【ドラフト】桐敷拓馬(新潟医療福祉大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、新潟医療福祉大の桐敷拓馬です。

最速149km/hのストレートと落ちる球のコンビネーションが抜群の左腕です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 新潟医療福祉大・桐敷拓馬

記事の内容

をご紹介しています。

桐敷拓馬の経歴やプロフィール

桐敷拓馬

まずは、桐敷拓馬の経歴です。

プロフィール
  • 名前:桐敷拓馬(きりしき たくま)
  • 出身地:埼玉県鴻巣市
  • 生年月日:1999年6月20日
  • 身長:177cm
  • 体重:80kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:屈巣ニュースターズ → 行田シニア(鴻巣市立川里中学校)→ 本庄東 → 新潟医療福祉大
  • 関連ページ:新潟医療福祉大野球部HPTwitterInstagram

詳しく見ていきましょう。

中学校時は硬式野球

小学校一年生時に屈巣ニュースターズで野球を開始。

三年生時から投手を務めます。

鴻巣市立川里中学校では硬式野球チームの行田シニアに所属。

一年生秋からエース

本庄東では一年生からベンチ入りし、秋からは背番号1を背負います。

一二年正時は結果を残せず。

三年生春の春季大会では地区予選を通過し、県大会三回戦まで勝ち残ります。

三年生時には米倉との投げ合いを制す

夏の選手権予選では、初戦の埼玉栄戦で米倉貫太との投げ合いを制し完投勝利。

続く三回戦の坂戸西戦で完封勝利、四回戦の市立川口戦で延長12回203球を投げ19奪三振を奪い勝利に貢献しています。

五回戦の聖望学園戦でも9回完投するも4失点で敗戦となっています。

大学二年生秋季リーグで1試合最多奪三振記録に並ぶ

新潟医療福祉大では一年生秋からリーグ戦に出場。

二年生秋季リーグでは、平成国際大戦で延長10回完封勝利を挙げます。

この試合で18奪三振を奪い、リーグタイ記録に並びます。

三年生秋季リーグでは自己最速の149km/hを記録。

白鷗大から完封勝利を挙げるなど活躍し、自身最多の3勝を挙げています。

桐敷拓馬の特徴や動画

次に、桐敷拓馬の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】桐敷拓馬の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

ノーワインドアップからオーソドックスな投球フォームで投げ込みます。

左腕が上手く体に隠せており、バッターからするとタイミングが取りにくいタイプと言えるでしょう。

勢いあるストレート

ストレートの最速は149km/hです。

常時145km/hを記録しており、球速が速いです。

回転数が2500rpmを超えていますが、ややジャイロ成分があり、ホップ量は平均をやや超えるレベルでしょう。

下記のサイトによると回転数ランキングでは上位です。

>>【ドラフト2021】回転数調査ランキング

多彩な変化球

変化球は、スライダー、スプリット、チェンジアップ、ツーシームと多彩です。

スライダーは125km/h前後で球速はそこまで速くなく、やや縦変化量が大きいタイプです。

130km/後半のスプリット、130km/h前後のチェンジアップ、140km/h超えのツーシームは回転軸が近いです。

この3球種の見極めは困難で、中日の大野雄大のようなボールの軌道を偽装する投球(ピッチトンネルを使える投球)が可能です。

抜群の制球力

制球力は高いです。

特にストレートはコースにしっかり投げ分けており、精度が非常に高いです。

ただ、変化球がやや全体的に高めなのが気になります。

球種構成を考えると、複数の落ちる球系を低めに集められるようになれば、アマチュアレベルでは太刀打ちできないでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速149km/h左腕
  • 回転数が2500rpmを超えホップ量はやや多め
  • 変化球はスライダー、スプリット、チェンジアップ、ツーシームと多彩
  • 落ちる球系のコンビネーションが抜群

です。

最速149km/h左腕で、常時145km/hを投げ込む球速が魅力です。

ホップ量はやや多めで、落ちる球系とのコンビネーションが抜群です。

空振りが多く奪えるタイプの投手と言えるでしょう。

桐敷拓馬の成績

続いて、桐敷拓馬の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(18春~20秋):21試合、83 1/3投球回、防御率2.92、奪三振率11.66、四死球率3.78、被安打率6.80
  • 21年春季リーグ:2試合、14投球回、防御率0.64、奪三振率12.86、四死球率1.93、被安打率3.86

成績は、4月14日時点です。

リーグ戦通算では防御率2点台と安定した成績を残しています。

被安打率や四死球率はそこまで多くなく、高い奪三振率となっていることが、安定した成績を残している要因でしょう。

2021年春季リーグでは、ここまで2試合の登板で、防御率1点台となっています。

高い奪三振率だけでなく、四死球率や被安打率が大きく改善していることが要因のようです。

桐敷拓馬のスカウト評価や指名の可能性

続いて、桐敷拓馬のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 中日・正津スカウト「完成度は高い。コントロールは大学時代の笠原(祥太郎)よりいい」

現時点で中日のコメントのみです。

大学時代の笠原より制球が良いという評価をしています。

その他には、6球団が視察したという報道が出ており、注目度は高そうです。

貴重な左腕投手ということや、現時点での実力的には、ドラフト2021での指名の可能性は高く、上位指名も十分あるでしょう。

今後の活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

桐敷拓馬の関連ニュース

続いて、桐敷拓馬の関連ニュースです。

>>MAX150キロ左腕・桐敷は意地の5回8奪三振 上武大打線に2被弾も

>>桐敷拓馬(新潟医療福祉大・投手)ピンチで真骨頂を発揮する149キロサウスポー

>>新潟医福大プロ注目左腕桐敷5回6K最速147キロ

>>新潟医療福祉大・桐敷がリーグ記録に並ぶ18K完封

桐敷拓馬のまとめ

以上が、新潟医療福祉大 桐敷拓馬経歴、成績や特徴でした。

最速149km/hのストレートと落ちる球系のコンビネーションで三振の山を築きます。

2021ドラフトで指名される可能性も高いと思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です