2018年ドラフト大阪桐蔭 根尾昂の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

2018年 ドラフト 大阪桐蔭 根尾昂 指名予想球団 成績 経歴 特徴

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

夏と言えば甲子園!

今年は記念の100回大会で、出場枠も増え、熱い戦いを繰り広げていますね。

今回はそんな甲子園の注目選手をご紹介します。

それは大阪桐蔭の根尾昂です。

昨年から注目されている選手で、2018年ドラフトの目玉です。

そんな根尾昂がどの球団に指名されるのか?予想しちゃいます!

予想は当たるでしょうか(笑)

記事の最後には根尾昂がどの球団へ行くのか?投票を実施中です!是非ご投票を~

 

大阪桐蔭 根尾昂の経歴や成績、特徴は?

まずドラフト指名予想をする前に根尾昂の経歴や特徴をご紹介しておきます。

これらの情報もドラフト指名予想では非常に重要なので、一緒に見ていきましょう!

まずは経歴からです。

大阪桐蔭 根尾昂の経歴は?

根尾昂の経歴は下記です。

経歴
  • 生年月日:2000年4月19日(18歳)
  • 出身:岐阜県飛騨市
  • 身長:177cm
  • 体重:75kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:遊撃手&投手
  • 経歴:古川西クラブ(河合小学校) → 飛騨高山ボーイズ(古川中学校) → 大阪桐蔭高校

河合小学校2年生時に古川西クラブで野球を始めました。

古川中学校では飛騨高山ボーイズに所属し、3年生時には野茂英雄が総監督を務める、NOMOジャパンの選抜メンバーに選出。

当時からすでに注目される存在で、この頃から既に145km/hの球速だったそうです。やばい(笑)

大阪桐蔭では1年生秋からライト兼任投手としてレギュラーに。

2年生春の選抜では投手、遊撃手、センターをこなし、チームの優勝に大きく貢献。夏には4番として出場しています。

3年生春の選抜では投手として3勝、さらに5番打者として2年連続の選抜制覇に大きく貢献しました。

夏の甲子園では5番打者、二番手投手としてチームの春夏連覇に大きく貢献しています。

大阪桐蔭 根尾昂の成績は?

続いて根尾昂の投打の成績を見てみましょう。

まずは打者成績です。

根尾昂の打撃成績

通算で19試合に出場しており、打率.371、3本塁打、20打点、1盗塁、出塁率.457となっています。

2年生の春の選抜では打率.211と低迷しましたが、3年生春の選抜では打率.500と非常に高い数字を残しています。

また、夏の地区予選では打率.522、0本塁打、7打点と非常に好成績を残しています。

記念の甲子園100回大会では3ホームランを放つなど、長打力の高さも披露しています。

続いて投手成績です。

根尾昂の投手成績

甲子園通算で7試合に登板しており42投球回数で防御率は1.93という非常に素晴らしい成績を残しています。

奪三振率も8.79という非常に高い数字をマークしており、三振が取れる投手であることがわかります。

また3年生の春には3勝を挙げており、2回の先発では9回を投げ切っています。野手との兼任ですが、投球のスタミナも十分と言えそうです。

夏の地区予選では2試合で防御率2.65とまずまずの成績を残しており、夏の甲子園では2試合に先発して共に勝利投手となっています。

大阪桐蔭 根尾昂の特徴は?

根尾昂の特徴はなんといっても野球センスの良さです。

打者としても投手としても非常にレベルの高い選手です。

まずは打者としての特徴を見てみましょう。

動画は2018年夏の甲子園です。

まず気持ちの良いほどのフルスイングができる選手です。

あれだけ振れるという事はタイミングがしっかり取れている証拠でしょう。

また、外角は逆方向、内角は引っ張り、といった具合に広角に打球を打ち分けることが出来ます。

フルスイングながら、コースに逆らわない柔軟なバッティング技術も持ち合わせていることがわかります。

さらに選球眼も良く、ボール球を見逃し、甘い球をしっかり叩けていますし、左投手を苦にするような感じもありません。

打撃能力がかなり高いのがわかりますね。

守備では足の動きも軽快で守備範囲は広そうですね。

グラブさばきも良く、難しい当たりでも難なく捕球できています。

もちろん投手もやっているほどなので、送球は安定感があり速いです。

50走は6秒1なので、走力が高いのも魅力ですね。

また、ランナー2塁のショートゴロで、サードでアウトにできる視野の広さと判断力もあります。

守備はかなりのレベルであることがわかりますね。

続いて投手の方を見てみましょう。

145km/h前後で安定した球速が出ていますね。最速は148km/hとなっています。

シュート回転する球があり、速球の質のバラツキはありますが、しっかり指に掛かった時の速球は非常に質が良いですね。

身長はそこまでありませんが、腕を縦に振る投球フォームなので、角度があり打ちにくそうです。

外角低めに決まる、糸を引くような速球が良いですね~

またリリースの瞬間の腕の振りが変化球でも緩まないので、変化球で空振りが良く取れています。

スライダーも良い曲がりなので、決め球としては十分使えますね。

また、さすがに遊撃手をやっているだけあり、フィールディングは非常に素晴らしいものがあります。

投手としてもかなりレベルが高いことがわかりますね。

合せて読みたい!

2018年ドラフト大阪桐蔭 藤原恭大の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

2018年ドラフトで大阪桐蔭 根尾昂を指名する球団を予想!

以上の経歴や成績、特徴からどの球団が指名するのか?予想してみましょう。

考慮すべきは

  • 打者なのか投手なのか?
  • チーム事情
  • ポジション
  • スカウト評価

の4点です。

順番に行きましょう。

根尾昂は打者としてプロへ?

根尾昂が現在内野手と投手を兼任していますが、どちらもレベルが高いですね。

プロではどちらで行くのでしょうか?

私の予想は打者だと思います。

もちろん投手としてレベルは高いですが、他の有力高校生や大学生、社会人もいるので、わざわざ根尾昂を投手として獲得する必要はないでしょう。

また中学校時点で145km/h出ていましたが、現時点で148km/hなので、今後の伸びしろを考えるとちょっと不安です。

現在は150km/hを出す投手は沢山いますからね~

それよりも、強肩で守備範囲が広く、走力もある、そして非凡な打撃センスがある遊撃手の方が魅力的です。

遊撃手はチームの要ですからね。

野球センス抜群の根尾昂を、将来の遊撃手に据えたいチームはかなり多いでしょうね。

ではどのチームが指名をする可能性が有るのか?

育成か即戦力か?チーム事情から指名球団を考察

まず考慮すべきはチーム事情です。

根尾昂は高校生なので、即戦力とはならないでしょう。

特に遊撃手となれば、チームの守備の要です。

いきなり高卒選手が1軍というのはかなり厳しいですよね。

なので、ドラフト1位で獲るには、ある程度育成が出来るチーム環境である必要があります。

そうなると、人気球団でここ最近低迷している巨人や阪神の獲得は難しいかもしれません。

さらに巨人の場合は高校生ドラフト廃止後にドラフト1位で指名したのは、2008年の大田泰示、2011松本竜也、2014年岡本和真、2017年の清宮幸太郎、外れ1位で村上宗隆しかいません。

阪神の場合も2009年の菊池雄星、2012年の藤波晋太郎、2017年の清宮幸太郎、外れ1位で安田尚憲と超大物しか指名をしていません。

詳しく知りたい方は、下記のチーム別のドラフト1位指名傾向の分析記事をチェック!

合せて読みたい!

プロ野球12球団のドラフト1位指名傾向を分析!出身・地元?高校?大学?

そう考えると、この2チームの指名は無さそうです。

しかも、巨人はリリーフ不足、阪神は外野手が高齢化なのでそちらの補強を優先するでしょう。

次世代の遊撃手が欲しいチームは?

先ほども言いましたが、根尾昂は高卒なので、いきなりプロで活躍するのは難しいでしょう。

おそらく、一軍に出られるようになるまでに3~5年くらいはかかると思います。

そう考えると、数年後の遊撃手を考えないといけないチームが獲得しやすいと言えるでしょう。

ではそのチームは?

巨人と阪神を除外して、30歳前後が遊撃手のレギュラーとなっているチームをピックアップしてみると、

  • 広島
  • 横浜
  • オリックス

が該当します。

この3球団は指名の可能性が高そうですね。

ではこの3球団のスカウト評価はどうでしょうか?

根尾昂のスカウト評価は?

まずは広島スカウトの評価です。

4月には「投手、野手のどちらかを専門でやっているわけではないのに、ここまでできる能力がある。」

7月には「関西で間違えなく一番いい投手。野手や投手、二刀流を含めたいろんな可能性を考えている。」

とコメントしています。

広島の場合は投手も野手も高い評価をしているみたいですね。

続いて横浜スカウトの評価です。

3月には「高校生のスイングじゃない。走攻守三拍子揃った選手。」

8月には「スイング、体に力強さがある。上位候補なのは間違えない。

とコメントしています。

横浜は打者としてかなり高い評価をしていますね。

 

続いてオリックススカウトの評価です。

4月には「全部トップレベル。まだ伸びしろがある。今大会ベスト3に入る投手。」

8月には「身体能力が高い。高校生トップクラスでこれからが楽しみ。」

とコメントしています。

オリックスは投手としても野手としても高い評価ですね。

やはり総合能力を評価したコメントが多く、どの球団も高評価です。

以上から広島、横浜、オリックスの3球団は十分ドラフト1位の可能性はありそうですね。

ただ、同じ高卒で遊撃手、さらに高レベルで三拍子揃った左打者の小園海斗もかなり良いです。

おそらくこの3球団は根尾か?小園か?という選択になるでしょうね。

報徳学園の小園海斗については下記の記事で紹介しています。気になる方はチェック!

合せて読みたい!

2018年ドラフト報徳学園 小園海斗の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

中日ドラゴンズから1位指名?

8/26追記:一部報道で、岐阜出身で地元地域の根尾昂のドラフト1位指名確実との報道が出ましたね。

チーム状況から言えば、投手不足なのでちょっと信じられませんが、地元のスター候補として、それだけ高い評価を根尾にしている証拠なんでしょう!

ショートには京田がいますので、根尾セカンドも可能でしょうし、逆に京田がセカンドでも良いかもしれません。

外野手の高齢化もあるので、根尾が外野なんて選択肢もあるかもしれませんね。

また、こういった報道から一転して違う選手を指名することもありますので、今後の動向に注目しましょう!

2018年ドラフト大阪桐蔭 根尾昂の指名予想球団!まとめ

以上が根尾昂の指名予想球団や成績・特徴・経歴のご紹介でした。

選手としては投げて良し、打って良し、守って良し、走って良しの4拍子揃った選手で、野手としても投手としても非常にレベルの高い選手です。

それだけ運動神経が良いという事ですね。

おそらく2018年ドラフトでは1巡目で指名されるはずで、私の予想は広島、横浜、オリックスの1位指名と予想しました。

予想は当たるでしょうか(笑)

オリックスは出身が近いので小園に行きそうな気がしますが・・・

12球団のドラフト1位指名予想が知りたい方は下記の記事をチェック!

合せて読みたい!

【2018】ドラフト会議一位指名予想!プロ野球全球団のドラフト指名予想選手は?

2018年のドラフトは10月25日です。ドラフトまで楽しみに待ちましょう!

他にも下記の記事で2018年ドラフト候補をご紹介しています!気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2018】注目ドラフト候補まとめ!ドラフト指名上位確実の候補選手を紹介!

下記で大阪桐蔭の根尾昂がどの球団へ行くのか?投票を実施中です!是非ご投票を~

2018年ドラフト 根尾昂が入団する球団を予想しよう!






2018年 ドラフト 大阪桐蔭 根尾昂 指名予想球団 成績 経歴 特徴

2 件のコメント

  • このアホブログ書いてるのは中日味噌ドベゴンズファンか?
    >ドラフト1位で獲るには、ある程度育成が出来るチーム環境である必要があります。

    これに真っ先に該当する球団は中日やがな
    中日は全く若手が育ってないからここ数年Bクラスで低迷。中日が若手育成出来ない球団と証明されてるがな
    根尾は中日入ったら地獄やで
    ファンがこのブログ書いた奴みたいにアホしかいない中日は馬鹿コーチとフロントのせいで根尾も育てられず潰されるでw

    • コメント頂き有難うございます。

      私はあなたと同じ阪神ファンです!

      他球団を煽るのは止めましょう。
      阪神も同様に若手育成が出来てるとは言えませんね。

      こういったコメントで阪神ファン全体の評価を下げていることに
      そろそろ気付いてください(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です