【ドラフト】徳山壮磨(早稲田)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】徳山壮磨(早稲田)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は早稲田大学の徳山壮磨投手です。

最速151km/hのノビのあるストレートや多彩な変化球が武器の本格派右腕。

大学2年生秋のリーグ戦後に、大学野球日本代表候補に選ばれました。

今回はそんな早稲田大学 徳山壮磨経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

徳山壮磨(早稲田)の経歴やプロフィール!

まず、徳山壮磨の経歴です。

経歴
  • 名前:徳山壮磨(とくやま そうま)
  • 出身地:兵庫県姫路市
  • 生年月日:1999年6月6日
  • 身長:183cm
  • 体重:73kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:今宿ヴィクトリーズ(姫路市立高岡小学校)→ 兵庫夢前クラブ(姫路市立高丘中学校)→ 大阪桐蔭高校 → 早稲田大学

詳しく見ていきましょう。

徳山壮磨は中学1年生の時から大阪桐蔭高校でのプレーを希望!

友達に誘われて小学校3年生の時にソフトボールをはじめ、今宿ヴィクトリーズに所属します。

中学生になってからは、硬式野球チームの兵庫夢前クラブでプレーしました。

中学1年生の時に、チームメイトらの前で、「春夏連覇した大阪桐蔭高校に行ってプレーする」と目標を話します。

その時は、チームメイトや指導者に笑われましたが、練習に力を入れ、大阪桐蔭高校のコーチが視察した試合で結果を残しました。

また、中学生になってから身長が20cm以上伸び、中学校3年生の時には180cmになります。

徳山壮磨は高校3年生春のセンバツ甲子園で球速を145km/hに伸ばします!

高校は、中学校1年生の時から目標としていた大阪桐蔭高校に進みます。

高校1年生秋から試合に出場し、明治神宮野球大会では準決勝の高松商業高校(香川)戦では、リリーフとして1回を投げ無失点に抑えました。

この試合で138km/hをマークします。

2年生春のセンバツ甲子園では、初戦の土佐高校(高知)戦では、1回無失点でした。

2年生夏の府大会は登板の機会がなく3回戦で敗退します。

2年生秋は、近畿大会初戦の平安高校(京都)戦で7回を無失点(9奪三振)に抑えるなど、地区大会から近畿大会までの10試合のうち7試合に登板しました。

2年連続の出場となった3年生春のセンバツ甲子園では、全5試合に登板、4試合に先発し、優勝に貢献します。

完投した準決勝の秀岳館高校(熊本)戦では、145km/hに球速を伸ばし、このあたりから注目を集めました。

徳山壮磨は3年生夏に18歳以下の日本代表に選ばれる!

3年生夏も甲子園に出場しました。

米子松蔭高校(鳥取)との1回戦、智弁和歌山高校との2回戦に登板し勝ちますが、3回戦の仙台育英高校戦は登板機会がなく試合も敗れます。

18歳以下の日本代表に選ばれ、ワールドカップでは3試合に先発で投げ2勝を挙げました。

なお、プロ入りした柿木蓮投手(北海道日本ハム)、根尾昂内野手(中日)、藤原恭大外野手(千葉ロッテ)は1学年下です。

徳山壮磨は2年生秋のリーグ戦で球速を151km/hに更新、大学野球日本代表候補にも選ばれる!

大学は早稲田大学(東京六大学野球連盟)に進学します。

高校時代から注目されていましたが、身体もメンタルも鍛えたいと考え、「施設が整っていて伝統がある大学」だと思ったのが進学理由だそうです。

大学1年生春からベンチ入りし、1年生春のリーグ戦では、先発1試合を含む6試合に登板しました。

しかし、1年生秋は、右肩を痛めてしまい登板機会はありませんでした。

2年生春のリーグ戦には復帰し、リリーフとして9試合に投げます。

2年生秋から先発を任され、東京大学戦では、初完封勝利(10奪三振)を挙げました。

また、慶應大学との2回戦では球速を151km/hに伸ばしています。

リーグ戦終了後は、大学野球日本代表候補に選ばれ、代表入りになるか注目です。

ちなみに、一学年上にはドラフト2020候補の早川隆久がいます。

徳山壮磨(早稲田大)の成績

次に、徳山壮磨の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(18春、19春秋):20試合、59投球回、防御率1.53、被安打率6.25、奪三振率8.54、四死球率3.05

成績は、2019年終了時点のものです。

1年生秋に右肩痛で離脱しましたが、2年生秋は先発としても投げました。

そこまで打たれたヒットは多くなく、失点も抑えられているようです。

また、四死球もそこまで多くはありません

そして、イニング数に近い三振を奪う事ができています。

徳山壮磨(早稲田大)の特徴や動画

続いて、徳山壮磨の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=SSdoL_a1zmg?start=91

左足を上げてタメを作っています。

テイクバックは小さく、リリースポイントは打者寄りです。

大きな腕の振りで投げており、肘も柔らかく使えています

徳山壮磨はノビのあるストレート!

ストレートの球速は常時140㎞/h、最速151km/hですが、バッターが振り遅れていたり空振りしており、球速以上に速く感じるかもしれません。

肘が柔らかく使えているので、球にノビがあるのでしょう。

徳山壮磨は多彩な変化球!

動画では、カーブやフォーク、スライダーを投げています。

6分25秒辺りで投げているカーブは、縦方向に大きく曲がり、緩急を付けたピッチングをするのに使えそうです。

4分25秒過ぎで投げているフォークは、打者の近くで落ち、バットの芯を外すのに使え、コースが決まればストライクカウントを取ったり空振りを奪う事もできるかもしれません。

スライダーは、打者の手元で鋭く変化しています。

コースが決まれば、こちらの動画のように、ストライクカウントを取れそうです。

徳山壮磨の制球力はまずまず!

動画を見ると、キャッチャーの構えたところに概ね投げる事ができています。

四死球がそこまで多くないことを考えると、制球力はまずまずといったところでしょう。

その一方で、投球が抜けて明らかなボール球となる場面や、高めに浮く場面も見られたので、今後は、より安定した投球が求められそうです。

徳山壮磨の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hのノビのあるストレート
  • 変化球は、カーブ、フォーク、スライダー
  • 制球力はまずまず

です。

ノビのあるストレートとカーブなどの多彩な変化球を投げ分ける事が出来ます。

徳山壮磨(早稲田大)のスカウト評価や指名の可能性

次に、徳山壮磨のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・渡辺スカウト「バランス良くまとまっている。今は線が細い印象だが、体幹がしっかりすれば大成が期待できる」
  • 巨人・岡崎スカウト部長「投手では、大阪桐蔭・徳山壮磨をもうちょっと見たかった。」
  • オリックス・谷口スカウト「実戦間隔は空いていたが、しっかり低めに投げられていた。出来上がっていますね」
  • 阪神・畑山チーフスカウト「大阪桐蔭の徳山君、試合を作れる投球ができる右腕と見ている。この日の最速は145キロと聞いたが、真っすぐのスピードが夏までにどれだけ上がるか、楽しみです」

これらは高校時代に寄せられたものですが、引き続き視察しているスカウトもいるかもしれません。

このまま活躍できれば、2021ドラフトで上位指名される可能性が高いと思います。

徳山壮磨(早稲田大)のまとめ!

以上が、早稲田大学 徳山壮磨経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

ノビのあるストレートとカーブなどの多彩な変化球が魅力です。

活躍次第で、2021ドラフトで上位指名されると思います。

まずは、大学野球日本代表に選ばれるかに注目です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です