【ドラフト】西垣雅矢(早稲田)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は早稲田大学の西垣雅矢投手です。

スリークォーター気味のフォームから投げる多彩な変化球が持ち味の右腕投手です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 早稲田大学・西垣雅矢

記事の内容

をご紹介しています。

西垣雅矢の経歴やプロフィール

西垣雅矢

まず、西垣雅矢の経歴です。

経歴
  • 名前:西垣雅矢(にしがき まさや)
  • 出身地:兵庫県朝来市
  • 生年月日:1999年6月21日
  • 身長 :184cm
  • 体重:83kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:粟鹿少年野球クラブ(朝来市立梁瀬小学校)→ 朝来市立梁瀬中学校 → 報徳学園高校 → 早稲田大学
  • 関連ページ:早稲田HP六大学HPTwitter

詳しく見ていきましょう。

高校入学時から食トレに力を入れる!

小学校3年生から軟式野球をはじめ、粟鹿少年野球クラブに所属しました。

中学校では軟式野球部に入り、投手としてプレーし、4番を打ちます。

高校は、報徳学園高校に進みました。

「すぐに体重が落ちる体質」ということもあり、練習の合間に白米を1合食べるなどの食トレを高校入学後から行います。

高校2年生春からベンチ入りしますが、春の大会後に、ウイルス感染症を患い、2年生夏の県大会では登板機会がありませんでした。

2年生秋の県大会から復帰し、エースとなり、地区大会から県大会まで計9試合に先発します。

県大会準優勝で出場した近畿大会では、1回戦の東山高校戦では5回を投げて7失点、準々決勝の滋賀学園高校戦では8回を投げて1失点に抑えますが試合は敗れました。

3年生春のセンバツ甲子園で球速141km/hをマーク!

2年生冬は、球威を向上するため、体幹を鍛えます

また、入学時からの食トレの成果もあり、体重を10kgほど増やしました。

3年生春のセンバツ甲子園では、4試合に先発し、1回戦の多治見高校(岐阜)戦では7回無失点、この試合で141km/hをマークしました。

2回戦の前橋育英高校(群馬)戦では9回を完封しましたが、準決勝の履正社高校(大阪)戦では2 1/3回を投げて2失点で降板、試合も敗れます。

3年生夏は、4試合に先発しました。

準決勝の神戸国際大学附属高校戦では、9回2失点に抑えますが、接戦の末に敗れます。

広島の小園海斗は、1学年下です。

大学2年生秋に球速を144km/hに伸ばす!

高校卒業後は、早稲田大学に進みます。

1年生春からベンチ入りし、リーグ戦ではリリーフとして2試合に投げました。

慶応大学3回戦では9回から登板し、3回を無失点に抑え、延長戦の末にチームが勝利し、リーグ戦初勝利となります。

1年生秋からは、先発中心となり、1年生秋は6試合(うち先発5試合)に登板、東京大学2回戦では初完投初完封勝利を挙げました。

1年生冬は、安定感を増すためセットポジションにフォームを変え、直球の質の向上に力を入れます。

2年生秋の明治大学戦に先発し、3 1/3回を無失点に抑え、球速を144km/hに伸ばしました

3年生春のリーグ戦では1試合に先発、秋は1試合に先発、4試合にリリーフ登板し、1点台の防御率でした。

楽天の早川隆久は大学の1学年上、2021ドラフト候補の徳山壮磨岩本久重は大学の同学年です。

西垣雅矢の特徴や動画

続いて、西垣雅矢の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】西垣雅矢の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

スリークォーターに近い投げ方です。

左足を三塁方向に上げてタメを作っています。

テイクバックはそこまで大きくありませんが、大きな腕の振りです。

柔らかく肘を使えています

シュート変化の大きなストレート!

球速は最速145km/h、常時130km/h台後半です。

球速は速くはないものの、腕を下げ気味なのでシュート変化する球質です。

回転数が多く、回転効率も高いので、非常に大きく変化しています。

右打者にとっては、打ちにくいタイプと言えるでしょう。

多彩な変化球!

フォーク、カーブ、スライダーを投げます。

130km/h前後のスライダーは縦気味に変化し、125km/h前後のカーブは一塁側方向に大きく変化します。

カーブはスラーブに近い球種ですね。

さらに130km/h前後のフォークはシュート変化しながら落ちており、ストレートとシュート成分が近く、見極めがしにくそうです。

どのボールも球速が速めとなっているので、打者が見極めしにくい投手と言えるでしょう。

制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角や低めといった所にも投げられています。

制球力はまずまずと言ったところでしょう。

特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速145km/hのシュート変化が大きいストレート
  • 変化球はフォーク、カーブ、スライダー
  • 制球力はまずまず

です。

最速145km/hのシュート変化が大きいストレートと多彩な変化球が武器です。

西垣雅矢の成績

次に、西垣雅矢の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(18春~20秋):24試合、88 2/3投球回、防御率2.54、被安打率7.00、奪三振率7.92、四死球率2.44

成績は、2年生秋のリーグ戦までのものです。

ヒットを打たれやすいものの、失点はそこまで多くありません

また、与えた四死球も少ないです。

一方で、奪三振率を見ると、三振を奪えるピッチャーといっていいでしょう。

西垣雅矢のスカウト評価や指名の可能性

次に、西垣雅矢のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・水野雄仁スカウト部参与「制球が良くなっている。球速ももっと上がってくると思う」
  • ロッテ・中川隆治スカウト「真っすぐの質が良い。ストライクゾーンを広く使えていた」

現時点で、巨人とロッテのコメントが出ており、制球面や球質について評価されています。

また、オープン戦で4球団が視察したりと、注目度の高さが伺えます。

活躍次第では、2021ドラフトで指名される可能性も高くなるかもしれません。

本人は「早川(隆久)さんみたいにではないですが、チームをピッチングで引っ張っていけるように、この冬必死に練習するしかないと思っている」と話しており、さらにレベルアップを行っていくようです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

西垣雅矢の関連ニュース

次に、西垣雅矢の関連ニュースです。

>>早大の西垣雅矢がHonda相手に5回1安打の快投 4球団スカウトに猛アピール

>>【連載】秋季早慶戦直前特集『全身全霊』第6回 西垣雅矢

>>【連載】秋季リーグ戦開幕前特集『勝』第3回 徳山壮磨×西垣雅矢

>>早大が初回3点先制も明大が必死の追い上げ!両校譲らず引き分け0.5ポイント!【9/20 秋季東京六大学野球 早稲田大学vs明治大学】

西垣雅矢のまとめ!

以上が、早稲田大学 西垣雅矢経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速144km/hの変化量の大きなストレートと打者の近くで落ちるフォークなどの変化球が武器です。

活躍次第では、2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です