【ドラフト】ブライト健太(上武大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、上武大のブライト健太です。

コンパクトながら鋭いスイングで抜群の飛距離を誇る右の大砲候補。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 上武大・ブライト健太

記事の内容

をご紹介しています。

ブライト健太の経歴やプロフィール

ブライト健太

まずは、ブライト健太の経歴です。

プロフィール
  • 名前:ブライト健太(ぶらいと けんた)
  • 出身地:東京都足立区
  • 生年月日:1999年5月7日
  • 身長:184cm
  • 体重:84kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:弘道二丁目ピアーズ(足立区立弘道第一小学校) → シニアクラーク(足立区立第十一中学校) → 葛飾野高校 → 上武大
  • 関連ページ:上武大HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は軟式野球

足立区立弘道第一小学校六年生時に弘道二丁目ピアーズで野球を開始。

足立区立第十一中学校では軟式野球チームのシニアクラークに所属していました。

高校時代は甲子園未出場

葛飾野高校では一年生秋からベンチ入り。

二年生夏から一塁のレギュラーの座を勝ち取り5番を任されます。

二回戦の東京成徳戦では2安打を放つ活躍を見せています。

三年生春の東京都予選では、代表決定戦の豊島学院戦で2打席連続ホームランを放つ活躍を見せます。

夏の選手権予選では初戦の立正大立正戦で、4番一塁として出場し、2安打を放つ活躍もチームは敗戦となっています。

高校通算38本塁打でプロからも注目されていましたが、プロ志望届は提出せずに進学を選択します。

上武大では四年生秋で覚醒

上武大学では二年生秋からベンチ入りを果たすも、三年生秋までに3試合の出場にとどまります。

「変化球に対応出来ずにボール球を振る悪循環」を解消する為、フォーク改造に着手。

その成果もあり、四年生春からレフトやセンターとしてレギュラーの座を獲得します。

打率.380、3本塁打でチームの優勝に貢献し、MVPを獲得します。

続く全日本選手権では、初戦の西日本工大戦でドラフト一位候補の隅田知一郎からホームランを放つなど、チームの勝利に貢献します。

準々決勝の東農大北海道戦では、スタンド中段に放り込む特大ホームランも披露。

計4試合に出場し、打率.615、2本塁打という活躍を見せています。

ブライト健太の特徴や動画

次に、ブライト健太の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】ブライト健太の打撃シーン&走塁シーン&守備シーン

左足は大きく上げないすり足気味です。

トップを早めに作り、そこから最短距離でバットを出せる打撃フォームをしています。

抜群の飛距離

抜群の飛距離を見せています。

左足は大きく上げていませんが、飛距離が凄いです。

おそらく体の強さがあるため、コンパクトでありながら鋭いスイングができるのでしょう。

高校時代には左でもスイングスピードがプロレベルの150km/hを超えていたということで、右はさらに速いと思われます。

その為、これだけの飛距離が出ているのでしょう。

高い選球眼

選球眼が良いです。

後ろが大きくなく、コンパクトに振り出せているので、大振りしている感じではありません。

その為、自分の打てるボールをしっかり待てているという印象です。

ボール球を追いかけてしまうシーンも非常に少なく、選球眼が良いといって良いでしょう。

高い身体能力はあるが守備に課題

身体能力も高いです。

一塁到達タイムは右打者で4.2秒前後、二塁盗塁タイムは3.5秒台とまずまずの数値です。

プロのトップレベルではありませんが、プロでも速い方と言えます。

遠投100mとのことですが、肩は強肩というほどではありません。

現時点での走力や肩力、守備での動きを考えると、プロでライトやセンターというのは難しそうです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • コンパクトなスイングながら抜群の長打力
  • 高い選球眼
  • 高い身体能力
  • 守備に課題あり

です。

守備面で課題を感じますが、打撃面では一級品といって良いでしょう。

あの飛距離を見れば、長打力はプロでもトップクラスです。

選球眼も良く、プロでも十分対応出来そうですね。

ブライト健太の成績

続いて、ブライト健太の成績を見ていきましょう。

成績
  • 21春季リーグ:14試合、打率.380、3二塁打、3三塁打、3本塁打、12打点、5三振、出塁率.483、OPS1.223
  • 21全日本:4試合、打率.667、1二塁打、2本塁打、5打点、1三振、出塁率.667、OPS1.821

成績は全日本選手権終了時です。

四年生時の成績は抜群で、リーグ戦では打率.380という高打率ながら、3本塁打を含め半分が長打となっています。

また、長打が多い割には三振数は5個とまずまずの少なさで、四死球を10個選んでおり、出塁率が5割近い数値となっています。

その為、OPSが1を大きく超えており、打撃成績は文句なしですね。

秋もこの成績を維持したいところです。

ブライト健太のスカウト評価や指名の可能性

続いて、ブライト健太のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 中日・米村アマスカウトチーフ「BIG3は鵜飼、ブライト、正木でしょ。(3人は)横一線」「(上武大)ブライト君は走攻守全て(いい)。身体能力を含めて。上武大の谷口監督から厳しい指導を受けていると言うことで野球に対する姿勢もいい。」
  • 中日・八木スカウト「長打力だけでなくボール球の見極めや内角の球を打つ技術もある」
  • 中日・正津スカウト「動きに無駄がなく、自分の間で打てている。上位候補」
  • 横浜・河原スカウティングディレクター「(本塁打は)すごい当たり。(今大会で)一気に注目が上がったんじゃないか」
  • ヤクルト・度会スカウト「思い切り振れるという彼の持ち味が出せていた」
  • 西武・渡辺GM「打ち直しで左中間(席)に打てる(打者)なんて、いないね」
  • 日本ハム・大渕隆スカウト部長「リストが柔らかく使える選手」
  • オリックス・牧田勝吾編成副部長「高校時代から見ていましたが(活躍で)人気が出てしまいますね。どの球団も一気に注目することになると思います。 走攻守のレベルが高く、見たくなる選手。タイミングの取り方も柔らかく、リストも強い。自分のタイミングで打つことができるので、出塁率が高くなる。 当然(指名候補の)リストに入っています。」

複数球団からコメントが出ています。

中日からは「上位候補」というコメントが出ており、非常に高い評価であることがわかります。

右の大砲候補ということで、どの球団も欲しいと思います。

長打力は打撃の対応力の高さやスカウトの評価の高さを考えれば、ドラフト2021では上位指名確実と言えるでしょう。

今後の活躍次第では一位指名の可能性も有りそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

ブライト健太の関連ニュース

続いて、ブライト健太の関連ニュースです。

>>【中日】1位候補10人に絞るも結論出ず…右の大砲が中心か スカウト会議

>>中日スカウト会議「BIG3は横一線」慶大・正木智也ら即戦力野手1位候補

>>中日の補強ポイントはここだ! 米村明チーフスカウトに聞くドラフト戦略

>>【ドラフト】中日どうしても欲しい『即戦力大砲』慶大・正木、上武大・ブライト、駒大・鵜飼…大学生3選手リストアップ

>>ブライト健太が存在感見せる も「チームを勝たせられなかった…」上武大敗退に悔しさにじませる【全日本大学野球選手権】

>>中日スカウト会議、ブライトの評価急上昇 乗りに乗っている大砲候補

>>上武大は「アドゥ」が起こした“騒ぎ”で4強進出 ブライト健太2号にスカウト「人気が出てしまう」

>>プロ注目の上武大・ブライト 2号特大アーチ 11得点圧勝で4年ぶり4強入り

>>上武大・ブライトがV弾、西武・渡辺GMもビックリ 全日本大学野球選手権2年ぶり開幕

>>【大学選手権】西日本工大・隅田知一郎、14奪三振1失点完投でドラフト1位候補急浮上

>>上武大・ブライト健太 大会1号V弾「長打が魅力なので、もっとアピールしたい」

ブライト健太のまとめ

以上が、上武大 ブライト健太経歴、成績や特徴でした。

抜群の長打力が魅力の右の大砲候補です。

2021ドラフトで上位指名される可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です