出身地福岡県福岡市
生年月日2002年3月10日
身長182 cm
体重88 kg
血液型
SNS
選手情報
投打右・右
守備位置捕手
遠投110 m
50m走6.4 秒
好きな球団

進藤勇也の経歴・プロフィール

進藤勇也の経歴・プロフィール

経歴(所属チーム)
小学校福重バスターズ
(福重小学校)
中学校糸島ボーイズ
(内浜中学校)
高校筑陽学園
大学上武大
国際大会
ハーレム国際2022年
全国大会
日本少年野球春季大会2016年
春選抜2019年
夏甲子園2019年
神宮大会2018年
2022年
大学日本選手権2021年
2022年

中学校3年生時に全国を経験

福重小学校3年生時に福重バスターズでソフトボールを開始。

この時から捕手を任されました。

内浜中学校では糸島ボーイズに所属。

3年生時に日本少年野球春季大会で全国大会を経験しています。

筑陽学園では3年生時に春夏甲子園に出場

筑陽学園では1年生秋から正捕手を任されます。

2年生秋には県大会&九州大会優勝し、神宮大会でベスト4入りを果たします。

3年生春の選抜では初戦の福知山済美戦で2安打1打点の活躍で接戦をものにします。

続く山梨学院戦でも勝利し、創部初のベスト8入りを達成。

準々決勝では石川昂弥擁する東邦と対戦し、2安打2打点の活躍もチームは敗戦しています。

夏の甲子園では初戦の作新学院戦で敗戦となるも、プロスカウトから高い評価を得ていす。

その後プロ志望届は提出せず、大学へ進学します。

なお、高校時代にはチームメイトに西舘昂汰がいました。

上武大では2年生春にベストナイン獲得

上武大では1年生秋からリーグ戦に出場。

2年生春季リーグから正捕手を任され、新潟医療福祉大戦で桐敷拓馬から2試合連続ホームランを放ちます。

結果、ベストナイン&最多打点を獲得する活躍を見せ、リーグ優勝に貢献しています。

続く全日本選手権ではブライト健太らと共に準決勝に進出。

準決勝の慶応大戦では満塁ホームランを放つも、チームは敗戦となります。

大学3年生春には全国準優勝&大学日本代表入り

3年生春季リーグではチームの優勝に貢献し、全日本選手権に出場を決めます。

全日本選手権では準優勝に貢献し、敢闘賞を受賞します。

大会後には大学日本代表に選出され、ハーレムベースボールウィークに参加。

計6試合の出場で、5試合でスタメンを任されました。

秋季リーグでは優勝して横浜市長杯に出場。

横浜市長杯では日体大戦でホームラン・三塁打を放つなどの活躍で優勝に貢献。

続く神宮大会では初戦に松本凌人擁する名城大と対戦し、無安打に終わりチームは敗戦しています。

12月には再び大学日本代表候補に選出され、強化合宿に参加しています。

進藤勇也の動画と特徴

【選手紹介③】進藤勇也(上武大学)_ 侍ジャパン大学代表
2023年ドラフト候補 上武大学 進藤勇也 侍ジャパン大学代表選考合宿での打席とセカンドスロー

プロレベルの強肩

魅力は肩の強さです。

二塁送球タイムは試合中でも1.8秒台を計測しており、プロレベルです。

送球の精度も高く、高い盗塁阻止能力がある事がわかります。

パンチ力のある打撃

打撃ではパンチ力のある打撃を見せます。

脱力した構えから足を大きく上げ、フルスイングをします。

ややアッパー気味で前で捉える姿は牧秀悟を彷彿とさせます。

状況に応じての打撃

追い込まれたときはセンター中心にコンパクトに打ち返します。

ここぞの場面では長打を狙ったりと、カウントや試合状況によって打撃内容が変わります。

試合を決める一打や印象に残る一打が多いのも、こういった対応ができるからでしょう。

状況を冷静に判断できる捕手らしい打撃という印象です。

進藤勇也の成績

進藤勇也の成績

試合打率本塁打打点盗塁三振出塁率OPS
リーグ戦通算29.33042148.449.971
全国通算8.3571807.4191.098
国際通算6.0830203.083.250

成績は2022年終了時です。

リーグ戦通算では打率.330とまずまずの成績です。

出塁率が非常に高く、二塁打やホームランが打てているので、OPSが高くなっています。

また、三振数が少ないことからもリーグ戦ではしっかりと対応できている印象です。

全国になるとやや傾向が変わり、二塁打が多くなる半面、三振数が多くなり、四死球数が減る傾向です。

情報がない中での打席なので、初球から積極的に強い打球を打とう、という意識の為でしょうか。

場面や状況によってスタイルを変えていく様子からは、捕手らしい選手という面が見えてきます。

進藤勇也のスカウトコメント・視察情報と指名予想

進藤勇也のスカウトコメント・視察情報と指名予想

球団評価コメント視察情報
ヤク橿渕聡スカウトグループデスク高校時代から見ていますが、順調に伸びている。捕手では上位指名候補に入ってくるのでは
阪神
巨人
広島
中日
横浜
オリ
千葉
楽天
福岡
ハム
西武

現時点でヤクルトからのコメントが出ています。

「上位候補」というコメントが出ており、非常に高い評価であることがわかります。

高校時代には複数球団からコメントが出ていますし、大学日本代表という事で全球団が視察済でしょう。

その為、多くの球団でリストアップされているといえそうです。

今後の活躍次第ではコメントも出てきそうです。

皆様のドラフト指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

進藤勇也のドラフト指名順位を予想しよう

進藤勇也のまとめ

以上が、進藤勇也のご紹介でした。

二塁送球1.8秒台を計測する強肩とパンチ力のある打撃が魅力の大学No.1捕手。

ドラフト2023では上位指名の可能性がありそうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2023】注目候補ランキングと候補一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA