【ドラフト】岩本久重(早稲田)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、早稲田大学の岩本久重捕手です。

長打力、逆方向にも打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが持ち味の打てる捕手。

中学生時代に15歳以下の日本代表に選ばれ、高校時代は記録員、選手両方の立場で甲子園を経験します。

大学2年生秋から正捕手になり、リーグ戦後は大学野球日本代表候補に選ばれました。

大学3年生からは4番を打っています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 早稲田大学・岩本久重

記事の内容

をご紹介しています。

岩本久重の経歴やプロフィール

【ドラフト】岩本久重(早稲田)の成績・経歴・特徴

まずは、岩本久重の経歴です。

プロフィール
  • 名前:岩本久重(いわもと ひさしげ)
  • 出身地:滋賀県大津市
  • 生年月日:1999年4月21日
  • 身長:181cm
  • 体重:82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:富士見スポーツ少年団(大津市立富士見小学校)→ 大津北シニア(大津市立北大路中学校)→ 大阪桐蔭高校 → 早稲田大学
  • 関連ページ:早稲田大学HP六大学HP侍ジャパンHPTwitter

詳しく見ていきましょう。

15歳以下の日本代表に選ばれる!

小学校2年生の時に軟式野球をはじめ、富士見スポーツ少年団でプレーします。

中学生になってからは、硬式野球チームの大津北シニアに入りました。

中学校3年生夏には、15歳以下の日本代表に選ばれ、キャッチャーとして国際大会に出場しています。

高校は、大阪桐蔭高校に進み、1年生の時からキャッチャーや外野の控えとしてベンチ入りします。

1年生秋は、大阪府大会準優勝、近畿大会優勝を果たし、明治神宮野球大会では、準決勝の高松商業高校(香川)戦で代打として出場しました。

2年生春のセンバツ甲子園では、2回戦の木更津総合(千葉)戦では8番・ライトで出場しますが、ノーヒットに終わり、試合も敗れます。

その時の相手投手は、2020ドラフトで東北楽天から指名された早川隆久です。

高校3年生春は記録員、夏は選手として甲子園に出場!

高校2年生秋からは正捕手となり、府大会3位決定戦の初芝立命館高校戦で3安打するなど計10試合で打率.424をマークし、近畿大会ベスト4まで勝ち上がりました。

しかし、2年生冬に左手有鉤骨を骨折して、「夏に照準を合わせたい」という理由で手術もします。

3年生春のセンバツ甲子園は、記録員としてのベンチ入りとなりました。

その間は、対戦相手の各打者の特徴を調べ、チームに伝えていたそうです。

そういった裏での活躍もあり、センバツ甲子園で優勝を果たしました。

骨折が治ってからは捕手として出場し、3年生夏の府大会では5番も打ちます。

府大会優勝で出場した夏の甲子園では、先発出場の機会はありませんでしたが、1回戦の米子松蔭高校戦では代打で出場し捕手の守りにつきました。

3回戦の仙台育英高校(宮城)戦では、代打のあとライトの守りにつき、2打席目に四球を選びましたが、試合は敗れます。

高校通算本塁打は23本でした。

因みに、中日・根尾昂、ロッテ・藤原恭大、巨人・横川凱、日本ハム・柿木蓮は1学年下です。

大学3年生冬に大学野球日本代表候補に選ばれる!

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、早稲田大学(東京六大学野球連盟)に進学します。

1年生からベンチ入りし、1年生春のリーグ戦では、捕手の控えや代打として7試合に出場しました。

2年生秋は、リーグ戦の終盤から正捕手となります。

最終戦に当たる慶応大学3回戦で本塁打を打ち、打率は.348をマークしました。

リーグ戦後には、大学野球日本代表候補に選ばれます。

2年生冬は、打撃フォームを固めミートする事に意識して、素振りやティーバッティングを行いました。

また、ピッチングマシンを受け、撮った映像をチェックする事を繰り返し、キャッチングの精度が上がったそうです。

3年生になってからは4番を打ち、春と秋のリーグ戦には全試合に出場しています。

東北楽天の早川隆久は大学の1学年上、2021ドラフト候補の徳山壮磨西垣雅矢は大学の同学年です。

徳山壮磨は、高校も同じでした。

岩本久重の特徴や動画

次に、岩本久重の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021】岩本 久重(大阪桐蔭ー早稲田大)【東京六大学野球】

足を少し曲げた状態で構え、左足を上げてタイミングを取っています。

その後は、体全体を使ってフルスイングしていました。

長打力!

動画の2分5秒過ぎでは、内角に入ってきた球を、レフト方向への本塁打としていました。

体全体を使ってフルスイングしているので、長打を打てるのでしょう。

逆方向にも打て、足の速さもまずまず!

動画の1分過ぎでは外寄りの球をライト前へのヒットとしており、1分35秒辺りでは外角低めの球を右中間への三塁打にしています。

状況に応じて、逆方向にも打つ事ができるのも魅力といっていいでしょう。

また、三塁打を打った時の三塁到達タイムは12秒ほどでした。

50m走のタイムも6秒1で、足の速さもまずまずです。

肩が強い!

動画の2分25秒過ぎからは、守備について取り上げられています。

捕球してからの送球が早く、低い位置に投げており、送球タイムも2秒弱で盗塁を刺すことができていました。

肩自体も強く、遠投は110mまでできます。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 長打を打てる
  • 逆方向にも打てる
  • 足の速さはまずまず
  • 肩が強い

です。

長打力、逆方向にも打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが魅力の打てる捕手と言っていいでしょう。

岩本久重の成績

続いて、岩本久重の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦通算(18春~20秋):32試合、打率.250、7二塁打、1三塁打、1本塁打、14打点、出塁率.364、24三振

成績は、3年生秋のリーグ戦までのものです。

打率は3割を切っていますが、打率よりも1割以上高い出塁率で、四死球を選んでの出塁ができ、打率以上の貢献をしていると言っていいでしょう。

ただ、三振数が四死球数(15)より多く、もっと三振を減らせるといいかもしれません。

また、本塁打を打っており、長打を打てるバッターと言っていいでしょう。

リーグ戦での盗塁はないですが、三塁打を打っており、次の塁を狙う姿勢がありそうです。

岩本久重のスカウト評価や指名の可能性

続いて、岩本久重のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • ヤクルト・橿渕デスク「スローイングもいいし、キャッチャーとしてはトップクラス」
  • 日本ハム・大渕スカウト部長「(徳山・岩本について)2人とも能力が高いのは分かっている。それを試合の結果にどうつなげていくか」

現時点でヤクルトと日本ハムからコメントが出ています。

ヤクルトからはキャッチャーとしてトップクラスという非常に高い評価を受けています。

大学日本代表候補ということで、注目度も高そうですね。

長打も打てる捕手なので、2021ドラフトでの指名は確実と言えそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

岩本久重の関連ニュース

続いて、岩本久重の関連ニュースです。

>>ドラフト上位候補の早大・岩本が2安打2打点 ヤクルト・橿渕デスク「捕手としてはトップクラス」

>>ドラフト候補早大・徳山&岩本バッテリーでプロ志望

>>2017年選抜優勝の大阪桐蔭から4選手が主将・副主将へ

>>早大・蛭間、日体大・矢沢ら/侍大学代表候補一覧

>>岩本久重と福井章吾 早稲田と慶應の扇の要は、大阪桐蔭出身の特別な関係

岩本久重のまとめ

以上が、早稲田大学 岩本久重経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

長打力、逆方向にも打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが強みです。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です